ージスポーツ380ロードスター, メルセデス・ベンツ CLKクラスカブリオレ, ステップワゴン(2001å¹´4月~2005å¹´4月生産モデル)トップへ, "カーセンサーは安心"その理由, ステップワゴン (2001å¹´4月~2005å¹´4月生産モデル). 4月 - 6月 『恋におちたら〜僕の成功の秘密〜』(フジテレビ系木曜劇場) 4月 - 6月 『タイガー&ドラゴン』(tbs系金曜ドラマ)。ギャラクシー賞大賞。 7月 - 9月 『女王の教室』(日本テレビ系土曜ドラマ)。2005年向田邦子賞。 ステップワゴン(ホンダ)2001年4月~2005年4月生産モデル車カタログでお気に入りのグレードがきっと見つかる。ステップワゴン2001年4月~2005年4月生産モデルに関するスペックやクチコミ情報をゲット!リクルートが運営する中古車の情報サイト「カーセンサーnet」! N029R11, dated 2. その日は何曜日でしたか? 今度同じ曜日になる年はいつ? 品質マネジメントシステムの文書化の程度は,次の理由から組織によって異なることがある。, b)  品質マネジメントシステムについて確立された 文書化された手順 又はそれらを参照できる情報。, 品質マニュアルには,品質マネジメントシステムで使用されている文書体系の概要を示す。, 文書管理  品質マネジメントシステムで必要とされる文書は管理する。ただし,記録は文書の一, d)  該当する文書の適切な版が,必要なときに,必要なところで使用可能な状態にあることを確実にする。, f)  どれが外部で作成された文書であるかを明確にし,その配付が管理されていることを確実にする。, g)  廃止文書が誤って使用されないようにする。また,これらを何らかの目的で保持する場合には,適切, 組織は,その決定の基礎となる関連する背景情報を入手できる立場にいる,最初に承認した部署又はそ, 組織は,廃止した管理文書の少なくともコピー一部を保管しておく期間を定める。この期間は,その医, 療機器の製造及び検査に使用された文書が,少なくとも組織が定めたその医療機器の寿命の期間は入手で, 記録の管理  記録は,要求事項への適合及び品質マネジメントシステムの効果的運用の証拠を示, すために,作成し,維持する。記録は,読みやすく,容易に識別可能で,検索可能とする。記録の識別,, 保管,保護,検索,保管期間及び廃棄に関して必要な管理を規定するために, 文書化された手順, 組織は,少なくとも自ら定めたその医療機器の寿命に相当する期間,記録を保管する。ただし,この期, a)  法令・規制要求事項を満たすことは当然のこととして,顧客要求事項を満たすことの重要性を組織内, この規格の目的のため,法的要求事項は,医療機器の安全性及び性能に関するものに限られる。, b)  要求事項への適合及び品質マネジメントシステムの有効性の維持に対するコミットメントを含む。, 品質目標  トップマネジメントは,組織内のそれぞれの部門及び階層で品質目標が設定されてい, ることを確実にする。その品質目標には,製品要求事項[7.1 a)  参照]を満たすために必要なものがあれ, ば含める。品質目標は,その達成度が判定可能で,品質方針との整合性がとれていなければならない。, a)  品質目標及び 4.1 に規定する要求事項を満たすために,品質マネジメントシステムの計画が策定され, b)  品質マネジメントシステムの変更が計画され,実施される場合には,品質マネジメントシステムが 完, トップマネジメントは,品質に影響を与える業務を管理し,実施し,検証するすべての要員の相互関係, 管理責任者  トップマネジメントは,管理層の中から管理責任者を任命する。管理責任者は,与, a)  品質マネジメントシステムに必要なプロセスの確立,実施及び維持を確実にする。, b)  品質マネジメントシステムの実施状況及び改善の必要性の有無についてトップマネジメントに報告, 組織全体にわたって,規制要求事項及び顧客要求事項に対する認識を高めることを確実にする。, 参考  管理責任者の責任には,品質マネジメントシステムに関する事項について外部と連絡をとるこ, 内部コミュニケーション  トップマネジメントは,組織内にコミュニケーションのための適切な, プロセスが確立されることを確実にする。