静岡学園FW小山尚紀の経歴や中学!卒業後の進路は?身長体重などまとめ . 名門静岡学園の14番の小山尚紀選手は高校サッカー選手権では得点を量産しています。今回は、小山尚紀選手の進路先は、大学かプロに内定しているのか調べてみました。また、出身中学校・小学校、身長や体重などプロフィールも紹介します。 2019年1月13日全国高校サッカーで決勝戦が行われます。その中で注目選手としてあげられているのがfwの小山尚紀さん 今大会でも活躍が注目されている選手です。 今日はそんな小山尚紀選手の記事を書きます。 静岡学園fw岩本 静岡学園サッカー部3年のmf小山尚紀選手 は、浦和レッズに内定が決まっている青森山田高校の武田英寿選手同様、 第98回全国高校サッカー選手権大会で4得点 を挙げる活躍を見せつけました。 2019年1月13日全国高校サッカーで決勝戦が行われます。その中で注目選手としてあげられているのがFWの小山尚紀さん. 小山尚紀(静岡学園)wikiプロフィール、身長、出身や小学校、中学校. 第98回全国高校サッカー選手権の出場校も全て決まり、冬の選手権が始まろうとしています。2019年12月30日より開幕し、2020年1月13日に決勝戦が行われるわけですが…出場48校の詳細を調べてみましたよ!今回は静岡県代表の静岡学園高校です 静岡学園は平成23年4月静岡市の中心東鷹匠町の新キャンパスに移転。教養科学科を新設し新静学として大きく生まれ変わりました。shizugaku golden timeなど新カリキュラムが満載です。部活動ではサッカー部をはじめ優秀な成績を獲得し全国にその名が知られています。 静岡学園小山尚紀卒業後の進路は? 小山尚紀選手は今の所プロ志望の情報は入っておりませんがセゾンFCに通っていたこともありますしサッカーを本気でやっていると思うので声がかかればそのままプロ入りかもしれませんね。 静岡学園の攻撃力に敵将も脱帽…3試合連続弾の小山尚紀が見せつける“怖さ” By 森田将義 2020.01.04 育成年代を中心に取材を続けるサッカーライター 静岡学園小山尚紀まとめ. かなり攻撃的な選手だけにみどころ盛りだくさんの選手です。ドリブルの多彩さにも注目です。, 小山尚紀選手はドリブルを得意として居る選手で突破力に定評がある選手です。ゴールへの嗅覚は抜群です。それに加え自信のあるドリブルで相手を恐れず突っ込んで行くスタイルを持っています。同じチームの岩本悠輝選手ともマッチングする機会も多いので二人の連携に注目ですね。, 小山尚紀選手自身も自分でインタビューに「攻撃的な選手」と言っているだけに見どころのある攻撃が注目です。, 現在小山尚紀選手は準決勝では得点を決めておらず4点のままですがハットトリックなども決めたことのある実力の持ち主で得点王としても十分に狙える選手であることがわかります。ゴールを決勝戦で量産して得点王を目指して頑張って欲しいですね。, 現在の得点ランキングを見るに2点取れば狙っていける場所なので十分射程圏内であることに間違い有りません!!, 小山尚紀選手は滋賀県の彦根市の所属なので彦根付近の中学校に通っていたと思われます。, 小山尚紀選手は金城小学校に通っていたという情報もありますのでその近くの中学校の可能性が高いと思われます。, 中学の際に所属していたクラブチームはセゾンフットボールクラブ(セゾンFC)です。有名な選手でいうとセゾンFCではワールドカップで活躍した乾貴士選手が所属していたチームになります。, 小山尚紀選手は今の所プロ志望の情報は入っておりませんがセゾンFCに通っていたこともありますしサッカーを本気でやっていると思うので声がかかればそのままプロ入りかもしれませんね。, もし声がかからなくても大学でサッカーをして経験を積んでからプロに移行かもしれませんね。進路も注目が集まる選手なので今後に期待です。, 今回は静岡学園で攻撃的な選手の小山尚紀選手について書きました。今大会で4得点上げているだけに期待がかかります。決勝でゴールを量産してぜひ得点王になってほしいですね。. 静岡学園中学校・高等学校サッカー部の公式サイト。 静岡学園中学校・高等学校サッカー部オフィシャルサイト TOP ニュース カレンダー 選手/スタッフページ フォトアルバム OBの活躍(過去の進路実績) 静岡学園は、途中から出てきた小山尚紀も目立っていましたね。 高速シザースをまじえたドリブルスピードの速い、ゴリゴリのドリブラーで、 強烈なミドルシュートもあるし、速いしで、彼のような選手が途中から出てきたら相手DFは嫌だろうなと。 静岡学園サッカー部 mf小山尚紀. 第2試合も藤色のタオルを巻いたオールドファンが応援に駆けつけ、お客さんがいっぱい。, ゴールネットの張り替えで、ややキックオフ時間が遅れるというアクシデントがありました。, しかし、プリンスリーグ東海では「研究される側」なので、強豪校ゆえの強みを突かれることもある。, 相手が深くまで攻め込んできても、ほぼ全員が帰陣する人海戦術、いわゆる「ゴール前にバスを停める」守備でシュートを撃たせなかった。