「次世代M4系専用 電子トリガー NoBuNaGa」 20年以上前のエアガンですし、長らく放置されてることもあって動かないんだろうなぁという考えはありましたので、今回は本体の分解(オーバーホール)と組み込みを行っていきます。, フレームとハンドガードのデルタリングと呼ばれる固定具をフレーム側に引っ張り、ハンドガードを外します。 セミの制御はタペットプレートの動きで制御しています。 イモネジを回しすぎるとモーターのギヤがベベルギヤを回せなくなりロックします。, さらに押しすぎるとモーターに繋がっている配線が外れたりします。 営業時間:8:00から17:00 電動ガンでは後述のメカボックスと接続されているため、細いプラスドライバーや、機種によっては六角レンチなどでネジを取り外して、パーツ一式を外してしまいます。 営業時間:11:00から19:30 何かいい方法はないでしょうか? 電動ガンの歴史としてはまだ浅い時期の機種ではありますが、恐らく内部の構造や基本的な組込み方法などは現代モデルと大きな差はないと思いますので、直すのもそう苦労はしないかなと思います。, とりあえず何をする前にも症状とご要望をまとめないと修理方針も定まらないので色々と聞き出しました。, とのこと。 注意注意です。 電動ガンには付きまとう問題点 次世代M4系でオススメの電子トリガーはこちら カットオフレバー、セクターギア、スイッチアセンブリのパーツ摩耗が起きないように定期的にメンテナンスをする。 ・ギアボックスを機械的に制御してセミオートを撃てるようにしています。 取り外したパーツはなくさないように、容器に入れたり、仮組みしておくことをお勧めします。, 電動ガンの殆どはグリップの中にモーターを組み込んでいますが、こちらも取っ払っていきます。 この時にモーター底部に取り付けられている丸い当て板を無くさないように取り外し、モーターから電線を取り外してモーターも抜き取っちゃいます。, そしてモーターを抜き取ったグリップの中に、更にメカボックスとグリップを固定しているプラスネジが見えますので、こちらも取り外して、電線を引き千切らないようにグリップを取り外します。, トリガー上部にある細いピンです。 電線はコネクターで繋がっているだけなので、コネクターを折らないように慎重に引き抜きます。, 上下に分割できるARシリーズのフレームにおける、アッパーレシーバ(上側)とロアーレシーバー(下側)を固定している太いピンです。 ロックした時にトリガーを引くと機関が動かないのに電気が流れます。電気は本来モーターが消費するわけですが消費されないので行き場を失い弱いところにいきます。通常はヒューズが切れると思いますがヒューズが切れたら交換ではなく、切れる原因を探してみてください。昔は強力なスプリングが原因だったりしましたが今使われているスプリングはどれも弱いです。欠けたギヤのプラスチックや金属片がギヤにはさまっていることが多いです。, 「安心性能の海外銃が使えるサバゲーライフの提供」をモットーに細々とカスタムエアガンを売って10年を超えました。これからもロマン銃でも戦えるようチューニングしサバゲー業界を盛り上げていきたいと思います。. まずはここからです。, ここのイモネジを回すと発射音が変わります。ここにはシンセサイザーのVCFが入っているわけではありません。, イモネジを回すとモーターが押されます。そしてモーターのギヤとべベルギヤがうまいことハマれば綺麗な音になります。強すぎたり、緩すぎたら苦しそうな音になります。 ショップホームページや各種サービスのリンクはこちら, 電話番号:0568-37-0227 皆さんこんにちは。初めましての方は初めまして、お久ぶりの方はお久しぶりでございます、おじさんのクルツです。 詳細はこちら:https://team6frogman.wixsite.com/nobunaga ・フルオートの場合、セレクタープレートによって、強制的に動かないようにロックされるのでトリガーを引いている時は電源がON状態になります。 電話番号:0568-37-0227 <セミロックの対策方法> セミロックの原因となるカットオフレバーを取り外して使用できる電子トリガー。 ↑ギアボックス内の画像 ・・・「あります」 冬は電動ガンの故障や不具合が多いです。