「領収書はないけど、レシートじゃダメなの?」「宛名は会社名を必ず書かないといけないの?」「空欄のある領収書は自分が記入してもいいの?書いた場合は違法じゃないの?」領収書の管理や正しい精算の仕方についての疑問にお答えします。 領収書の宛名を自分の名前にする場合. 1.領収書の宛名に自分で自分の名前を書くと・・・ よくあるケースなのですが、確定申告で経費に落とすために、 宛名の記載されていない領収書に自分の名前を記載する方がいらっしゃいます 。 本当に支払ったもので、事業に関係あるものであれば宛名が無くても経費に落とせます。 領収書の宛名を「空白」にしてはいけない. !うっかり自分の名前を言っちゃってた! 空白の宛名に自分で記入する行為は大丈夫なのかどうかと言うと答えは「ng」です。 その理由は簡単ですが、やはり宛名に自分で記入が認められてしまっては不正行為ばかりの世の中になってしまいます。 お客様が領収書の宛名として自身の氏名の記載を要望した場合、当該領収書を個人事業主である自身の経費として税務申告に利用する可能が考えられます。 領収書の宛名が自分の名前の場合に会社に提出しても問題ない? さて、社用で出かけ、ちゃんと領収書も発行してもらった。 経理に申請しようとして領収書を見直してみたら、、、 あ! 「領収書、白紙でいいですか?」白紙と言っても、宛名や金額が空なだけで、領収書発行者の記載や判子は既に押してあります。宛名と金額を自分で記入しといてくださいね、ということなんでしょうけど … 空白の宛名に自分で記入する行為は大丈夫なのかどうかと言うと答えは「ng」です。 その理由は簡単ですが、やはり宛名に自分で記入が認められてしまっては不正行為ばかりの世の中になってしまいます。

もし、宛名が空欄の領収書を受け取った場合に、 自分で宛名を記入する のはどうでしょうか。 領収書の発行者については、民法では、 「弁済を受領した者」 が発行することになっています。 つまり、お金を受け取る側が発行するということです。

領収書の宛名を「空白」にしてはいけない. 会社の従業員として代金を立て替える場合、領収書の宛名は会社名にすべきか個人名にすべきか迷う人もいるでしょう。 領収書の宛名は本来代金を支払うべき人の名前にします。立て替えは、いったん自分で支払うけれども後に会社から代金をもらうことになります。最終的に代金を支払うのは会社ですから、領収書の宛名は会社名にするのが正解です。 領収書を作成してもらう際に、宛名をきちんと記入してもらっていますか? 宛名なしの領収書とは、宛名が空欄であったり、領収書の作成を依頼する際に宛名を「上様」と記入してもらっていたりする領収書のことを指します。