, 前島陵汰もガチャンとなってもマイボールにできるぐらい当たりに強く、1年生ながら起用されている理由がよく分かりました。, そこは各自が自らのポジションから動かないポジショナルプレーで、ポジティブトランジションを早める工夫を施していた。, 前半40分、静岡学園は阿部健人のフィードから左サイドを抜け出した草柳祐介が一枚剥がしてクロスを上げると、, ゴール前で待ち構えていた加納大がヘディングで合わせてシュートを放つも、ゴール左へと外れてしまう。, ボールを受ける前の首振りで状況を把握し、予測力にも優れているから、ガッと相手に寄せられてもヒョイっとかわしてボールを失わない。, 特にスペースを操ることに長けており、狭い局面でも自ら動くことで相手も動かしてスペースを創出。, あと、藤枝東はセットプレーでトリックプレーを取り入れていましたが、彼がライナー性のもの凄いキックを入れていましたね。, 後半5分、静岡学園は右サイドでボールを受けた松村優太が中に切り込みながら細かいタッチで次々と4人を抜き去っていくと、, 「インサイドの2人はめちゃくちゃ上手いな」という藤井皓也と浅倉廉が、デュエルの激しい密集地帯でも局面打開を試みていた。, 藤井皓也は、目がついていかないほどの高速タッチが魅力で、ダブルタッチも駆使して狭い局面を打開していた。, 間接視野で敵が寄せてきているのを確認すると、ファーストタッチで相手をいなして、2人目が寄せてきてもくるりと身体を反転してボールをプロテクトする。, 静岡学園は、中谷颯辰(ソウシン)が「センターバックなのにこんな上手いの?」という驚くプレーを見せていた。, チャレンジ&カバーのチャレンジ側で、ハーフラインより前に頻繁に出てくるが、猛烈な相手の寄せにも浮き球でかわすほど上手い。, あと何よりメンタル面、集中力がすばらしくて90分間、質の高いプレーを見せていましたね。, 彼は昨年見たときも途中から出てきて凄まじいミドルシュートを撃っていたので印象に残っている。, 内転筋が強いのか、ワンステップで凄いボールを蹴り、精度も抜群で味方にピンポイントでボールを届ける⬇︎, 後半28分、静岡学園は小山尚紀がズドンと右足を振り抜くと、強烈なシュートが枠内を捉えるも、GK西川幸之介のブロックに遭ってしまう。, こぼれ球をゴール前に詰めていた草柳祐介が押し込むも、わずかゴール右へと外れてしまう。, 松村優太は、U-18日本代表の全国区のタレント。とにかく「ボールを持ったら速いな」というスピードのある選手で、一歩目で置き去りにできるような速さがあった。, 私は彼のようなスピードを持つ選手の日本人最速はジャーメイン良(現・仙台)選手だと思っています。, 特に浮き球処理がブラジル人のように柔らかく、足裏を多用するボールタッチもフットサルっぽいなと。, 後半37分、静岡学園は敵陣右サイドでFKを獲得すると、草柳祐介が左足でゴールへ向かう速いキックを入れる。, このボールに小山尚紀がニアサイドで合わせてゴールへと流し込み、静岡学園が追加点を挙げる。, 強烈なミドルシュートもあるし、速いしで、彼のような選手が途中から出てきたら相手DFは嫌だろうなと。, 後半40分、静岡学園は小山尚紀が高速ドリブルから左サイドを突破するとクロスを入れる。, このクロスをゴール前で待ち構えていた草柳祐介がワントラップしてシュートを放つも、ゴール左へと外れてしまう。, 藤枝東もかなりの善戦を見せたが、後半にエンジンのかかった静岡学園が2点取って突き放した。, ️‍♂️静岡学園は、システムがハマっており、ドリブルしてゴチャゴチャっとなっても、こぼれ球をことごとく拾って二次攻撃へとつなげていた。, ただ、前半は本当に藤枝東がすばらしく、いつになく静岡学園の川口修監督がベンチから出て指示を送っていた。インテンシティーが高校生離れした好ゲームでした。. ゲキサカ読者が選ぶ第98回全国高校サッカー選手権のmvp「gekisaka award 2019 winter 高校生部門」に静岡学園高(静岡)mf小山尚紀(3年)が選ばれた。 (window.gZgokZoeWidgetQueue = (window.gZgokZoeWidgetQueue || [])).push({frameId: "_757576ecac", parent: "#zucks-widget-parent_757576ecac" }); https://omotenashi9601.com/wp-content/uploads/2019/09/ragubi-.jpg. 小山尚紀 ポジション:MF 誕生日:2001-06-19 身長:173cm 体重:63kg 経歴=静岡学園高19年度全国高校選手権優勝、優秀選手 (window.gZgokZoeQueue = (window.gZgokZoeQueue || [])).push({ frameId: "_757576ecac" }); Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. watashi 2020年1月13日 / 2020年3月26日.