朝フィールドに着いたらホップ調整や弾速チェックをすると思いますが、まずはギヤのグリスを解凍するつもりでセミオートで数発撃ちそれからフルオートを撃って慣らしをしてみてください。あと、サバゲー終了時にはホップを0にしてください。, 電動ガンを使ってセミオート戦や室内戦でポコポコ撃ってた時に、トリガーを引いても動かないことがあります。そういうときにフルオートにして数発撃つと解除されると思います。, カットオフレバーがスイッチの動きを邪魔して動かないという感じです。 遅れてしまいましたがあけましておめでとうございます。本年も変態っぷり全開でお届けしていきます。, さて、時は2018年12月末日、皆さんこの時期は年末年始とあって年越しの大掃除に見舞われていたかと思います。僕もその一人だったのですが、やっぱり大変でしたね、大掃除、、、。, 趣味に走るおじさんって結構こういうグッズ関係の整理に困ったりはしないでしょうか? 今日のお題は <カットオフレバーの役割> ちなみに2018年も順調にエアガン関係のグッズを増やしに増やして、それの整理に1日費やしました(笑), そんな割と忙しい最中、ふとブログライターズのビッグボスことブログ管理人のまえやんさんからLINEに連絡が飛び込んできたんです。, 「クルツさーん、大掃除してたら押し入れの奥底からマルイの古いエアガン発掘したんですけど直してみません?」, ということで、2019年一発目の僕の記事では、東京マルイ製の電動ガンを直してみようと思います。, 実銃ではコルト社のアサルトカービンの総称として、教育や訓練、航空機や車両の搭乗員、特殊部隊などの特殊用途火器として開発されたARシリーズの短縮モデルの自動小銃になります。, トイガンとしては、国内では東京マルイが1997年に製造したモデルがあり、現在では廃盤となっている入手困難なモデルとなっています。海外製では、香港のG&P社が、中国本土のGolden Eagle社などからモデルアップされており、入手しやすいものでもあったります。, 今回は前者の東京マルイ製の廃盤モデルとなります。 その後は電線を慎重に抜き取れば、分割が完了します。, 以上で外装の分解ができました。 メール:team6.frogman@gmail.com このパーツのおかげでセミオートを発射することができるようになりました。 電線を完全に引き抜く前に、ある程度アッパーレシーバーが自由に動ける程度まで抜けたら、先にインナーバレルを引き抜きましょう。, インナーバレルはチャンバーユニットと一体となってアウターバレルに差し込まれているだけなので、そのまま引き抜いてしまいます。 サバイバルゲームフィールドのホームページや各種サービスはこちら このトリガーロックは、トリガーの引き方でずいぶん発生頻度が抑えられます。(メカボがノーマルならなおさら) (メカボがノーマルならなおさら) 【23568】:[電動ガン] [2012/12/07(金) 14:56:13] 販売価格:19,224円(税込) ・パーツの誤作動が起因となります。 そう考えると大切なパーツですね。 <セミロックの原因> 電動ガンのトリガーレスポンスを画期的に向上させる電子トリガー「フューチャートリガー」が発売されました。「フューチャートリガー」とは一体どのようなものか、その性能、効果はどうなのか? 実際に射撃テストを行ってレビューします。 楽天市場はじめました! ・一番簡単なのは、原因となるカットオフレバーを使わなければ万事解決。 電動ガンをフルオートで撃った時、ピストンの位置はいつも謎な位置にあります。たぶんモーターの力を無駄にしないために撃った後の残りの力を使ってピストンを引けるところまで引いといてやろうと考えたんじゃないでしょうか? モーターの残力がなくなってピストンが戻ろうとしたらラッチが動いてそこで止めてくれます。, 私の場合はフルオートのギヤロック解除時はこの逆転防止ラッチを解除することから始めます。解除すると再び撃てるようになったり、実はピストンのギヤが欠けていて再びロックしたりします。 トリガーにも付属のエクステンションを貼ります。 きちんと脱脂してから接着しましょう。耐衝撃瞬着やエポキシ接着剤がオススメです。 この部品はトリガーリーチをツメるのと、トリガースイッチへの当たりが柔らかくなる効果があります。 