という疑問が湧いたのですが、どうなのでしょうか?, 味噌が大量に余ってしまっているので、魚の味噌漬けを作ろうと思います。 魚の切身の味噌漬けや粕漬けは冷凍しても こういった物はもう食べない方がいいんでしょうか??? すぐに冷凍庫に放り込みましたが(朝届いたので時間がなくて)、帰宅して見ると霜がたくさんついていました。 当人は買い物が好きなようで、ほぼ毎日スーパーで値引き商品買いまくって帰ってきます。当然その日はワンプレートに惣菜が並んだ、しかもかな... コロナを重症化させないために、ビタミンDの摂取が効果があると分かったそうですが、ビタミンDを効率よくとるにはどうしたらいいですか?必要量の血中ビタミンD濃度が30ng/ml以上を確保したいです。 冷凍→解凍したものを食べることが割とありますが、 生のまま冷凍した魚は2~3週間で食べた方が良いですが、下味や調理してから冷凍することで3~4週間冷凍しても品質が落ちません。使うときに解凍して焼く、煮るだけなので、調理時間の短縮にもなるというメリットもあります。 急速冷凍する 切り身の中程に冷凍感が残っていても差し支えありません。 また、ネットショップに問い合わせをしてもメールの返信もないし、電話をしたら留守だとメッセージが流れるし、本当にムカついています。 これは冷蔵庫に入れて、その日までということですよね。 ネットで干物(カラッカラではない)になった魚のセットを購入しました。 よろしくお願いします!!, 冷凍OKです! 私は、味噌漬けや塩こうじ漬けにして、冷蔵で4~5日で食べることにしています。, 回答ありがとうございます。 味噌漬けや醤油漬け、ぬか漬けなど人気の漬け込みレシピも冷凍 … こういった物は冷凍で届くものとばかり思っていましたが、箱を開けると完全に解凍状態でテレテレな状態でした。 旦那が東大卒なのを隠してました。 (ラベルに“鶏もも肉<解凍>”と書いてある) 父が作る食事が好きになれません。20代大学生です。 普通に冷凍→再解凍して食べることにしますw, スーパーで売っている鰆の西京味噌漬けや赤魚の粕漬けなどは、冷凍物ですから、冷凍しても特に問題はないのではないでしょうか。 その量が結構多いのでそのまま捨てるのはもったいないといつも思うのですが、料理に利用できないでしょうか。 西京付けは、良く冷凍します。 どなたかご教示お願い致します。, https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1386171233. 肉を加熱すると、ほとんどの細菌は死滅するので品質の劣化を抑えることができます。加熱調理して冷凍することで、生の肉を冷凍した場合と比べて、1~2週間賞味期限が延びます。, また、調味料で味付けすることで、細菌の繁殖を抑えることができ、長期間保存できるようになります。, 魚においても、調理してから、下味をつけてから冷凍することで、品質を落とさずに長期間の保存が可能になります。味噌や酒かす、醤油、みりんなどで下味をつけることで、乾燥を防ぐことができ、また食べるときに味がしみてより美味しくなります。, 生のまま冷凍した魚は2~3週間で食べた方が良いですが、下味や調理してから冷凍することで3~4週間冷凍しても品質が落ちません。使うときに解凍して焼く、煮るだけなので、調理時間の短縮にもなるというメリットもあります。, 品質を落とさずに冷凍するコツは、急速冷凍すること。ゆっくり冷凍すると、食品内の水分が凍る際に氷の結晶が大きくなってしまい、細胞を破壊します。, 破壊された部分から、旨味成分とともに水分が流れ出てしまいます。すると、風味や食感が落ち、品質が悪くなります。, ですので、できるだけ素早い冷凍を心がけることが大切です。急速冷凍することで、品質の良い状態を維持できるので、賞味期限が延びます。, ご家庭でできる急速冷凍法としては、冷凍する食品を金属トレーの上において冷凍すること。金属トレーは熱伝導率が高いので、素早く熱を奪い冷やすことができます。, また、冷凍庫内をできるだけ低温に維持できるよう冷凍モードを強くする、扉の開閉を少なくする、食品をつめて隙間をなくす、保冷剤を入れておく、などの工夫も重要です。, 肉・魚に限らず、食品を家庭の冷凍庫で冷凍した場合の賞味期限は、長くても1カ月ほど。 