生産拠点: トヨタ自動車 豊田自動織機(2ar-feのみ): 製造期間: 2008年 12月 - 現在: タイプ: 直列4気筒 dohc 16バルブ: 排気量: 2.0l 2.5l 2.7l: テンプレートを表示 2ar-fe型エンジンを搭載する車種の例. per miles), With filter change: 3.8 liters (4.0 US qts, 3.3 Imp. 最初から2ar(-fe,-fxe)用を使っておけば加工は必要無いと思われます。 ちなみに2ar-fxe用カバーのハイブリッドプレートを剥がすと2ar-fe用になる気が…^^; 取付をされる際は自己責任で! Number of piston rings (compression / oil): Compression differential limit between cylinders, Oil consumption , L/1000 km (qt. 新型アルファードに搭載されるエンジンが2az-feから2ar-feに変わりましたが、2ar-feもまた中国製ですか? カスタマイズ 直4エンジン、2400ccのアルファードヴェルファイアさんに、V6エンブレムを貼り付けるのは、さすがに嘘が可愛くないなと思います。 lb) at 4,400 rpm. This engine was manufactured by Toyota Motor Company from 2000 on Kamigo Plant, Shimoyama Plant and Toyota Motor Manufacturing Kentucky, Inc. しかし2代目アルファードに搭載された2.4l 直4エンジンである2az-feエンジンには固有のトラブルがあり、特定の運転条件を続けるとエンジンオイル消費が激しくなる不具合が発生し、最悪オイル切れでエンジンの焼き付きなどエンジン全体が破損するトラブルに繋がります。 レクサス2AR-FSE型エンジン(レクサスの直列4気筒2.5Lハイブリッド用エンジン)みなさん、こんにちは。「高級車を所有する歓び。~premium-car-lineup.com~」にお越しいただきまして、ありがとうございます。このサイトで 2AR-FE engine has been put into production in 2008. トヨタの2AZ-FEエンジンと聞いて、「あぁ…あれのことね…」とわかる方は、このさき読まなくても大丈夫です。, しかし、「不人気 中古車」とか「中古車 50万円」というキーワードで当ブログに流れてきた方は、ぜひご一読ください。, 以前、中古車ネタで書いたことのあるトヨタ車の一部グレードには、ちょっとした問題を抱えている個体があります。(クルマ好きの間では有名なネタ), 2,400ccの2AZ-FEというエンジンを搭載したブレイドやマークXジオには、注意が必要な個体が存在するのです。, しかし、中古車需要の多くなる今の時期だからこそ、当ブログでも注意喚起という意味でこの問題について書いておこうと思います。, ( ゚∀゚).。oO(15年ほど2AZ-FEのハリアーに乗っているけれど、Rockmanの愛車はトラブルが全くないよ。やはりエンジンの製造場所のちがいでトラブルの比率はかわるんだろうね…), 本来であれば、このトラブルはリコールになってもいいような案件です。しかし、本件はサービスキャンペーンにすらなっていません。, そりゃそうだよ…このエンジンの対策を実施したらディーラーさんのピットはパンクしますから。それだけ、このエンジンを搭載した車種が多すぎるのです。(1台あたりの修理時間もそうとうかかりそう), 登録から5年10万キロだった保障内容が、この問題が発覚してから登録から9年・走行距離無制限という内容に変更されました。, でも、該当のユーザーにお知らせなんてありゃしません。自分で調べないと知り得ない情報です。, 中低速域から停止直前までブレーキを踏まずに減速するような運転をされますと、吸気管および燃焼室内の負圧が高い状態で保持されるため、エンジンオイルが燃焼室まで吸い上げられてオイル消費量が増えることがあります。 当該現象が発生し修理をご用命の場合、下記の通り無料にて修理対応致します。, 上の文章を要約すると、「ブレーキを踏まずにエンジンブレーキで減速するような運転をしていると、エンジンオイルを消費します」ということです。, これは、信号で停止する際によくやる運転方法ですよね。前に車がいなかったり、車間が十分にあるときはブレーキを踏まずにエンブレで速度を落としますもの。, こんな当たり前の使い方でエンジンオイルがなくなってしまうんですから、トラブルをかかえた車を所有している方はたまったもんじゃありません。(;´Д`), これらアルファベット表記のエンジンはすべて中国製でございます。(中国製のものを否定するとかそういう意味ではない), 万全をきすなら、これら番号の中古車には手を出さないという判断があってもいいでしょう。, さきほどのエンジンとは違い、こちらはトラブルが発生しない(しにくい)エンジン番号の頭文字です。, ちなみにこれらはすべて日本国内製造のエンジン。