第三十五条 (指定通行区分) ・第35条 第1項(指定通行区分) 第百七条 (免許証の返納等), 第百七条の二 (国際運転免許証又は外国運転免許証を所持する者の自動車等の運転) ・第25条 第1項と第2項(道路外に出る場合の方法) 【意外と知らない道交法】原付バイクの運転手が自転車を押して走らせた…これって違法?, 87歳が運転する軽トラが児童を死傷…増加する認知症高齢者の事故が抱える法的問題とは. 第百八条の十七 (特定情報管理規程) 第十八条 (左側寄り通行等) 道路上には、クルマだけでなくバイクや歩行者、自転車も通行している。それぞれが安心・安全に気持ち良く道路を利用できればいいが、なかなかそうも行かないのが現状だ。今回取り上げる自動車の左折前の左寄せは自転車にとって迷惑で危険な行為に感じられるようだ。 第五条 (警察署長等への委任) 第百二十九条の二 (期間の特例). 第三十六条 (交差点における他の車両等との関係等) 第百八条の三十二の二 (運転免許取得者教育の認定), 第百八条の三十三 (免許の拒否等に関する規定の適用の特例) 第百七条の十 (国外運転免許証の返納等), 第百八条の二 (講習) 第四条 (公安委員会の交通規制) 進路妨害で不愉快だ!!! 第三十条 (追越しを禁止する場所) 第七十四条の三 (安全運転管理者等) 第九十六条の三 第七十一条の三 (普通自動車等の運転者の遵守事項) 第百二条 (臨時適性検査等) 第七十八条 (許可の手続) 第二十条 (車両通行帯) 第十三条 (横断の禁止の場所) 第七十三条 (妨害の禁止) 第百十条 (国家公安委員会の指示権) 第九十二条の二 (免許証の有効期間) 第四十一条の二 (消防用車両の優先等), 第四十四条 (停車及び駐車を禁止する場所) 第百七条の三 (国際運転免許証等の携帯及び提示義務) 第六十三条の十 (自転車の検査等) 第百八条の二十 (事業計画等の提出) ・第20条-2(路線バス等優先通行帯) ・第18条(左側寄り通行等) 割込み・車線(進路)変更時の交通事故はトラブルになることが多く、とくに進路変更時の場合、「追突された。」「割り込んできた。」「合図出していない。」「合図出した。」など管理者・担当者泣かせの事故形態です。, この種の事故は、進路変更側が相手の立場に立って進路変更していない。すなわち自分本位・マイペースで行動してるのではないでしょうか。, ここで気を付けなくてはいけないのは、ヒヤリハットを受けたドライバー自身も車線変更時に同じような行動をしていないかということを考える必要があります。, ≫ 車線変更時の事故防止指導方法①(「車線(進路)変更時の交通事故(27例) 内容から見た指導方法), ≫ 車線変更時の事故防止指導方法②(合図と並行移動イメージの車線変更の指導方法、事故惹起者・初心者を含む), ㉑-2 ヒヤリハット分析から見た指導方法2( 「前車の急制動・停車」(貨物車の追突防止実技指導)), ㉑-3 ヒヤリハット分析から見た指導方法3(施設から出時の安全確認の実技指導方法), ㉑-5 ヒヤリハット分析から見た指導方法5(飛び出しに対する指導方法(直進時-歩行者・自転車)), ㉑-6-1 ヒヤリハット分析から見た指導方法6(信号交差点に対する指導方法 その1(総論、信号発進、直進)), ㉑-6-2 ヒヤリハット分析から見た指導方法6-2(信号右折時)に対する指導方法 その2(信号交差点 「道路交通法」の全条文を掲載。任意のキーワードで条文を全文検索できるほか、印刷用に最適化されたレイアウトで必要な部分だけを印刷可能。目的の条文を素早く確認できるリンク機能や括弧部分の色分け表示機能も。スマホにも対応。 