もしできる場合、魚の後に豚肉、とか、食材を変えても大丈夫でしょうか? その時、たまに<解凍品>と書かれているのを見かけます。 保冷袋に食材や漬けにして冷凍する際など 切り身魚の下味冷凍の方法を紹介。味付けは「醤油みりん」「味噌」「ドレッシング」「塩麹」の4種類。保存袋に魚と調味料を一緒に入れて冷凍する方法なのでとても簡単です。調理方法の紹介では、焦がさずに焼くコツなどもわかります。 別にそこまでまずっ!とはならないというか、そこそこ 粕漬けは、好きではないので、買ったことがありません。 お取り寄せで味噌漬け・粕漬けを注文すると、冷凍で送られてくることが多いです。 食材辞典, 保存方法(その他), スーパーで新鮮な魚や旬の魚を見つけると、美味しそうでどれも買いたくなってしまいますよね。魚は鮮度が重要なので、美味しく食べるには新鮮な状態で食べることが大切ですが、食べきれない魚も、正しく保存すれば、美味しさを保ったまま保存することができます。保存方法は切り身魚や一尾魚など、状態によっても変わってきます。正しい保存方法を覚えて、いつでも魚を美味しく食べましょう!, 魚はハラワタ(内臓)やエラから、傷みが進むと言われているため、保存をする時はまず、これらを取り除く下処理をしましょう。, また、昆布締めにしたり、味噌や醤油に浸けるなど、下味をつけておくと保存性が高まり、調理する時も楽になるので下ごしらえをして保存するのもおすすめです。, 魚の保存に湿気は大敵となります。魚から出る余分な水分はドリップと呼ばれ、臭みの原因にもなります。, クッキングペーパーでしっかりと水気を拭き取り、切り身であっても、1尾丸ごとであっても、重なった部分があると、そこに水分が閉じ込められてしまうので、重ねて保存しないようにしましょう。, クッキングペーパーで包んだ状態で保存するのもよいでしょう。そして、雑菌が増えるのを防ぐためにも、空気に触れないようぴっちりとラップに包んでから、ジッパー付き保存袋で密閉します。, 空気に触れないようにすることで、乾燥や酸化、臭い移りを防ぐことができます。買ってきたトレイやシートにのせたままの保存は避けたほうが良いでしょう。, 魚を保存するには低い温度の環境が大切です。処理する前には流水で手を洗い、手早く行います。そして、保存する準備ができたら、冷蔵庫のチルド室やパーシャル室のような特定低温室に保存しましょう。また、保冷剤を近くに置いたり、アルミニウムのトレイに載せて保存すると一層効果的です。, 魚は傷みやすいため、すぐに使い切ることができない時は、冷凍保存が良いでしょう。鮮度を保つには、温度を低くして保つことも大切です。, 切り身や丸ごと一尾の状態によって、保存できる期間の目安も変わってきます。当日や翌日に使い切る予定が無い時は、買ってきたその日のうちに早目に冷凍するのがおすすめです。, 冷凍保存をしても、魚の栄養価に変化はなく、冷凍保存することで酵素や微生物などの内側からの劣化も防ぐことができるそうです。, 鮭やカジキマグロなど切り身の魚は、トレイにのって、魚の下にはシートがひかれ売られているのがほとんどです。トレイにはドリップと呼ばれる水分がたまっていることが多いので、切り身魚は軽く水洗いして、キッチンペーパーで余分な水分を取り除きます。保存期間を伸ばしたい時や臭みが気になる時は、みりん醤油などの調味料に漬け込むのがおすすめです。, 調味料がしみ込みやすいよう、魚にふり塩をして調味料に浸けます。浸けている間は冷蔵庫に入れておきましょう。浸けこみが終わったらペーパーで軽く拭いておきます。, よく水気を切ったら、ラップでしっかりと密閉して包み、ジッパー付き保存袋に入れて空気を抜いて冷凍します。この時、まとめて保存はしないで、手間でも1切れずつラップで包んでください。調味料に漬け込んだ切り身も、同じ方法で保存します。, 切り身の冷凍保存期間は2~3週間が目安です。下味をつけた切り身は3~4週間が目安です。ただし、臭いや見た目に異変があった場合は、期間内であっても食べるのは控えてください。, 鯛やアジなどの魚をそのまま丸ごと冷凍する場合は、頭と内臓とエラ、ゼイゴを取り除き、キッチンペーパーでお腹の中まで水気を丁寧にふき取ります。ただし、基本的に一尾魚を冷凍するのは、生魚や近海の魚に限ります。, 解凍した一尾魚をもう一度冷凍すると再冷凍となり、味や栄養価が失われ味も落ちます。