また,品質マネジメントシステムの有効性に関しての情報交換, 一般  トップマネジメントは,組織の品質マネジメントシステムが,引き続き適切で,妥当で,, かつ,有効であることを確実にするために,あらかじめ定められた間隔で品質マネジメントシステムをレ, ビューする。このレビューでは,品質マネジメントシステムの改善の機会の評価,品質方針及び品質目標, マネジメントレビューへのインプット  マネジメントレビューへのインプットには,次の情報を, マネジメントレビューからのアウトプット  マネジメントレビューからのアウトプットには,次, 一般  製品品質に影響がある仕事に従事する要員は,関連する教育,訓練,技能及び経験を判断, d)  組織の要員が,自らの活動のもつ意味と重要性を認識し,品質目標の達成に向けて自らどのように貢, e)  教育,訓練,技能及び経験について該当する記録を維持する(4.2.4 参照)。, 国又は地域の規制が,教育・訓練の必要性を明確にするための文書化された手順の確立を組織, インフラストラクチャー  組織は,製品要求事項への適合を達成するうえで必要とされるインフラ, ストラクチャーを明確にし,提供し,かつ,維持する。インフラストラクチャーには,次のようなものが, 組織は,保守活動又はその欠如が製品の品質に影響を与える場合,その保守活動に対する文書化された, 作業環境  組織は,製品要求事項への適合を達成するために必要な作業環境を明確にし,運営管理, 組織は,要員の製品又は作業環境との接触が製品の品質に悪影響を与えるおそれがある場合,要員の, 作業環境条件が製品の品質に対して悪影響を与える可能性がある場合,組織は,作業環境条件に対す, る要求事項を確立する。また,それらの作業環境を監視し管理するための, 文書化された手順, 組織は,作業環境内の特殊な環境条件下で一時的に作業するように要求されたすべての要員が,適切, 適切ならば,汚染された又は汚染される可能性がある製品の管理に対して,他の製品,作業環境又は, 製品実現の計画  組織は,製品実現のために必要なプロセスを計画して,構築する。製品実現の計, 画は,品質マネジメントシステムのその他のプロセスの要求事項と整合性がとれていなければならない, c)  その製品のための検証,妥当性確認,監視,検査及び試験活動,並びに製品合否判定基準。, d)  製品実現のプロセス及びその結果としての製品が要求事項を満たしていることを実証するために必, 組織は,製品実現全体を通してリスクマネジメントのための文書化された要求事項を確立する。リスク, 参考 1  特定の製品,プロジェクト又は契約に適用される品質マネジメントシステムのプロセス(製, 参考 2  組織は,製品実現のプロセスの構築に当たって 7.3 に規定する要求事項を適用してもよい。, a)  顧客が規定した要求事項。これには引渡し及び引渡し後の活動に関する要求事項を含む。, b)  顧客が明示してはいないが,指定された用途又は意図された用途が既知である場合,それらの用途に, 製品に関連する要求事項のレビュー  組織は,製品に関連する要求事項をレビューする。このレ, 文の受諾,契約又は注文への変更の受諾)をする前に実施する。レビューでは,次の事項を確実にする。, b)  契約又は注文の要求事項が以前に提示されたものと異なる場合には,それについて解決されている。, このレビューの結果の記録及びそのレビューを受けてとられた処置の記録を維持する(4.2.4 参照), 顧客がその要求事項を書面で示さない場合には,組織は顧客要求事項を受諾する前に確認する。, 製品要求事項が変更された場合には,組織は,関連する文書を修正する。また,変更後の要求事項が関, 参考  インターネット販売などの状況では,個別の注文に対する正式なレビューの実施は非現実的で, ある。