また、出すならいくら位が相場でしょうか。, 香典というのは多くの人が悩む問題ですが、特に会社の場合は様々なケースがあって複雑です。, というのも、会社からの香典があるだろうし、他にも会社規模が大きいと親睦会費等から出るところもあります。そうなると、それとは別に個人として香典を出すのか悩みますよね。, また、会社によっては個人でなく誰かがまとめて連名で出す可能性があります。でも個人的に親しい場合には連名と個人の両方で出すのかという疑問が生じるのですよね。, 社員の親が亡くなった場合には、会社から弔慰金として香典が出ますが、それと個人の香典は別に考える必要があります。(大企業では会社からの他に、労働組合や親睦会等からも支給されることがあります。) 経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。 終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。 また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。 同僚の父母への香典相場は3,000円~1万円です。20代では3,000円ほど、30代以上で5,000円程度が多く、多くても1万円ほどになります。 同僚の父母の香典は立場ではなく、出す人の年齢によって差が出てきます。 家族葬とは 同僚やその家族が亡くなった、そんなケースの香典の金額の相場は5,000円から。 これは守るべきラインです。 香典の金額の相場が関係なくなるのが、有志一同で香典を包むケース。 この場合、同僚らが困らない様に名前の表記は忘れないようにしましょう。 最近では直葬を選ぶ人の割合が増えているため、直葬での香典マナーはぜひ知っておきたい知識です。 たとえば親族が、ひっそりと見送りたいので参列と香典は辞退したいと希望する場合がありますが、こういった場合には無理に参列したり、弔問に押し掛けるのは避けたいところです。 同僚の親のお通夜に参列しない場合には、弔電を送る・香典を渡すといった方法で弔意を伝えることができる。 香典を渡す場合には、出席する人に代理で渡してもらう方法と後日郵送する方法が … 供花に関しては、職場関係ではあまり個人名で送ることはありません。部署名や事業所名で送ることが多いので、どうしても送りたい場合は総務や管理の部署に確認してみると良いでしょう。, 逆に、面識はあるが本人とはほとんど関りがない場合はどうでしょう。 終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。 ほとんどの人にとって、葬儀に関してはわからない事の方が多いようです。中でも悩みがちなのが香典の金額で、同僚の親に包む際の金額の相場はいくらなのでしょうか。今回は、同僚の親に包む香典の金額相場、参列しない場合の渡し方などを解説いたします。 また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。 同僚や同僚の親族の訃報に接した時、どうしたらよいでしょう。お通夜・告別式に参列した方がよいのか、香典はどうしたらよいのか、参列の際の服装は、などと迷うことがでてくることでしょう。今回は同僚や同僚の親族のお通夜・告別式、香典・マナーなどについて解説いたします。, 同僚や同僚の親族が亡くなられた場合に、お葬式のお通夜・告別式へ参列するかしないかをどう判断すればよいのでしょうか。同僚といっても、会社の規模や社内の部署・職務によって人間関係は様々です。さらにその親族となると、ご遺族への負担を考えて参列しない方がよいのか、判断が難しいところです。そこで、今回「終活ねっと」では同僚や同僚の親族のお通夜について以下のポイントを中心に解説していきます。, もし急にその時が訪れたとき、遺族の方に負担をかけることなくそのお気持ちに寄り添えるよう、参考にしていただける、役に立つ内容をご紹介します。最後までお読みいただけると幸いです。, 「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。, 葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。