カワサキ zx-14rのエンジン廻り-吸気系-その他の整備に関する情報なら「みんカラ」。カワサキ zx-14rに装着できるパーツの取り付け方法やメンテナンス情報が満載。整備手帳投稿数360万件突破!カワサキ zx-14rの整備に関することは日本最大級のクルマ情報サイト「みんカラ」 Staff: smustf\\marylim . or. トヨタ 86 の愛車紹介なら「みんカラ」!86オーナーによる愛車紹介や愛車に関する情報が満載!86の愛車情報なら日本最大級のクルマ情報サイト「みんカラ」! (14r-60) Impress Corporation. e.g. Hier sollte eine Beschreibung angezeigt werden, diese Seite lässt dies jedoch nicht zu. Student/Alumni: smustu\\john.2014. 86 TRD Performance Line Parts List / 前期型モデルへの2016年7月発表商品の適合一覧 本ページに掲載されている商品は“トヨタ86(型式:ZN6)”用商品です。“トヨタ86(型式:ZN6)”以外の車両へ装着された場合は保証対象外となります。 本ページのコンプリートカー「86 Racing」への適合 … 車両価格630万円、限定100台というバケモノみたいなコンプリートカー「86 TRD 14R-60(イチヨン・アール・ロクマル)」がTRD(トヨタテクノクラフト)から発売された。主な概要については関連記事をご覧いただくとして、ここではそのクルマに触れた印象をお伝えしたい。, ●TRD、創立60周年を記念した100台限定のコンプリートカー「86 TRD 14R-60」、630万円http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20141007_670246.html, 14R-60は、高性能実験車両として製作された「86 TRD Griffon Concept」で得られた技術をフィードバックすることをコンセプトとしている。「86 TRD Griffon Concept」は、エンジンはノーマルのまま車両重量を1t以下にまで軽量化した上で、ボディーや空力をとことんまで煮詰め、筑波サーキットで58秒407を記録したあのクルマである。つまり、14R-60もエンジンはノーマル。ボディーや空力をチューニングすることで成立させている。, ベース車両として選択されたのは、「86」の中でも軽量なGやRacingに近いものだという。すなわちオートエアコンは付かず、HIDヘッドライトも装着されず、さらにはプッシュ式のエンジンスターターも装備されておらず……。630万円もする車両ながら、ベースモデルと変わらないキーを回してエンジンスタートするあたり、かなり割り切った感が伝わってくる。欲をいえばチタン製のスペシャルキーくらい欲しいところ。また、フロアに配されるはずのメルシートも廃され、音振を気にしていないあたりも面白い。これはポルシェでいうところのRSかGT3か? ちなみにアンダーコートは装備されているそうなので、雨の日でも走れるようにはなっている。, 室内を見れば2名乗車と改められているところも興味深い。ノーマルではあるはずのトランクスルーが排除され、その上からカーボンパネルが張り付けられているところも走りの雰囲気はムンムン。フロントシートが2脚ともバケットシートというあたりも、期待通りといった感覚である。ただ、軽量を目指したためか、ロールケージが装着されていなかったことは意外。ストリートからサーキットまでをターゲットにしているとはいえ、レーシングカーのようにバリバリにしていないあたりは好感が持てる。あくまでもロードゴーイングマシンなのだ。, 軽量化対策はそれだけでは終わらない。エクステリアではルーフをカーボン化し、さらに装着されているホイールはマグネシウム鍛造だという。このホイールは18インチながらも、純正17インチに比べて3kg/本も軽いという。物々しいエアロパーツばかりに目がいきそうなエクステリアではあるが、ルーフやホイールまでこだわるあたりが興味深いポイントの1つである。, 細部へのこだわりとして注目しておきたいのは、タイヤ銘柄を専用品としたことだ。装着されるのはブリヂストン「ポテンザRE-11A 3.3T」と呼ばれるもの。トレッドパターンは市販されるものとあまり変わりはないようだが、コンパウンドや内部構造はこのクルマに合わせてセットアップが行われたのだとか。サイズについては無闇に太くすることなく、235/40 R18サイズとしている。, もう1つのこだわりであるボディー剛性アップについては、まさに妥協なく行われたことが伝わってくる。純正アームにプレートを溶接して剛性アップしたことや、メンバーの強化、強化ブッシュの採用、さらにボディー剛性アップパーツの追加などがスペック表に連ねられている。だが、それだけに終わらず、フロントウインドーガラスを一度外した上で、高剛性の接着剤を使いクルマに再びセットするということも行っているというから驚愕だ。, 剛性へのこだわりはこれだけで終わらない。走りのキモである足まわりにも独自のこだわりがある。それは車高調整式サスペンションを採用してはいるが、フロントサスペンションをわざわざ倒立式としているのだ。これにより入力があった際に高い剛性を確保できるというわけ。ちなみにスプリングレートはフロント34.7N/mm、リア57.3N/mm。減衰力調整は40段。この数値だけを見ても、バリバリサーキット仕様というわけではなさそうである。, さて、ここまで妥協なく仕上げられた14R-60はどう走ってくれるのか? 早速ジムカーナコースでノーマル車両との比較を行ってみる。走り初めてまず感じることは、このクルマが圧倒的に軽く感じることだった。クルマがひと回り小さくなったとでもいえばよいだろうか。走り出しはファイナル変更とクロスミッションのおかげでスッと蹴り出し、ステアリングを切り始めれば軽やかに旋回を始めていく。ブレーキ変更やエアロの追加といった重量増がありながら、重くなった感覚は一切なく、スイスイ曲がっていく感覚に溢れている。, そして何より動きの1つ1つが読みやすい。