このような場合のレビューでは,カタログや宣伝広告資料などの関連する製品情報をそ, 顧客とのコミュニケーション  組織は,次の事項に関して顧客とのコミュニケーションを図るた, 組織は,効果的なコミュニケーションと責任の明確な割当てとを確実にするために,設計・開発に関与, 設計・開発のプロセスにおける設計移管活動では,設計・開発のアウトプットが最終的な製造, 設計・開発へのインプット  製品要求事項に関連するインプットを明確にし,記録を維持する, 要求事項は,漏れがなく,あいまい(曖昧)ではなく,かつ,相反することがあってはならない。, 設計・開発からのアウトプット  設計・開発からのアウトプットは,設計・開発へのインプット, と対比した検証ができるような様式で提示される。また,次の段階に進める前に,承認を受ける。, 設計・開発からのアウトプットの記録には,仕様書,製造手順書,図面,設計日誌又は研究日, 設計・開発のレビュー  設計・開発の適切な段階において,次の事項を目的として,計画された, レビューへの参加者として,レビューの対象となっている設計・開発段階に関連する部門の代表及びそ, このレビューの結果の記録及び必要な処置があればその記録を維持する(4.2.4 参照), 設計・開発の検証  設計・開発からのアウトプットが,設計・開発へのインプットで与えられて, いる要求事項を満たしていることを確実にするために,計画されたとおりに(7.3.1 参照)検証を実施する。, 設計・開発の妥当性確認  結果として得られる製品が,指定された用途又は意図された用途に応, じた要求事項を満たし得ることを確実にするために,計画した方法(7.3.1 参照)に従って,設計・開発の, 妥当性確認の結果の記録及び必要な処置があればその記録を維持する(4.2.4 参照), 医療用具の妥当性確認が,使用場所における組立て及び据付けの後にだけ実施できる場合,, 設計・開発の変更管理  設計・開発の変更を明確にし,記録を維持する。変更に対して,レビュ, ー,検証及び妥当性確認を適宜行い,その変更を実施する前に承認する。設計・開発の変更のレビューに, は,その変更が,製品を構成する要素及び既に引き渡されている製品に及ぼす影響の評価を含める。, 変更のレビューの結果の記録及び必要な処置があればその記録を維持する(4.2.4 参照), 供給者及び購買した製品に対する管理の方式と程度は,購買製品が,その後の製品実現のプロセス又は, 組織は,供給者が組織の要求事項に従って製品を供給する能力を判断の根拠として,供給者を評価し,, 選定する。選定,評価及び再評価の基準を定める。評価の結果の記録及び評価によって必要とされた処置, 購買情報  購買情報では購買製品に関する情報を明確にし,必要な場合には,次の事項のうち該, で規定されたトレーサビリティに対して要求される範囲で,組織は,関連する購買情報,すなわ, 購買製品の検証  組織は,購買製品が,規定した購買要求事項を満たしていることを確実にする, 組織又はその顧客が,供給者先で検証を実施することにした場合には,組織は,その検証の要領及び購, 文書化された手順 ,文書化された要求事項,作業指示書及び,必要であれば,参照資料及び参照, f)  リリース,顧客への引渡し及び引渡し後の活動が規定されたとおりに実施されている。, 合意された顧客要求事項が,組織以外の者又は組織の正式代理業者による据付けを許容している場合,, 施し,その活動が規定要求事項を満たしていることを検証するために,文書化された手順,作業指示書及, 一般要求事項  製造及びサービス提供の過程で結果として生じるアウトプットが,それ以降の監, 視又は測定で検証することが不可能な場合には,組織は,その製造及びサービス提供の該当するプロセス, の妥当性確認を行う。これらのプロセスには,製品が使用され,又はサービスが提供されてからでしか不, 組織は,これらのプロセスについて,次の事項のうち適用できるものを含んだ手続きを確立する。, 組織は,規定要求事項を満たすための製品の能力に影響を与える製造及びサービス提供のためのコンピ, ュータソフトウェア(及びそのようなソフトウェアの変更又はその応用に対する変更)の妥当性確認に対, する 文書化された手順 を確立する。