運動後や暑い夏の日、満員電車の中など。顔や背中に汗をびっしょりかくと、衣服が濡れて不快になったり、恥ずかしくなったりすることがありますよね。逆にどんな時でもまったく汗をかかない人もおり、「羨ましい!」と思うことがあります ソーセージとチーズを縦に4等分する。 という方は要注意です。 今なら、「それ自分のケアのせいでしょ」とわかりますが、当時は何もわかっていませんでした。 そうなると、肌にどんな悪影響があるか、想像できますよね。, この記事では、角栓に対する誤解や、キレイにするために欠かせない洗顔方法や生活習慣などを解説します。 4. ブログ開設して初のコメント頂きまして、読んでもらえたんだなーという喜びでいっぱいです. 日焼け止めのみ この「栓」自体に誤解があり、汚れや皮脂が詰まったものだと言う人もいます。, 実際は、角栓とははがれかけた角質細胞であって、まだ働いているものです。 UVパウダーのみ 毛穴の奥からすっきり落とせるオイルタイプやジェルタイプ, 汚れは落としてもうるおいは残したい方には... ところが実際は、肌がしぼんでる感じがします。乾燥してツヤと... 肌断食をスタートして2年が経過しました。初期の辛い症状例と対策や、効果があったものと無かったケアアイテムを、経過と共に詳しく説明。最後にこれだけは守りたいと思ったポイントをお伝えします。... https://miyu-life.com/wp-content/uploads/2020/06/miyutitle202006.jpg, 牛乳石鹸共進社 カウブランド 無添加せっけん 100g ( 1個 ) ( 4901525383011 ). 肌断食すると今までとは違う角栓が出るということは知ってましたが、皮むけも出て肌の状態に自分でも引くほどでした。角栓はいつまで出るのか?黒ずみやイチゴ鼻はきれいになったのか?わたしが肌断食初期にしていて効果があった角栓対策を解説します。 肌断食仲間ですね ささ身の上の面にマヨネーズをムラなくぬり、その上に1をのせる。 また、リピート率97.8%からもご愛用下さる方の満足度の高さがうかがえます。, 初回お試しセットは、送料・手数料が無料で、正しい保湿法や改善レポートなどの特典冊子が3冊ついています。 角栓をとる行為は避けるほうが賢明です。, 汚れを落とし切れていない洗顔や、また逆に、1日に2度3度と洗顔をし過ぎる「間違った洗顔方法」を行うことで、角栓をつくることがあります。 鼻の毛穴などに詰まる白いポツポツや毛穴の黒ずみは、「角栓」と呼ばれています。 そんな時、クレ... 肌断食開始してから半年が経ちました。 3. 自然にはがれ落ちるので、それを待ちます。, 顔を洗う手が清潔であることは大事なポイントです。 夏だけじゃなくて、年中顔汗が止まらない、辛い食べ物や熱い食べ物を食べると顔から汗がポタポタたれてくる・・・。顔汗ってほんとにイヤですよね。。テレビで見る芸能人、特に女優さんって顔に汗かいているのを見たことがないけれど、何で汗かかないんでしょ 角栓がなかなかなくならない原因は洗顔方法にあるかもしれません。 吸着力のないゆるい泡の洗顔で洗っていたり、肌が冷えたまま・肌が硬いまま洗顔をしていたり、ゴシゴシこすっていたり、1日に何度も洗顔していたり、、などです。 その場合は未成熟な肌が表面に現れ、肌が敏感になりやすくなります。, 角栓を作らないための「正しい洗顔」の秘訣は、汚れは落とし、皮脂などの必要な成分は落としすぎないことです。 この章では、角栓の原因となる意外な習慣を解説します。, 角栓対策として一番よく行われているのが、「とる」という行為です。 肌の汚れを取り除くために念入りに洗顔をしたのに、顔を拭いてみると白い角栓が出てきたことはありませんか?この白い角栓は無理矢理取り除こうとすると肌に負担がかかってしまうため、正しいお手入れをしていきましょう。 開いた面に塩・こしょうをし、縦半分の面にソーセージとチーズをのせる。片側の面を重ねて、元のささ身の形に戻す。 ぬるま湯を数回足しながら、洗顔料をしっかりと泡立てましょう。, 鼻やTゾーンなど皮脂分泌の多いところから洗顔料を乗せ、手でゴシゴシとこするのではなく、指をすべらすようになじませます。