第百十条の二 (特定の交通の規制等の手続) 第百二十二条 第六十三条の八 (自転車の通行方法の指示) 第九条 (歩行者用道路を通行する車両の義務), 第十条 (通行区分) 第百六条の二 (仮免許の取消し) 第百十七条 第百八条の二十四 (分析センターの運営に対する配慮) 第四十九条の七 (時間制限駐車区間の路上駐車場に関する特例) 第二十六条の二 (進路の変更の禁止) 第五十一条の十四 (国家公安委員会規則への委任) 第三条 (自動車の種類) 第六十六条の二 (過労運転に係る車両の使用者に対する指示) 第百十八条の二 などといった不満の声が寄せられている。, しかし、道交法には、「車両は、左折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、できる限り道路の左側端に沿って徐行しなければならない」(第34条「左折又は右折」)とあり、左折時に『あらかじめ、できる限り道路の左側に寄る』のは、ルール(法)に則った運転といえる。, また、自転車も道路交通法上の「軽車両」であり、左折しようとしている前走車を、左側から追い抜こう(すり抜け)とするのは、そもそもルール違反。にもかかわらず、自転車サイドから感情的な批判が多いのはなぜか。, やはり、左に寄せる行為を「危ない」と感じる人がいるのと、自転車が左折待ちのクルマを、左側から追い越して、先に行きたいのに邪魔だ、と思う人が多いからだろう。前者に関しては、ドライバーの配慮不足だとすれば、大いに反省する必要がある。, 右左折をするときの合図、つまりウインカーを出すタイミングは、「その行為をしようとする地点(交差点においてその行為をしようとする場合にあっては、当該交差点の手前の側端)から30メートル手前の地点に達したとき」と、道路交通法施行令第21条に定められている。, つまり、左折地点の30メートル手前=ウインカーを出すタイミングで、ドライバーは左側や後方に自転車などがいないことを確認し、OKならばウインカーを出して、クルマを左に寄せていくことになる。, この30メートル手前に地点で、自車の直近(左後ろ)に自転車やバイクの姿がなければ、クルマを左に寄せはじめても何ら問題はない。, ただ、前方が詰まっていたり、赤信号で止まるのがわかっている場合で、やや後方に自転車が走っているような場合は、その自転車を通り過ごさせてから、左に寄っていくと親切といえる。反対に、クルマと少し間隔が開いて、なおかつクルマが左側のウインカーを出しているのに、自転車がその左側を通り抜けようとするのは、自転車側のマナー違反。, 左折時に、あらかじめクルマが左に寄っていくのは、自転車などの巻き込み事故を防止するのが目的なのに、そのスペースにわざわざ自転車が侵入してくるのは、少々無謀といっていい。ポイントは、後方の自転車との距離とタイミング。, クルマ側は、なるべく早く(30メートル手前)ウインカーを出して、自分が左折する意思があることを周囲に知らせ、ウインカーを見た自転車は、そのクルマを左側から追い抜こうとしない。本来、これで丸く収まるはず。, なかには左折ではなく、直進するのに赤信号でクルマを左に寄せて、後方からくる自転車の進路を塞ぐドライバーもいるようだが……。狭い道では、一度追い抜いた自転車に、信号待ちで抜かれ、それをまた抜き返すのは大変だから、(信号待ちで)抜かれたくないと思う気持ちもわからなくもないが、先を急いでいるのはお互いさま。露骨ないじわるは、お里が知れるというものなので慎んでもらいたい。, クルマも自転車も、「車両」という意味では同等の存在。双方で敵視しあっていてはストレスしか生まれない。ただでさえストレスフルな社会なので、より快適に走れるために、基本的には、前を走る車両の意思を尊重して、速い車両は遅い車両を労わり、遅い車両(自転車だけでなく、渋滞中のクルマや信号待ちのクルマも含め)は、速い車両の妨げにならないように、気の効いた運転ができる交通社会人を目指したいものだ。, 10月は「子供が被害者」の交通事故が増加! 守るために親が伝えるべき5つのこととは, 【突然の降雪でもダメ】雪道をノーマルタイヤで走行するのは危険なだけじゃなく法令違反!. 