そのようなソフトウェアの応用は,最初の使用に先立って妥当性, 組織は,組織に返却された医療機器を明確にし,適合製品から識別することを確実にするための 文書, トレーサビリティが要求事項になっている場合には,組織は,その製品固有の識別を管理し,記録する, る記録を規定するに当たり,構成部品・材料及び作業環境条件が,医療機器の規定要求事項を満たせない, 原因となり得る場合,組織は,使用されたすべての構成部品・材料及び作業環境条件の記録を含める。, 組織は,その代理業者又は販売業者に対し,トレーサビリティを可能にする医療機器の流通の記録を維, 製品の状態の識別は,要求された検査及び試験に合格した(又は正式な特別採用手続きの下でリリース, された)製品だけを出荷し,使用し,又は据え付けることを確実にするために,製品の製造,保管,据付, 顧客の所有物  組織は,顧客の所有物について,それが組織の管理下にある間,又は組織がそれ, を使用している間は,注意を払う。組織は,使用するため又は製品に組み込むために提供された顧客の所, 有物の識別,検証及び保護・防護を実施する。顧客の所有物を紛失,損傷した場合又は使用には適さない, この保存には,識別,取扱い,包装,保管及び保護を含める。保存は,製品を構成する要素にも適用す, 組織は,保管期間が限定され,又は特別な保管条件を要求される製品の管理に対し, 文書化された手, 順 又は文書化された作業指示を確立する。そのような特別な保管条件は,管理し,記録する(, 監視機器及び測定機器の管理  定められた要求事項に対する製品の適合性を実証するために,組織, は実施すべき監視及び測定を明確にする。また,そのために必要な監視機器及び測定機器を明確にする, 組織は,監視及び測定の要求事項との整合性を確保できる方法で監視及び測定が実施できることを確実, 測定値の正当性が保証されなければならない場合には,測定機器に関し,次の事項を満たす。, a)  定められた間隔又は使用前に,国際又は国家計量標準にトレース可能な計量標準に照らして校正又は, 検証する。そのような標準が存在しない場合には,校正又は検証に用いた基準を記録する。, 更に,測定機器が要求事項に適合していないことが判明した場合には,組織は,その測定機器でそれま, でに測定した結果の妥当性を評価し,記録する。組織は,その機器及び影響を受けた製品に対して,適切, 規定要求事項にかかわる監視及び測定にコンピュータソフトウェアを使う場合には,そのコンピュータ, ソフトウェアによって意図した監視及び測定ができることを確認する。この確認は,最初に使用するのに, 一般  組織は,次の事項のために必要となる監視,測定,分析及び改善のプロセスを計画し,実施, これには,統計的手法を含め,適用可能な方法,及びその使用の程度を決定することを含める。, 国又は地域の規制が,統計的手法の応用及びその管理に対して,文書化された手順を要求して, 国又は地域の法令が,組織に製造開始後の段階における経験の収集を要求している場合,この経験の確, 内部監査  組織は,品質マネジメントシステムの次の事項が満たされているか否かを明確にする, a)  品質マネジメントシステムが,個別製品の実現の計画(7.1 参照)に適合しているか,この規格の要, 求事項に適合しているか,及び組織が決めた品質マネジメントシステム要求事項に適合しているか。, 組織は,監査の対象となるプロセス及び領域の状態と重要性,並びにこれまでの監査結果を考慮して,, 監査プログラムを策定する。監査の基準,範囲,頻度及び方法を規定する。監査員の選定及び監査の実施, においては,監査プロセスの客観性及び公平性を確保する。監査員は,自らの仕事は監査しない。, 監査の計画及び実施,結果の報告,記録の維持(4.2.4 参照)に関する責任,並びに要求事項を, 監査された領域に責任をもつ管理者は,発見された不適合及びその原因を除去するために遅滞なく処置, がとられることを確実にする。フォローアップには,とられた処置の検証及び検証結果の報告を含める, プロセスの監視及び測定  組織は,品質マネジメントシステムのプロセスを適切な方法で監視し,, 適用可能な場合には,測定をする。これらの方法は,プロセスが計画どおりの結果を達成する能力がある, ことを実証するものである。