そして、食中毒の原因となる細菌の増殖につながる可能性もあるので、一度解凍された一尾魚の丸ごと冷凍はできるだけ控えたほうがよいでしょう。, 一尾ずつラップでぴっちりと空気を入れず密閉しながら包み、ジッパー付き保存用袋にいれます。, 一尾魚の保存期間の目安は2週間程度です。ただし、臭いや見た目に異変があった場合は、期間内であっても食べるのは控えてください。, 刺身の基本はチルド室での保存がベストです。劣化が早まり冷凍やけをおこすため、冷凍保存はおすすめできません。もし冷凍する場合は、柵のままの刺身をキッチンペーパーで優しく抑えドリップを取り除いてください。, 切ってある刺身は、調味料に漬けて冷凍保存がおすすめです。水気を拭き取ってから、みりん醤油などの調味料に漬けてください。, 柵の刺身はラップでしっかりと密閉して包み、ジッパー付き保存袋に入れて空気を抜いて冷凍します。調味料に浸けた刺身は、調味料ごとジッパー付き保存袋に入れて保存します。, 刺身の冷凍保存期間は1週間程度です。ただし、臭いや見た目に異変があった場合は、期間内であっても食べるのは控えてください。, 3枚おろしにした魚は、おろしたら一度氷水にくぐらせてから、キッチンペーパーで水気を拭き取り、1枚ずつラップに包むのがおすすめです。, 鮭やタラなどの切り身は、塩を少量振りかけて、水分をキッチンペーパーで拭き取り、1枚ずつラップに包むのがおすすめです。, その日に食べきれない刺身は、醤油やみりんにつけて漬け汁ごと保存するのがおすすめです。タコやイカはそのまま冷凍できます。, すり身にむいているイワシやタラは、包丁やフードプロセッサーで細かく刻み、すり身にしておくのもおすすめです。小分けに分けてラップに包みジッパー付保存用袋にいれて保存しておけば、必要な分だけ解凍できて使う時に便利です。, 焼いた後に骨を外して身をほぐし、ラップに包みジッパー付き保存用袋にいれ冷凍できます。または、丸ごとぴっちりとラップに包みジッパー付き保存用袋にいれ冷凍もできます。, 煮魚に調理したあと、熱が冷めてから汁ごとジッパー付き保存用袋かタッパーにいれ冷凍がおすすめです。, 揚げたてを味わいたい場合は油で揚げる前に冷凍します。衣をつける前の状態で冷凍するのもおすすめです。揚げてから冷凍する場合は、熱を冷ましておきます。小分けにしてラップに包み、ジッパー付保存用袋にいれ冷凍できます。, 味噌漬けや醤油漬け、ぬか漬けなど人気の漬け込みレシピも冷凍できます。漬け込んだ後に1切れずつラップで包み、ジッパー付保存袋に入れて空気を抜いて冷凍がおすすめです。, 解凍方法は魚によっても異なりますが、解凍する時に急激に温度変化が加わると、魚からドリップが出て、うまみも逃げてしまうので、電子レンジや常温解凍は避けたほうが良いでしょう。, おすすめは、調理する半日前に冷凍庫から冷蔵庫に移して解凍する冷蔵庫解凍が美味しく食べられます。急いでいる時は、レンジを使ったり、密閉袋のまま流水で解凍もできます。調理方法によっては凍ったまま調理することもできます。, 刺身の解凍方法は、まず、海水よりも少しだけ薄い塩水で刺身を優しく洗い、キッチンペーパーで水気を切ります。そのままラップをせず密閉袋に入れ、氷水に1時間くらい浸けると美味しく解凍ができます。, 釣った魚をそのままの状態で持ち帰って冷蔵庫にいれると、みるみる鮮度が落ちてしまいます。新鮮さを保つには、締めと血抜きです。釣った直後に行い、氷の入ったクーラーボックスに入れ持ち帰ります。釣ったままの魚をそのまま冷蔵庫に入れるのは控えましょう。, 魚を美味しく食べるには鮮度が重要なので、新鮮なうちに食べるか、適した方法で保存しておくのが良いのですね。冷凍保存しても栄養価なども変わらないようなので、冷凍保存ができる魚は上手に活用しましょう。, スーパーで解凍されている魚は、冷凍には不向きなので気を付けてください。また、ひと手間であっても、トレイごとの冷凍は控え、水分を拭き取ってから、ラップで包んで保存することが美味しく食べるポイントです!, 友人の親が亡くなったという知らせを受けたときに、友人の支えになりたいと思うと同時にどういう声かけをした方が良いのだろうと考えてしまいますよね。ここではそんな時の参考になる文例や、使わない方がいい言葉、注意した方が良いことなどを紹介していきます。マナーなどもありますので、困ったときは是非参考にしてみてください。, みなさんは、暖房はいつからつけ始めますか?