, お通夜とはもともと、遺族とごく親しい人たちが集まって、一晩中線香の煙を絶やさないようにして、故人の魂をお守りするというものでした。現代では、夕方の1~2時間程度の時間で執り行われる半通夜と呼ばれる形が一般的になってきています。また告別式は、故人とのお別れの儀式ということで、お別れのあいさつを故人に捧げたい人は基本的には誰でも参列できるというのが本来の形です。さて、勤務先の同僚の方が亡くなられた場合、お通夜・告別式に参列する・しないはどのように判断したらよいのでしょうか。会社の代表として組織の上層部の人が参列することになるのか、個人として参列することも認められるか分からない方も多くいらっしゃると思います。ここでは、同僚のお通夜に参列について解説いたします。, 職場の方のお通夜・告別式であれば、基本的には会社の代表かその代理の人が参列しますが、故人と親しい関係にあった人は、やはり故人の同僚として個人的に出席するのがよいでしょう。もし都合がつくならばお通夜と告別式の両方出席した方がよいですが、仕事の都合で両方の参列が無理な場合はどちらか一方への参列でも失礼にはあたらないでしょう。, では、あまり面識がない場合はどうすればよいのでしょうか。業務上の接点はあまりなかった同僚であっても、同じ職場で業績の向上という共通の目的を持って努力を続けてきた同志であるという点まで考慮すると、個人的な判断は難しいところです。, 会社の規模や慣習などによって判断が分かれるところです。個人的な判断よりも、会社内の規定やこれまでの事例に基づいた慣習に従うことをおすすめします。従業員数の多い会社では、会社の代表あるいは代理人による公式な参列と、故人と親しかった同僚による連名か個々の参加といった形になるかもしれません。従業員数の少ない会社では、親しい同僚も、面識のあまりない同僚も、まとまって社員一同といった形で参列することになるかもしれません。組織内での判断に従うのが一番よいでしょう。, 参列する側の気持ちや事情だけで参列するかしないかを決めるわけにはいかない場合もあります。遺族の思いや、企画された葬儀の規模などによっては参列者の人数を調整した方がよいということになりかねません。規模の大きな葬儀では、遺族はできるだけ多くの方とのお別れを望んでいるかもしれません。逆に規模を抑えた葬儀では、きわめて近い関係の人だけでのささやかな別れを望んでいるかもしれません。会社に伝えられた知らせをもとに、遺族の思いに沿う方向での判断を共有するのが賢明です。, 同僚の葬儀が一般的な葬儀より規模を抑えた形の家族葬で執り行う場合、通夜・告別式への参列はするべきなのか解説していきます。, 家族葬の場合、故人の希望や遺族の思いとしては、盛大さよりもささやかさを求めておられることが考えられます。血縁関係を中心に極めて近い関係の人間だけで、心のこもった葬儀をしたいという遺族の気持ちを配慮すると、会社の同僚という立場では、基本的には参列しないのが妥当です。, ただ、たとえ同僚であっても家族同然の付き合いがあったりして、故人との生前のかかわりに感謝したいという遺族の思いから、直接参列をお願いされることもあるでしょう。その場合はやはり遺族の思いを汲んで、心をこめての参列をおすすめします。なお、「終活ねっと」の以下のページでは、家族葬の通夜に参列すべき範囲やマナーなどについてさらに解説していますので、ぜひそちらもあわせてご覧ください。, 家族葬は近年注目を集めている葬儀形式です。家族葬は親族や故人の親しかった人だけで行いますが、家族葬の通夜に参列してもいいのでしょうか。今回は、家族葬の通夜に参列すべきかについて、参列マナーや参列しない場合のマナーについても含めて解説します。, では、同僚の親族に当たる方のお通夜・告別式の場合はどうしたらよいのでしょうか。同僚本人ではなくその親族ということですから、多くの場合は面識がほとんど、あるいはまったくない故人のお通夜・告別式ということになります。弔いの気持ちを同僚に伝えたいのはやまやまですが、故人との交流が一切なかった場合、故人ときわめて親交が深い人たちと同じように参列してもよいものかどうか悩んでしまいます。