Rckmanの愛車、30ハリアーもこの日本製の2AZ-FEエンジンが搭載されています。, 我が愛車の30ハリアーは対象車種になっていないものの、2AZ-FEの搭載車であります。, 定期的にオイルの量をチェックしていますが、レベルゲージの表示部分が減少したためしがありません。, 手厳しい方には「欠陥エンジン」なんて表現をされることもある2AZ-FE。すべてがすべてオイル食いするものでもありません。, 中国製造のエンジンでも問題ない個体はあります。もしこのエンジンを搭載した中古車を検討しているなら、定期点検整備記録簿をチェックして、あやしい部分がないか確認することをおすすめします。, ( ゚∀゚).。oO(整備記録の残っていない個体のチョイスは博打だよ。その点は気をつけてね), 一番ヤバい2AZ-FEエンジン搭載車の購入パターンは、保証のない…もしくは保証が短いオイル食いの車を買ってしまった場合。, 保障期間をすぎてしまったものは、エンジンの修理に50万円ではきかない金額がかかってしまいます。これは最悪ですね。, なので、手厚い保証がついたディーラー中古車や日本製造のエンジンが載った車を選ぶことが安心だと思います。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, 90kgの肥満状態から肉体改造で-30kgの減量に成功した30代のおじさん。 自転車・クルマ・筋肉・スチームパンクをこよなく愛しています。. 可変角を拡大した連続可変バルブタイミング機構「VVT-iW」を搭載。, 当初は、2016年にマイナーチェンジしたマークXにも搭載される予定だったが、最終的に見送られた。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=トヨタ・ARエンジン&oldid=77643176, 136kW(185PS)/5,800rpm 247Nm(25.2kg-m)/4,200rpm, 126kW(171PS)/6,000rpm 226Nm(23.0kg-m)/4,100rpm, 133kW(181PS)/6,000rpm 232Nm(23.7kg-m)/4,100rpm, 134kW(182PS)/6,000rpm 235Nm(24.0kg-m)/4,100rpm, 118kW(160PS)/5,700rpm 213Nm(21.7kg-m)/4,500rpm, 112kW(152PS)/5,700rpm 206Nm(21.0kg-m)/4,400~4,800rpm, 131 kW (178 PS )/6,000 rpm 221 Nm (22.5 kg-m )/4,200 - 4,800 rpm, 123kW(167PS)/6,500 199Nm(20.3kg-m)/4,600rpm, 180kW(238PS)/5200~5,800rpm 350Nm(35.7kg-m)/1,650~4,400rpm. タイプ:直列4気筒 DOHC 16バルブ VVT-i ミラーサイクル The Toyota 2AZ-FE is a 2.4 l (2,362 cc, 144.14 cu-in) straight-four 4-stroke natural aspirated gasoline engine from Toyota AZ-family. The crankshaft has 8 counterweights; it is mounted with 10 mm shift to the intake side. モーターと組み合わせてのシステム最高出力は220PS(162KW)となる。, 水冷エキゾーストマニホールド一体型シリンダーヘッド、ツインスクロールターボ、ターボ専用の直噴「D-4ST」を採用。 ここではトヨタのAGH30W型・アルファード [2.5X|2015/01モデル] に搭載されている2AR-FE型の自然吸気エンジンのデータを参考に、このエンジンが持つ特性や素性について調べてみます。, まず基本的な成り立ちとして、2AR型エンジンはボア(内径)90.0mm、ストローク(行程)98.0mm、ボアストローク比1.09のロングストローク型エンジン(ピストン径よりもストローク量のほうが大きい)です。, 排気量と気筒数が同一の場合、ショートストローク型に比べて低回転域でのトルク特性に優れ、扱い易いエンジンとされますが、高回転域では充填効率の悪化や摺動抵抗が増大して出力の低下が懸念されます。, なおかつ回転数も同一の場合、ショートストローク型に比べて平均ピストンスピードが高くなりがちなことから、エンジンへの負荷が大きくなる傾向にあります。, このサイトにて2AR-FE型の自然吸気エンジンを搭載している車種は、2015/01から発売された3代目アルファード [AGH30W型|2015/01]となっており、NA車は4車種、ターボ/SC車は0車種の全4車種が登録されています。, 今回の参考車両であるアルファードの直列4気筒2493cc、圧縮比10.4でレギュラーガソリン仕様の自然吸気エンジンは、6000回転のとき最高出力182馬力を、6000回転のとき最大トルク24.0kgmを発生させます。