計画どおりの結果が達成できない場合には,製品の適合性の保証のために,, 合否判定基準への適合の証拠を維持する。記録には,製品のリリースを正式に許可した人を明記する, 不適合製品の管理  組織は,製品要求事項に適合しない製品が誤って使用されたり,又は引き渡さ, れることを防ぐために,それらを識別し,管理することを確実にする。不適合製品の処理に関する管理及, 組織は,不適合製品を,規制要求事項を満たしている場合に限って特別採用によって受入れることを確, 不適合の性質の記録及び,不適合に対してとられた特別採用を含む処置の記録を維持する(4.2.4 参照), 不適合製品に修正を施した場合には,要求事項への適合性を実証するための再検証を行う。, 引渡し後又は使用開始後に不適合製品が検出された場合には,組織は,その不適合による影響又は起こ, 製品の手直し(一回又は数回)を要する場合,組織は,元の作業手順書と同様の認定及び承認手続きに, 基づいて発行される作業手順書に,その手直しプロセスを文書化しておく。認定及び承認に先立ち,手直, 質マネジメントシステムの有効性の改善を評価するために適切なデータを明確にし,それらのデータを収, この中には,監視及び測定の結果から得られたデータ,及びそれ以外の該当する情報源からのデータを, メントレビューを通じて,品質マネジメントシステムの継続的な適切性及び有効性を確実にし,維持する, 組織は,通知書を発行し実施するための 文書化された手順 を確立する。これらの手順は,いつでも, 国又は地域の法令が報告基準に該当する不具合事象の通知を要求している場合,組織は,規制当局に対, 是正処置  組織は,再発防止のため,不適合の原因を除去する処置をとる。是正処置は,発見さ, 予防処置  組織は,起こり得る不適合が発生することを防止するために,その原因を除去する処, 附属書 A(参考)JIS Q 13485:2005 と JIS Q 13485:1998 との比較, 表 A.1  JIS Q 13485:1998 と JIS Q 13485:2005 との比較, 表 A.1  JIS Q 13485:1998 と JIS Q 13485:2005 との比較(続き), 表 A.2  JIS Q 13485:2005 と JIS Q 13485:1998 との比較, 表 A.2  JIS Q 13485:2005 と JIS Q 13485:1998 との比較(続き), 4.10.2 + 4.10.3 + 4.10.4 + 4.10.5 + 4.20.1 + 4.20.2, この附属書は,本体及び附属書(規定)に関連する事柄を補足するもので,規定の一部ではない。, この附属書は,この規格と JIS Q 9001:2000 の要求事項の箇条及び基本的な参考の箇条の,類似点と相, 違点を説明している。また,この規格と JIS Q 9001 との相違の理由を示している。, a)  JIS Q 9001 から直接引用され変更されていないこの規格の箇条に対して,これらの箇条が変更されず, に記載されている事実は,この附属書に,かぎ括弧[  ]の中の語句によって示されている。, b)  情報の追加又は医療機器規制との一貫性維持のための修正により,この規格で変更した JIS Q 9001, の箇条は,JIS Q 9001 の箇条の元の本文全体を,この附属書の左側に再録している。それに対応する,, c)  この規格で,JIS Q 9001 の本質的な要求事項を削除又は大幅に変更した箇条に対しては,JIS Q 9001, の箇条の元の本文全体を,この附属書の左欄に再録している。それに対応する,この規格の箇条の本, 0.

バーゼル問題は $p=2$ のときのゼータ関数の値を求める問題です。, まず,この級数が発散せずに収束することは以下のように簡単に証明できます。非常に有名なテクニック:→部分分数分解など差に分解する4つの恒等式を用いて級数を上からおさえます。, $1+\dfrac{1}{2^2}+\dfrac{1}{3^2}+\cdots+\dfrac{1}{n^2}\\ (つまり\( \log_{10}7\)の値が与えられないと最高位の数字が6や7になる問題は出題しにくい. 実際,二項定理を用いて計算すると, より,バーゼル問題の級数は収束してその値は $2$ 以下であることが分かる。, バーゼル問題の級数の収束先が $\dfrac{\pi^2}{6}$ であることの証明はいろいろな方法があります。特に,サインのマクローリン展開および無限積展開を用いるオイラーの方法が有名です。, ここでは,大学数学の道具を使わず高校数学で理解できる方法で証明します。 一の位について.