「セミロック」 電動ガンには付きまとう問題点 「セミロック」 ※セミロック・・セミオートで射撃中、トリガーを引いても射撃できなく症状のこと。 電動ガンはトリガーを引くと通電してモーターを作動させてギアが駆動 … 楽天からも購入できます:https://item.rakuten.co.jp/team-6/compass1522311720/ 次回の記事ではいよいよ内部パーツの分解と調整を行います。, 気が付いたらガスブロとエアコキで溢れかえってました。ヒットコールだけは関西で右に出る者は居ないと信じて日々叫んでいます。. 簡単に説明します。カットオフレバーはピストンと接続しているギア「セクターギア」が1回転する毎に、1回上下に作動します。 冬は電動ガンの故障や不具合が多いです。朝フィールドに着いたらホップ調整や弾速チェックをすると思いますが、まずはギヤのグリスを解凍するつもりでセミオートで数発撃ちそれからフルオートを撃って慣らしをしてみてください。あと、サバゲー終了時にはホップを0にしてください。 ※セミロック・・セミオートで射撃中、トリガーを引いても射撃できなく症状のこと。 ちょっとでも参考になれば幸いです。 こちらもピンポンチなどで叩いて抜き取っちゃいます。, ここまでで一通り外せるパーツは取り外せましたので、連結されているフレームを分割します。 この構造だと、トリガーを引いた時間分弾が発射されるのでもれなくフルオート状態となります。 そしてコストがかかる。。。 ご注文お待ちしております。 それは、セミオートの制御方法が完全機械式から、半機械式電子制御に変更されるからです。 ↑セレクタープレート側から見た画像 電動ガンはトリガーを引くと通電してモーターを作動させてギアが駆動し、射撃する。 メール:team6.frogman@gmail.com それを制御してセミオートを可能にしているパーツ「カットオフレバー」。 その際、トリガースイッチの接点を強制的に解除してトリガーを引いていても電源OFFにしています。それによりセミオートが可能になります。 ハンドガードは分割されて取り付けられているため、両方とも外しちゃいます。, CAR-15はハンドガードの中にバッテリーを入れる前部配線仕様で、分解するためには接続されている電線も取り外す必要があります。 こうなったときのピストンの中にはギチギチに縮まったスプリングがあるのでロックを解除したらバヨーンってなります。ロック解除のために分解する時は注意が必要です。メカボックス内の部品が飛び散ります。, このギヤ(べベルギヤ)は「逆転防止ラッチ」というものが作用するようになっています。 ではまた。 アッパーレシーバーを前方に引き抜くようにすれば分割ができます。, CAR-15は前方配線で、電線がアッパーレシーバーの穴に通されているため、強引に引き抜くと配線を傷つけてしまいます。 昨今ではセミオート主体のゲームが多いので、このパーツが無かったら電動ガンのセミオート戦は出来なかったことになります。 ↑ギアボックス内の画像 セレクターをフルオートにすることによりカットオフレバーが動かされてスイッチが機能するようになり再び撃てるという流れでしょうか? チームシックス(TeAm6)です。 すぐ直るので今後もとくに気にせず撃っていただいて問題ありません。, 問題はこちら、フルオート時のギヤロックです。 いつも、ガンショップファーストアメ横店のブログをご覧頂き有難う御座います。ファーストアメ横店の「315」です。「さ~て、このあいだ買ったp90とステアーを早速サバイバルゲームで試してみようじゃね~か!!」「あれ?トリガーがロックして引けない? 〇で囲んだところが原因です。ピストンが後退しきっているのにまだ13も18ものギヤ(セクターギヤ)が待ち構えています。このギヤは何を押すのでしょうか? 押すものがないのでロックしたというわけです。 まずはグリップの底部にある2つのプラスネジを外し、底蓋を取り外します。, 底蓋を取るとグリップ内部に格納されているモーターが見えます。 ・トリガーを早く引きすぎると起きやすくなります。 トリガーを引くときは間隔をあけて射撃を行う。 ・「セミロック」の原因となっているのは、「カットオフレバー」なのです。