, 次に、フェイスラインを洗い、最後に頬や目元など皮脂分泌の少ないところをさっと洗いましょう。, メイクをしっかり落とすことは重要ですが、オイルタイプなど強いクレンジングは皮脂を落としすぎて肌の刺激になることがあります。 角栓ケアとしてとったりはがしたりするケアが一般的です。でも実はこの角栓の周辺は、まだ活躍している細胞とくっついているもの。けしてとってはいけません。この記事では、角栓への誤解や、キレイに欠かせない洗顔方法や生活習慣などを解説します。 肌あたりなめらかでうるおいを守るクリームタイプ, 洗顔の前にホットタオルで肌を温めておくと、肌が柔らかくになって毛穴の汚れが落ちやすくなります。いつものクレンジングと洗顔の間にホットタオルを挟むだけでさらに汚れが落ちやすくなり保湿効果もアップ! ホカホカのホットタオルが心地よく、リラックスしたい時にもおすすめですよ。, 古い角層をオフするために欠かせない、毎日の洗顔。肌をこすらずスッキリ洗い上げるためには、きめ細かく濃密な泡が決め手になります。洗顔料に少しずつ水を加えながら、十分に泡立てましょう。手のひらを逆さにしても、泡が落ちないくらいのもっちり弾力感を目安にしてくださいね。, 肌のザラつきやゴワつきを感じたら、角層が厚くなってきたサインかも! そんな時は、クレイ洗顔やふき取り化粧水でケアしましょう。, ホワイトクレイ配合の濃密な泡が、古い角質や毛穴の奥の汚れをスッキリと除去。洗い上がりはワントーン明るくなり、すっぴんに自信が持てる肌に♪, コットンに含ませて肌をふき取ることで、洗顔などで落としきれなかった古い角層表面を落としてくれます。朝の洗顔が面倒に感じる時やメイクが薄い時の拭き取りにも◎。拭き取った後の素肌は、さっぱりとしていてなめらかな肌触りに。その後、通常の保湿ケアでうるおい補給しましょう。, 皮脂によるベタつきや毛穴の開きが気になる方は、収れん化粧水をプラスしてみて。収れん化粧水には、皮脂をコントロールしてキメを整えながら、肌を引きしめる働きがあります。, 使用するタイミングは、化粧水と乳液で保湿ケアをした後。コットンに含ませて、軽くパッティングしながら塗布します。除去パックで角栓を取り除いた日のケアにもおすすめですよ。, ローションに含まれるパウダーが余分な皮脂を吸着。毛穴が気になる肌をキュッと引き締め、ベタつきや化粧崩れを防いでくれます。シミ・そばかすを防ぎ、透き通る美白肌へと導いてくれるのも嬉しいポイント♪, 角栓ができにくい、すこやかな肌を保つためには、質のいい睡眠と栄養バランスのとれた食事も大切です。とはいっても、仕事にプライベートに忙しく、寝不足や外食が続いてしまこともありますよね。無理なく続けられそうなことから取り入れてみてくださいね。, 美肌を育む食事の基本は、タンパク質、炭水化物(糖質、食物繊維)、脂質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素をバランスよく摂ることです。, 角栓対策で注意したいのは、皮脂の過剰分泌につながる糖質と脂質の摂りすぎ。糖質を多く含むごはんやパン、甘いもの、揚げ物などが該当します。心当たりがある人は、なるべく量を減らすことを心がけてみてください。, 積極的に取り入れたいのは、皮脂の分泌を適正に保つビタミンB2とビタミンB6、ターンオーバーをサポートしてくれるビタミンA(β-カロテン)。なお緑黄色野菜などに含まれるβ-カロテンは、体内でビタミンAに変換されて働きます。, ささ身には肌をつくる材料になるタンパク質、皮脂の分泌を適正にしてくれるビタミンB6が豊富に含まれています。脂質は少ないので、角栓が気になる方にうれしく・おいしいレシピですよ。, 1. 肌の汚れを取り除くために念入りに洗顔をしたのに、顔を拭いてみると白い角栓が出てきたことはありませんか?この白い角栓は無理矢理取り除こうとすると肌に負担がかかってしまうため、正しいお手入れをしていきましょう。, 洗顔後の肌を見てみると、鼻の毛穴などから白い角栓が出てきたという人も少なくないはず。