$\zeta(4)=\displaystyle\sum_{n=1}^{\infty}\dfrac{1}{n^4}=\dfrac{\pi^4}{90}$ $\zeta(6)=\displaystyle\sum_{n=1}^{\infty}\dfrac{1}{n^6}=\dfrac{\pi^6}{945}$ 具体的には,先ほどは解と係数の関係を使って「解の和」を考えましたが,「解の2乗和」や「解の3乗和」も考えることで計算で … 3:解と係数の関係, 1については sinx/xについて覚えておくべき2つのこと, 使う道具は以下の3つです:, 1:$0\leq x\leq \dfrac{\pi}{2}$ において $\sin x \leq x \leq \tan x$(有名不等式) 各辺の逆数をとって二乗すると, =1+\left(1-\dfrac{1}{2}\right)+\left(\dfrac{1}{2}-\dfrac{1}{3}\right)+\cdots +\left(\dfrac{1}{n-1}-\dfrac{1}{n}\right)\\ 参考:【非公認】東京工業大学模試研究会. $f\left(\dfrac{1}{\tan^2\theta_k}\right)=0$ である。, すなわち $n$ 次方程式 $f(x)=0$ の解が $n$ 個全て構成できたので解と係数の関係より, 引用規格   次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。この引用規格は,記載の年の版だけがこの規格の規定を構成するものであって,その後の改正版・追補には適用しない。 JIS Q 9000:2000  品質マネジメントシステム−基本及び     用語 備 考   ISO 9000 : 2000 , Quality management systems −Fundamentals and vocabulary がこの規格と一致している。, この規格に引用されている次に掲げる文書は,この規格の適用のため不可欠なものである。発行年が付されている引用規格については,その版だけが適用される。発行年のない引用規格については,その文書の最新版(あらゆる修正を含む。)が適用される。, JIS Q 9000:2000  品質マネジメントシステム−基本及び     用語 備 考   ISO 9000 : 2000 , Quality management systems −Fundamentals and vocabulary がこの規格と一致している。, 相違の理由:JIS Q 13485 の本文は,ISO/IEC Directives 業務用指針第 2 部の 2001 年版によって要求されている改正を反映している。, る。   この規格では,製品の取引における当事者の名称を次のように変更した。       供給者  →  組織  →  顧客   これまで使われていた“供給者”は“組織”に置き換えられる。“組織”とは,この規格が適用される単位を示す。同様に,“下請負契約者”は“供給者”に置き換える。   この規格の全体にわたって,“製品”という用語が使われた場合には,“サービス”のこともあわせて意味する。, に置き換えられ,“組織”とは,この規格が適用される単位を示す。同様に,“下請負契約者”は“供給者”に置き換える。, この規格の全体にわたって,“製品”という用語が使われた場合には,“サービス”のことも合わせて意味する。   “医療機器”に対して適用するように要求事項が定義されている場合,その要求事項は,組織が提供するサービスにも適用される。, 国の法令の定義は若干異なっていることもあり,それが優先されるので,次の定義は一般的なものとみなすのがよい。