パーキングスピードではステアリングが軽く、インフォメーションが得られるのかが心配なところだったが、速度を上げていけば実にリニアにタイヤと路面の状況が伝わってくるのだ。これはパワーステアリングの制御にもチューニングが及んだ証なのだとか。剛性だけでなく制御にまで手を付け、仕上げとしてひと回り小さいステアリングに変更したこのテイストは、どの86でも味わったことのないスッキリとしたフィーリング。けれどもステアリングインフォメーションはとにかく濃密なのだ。, さらに、サスペンションの動きも実に読みやすい。どうストロークしてどう収まるのか? 1つ先の状況が読み切れるところが魅力的で、筆者が求める通りにクルマは姿勢を変えていく。グリップ走行でもドリフト走行でもOK。スピンすれば「オマエがわるい」という仕上がりだ。だが、決してピーキー過ぎるわけでもなく、コントロール性に優れているところが魅力である。, これまで数々のチューニングカーに試乗した経験があるが、湯水のようにお金をかけたクルマは、速さはあるがドッシリと安定しきっていてつまらないことが多かった。14R-60がサーキット由来と聞けば、今回もそのパターンかと危惧していたが、結果は嬉しい方向に裏切られた。まるで有機栽培をされたかのようなドライバーに優しく、自然なテイストがどこまでも得られる仕上がり、これぞ14R-60の魅力なのだと感じたのだ。, 学生時代は機械工学を専攻する一方、サーキットにおいてフォーミュラカーでドライビングテクニックの修業に励む。その後は自動車雑誌の編集部に就職し、2003年にフリーランスとして独立。走りのクルマからエコカー、そしてチューニングカーやタイヤまでを幅広くインプレッションしている。レースは速さを争うものからエコラン大会まで好成績を収める。また、ドライビングレッスンのインストラクターなども行っている。現在の愛車は18年落ちの日産R32スカイラインGT-R Vスペックとトヨタ86 Racing。AJAJ・日本自動車ジャーナリスト協会会員。, TRD、100台限定の「14R-60」から空力性能を受け継ぐコンプリートカー「14R」, 橋本洋平の「GAZOO Racing 86/BRZ Race」奮闘記 バックナンバー - Car Watch, TRD、創立60周年を記念した100台限定のコンプリートカー「86 TRD 14R-60」、630万円, TRD、「Griffon Concept」のノウハウをフィードバックした2台の86コンプリートカー. Copyright ©2018Impress Corporation. ョンコントロールビーム), 除くメンバーブレースセット(531)付車, 【装着可能なアルミホイール】, SARD17インチアルミホイール*5、*7, TOM'S17インチアルミホイール(鋳造). Staff: marylim@smu.edu.sg . All rights reserved. 86 - トヨタ 14R-60 限定車の中古車。年式:2015年、地域:兵庫県、走行:0.4万km、排気量:2000cc、価格:本体775.5万円(消費税込,リ済別) 総額万円、販売店:有限会社 コスモスオート津名(兵庫県淡路市大谷1069-13)。中古車情報はすべてGoo-netから提供されているので安心。 2014年の「14」、Racingの「R」、60周年を表す「60」で構成される、限定100台のコンプリートカー「86 TRD 14R-60」。ボディーサイズは4335×1820×1305mm(全長×全幅×全高)、ホイールベース2570mm。乗車定員は2名となっている。ちなみにボディーカラーはクリスタルホワイトパールの1色のみの設定, 空力性能を高めるフロントエアロバンパーやカナード、サイドスカートなどを装備。フロントオーバーフェンダーなども装着され、全幅はベース車から45mm広くなる, リアまわりではリアディフューザー、GTウイングを装着。マフラーはセンターデュアル出しだ, 水平対向4気筒DOHC 2.0リッター直噴エンジンは基本的にノーマルで、最高出力147kW(200PS)/7000rpm、最大トルク205Nm(20.9kgm)/6400-6600rpmを発生する。スポーツエアフィルターやスポーツオイルフィルターなどを装着するほか、ストラットタワー部の補強なども行われている, 「86 TRD Griffon Concept」のイメージカラーとなるオレンジを随所にあしらったインテリア。TRDのロゴが入るフルバケットシートやTAKATA製4点式シートベルトを標準装備するなどスポーティな内装に仕上がっている, 後席は取り外され2名乗車仕様となる「86 TRD 14R-60」。カーボンパネルが張り付けられる, 専用の18インチマグネシウム鍛造ホイール(18×8 1/2J)を装備。タイヤはブリヂストン「ポテンザRE-11A 3.3T」でサイズは235/40 R18。ブレーキも強化され、フロント対向4ピストン、リア対向2ピストンキャリパーを装着する, ボディー剛性の強化を目的に、フロント&リアガラスは一度取り外され、高強度ガラス接着剤で再度貼り直されている. All rights reserved. トヨタ 86 の愛車紹介なら「みんカラ」!86オーナーによる愛車紹介や愛車に関する情報が満載!86の愛車情報なら日本最大級のクルマ情報サイト「みんカラ」! (14r) (7ページ目) http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20141007_670246.html, http://www.trdparts.jp/release/2014_14R-60.html, http://www.trdparts.jp/griffon_concept/index.html, https://gazoo.com/TRD/order/86_14R-60/Agreement.aspx. Sign in with your SMU user ID or SMU Email address. 2014年の「14」、Racingの「R」、60周年を表す「60」で構成される、限定100台のコンプリートカー「86 TRD 14R-60」。