この白い角栓は、水分を吸収した角栓がふやけることで白くなって現れると言われています。そのため、洗顔後・入浴中・汗をかいたときなどにも現れやすいのです。, 角栓は、皮脂や汚れが古い角質に混じり合ってできるのですが、肌のターンオーバーが乱れることで古い角質が溜まってしまうことも原因のひとつ。ターンオーバーが正常に機能していれば、古い角質が洗顔でスムーズに剥がれ落ちていきますが、乾燥や血行不良、睡眠不足や食生活の乱れなどでターンオーバーが乱れて角栓ができやすくなってしまうのです。, 白い角栓が出てくるとすぐに取りたくなりますが、ホットタオルで毛穴を開かせたあとにキメの細かい泡で優しく洗い、週に1回ほどは酵素洗顔やピーリングをしてなめらかな肌を手に入れましょう。正しいお手入れ方法や生活習慣を見直すことで自然と改善されていくはずですよ。, ■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。 シャワーを顔に当てることは、水圧が刺激となり皮脂を落としすぎるので控えましょう。, 洗顔した肌は乾燥しやすいので、スピーディーかつしっかりと保湿を行います。 洗顔前に手をよく洗って、汚れや雑菌を落としましょう。, 洗顔の際は、泡立ちがよくなるよう顔をぬるま湯で濡らしておきます。 あれと同じものです。, ですから、角栓は、乾いて縮んでいると硬くザラザラとし、洗顔後など水分を含むと、ふにゃふにゃとした質感に変わります。 ただし座る時間は下段よりも短めにするようにしてください。, 温泉やスパを利用する際、マナーとして必ず体を洗って皮膚の汚れを落としますよね。サウナに入る時も同じことが言えます。, あらかじめ湯船で体を温めてからザッと体を洗い、タオルで拭いてからサウナに入ると、体がすぐに温まり効果的です。, その状態で熱いお湯に入ってしまうと、体に負担がかかります。湯船に浸かるのはサウナに入る前にし、サウナから出た後は水風呂などで体を冷やしましょう。, ニキビの項にもありましたが、誤ったサウナの入り方をすると肌や毛穴に悪影響を及ぼす危険性もあります。, まずサウナに入る時間は長くても12分ほどにしましょう。汗をたっぷりかきたいからといって、長時間入ることはおすすめできません。, 体に負担がかかり、逆に疲れてしまいます。またサウナで一気に汗をかくと、体内からかなりの水分が失われます。最悪の場合、倒れてしまう可能性もあるため、コップ1杯分で構わないので、サウナに入る前に必ず水分を摂りましょう。, 水分補給をする時は、体を冷やさないように常温のものがベターです。そして汗をかくと水分と同時にミネラルも失われます。, サウナから出た後は体内の水分が失われているため、ここでも水分補給をしてください。さらに、肌も乾燥しやすくなっているため、しっかりと保湿を行いましょう。, サウナにおける毛穴への効果をムダにしないためにも、上記で紹介したことを意識して利用してくださいね。, まず、NGな洗顔は力を入れて汚れを落とそうとすること、一日に何度も洗顔してしまうことです。汚れは落としすぎて肌を傷つけたり、保湿成分まで流したりして、脂性肌やインナードライ肌の原因になってしまいます。, 毛穴汚れは、酵素などの汚れを浮き上がらせる成分の入った洗顔料を使うことです。まず、ぬるま湯で顔のお肌を温め、洗顔料が泡立ちやすい状態にしましょう。, そして適切な量の洗顔料を取ってぬるま湯でよく泡立てます。泡を使うと、肌を守りながらも毛穴の汚れをしっかりと浮き上がらせて落とすことが可能です。, そして、すすぎは大切です。ぬるま湯を使って、時間をかけてやさしく洗顔料の泡を流していきましょう。, すすぎの回数が短いと、せっかく浮き上がった汚れを洗い流すことができません。次に、清潔なタオルでやさしく、濡れて残った水分を取ります。, そして、毛穴汚れを復活させないために、すぐに保湿ケアを行いましょう。化粧水で水分を、乳液で油分を補い、必要ならば美容液などでケアします。, 「ダイエットにいいかも」「健康維持に効果があるかな」などの理由で、サウナを利用している人が多いかと思います。汗をかいて老廃物を排出することは、お肌にも良い影響を与えてくれるのですね。