, 又は参照されている定義を置き換えるような定義もありうるという事実に関わる注意を含んでいる。, 4. 2005年の日本(にせんごねんのにほん)では、2005年(平成17年)の日本の出来事・流行・世相などについてまとめる。, 日本では、西暦の他にも以下の紀年法を使用している。なお、以下の紀年法は西暦と月日が一致している。, 「小泉劇場」、「想定内 (外)」(堀江貴文)が新語・流行語大賞の年間大賞を受賞した(その他の受賞語は後節「#流行語」も参照)。, 「愛」・・・愛知県で「愛・地球博」が開催されたことや中国で活躍した卓球の福原愛など「あいちゃん」という愛称の女性の活躍が目立ったこと、「愛」のない虚無的かつ殺伐とした風潮が国内に蔓延したこと、家族(親子)間殺人など「愛の無い事件」が目立ったことなどから。, 景観緑三法(景観法、景観法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律、都市緑地保全法等の一部を改正する法律)が全面施行される[6]。, 各列内は五十音順。「その他」は国家の承認を得る国が少ない、または無い国であり、国際連合非加盟。国家承認を得た国連非加盟の国と地域の一覧・独立主張のある地域一覧も参照。, 周年であること自体に特筆性のある項目(元のトピックの特筆性ではありません)のみ記述してください、また期間限定イベント(五輪、万博など)は開幕日-閉幕日起点で記述してください, 『中日新聞』2005年10月14日夕刊一面1頁「連続リンチ殺人 元少年3人に死刑 名高裁 一審破棄 4人殺害を認定」(中日新聞社), 劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ミュウと波導の勇者 ルカリオ, http://www.asahi.com/articles/ASH1554W9H15UTIL017.html, http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2005/12/20fc9100.htm, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=2005年の日本&oldid=80117882, 昨年同様曜日配列が良いこと、天候にも恵まれ、国内の各地の行楽地は賑わう。愛知万博も大盛況。, 大型連休中の海外旅行実績は史上最高を記録。昨年大幅に落ち込んだ家族連れも回復する。, 3月 - 奥東京市が正体不明の濃霧に見舞われ、住民多数が一時安否不明になる。(アニメ『, 8月 - 奥東京市内で水・砂・砂利などが消え、同市内に異常乾燥警報が発令される。(アニメ『ケロロ軍曹』), 11月 - 不完全なロボット・フランケンシュタインが暴走、その頃東京でロボット革命集団「RR団」(単行本では「革命団」)が東京を占拠するが、正常に戻ったフランケンシュタインとアトムの活躍で一網打尽。事件終結後にRR団の正体が人間だったことが判明する。(漫画『鉄腕アトム』「フランケンシュタインの巻」), 11月 - ぶっちゃけ型宇宙人のダソヌ・マソが奥東京市を襲撃し、市内は大混乱。都市機能が一時麻痺状態に陥るがダンス・マンとアイドルユニットの『モアピーチサマースノー』によってダソヌ・マソが撃退され、正常化する。(アニメ『ケロロ軍曹』), 12月 - 「東城会100億円盗難事件」発生。この事件が発端で、東城会3代目会長世良が殺害され、これを機に100億を巡るまとめ争いが勃発。この事件がきっかけでミレニアムタワーの爆破事件により100億円が神室町の空に舞う。(ゲーム『. $\dfrac{1}{\tan^2\theta_k}\leq \dfrac{(2n+1)^2}{k^2\pi^2}\leq \dfrac{1}{\sin^2\theta_k}$ ロセスの前の段階には適用しない。 7.5.1.2.2 据付け活動 適切ならば,組織は,医療機器の据付け及びその据付けの検証に対する受入基準. この $z’$の虚部は $\dfrac{1}{\tan^2\theta_k}$ の $n$ 次多項式とみなせる!