地域によって気温や室温が違うので、南国地方に住んでいる私は、「北海道の人は、暖房はいつからつけるのだろう?」なんて考えたりします。秋になると気温と室温の差があったり、日によって寒暖の差も激しかったりしますよね。朝晩につけて、昼間はつけないという時期かもしれません。暖房はいつからつけるのか、暖房をつける気温や室温の目安はどれくらいなのか、何月までつけるのかなどご紹介します。, カーテンは窓には欠かせないアイテムです。どこのご家庭でも使っているものですが、カーテンにもタブーとされていることがいくつかあるようです。カーテンを購入する時の採寸方法から風水でのNG行為、安全面での注意点など、さまざまな角度からカーテンではしないほうが良いと思われることをご紹介します。, 寒い冬の夜、眠るときに布団の中が暖かいと快適ですよね。そのため、電気毛布を使っている人も多いと思いますが、電気毛布は体に悪い、という話を聞いたことありませんか?正しく使わないと、かえって睡眠の質を落としたり、健康状態に好ましくない影響があるようです。とはいえ、寒い冬にはとても便利なアイテムです。正しい使い方で役立てましょう。, 大根はサラダや煮物、お味噌汁、付け合せの大根おろしなど、料理の幅も広く人気の野菜です。また、栄養価の高い野菜でもあるので、積極的に取り入れたいところですが、煮物などで苦みが気になる、苦いのが苦手という人もいらっしゃると思います。苦味を取る方法が分かれば、日々の食卓で大根のお料理がもっと増えますね!苦味の取り方を覚えてみましょう, 快適で心地よい暮らしを送るために、掃除は欠かせないものです。無駄なく効率的に家中をキレイにできるよう、場所ごとの掃除方法やコツ、アイテムをご紹介しています。掃除が苦手、洗剤で手肌が荒れてしまう、時間がない、など掃除に関するお悩みを解消できるお役立ち情報がたくさんあります。, 洗濯物は「洗って、干して、畳む」以外にも、洗濯槽の掃除やアイロンなど日々やることは色々あります。素材によっては、洗剤や洗い方を変えなくてはいけません。梅雨の季節は部屋干しが多くなりニオイ対策も必要になりますね。カーテンやラグマットなどの大きな洗濯物も、正しい洗い方をすれば自宅で洗うことができます。洗濯に関するお役立ち情報やお悩み解消のための情報をご紹介しています。, 毎日の暮らしが豊かになる、ちょっとした工夫やアイディ。そんな「生活の知恵」を取り入れるだけで、家事が楽しくなったり便利になるでしょう。日常のなかで、すぐに実践できるおすすめの裏ワザをご紹介しています。, 主婦目線でのお金にまつわるお役立ち情報や節約術をご紹介しています。貯蓄をするためのコツなどもチェックしてみて下さいね♪まだ実践していないものがあれば、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。, 運気を上げて毎日の生活を楽しく明るく、ハッピーに過ごしたいですよね♪知れば取り入れてみたくなる風水をはじめ、訪れたくなるパワースポットや神社、お寺巡りなど運気をアップさせるための情報をご紹介しています。, 基本的なマナーや一般常識は、なかなか人に聞きづらいものですよね。ですが、特に冠婚葬祭のマナーでは失礼があってはいけませんので、失敗は避けたいところです。大人として知っておきたいマナー全般のお役立ち情報やお悩み解消情報をご紹介しています。, 趣味を持つことはリフレッシュにもなり、日々の暮らしを豊かにしてくれますね。家事の合間をぬって没頭できる時間は、忙しくしていても充実感が味わえます。特にガーデニングやハーブ栽培は人気があり、他にも読書やカメラ、旅行など皆さんが楽しめそうな趣味に関する情報をご紹介しています。, 食材管理は料理をする上でとても大切なことです。きちんと食材を管理できることは、無駄を出さすに済み節約にもつながりますね。買う時の見分け方や保存方法、下処理方法などが分かる食材辞典は大いに役立つでしょう。食材に関するお役立ち情報やお悩み解消情報など盛りだくさんにご紹介しています。, おすすめ記事一覧です。特に人気があった情報、お役立ち情報をお届けいたします!|シュフーズ, SNSで人気のトピックや巷で話題の新商品など、役立つ最新情報を厳選してお届けします。, 貝印 KAI 真空ポンプ 保存袋 Kai House Select スターターセット DH2058.