, ただし誤った入り方をすると体調を崩す危険もあります。サウナの正しい利用が、毛穴トラブルの改善や健康的な体作りにつながるといえます。. スマートフォンやパソコンの画面は見ないようにしたり、夕方以降はカフェインを控えたりすると、滞りなくリラックスモードに切り替えられます。, 肌の乾燥には、角栓の原因となるターンオーバーの乱れや、バリア機能の低下が関連しますが、原因のひとつにストレスが挙げられます。, ストレスを感じると、血管の収縮により血行が悪くなり、肌へ行き渡る栄養が滞って、うるおいが失われます。, 肌へ影響が及ぼさないためにも、ストレスはまめに解消することがおすすめです。 忙しいとつい化粧水だけ、乳液だけのケアで済ませてしまいがちですが、余計に乾燥を招いてしまうので注意が必要です。, 化粧水だけでは、いずれその水分が蒸発するだけでなく、肌がもともと持っている水分と一緒に蒸発するので、保湿としては逆効果です。 新しい肌を作る作用や古い角質を排出する作用が活性化し、正常なターンオーバーへと変化していきます。, 運動メニューはウォーキングや軽いジョギングなど、血行を促進できる有酸素運動がおすすめです。運動の際は、乾燥肌の原因とになる紫外線の対策をしっかりと行い、汗はこまめに拭くようにしましょう。, A.角栓はホットタオルではとれません。 水洗顔や肌断食の挫折の主な原因は「角栓」。 角栓は放っておいても垢となって自然と剥がれますが、剥がれにくい肌質だとニキビが発生しやすかったり、角栓でザラザラしていると化粧ノリが悪くなります。そこでこのページでは肌タイプ別角栓対策を紹介します。 これは肌と同じ特徴であることから、同じものだとわかります。, 肌は理由があってそこに存在しているものですから、無理矢理にはがしたりとったりすると、肌にダメージを残します。, しかし、そんなことも知らずに、ぴょこっと飛び出しているので、ついつい引っ張ってとったり、ピンセットで抜きたくなったり。, 角栓は、はがれかけた肌の細胞です。 ®ãªã„, しかし医師の指導もなく、ズブのド素人が濃いピーリング液を使うのは危険です。, 皮脂の分泌を調整するビタミンB群, ホルモンバランスの調整に役立つ成分, 納豆は1日1パックを夕食にとる, バランスのよい食事+αとして取り入れる. ですから、鼻パックなどでとる必要があると思いがちですが、それは間違いです。, 実は角栓とは、はがれかけた肌の細胞(角質細胞)です。 肌断食のためクレンジングはしないので、ベースメイクは石けんで落ちるアイテムで揃えています。 肌質によってはダブル洗顔を避け、メイクも落とせる洗顔料を使うことがおすすめです。, 洗い流しに適切なぬるま湯の温度は人肌かそれより低いくらいの温度です。 そして、洗顔後の保湿をすることが重要です。, 角栓は洗顔だけではとりきれませんが、それでいいのです。 肌の汚れを取り除くために念入りに洗顔をしたのに、顔を拭いてみると白い角栓が出てきたことはありませんか?この白い角栓は無理矢理取り除こうとすると肌に負担がかかってしまうため、正しいお手入れをしていきましょう。 ささ身の筋を取り、側面から包丁を入れて開く。2枚に切り離さないように注意! 角栓を取ってしまうことで、未来の肌に悪影響を与えているかもしれません。, 多くの人は、角栓を「毛穴に詰まった汚れ」と認識されています。 夏だけじゃなくて、年中顔汗が止まらない、辛い食べ物や熱い食べ物を食べると顔から汗がポタポタたれてくる・・・。顔汗ってほんとにイヤですよね。。テレビで見る芸能人、特に女優さんって顔に汗かいているのを見たことがないけれど、何で汗かかないんでしょ サウナでたっぷり汗をかくと、老廃物が排出され毛穴までキレイになります。 毛穴の詰まりや開きが改善されます。サウナを正しく利用して、健康と美肌作りをしましょう。 この「角栓」へのケアとして、よくやられているのが、とったりはがしたりするケアです。, でも実はこの角栓の周辺は、まだ活躍している細胞とくっついているのです。 角栓をキレイにするための第一歩として、ぜひお試しください。, 化粧品開発やスキンケアアドバイザー歴22年目。