そのようなことを考慮に入れたうえで、参列の基準を解説いたします。, 親しい同僚の親族を、両親・配偶者・子供の場合と、祖父母・兄弟などの2親等以上の場合に分けて解説いたします。, まず、故人が、親しい関係にある同僚の両親・配偶者・子供だった場合です。基本的には、ほとんど、あるいは全く面識がない故人の葬儀ということになりますが、同僚との親交の深さも重視して判断した方がよいでしょう。同僚の1親等の方が亡くなられたということであれば、参列することは問題ありません。会社としての規定など公的な条件を考慮した上での判断となりますが、基本的には参列する方向での検討が妥当ということになるでしょう。, 特に参列を請われる場合を除いては、同僚の2親等以上の親族のお通夜・告別式には、必ず参列する必要はありません。, 故人が、自分とはあまり面識がない同僚の親族だった場合はどうしたらよいのでしょうか。お通夜・告別式に参列するほどの関係ではないが、かといってまったく何もしないというのも失礼にあたるというような場合はどうしたらよいのでしょうか。, 弔電となると、かなり近い関係の人や地方自治体の上層部・会社の代表などでどうしても参列できなかった人たちと同列にまとめられるような形になり、やや遠い立場の人間としては心苦しいものです。弔電の場合は、やはり当日ではなく数日おいて送るほうが望ましいでしょう。香典も後日現金書留で送ると、より心のこもった弔意となるでしょう。, 下記の記事では、葬儀の後日で気を付けるべきお悔やみの言葉について紹介しています。ぜひ、こちらもあわせてご覧ください。, お世話になった方のお通夜や告別式に参列できないこともあるかと思います。そんな場合には、後日どうすればお悔やみの言葉を伝えることができるのでしょうか。今回はお通夜、告別式の後日にお悔やみの言葉を伝える手段や内容についてわかりやすく解説していきます。, 自分が参列しない場合、お通夜・告別式に参列する人に香典を託すというのも一つの手段です。香典の代理については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。, どうしても予定が合わず、葬儀に出られないという場合もあるでしょう。そんな時香典を代理してお渡ししてもよいのか悩んでしまいますね。この記事では、香典代理の是非についてと、香典の書き方について解説します。その際のマナーについても解説しますのでぜひご一読ください。, 同僚、あるいはその親族のお通夜・告別式の場合の香典はどう考えたらよいのでしょうか。, お通夜・告別式に参列する場合は基本的にはその場で香典をお渡しするものと考えてよいでしょう。参列しない場合は、同僚とのつながりや周囲の考えを参考にしましょう。, 同僚の場合は5,000円~、同僚の親族の場合は3,000円~くらいが相場となっています。香典は少なすぎるのも多すぎるのもよくないとされているので、周囲との相談をおすすめします。, 会社や部署内でまとめて連名で香典を出すこともあるかもしれません。そのうえで、個人でお通夜・告別式に参列する場合は改めて香典をお渡しする必要はありません。受付の方でその旨を伝えすれば問題ありません。なお、「終活ねっと」の以下にページで、香典袋の書き方などについてさらに詳しく解説していますので、ぜひそちらの方もご覧ください。, 香典袋の正しい書き方をご存知ですか?葬儀の際に必ず持っていく香典ですが、様々なマナーがあり、疑問や不安を抱いている方も多いと思います。今回は香典袋の書き方について、表書きや名前、中袋に書く金額や住所氏名などの書き方を中心に解説していきます。, 喪服が基本です。男性であればネクタイや靴下も、女性であればストッキングも黒にそろえましょう。ただし、お通夜の場合は、仕事先で訃報を聞いて、慌てて駆け付けたという意味で、作業着やビジネススーツでも許されることも多いようです。なお、「終活ねっと」の以下のページでも、お通夜や葬儀の服装・髪型・マナーなどについて詳しく解説していますので、ぜひ参考にしていただきたいと思います。, 自分の家族や親戚、知人の方などが亡くなった場合にはお通夜や葬儀に参列します。お通夜や葬儀に参列する場合には、どういった服装をすればいいのでしょうか。