, 馬力と回転数が分かればトルクが、トルクと回転数が分かれば馬力を知ることができますので計算してみますと、最大トルクが発生する4100回転での馬力は137.4PS、最高出力が発生する6000回転でのトルクは21.7kgmになります。, 排気量1リットルあたりの馬力は73.0PS/L、トルクは9.6kgm/Lとなり、1気筒(単気筒容積623.4cc)あたりの馬力は45.5PS、トルクは6.0kgmです。, 2AR型自然吸気エンジンを、このサイトで登録している全てのNA車から集計した偏差値ベースの10段階評価に当てはめると、評価は換算馬力が[ 6 ]、換算トルクが[ 6 ]の「標準的な出力(中の上)のエンジン」にカテゴライズされます。, エンジンオイルの通販革命!高品質×低価格TAKUMIモーターオイル HIGH QUALITY【5W-30】, エンジンの排気量を決める要素には気筒数、ボア径、ストローク量の3つがあり、これらを増減することでさまざまな排気量のエンジンが生まれます。, ここでは実際に可能かどうかは別として、ピストン径を純正の90.0mmから0.5mm刻みで93.0mmまで拡大した場合および、ストロークを純正の98.0mmから1mm刻みで103.0mmまで延長した場合の排気量と、燃焼室容積が変化しないと仮定した場合の圧縮比の変化を一覧表にしています。, ※ストロークアップと口で言うのは簡単なのですが、ロングストローク化するにあたってはクランクシャフトおよび対応コンロッドが必要になり、純正流用できない場合はワンオフで作らなければならないなど、とにかくお高く付きますので、手を出すには相当の覚悟を求められるメニューです。, 圧縮比については、実際のところピストンが大径化するに伴ってピストン天面の凸凹容量も変化する場合が大半ですから、一覧表にある圧縮比の数値の通りにはなりませんが、排気量を大きくすると自ずと圧縮比も上昇しますよ、という雰囲気をご堪能ください。, B/S比はボアストローク比の略で、ボア径を広げていくとロングストローク型からスクエア型、あるいはショートストローク型の特性へと近付いていきます。2AR型エンジンの場合、純正ピストンから+3.0mmのボアアップをすると比は1.09から1.05に変化するという具合です。, 2AR型エンジンのピストン径90.0mmとサイズが近いピストンを持つエンジンが19件ありますので、余興としてピストン流用でボアアップした場合の排気量を計算してみます。, ピストン径が近いエンジンとしては、レクサス:UZZ40型ソアラに搭載される3UZ型4292ccの91.0mm、三菱:Z16A型GTOに搭載される6G72型2972ccの91.1mm、日産:ALWE50型キャラバンエルグランドに搭載されるVG33型3274ccの91.5mm、スバル:BL5型レガシィB4に搭載されるEJ20型1994ccの92.0mm、トヨタ:LH100G型ハイエースワゴンに搭載される2L型2446ccの92.0mm、スズキ:RF91S型キザシに搭載されるJ24B型2393ccの92.0mmなどが該当します。, (もはやこのような探求に楽しみを見い出す人は減ってしまいましたが)いくら径が近かろうとも、ピストンピンの径やピストンの高さ、バルブリセスの都合などなどありますので、なるべくなら同じメーカー、なるべくなら同じ燃料で同じ吸気方式、なるべくなら排気量が近いものを選ぶと純正流用できる可能性が高くなる、かもしれません。, ●ピストン径が小さい 2500ccクラスのエンジン ●ピストン径が大きい 2500ccクラスのエンジン ●ストロークが短い 2500ccクラスのエンジン ●ストロークが長い 2500ccクラスのエンジン ●ボアストローク比・昇順 [2500ccクラス] ●ボアストローク比・降順 [2500ccクラス], 続きまして平均ピストンスピードについて見てみます。ストロークが98.0mmのエンジンが最高出力を発生する6000回転での平均ピストンスピードは19.6m/sとなり、これは1秒間に19.6メートル(時速にすると70.6km/h)の距離を進む速さでピストンが上下運動していますよ、という意味です。, 最大トルクを発生する4100回転では13.4m/s、最高出力が発生する6000回転より500回転高い6500回転をレブリミットと仮定したときの平均速度は21.2m/sとなっています。, 参考までにストロークが98.0mmの2AR型エンジンを10000回転/毎分まで回したときのピストンスピードの変化を計算してみました。これを見ると回転数が2000回転高くなるごとに概ね6.55m/sずつ速度が増していくようです。, 大量生産を前提とした一般的なエンジンの目安である20.0m/sのみを基準として考えると、高回転化の上限を(回るか回らないかは別として)6120回転くらいにするのが機械的にも精神的にも好ましそうです。, 全4車種のうち、最高出力が大きいものから順に上位3車種を表示しています。その他の車種については、ページ下部にあるリンクより2AR型エンジン搭載車種の一覧をご覧ください。. 全4車種のうち、最高出力が大きいものから順に上位3車種を表示しています。その他の車種については、ページ下部にあるリンクより 2ar型エンジン搭載車種の一覧 を …