自身のオイリー肌・ニキビ肌が改善したことからスキンケアに目覚める。3児の母でもあり、”0歳からのスキンケア”を実践している経験豊富さから、記事内容は幅広い。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. オーブントースターを温めたら、トレーに油を塗り、ささ身を並べて900W前後で焼く。パン粉にいい焼き色がついてきたら、焦げないようにホイルを被せ、中までしっかり火を通す。 個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。, コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザーの資格を持つ、美容大好きな主婦ライターです。 ですが、時々ざらつきを感じる日もあります。 すると、余計に角栓ができる悪循環にはまってしまったり、肌のバリア機能を低下させることで、新たな肌トラブルにつながることも。, 私も若いころは、角栓や毛穴の黒ずみ、ニキビ、オイリー肌と悩みは尽きませんでした。 鏡を見るたびにポツポツと毛穴に詰まった角栓が気になりませんか?除去しようとして無理に押し出すのは禁物。正しい角栓ケアを知って、ツルツル素肌を目指しましょう。角栓予防や美肌につながるレシピもご紹介。 2年ほど前に、顔の左半分だけに汗をかいている事に気が付きました。1年中というわけでなく、夏場の時期の、普通に暑くて汗をかく時期のみ。顔の左半分は額に玉汗が滲んで垂れるほどなのですが、左に比べると右半分はうっすら汗をかく程 美容の情報 > 気になる毛穴の角栓、なぜできる! 角栓をキレイにするためには、正しいケアを知ることがポイントなので、ぜひ参考にしてください。, 「角栓」は「かくせん」と読み、その名の通り「栓」のように詰まったものです。 鏡を見るたびにポツポツと毛穴に詰まった角栓が気になりませんか?除去しようとして無理に押し出すのは禁物。正しい角栓ケアを知って、ツルツル素肌を目指しましょう。角栓予防や美肌につながるレシ … 乾燥していると肌表面に「カサカサ毛羽だった細胞」があることはわかりますよね。 角栓がなかなかなくならない原因は洗顔方法にあるかもしれません。 吸着力のないゆるい泡の洗顔で洗っていたり、肌が冷えたまま・肌が硬いまま洗顔をしていたり、ゴシゴシこすっていたり、1日に何度も洗顔していたり、、などです。 水分と油分を一度に補給でき、うるおいのバランスキープにとても役立ちます。また、適度な硬さのあるジェルは肌へ塗るときの摩擦が少なく、刺激になりにくいこともメリットです。, 角栓の生成を防ぐためには、正しい洗顔も重要ですが、生活にもポイントがあります。 ですから、角栓をむりやりとったりはがしたりすることは、「これから働こうとする細胞をはがしている」ことに繋がりますので、けしてしてはいけません。, 「角栓をとる」ということは、これから明日以降、肌を守ってくれる細胞まで取ってしまうということ。 ですから、無理矢理にとることは禁物です。, 「鼻だけ赤い」 温泉やスパに行くと、必ずと言っていいほどあるのがサウナです。サウナに入ると、たっぷり汗をかきますよね。, 汗をかくと血行が良くなり肌のターンオーバーが改善されるなど、サウナはお肌に良いとされています。また、サウナの暑さと蒸気によって、毛穴が開くことで毛穴ケアをしやすい状態になります。, 毛穴の詰まりや角栓を取り、黒ずみのないきれいな肌にするために上手なサウナの利用方法があります。サウナで毛穴ケアをしてみませんか?, 詰まった毛穴の中身は角栓と呼ばれるものです。角栓は皮脂や肌の角質が混ざって毛穴を塞いだものです。, それに埃や落とし残ったメイクなどの汚れがつくと黒ずみ毛穴になってしまいます。皮脂は、健康な肌には適量ありますが、脂っぽいものを食べすぎる食生活、夏の暑さ、ホルモンバランスの乱れ等が原因になって皮脂過剰な状態になります。, また、皮膚は肌の奥から数週間かけて肌表面の角質層になり、それから角質になって垢として剥がれていきます。この一連の流れを肌のターンオーバーといいます。