今回の記事ではお通夜や葬儀の服装について解説をしていきます。, 数珠はできれば用意したほうが良いでしょう。葬儀会場で販売されている場合もあります。また、袱紗も用意しなければいけません。香典袋はふくさに包んで持っていき、受付でふくさから取り出すのが礼儀です。日常的な携帯品としての腕時計や結婚指輪などはそのままでも構いませんが、その他の装飾的なアクセサリー関係は基本的には避けた方はよいでしょう。ただ女性の場合の白いパールのネックレスは、涙を象徴するものとして着用されます。, お通夜の連絡を急に受けた時、お香典は用意したけれど袱紗の正しい使い方がよく分からず、どうしようと戸惑われたことはありませんか?お通夜でお香典をお渡しする際に、失礼がないよう袱紗のマナーについて確認しておきましょう。, あまり多くの言葉・長い会話を交わすのは避けなければいけませんが、無言で香典をお渡しするのも失礼にあたるので、儀式的ではあっても、心を込めた短めの挨拶の言葉をかけることが大事です。お辞儀とともに「この度はご愁傷様です。」「どうかお力落としのないように。」という程度のささやかな挨拶を心がけたいものです。なお、「終活ねっと」では、以下のページでも葬儀やお通夜での挨拶やマナーなどについてさらに詳しく解説していますので、そちらの方もご覧いただければ有難いです。, 葬儀は非日常です。突然の葬儀に際して受付でどのように挨拶したりすればよいか自信のある方は少ないでしょう。葬儀の受付の手伝いを頼まれたりすればなおさらです。弔問客として、またはご遺族側のお手伝いをする場合、それぞれについて葬儀の挨拶のマナーをご説明します。, 今回「終活ねっと」では、職場の同僚、あるいは同僚の親族のお通夜・告別式について参加するべきかや香典や弔電はどうするのかなどの点を解説してきました。以下にこの記事のポイントを紹介します。, あまり面識がない同僚の親族の場合、参列する人に香典を託したり、後日弔電や香典を送る方法もある。, お通夜・告別式での服装・持ち物・マナーなど基本的な礼儀は確認しておいたほうがよい。, 同じ職場内の同僚やその親族の万が一の不幸ごとに際して、今回の記事がお役に立てれば幸いです。最後までご覧いただいてありがとうございました。「終活ねっと」では、お通夜と葬儀についての違いや、日程・挨拶のマナーなど、さらに役立つ情報を掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。, 愛する身内の方が亡くなった場合、日を置くことなく通夜や葬儀が行われます。いずれも故人とのお別れや見送りをするうえでは欠かせません。ところで皆さんは通夜と葬儀の違いはわかりますか?今回はぜひ知っておきたい通夜や葬儀との違いを、マナーや費用の違いと共に紹介します!, 安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。 ですから、出さなければいけないというルールはありませんが、その社員と個人的に親しい関係だったり同じ部署等の接点があれば、出す方向で考える方が良いでしょう。, ただ、今は家族葬などで香典を辞退する喪家も増えているため、香典を出そうと考えていても相手に辞退されることがあります。この場合は香典を押し付けることはできませんので、特に何もする必要がありません。, さて、香典の相場ですが、会社関係では5,000円というのが無難な金額です。細かいことをいえば、自分の年齢や立場や、相手との付き合い次第で金額を上下させることもあります。, 具体的には、自分の年齢が若い20代、入社間もない場合は3,000円でも問題ないという考え方や、会社における自分の地位が高い管理職や役員、年収が高い場合等なら1万円出すという考え方があります。また、付き合いがさほど無い場合は3,000円、逆に親しい場合やかなりお世話になった場合は1万円にする人もいます。, とはいえ、3,000円という金額についてはあまり好ましくないと考える人が多いです。 参列が負担になるが、同じ職場である以上参列しなければいけないのか?という疑問を持つ人もいるでしょう。, この場合は上記のように弔電を送ったり、香典を後日渡すなどすれば問題ありません。 