, ターンオーバーが上手くいっている時、角質は自然に剥がれ落ちます。しかし、適切でない洗顔や、生活習慣の乱れなどが原因でターンオーバーが上手くいかなくなると、角質が毛穴を塞いでしまいます。, サウナに入ったり、体を動かしたりすることで汗をかきますが、汗をかくことが毛穴を開かせると誤解している人が多くいるようです。実は、汗を出す腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2つがあります。, アポクリン腺は、脇の下など体の一部にしかなく、毛穴から出る汗で、暑さやスポーツでは出ることはありません。冷や汗や緊張などの精神的なものによって出る、臭いのある汗なのです。, もう一つのエクリン腺は、毛穴とは違うところから出る汗で、サウナやスポーツで体温が上がると体を冷やすために汗を出します。したがって、エクリン腺から汗をかいても、毛穴は開かないのです。, しかし、サウナやスポーツで汗をかくと毛穴が開くのは、実は、熱と蒸気のおかげなのです。スポーツをすると、血行が良くなり体温が上がり、汗の水分が肌にのって、肌が柔らかく、毛穴が開きやすくなります。, サウナの熱い空気によっても体が温まり、蒸気は水分となって肌につくので毛穴が開くのです。, サウナに行くと、体にどのような影響があるのでしょうか。まずサウナはダイエットに効果があるといわれています。, これは大量に汗をかくことで代謝が良くなり、体内の脂肪が燃えやすくなるためだとされています。またサウナに入っているうちに、徐々に汗がサラサラとなってくるでしょう。, 最初の老廃物を含んだ汗はベタついていることから、汗の状態が変化すると体内の老廃物を出し切ったと考えることができます。体内から排出される老廃物には、日々の生活でたまっている有害なミネラルや食品添加物などが挙げられるでしょう。, また大量の汗が毛穴に詰まった皮脂や角質といった老廃物を流します。皮脂や角質が落ちれば、黒ずみ毛穴の原因となる角栓ができなくなります。, 毛穴ケアに効果が見込めるサウナですが、実はニキビにも有効だという話があります。ニキビは、毛穴に詰まった老廃物の中でアクネ菌が繁殖したり、角栓で傷ついた皮膚から入った雑菌が原因でできたりします。, 何度も述べていますが、サウナに入ると汗と一緒に老廃物が排出されるのです。老廃物が排出されることで、結果的にニキビができにくくなるのだと考えられます。, さらに血流が良くなることで、酸素や栄養を体全体に行き渡らせることができます。肌を健康に保っていれば、ニキビも予防できますよね。, ただしサウナで大量にかいた汗を放置してしまうと、逆にニキビを悪化させてしまうこともあります。これは、汗に老廃物が含まれているためです。, 老廃物は毛穴の詰まりを引き起こす可能性があるため、サウナを出たら速やかに汗を洗い流すようにしましょう。, いきなりサウナに入ってしまうと、その熱さに体が驚いてしまいます。このため、サウナに入る前には、湯船で体を温めておくとよいでしょう。目安は10分程度です。汗も出やすくなりますよ。, 湯船から出たらタオルで水分を拭き取ってからサウナ室へ入りましょう。汗がスムーズに出てくるようになります。サウナ室は階段状になっていることが多いので、好きな場所に腰を下ろしましょう。, サウナに入る時間は、8〜12分程度がちょうどよいとされています。個人差があるため、「もういいかな」と思ったタイミングでサウナ室を退出してください。, サウナで温まった体を、水風呂もしくは水シャワーで冷やします。いきなり体全体に水を浴びるのではなく、心臓から遠い手首や足首から始め、徐々に体の中心部に水をかけるようにしてください。, 体力があれば、サウナと水風呂を繰り返してみてはいかがでしょうか。温冷交代浴といい、暑さと冷たさを交互に感じることで血流が良くなると言われています。, サウナに行き始めたばかりだったり、暑いのが苦手だったりする人は、下段に座ることをおすすめします。サウナでは、上の段に行くほど空気が熱くなるためです。, 上記とは逆に、何度もサウナに行って慣れていたり、暑くても問題なかったりする人は温度が高めの上段に挑戦してみましょう。