2011年8月10日 10:58 アルバイトの人数が多い会社でアルバイトが香典を出す場合には、社員とは立場が違うし5,000円という枠に拘らなくて問題ないケースが多いです。1人1,000~3,000円程度で連名で「アルバイト一同」「アルバイト有志」とするケースもあります。, 1,000円程度の連名だと、喪家からすると迷惑と思われるかもしれないと心配するかもしれませんが、立場が違うので理解してもらえるでしょうし、香典返しについても僅少な品を返してきたり、全体に対して箱詰めお菓子を香典返しとするケースもあります。, 会社として連名で出す場合でも、特に親しい相手だったら少額でなく個人としてきちんとした香典を出したいと考える人もいますよね。その場合は「個人で包みますので」と言って、有志による連名の方を断って問題ありません。(個人と連名の両方を出す必要はありません。逆に両方に出したら、受け取った方が香典返しのことで悩んでしまいますから。), 会社関係の香典は一般的には5千円ですが、社員と親しい場合や特にお世話になった場合など、もう少し出したいという気持ちがあれば、周囲と金額を合わせるのでなく1万円包むというのも問題ありません。, ただ、自分が多く出した場合、逆の立場になった時にどうか、香典を包む前に一度考えてみてください。 場合によっては都合がつかず、どうしても参列できないこともあるでしょう。 仕事関係の親族の場合、参列する基準. このように人によって考え方もマナー違いますし、地域の風習もあります。自分の周りの人たちの考え方を参考にするとともに、一番に遺族の意向に配慮して対応することをお勧めします。. 同僚の親にまでお香典を包んでいたら大変ですよ。 ユーザーid: 5451300124. 最近では直葬を選ぶ人の割合が増えているため、直葬での香典マナーはぜひ知っておきたい知識です。 お通夜やお葬式は、故人と最期のお別れをするセレモニーです。しかし、中には全く面識のない人のお葬式に参列するケースもあります。それが上司や部下、同僚など仕事関係の親族が亡くなった場合です。 あわせてご覧ください。, お通夜や告別式といった法事には、香典や服装など多くのマナーが存在します。では、ネクタイはどんなマナーがあるのでしょうか。黒以外にも着用してよいのでしょうか。今回「終活ねっと」では、お通夜でのネクタイに関して詳しく解説いたします。ぜひお読みください。, 大切な方が亡くなった際に行われる葬儀にはお通夜と告別式があります。このうちお通夜には告別式に参列できない場合などに出向くことも多いでしょう。このためお通夜の全体的な流れやマナーを知っておくと、いざというときに便利です。お通夜について、流れを中心に見ていきます。, お通夜の際、どのように挨拶してよいのか困った経験はありませんか?お通夜での挨拶には様々なマナーやルールがあります。そこで、今回はお通夜での挨拶を参列者と喪主の立場別にご紹介します。また、マナーや例文についても解説します。, 訃報を受けてお通夜に駆けつける時、どのような格好で参列したら良いか迷うことがありますよね。また冬の寒い時期のお通夜の格好がわからないという人も多いのではないでしょうか。間違えた身だしなみで参列して非常識だと思われないためにも、正しい服装を理解しましょう。, 突如入ってくるお通夜の知らせには、いろいろと準備も必要で慌ててしまいがちですが、いざ参列となると「お通夜ってどうすればいいんだっけ?」や「参列した時のマナーって?」と不安になるものです。そんな時に慌てないよう、今回はお通夜に参列する時のマナーをご紹介します。, お通夜は告別式と並び、葬儀の中で故人の冥福を祈りお見送りするための場です。このためお通夜の場にはふさわしい服装で臨む必要があります。そして立場によってお通夜に適しているとされる服装はさまざまです。今回はお通夜にふさわしい服装について見ていきましょう。, お通夜に持参することが多いハンカチですが、ハンカチにもマナーがあるのはご存知でしょうか?実は色や模様にも細かい慣習があるのです。今回「終活ねっと」ではお通夜でのハンカチやその他の持ち物について詳しく解説いたします。ぜひ最後までお読みください。, お通夜には香典を持参するのがマナーです。香典を包む場合、金額はいくらにするか、どのように包めば良いか、どうやって渡すかなど悩みはつきません。今回、お通夜の香典の金額相場だけでなく、包み方や渡し方のマナーなどについて詳しく解説をしていきます。, 通夜振る舞いと呼ばれるお通夜の食事は、お声がけを頂いた後にどうすれば良いのか悩むことも少なくありません。お通夜の食事ではどのような点に注意すれば良いのか、守るべきマナーやふさわしい対応などについて、詳しく解説していきます。, 冬の寒い日にお通夜に参列するとき、コートを着ていく方も多いでしょう。お通夜の会場ではコートを脱ぐからといって、どんなものを着用しても良いというものではないのです。そこで、今回はお通夜にふさわしいコートや冬の服装について、徹底的に解説します。, 葬儀を執り行う際に気になるのが費用について、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、内訳、葬儀の費用を抑える方法など、よくある疑問を中心に葬儀の費用について、様々な情報をご紹介します。, 家族葬の費用は一体どれくらいなのでしょうか?また、一般葬とはどれぐらい費用が異なるのでしょうか?家族葬と一般葬を比較しつつ、家族葬の内訳やさらに金額を抑えたい時の方法など、家族葬の費用に関する様々な情報を紹介します!, これまで一般に行われてきた葬儀は、お通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし近年、式を行わずに火葬だけをする直葬が注目されています。直葬には普通の葬儀よりも費用を抑えることができるメリットがあります。では直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?, 親しい方が亡くなると、一般的には葬儀を行って故人をお見送りします。喪主の場合も、また参列者の場合も葬儀に関わるのであれば、葬儀の流れについて知っておくと、準備や当日の動きでいろいろと役立ちます。この記事では葬儀の流れの全てをわかりやすく解説します!, 時代の変化にともない家族葬など葬儀の形も変化しつつあります。そのなかで今後も受け継がれていくと思われるのが葬儀でのさまざまなマナーです。今回は葬儀のマナーの全般についてご説明いたします。服装・挨拶・ご香典など葬儀を考えるときに役に立つ、葬儀のマナーの情報です。, 従業員数の多い会社では、会社の代表あるいは代理人による公式な参列と、故人と親しかった同僚による連名か個々の参加といった形になるかもしれません。, 会社に伝えられた知らせをもとに、遺族の思いに沿う方向での判断を共有するのが賢明です。, 会社としての規定など公的な条件を考慮した上での判断となりますが、基本的には参列する方向での検討が妥当ということになるでしょう。, 同僚の場合は5,000円~、同僚の親族の場合は3,000円~くらいが相場となっています。. 職場の同僚の父上が亡くなられた時の御香典職場(8名が勤めている小さな治療院)の同僚の父上が亡くなられました。院長は御花を贈ったそうですが、同僚の立場である我々はまとめて御香典を贈るべきなのでしょうか?個々人で贈るべきなので 会社として対応をする場合は個人として参列する必要はありませんが、自分の気持ちとしてお悔やみを伝えに行きたい場合は会社に確認した上で参列すると良いでしょう。, ここまでは一般的なマナーについご紹介しましたが、少しでも関わった相手の親族のお葬式なのだから、参列するのは当然の礼儀だと考える人もいれば、故人とは面識がない人間がお通夜やお葬式に参列し、決して多くない香典を置いていくのはむしろ相手の負担になるのでは?と考える人もいます。 お通夜などに参列する場合に持参する必要がある香典。香典は故人との関係性により相場が違うといわれています。もし同僚に香典を包む場合には金額相場はいくらになるのでしょうか。今回は同僚に包む香典の金額相場をご紹介していきます。 小さなお子さんがいて外出が難しい場合や、仕事の予定があって自分の都合では予定変更できないなど。訃報は突然やってくるものですから、こういったケースも十分にあり得ます。, その場合は弔電を送ったり、香典を郵送するか後日手渡しするなどして、弔意を伝えれば良いでしょう。