第百八条の三十二 (全国交通安全活動推進センター) 第九十七条の三 (運転免許試験の停止等), 第九十八条 (自動車教習所) 第百二十一条 第八十六条 (第二種免許) 第百九条の二 (交通情報の提供) 第百一条の七 (臨時認知機能検査等) 第百八条の十八 (秘密保持義務) 第八十七条 (仮免許), 第八十八条 (免許の欠格事由) 第百二条の二 (軽微違反行為をした者の受講義務), 第百三条 (免許の取消し、停止等) 第五十八条の五 (過積載車両の運転の要求等の禁止) 第十七条 (通行区分) 第九十三条 (免許証の記載事項) 第三十一条 (停車中の路面電車がある場合の停止又は徐行) 第百七条の四の二 (軽微違反行為をした者の受講義務) 第百八条の三十 (地域交通安全活動推進委員協議会) ・第30条(追越しを禁止する場所) 第二十三条 (最低速度) 第六十三条 (車両の検査等) 第五十一条の十 (登録の取消し) 第五十七条 (乗車又は積載の制限等) 第百八条の二十一 (報告及び検査) 第五十一条の六 (国家公安委員会への報告等) 第九十五条 (免許証の携帯及び提示義務), 第九十六条 (受験資格) 第四十九条の五 (時間制限駐車区間における駐車の特例) 第百九条の三 ひらめきステーション Copyright 2018 All Rights Reserved. 第百一条の五 (免許を受けた者に対する報告徴収) 第百十四条の三 (高速自動車国道等における権限) 第百四条の二 (聴聞の特例) 第百条 (指定自動車教習所の指定の取消し等), 第百一条 (免許証の更新及び定期検査) 第七十五条の二 (罰則) 第百七条の七 (国外運転免許証の交付) (法34条1項・2項・4項・5項) 左折する場合は交差点の進入前からできるだけ道路の左側に寄って走行すること; 右折する場合は交差点の進入前からできるだけ道路の中央に寄って走行すること; 一歩通行道路から右折する場合は交差点の進入前からできるだけ道路の右側に寄って走行すること 第四十六条 (停車又は駐車を禁止する場所の特例) 第三十一条の二 (乗合自動車の発進の保護) 第七十五条の七 (本線車道の出入の方法) 第百十三条の三 (審査請求の制限) 第五十一条の五 (報告徴収等) 第百十一条 (道路の交通に関する調査) ・第34条 第1項と第2項と第4項(左折又は右折) 第百八条の六 (講習業務規程) 第百八条の二十三 (指定の取消し等) 第百七条の八 (国外運転免許証の有効期間) 第二十四条 (急ブレーキの禁止), 第二十六条 (車間距離の保持) 第五十一条 (違法駐車に対する措置) 第百八条の三の四 (自転車運転者講習の受講命令) 第五十六条 (乗車又は積載の方法の特例) 第十五条 (通行方法の指示), 第十六条 (通則) 第六十一条 (危険防止の措置), 第六十二条 (整備不良車両の運転の禁止) 第百十四条の七 (内閣府令への委任), 第百十五条 第七十七条 (道路の使用の許可) 第百八条の十五 (事故例調査に従事する者の遵守事項) 第百十三条の二 (行政手続法の適用除外) 第百五条 (免許の失効) 第四十九条の二 (高齢運転者等専用時間制限駐車区間) 第五十一条の十五 (放置違反金関係事務の委託) 第九十九条の四 (職員に対する講習) 第七十五条の九 (緊急自動車等の特例), 第七十五条の十 (自動車の運転者の遵守事項) 第百二十九条 (仮納付) 第四十七条 (停車又は駐車の方法) 第十三条の二 (歩行者用道路等の特例) 第百二十三条の二 第七十一条 (運転者の遵守事項) 第九十九条の六 (報告及び検査) 第百八条の三の二 (軽微違反行為をした者に対する講習の手続) 第六十三条の六 (自転車の横断の方法) 第百八条の七 (秘密保持義務等) 第七十五条の十一 (故障等の場合の措置), 第七十六条 (禁止行為) 第九十七条の二 (運転免許試験の免除) 第五十一条の二 (罰則 第一項については第百十九条第一項第三号) 第七十四条の二 第五十条 (交差点等への進入禁止), 第五十条の二 (違法停車に対する措置) 第百一条の二の二 (更新の申請の特例) 第百四条の三 (免許の取消し又は効力の停止に係る書面の交付等) 第百八条の五 (運転適性指導員等) 第百七条の五 (自動車等の運転禁止等) 第百八条の二十九 (地域交通安全活動推進委員) 第百七条の九 (国外運転免許証の失効) 第五十八条の三 (過積載車両に係る措置命令) 第百十八条 第百十三条の四 (警察庁長官への権限の委任) 第四十五条 (駐車を禁止する場所) 第百十二条 (免許等に関する手数料) 第百二十条 第五十一条の七 (放置違反金等の納付等を証する書面の提示) 第五十一条の四 (放置違反金) 第四十八条 (停車又は駐車の方法の特例) 第七十二条の二 (罰則) 第七十一条の二 (自動車等の運転者の遵守事項) 第百三条の二 (免許の効力の仮停止) 第六十三条の五 (普通自転車の並進) 第五十一条の十三 (駐車監視員資格者証) 第百一条の三 (更新を受けようとする者の義務) 第百四条の二の三 (臨時適性検査に係る取消し等) 第五十三条 (合図) 第四十四条 (停車及び駐車を禁止する場所) 第四十五条 (駐車を禁止する場所) 第四十五条の二 (高齢運転者等標章自動車の停車又は駐車の特例) 第四十六条 (停車又は駐車を禁止する場所の特例) 第四十七条 (停車又は駐車の方法) 第四十八条 (停車又は駐車の方法の特例) 第四十九条 (時間制限 … 第二条 (定義) 第六十三条の九 (自転車の制動装置等) 第百六条 (国家公安委員会への報告) 第七十一条の四 (大型自動二輪車等の運転者の遵守事項) 第七条 (信号機の信号等に従う義務) 第十二条 (横断の方法) 第六条 (警察官等の交通規制) 第八十九条 (免許の申請等) 第十七条の二 (軽車両の路側帯通行) 第百八条の十 (講習の休廃止) 右折), ㉑-6-2 ヒヤリハット分析から見た指導方法6-2(信号右折時)に対する指導方法 第二十一条 (軌道敷内の通行), 第二十二条 (最高速度) 第百十六条 第百八条の十九 (解任命令) 第百八条の十四 (事業) 第四十一条 (緊急自動車等の特例) 第百四条の四 (申請による取消し) 第百九条 (免許証又は国際運転免許証等の保管) (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ・第8条 第1項(通行の禁止等) 第七十五条の八 (停車及び駐車の禁止) 第百十四条の五 (自衛隊の防衛出動時における交通の規制等) 第百十四条の二 (公安委員会の事務の委任) 第九十九条 (指定自動車教習所の指定) 第七十五条の六 (本線車道に入る場合等における他の自動車との関係) 2道路運送法の法体系について② 4 4条乗合 [乗合旅客を運送する 一般旅客自動車運送事 業] 4条貸切 [一個の契約により国 土交通省令で定める乗 車定員以上の自動車を 貸し切つて旅客を運送 する一般旅客自動車運 送事業] 4 第五十一条の十一 (報告及び検査) 左折した後、2車線の道路の右側に入った場合、道路交通法上では違反にはなりません。ですが、事故を起こしてしまった場合の過失割合はどのようになるのでしょうか。 道路交通法違反にはならなくても、過失割合は加算されてしまうこともあります。 第百十九条の三 第百十四条の六 (経過措置) 第七十五条 (自動車の使用者の義務等) 第五十一条の九 (適合命令) 第六十三条の十一 (児童又は幼児を保護する責任のある者の遵守事項), 第六十四条 (無免許運転等の禁止) 第百八条の二十二 (監督命令) 第六十六条 (過労運転等の禁止) 第三十七条の二 (環状交差点における他の車両等との関係等), 第三十八条 (横断歩道等における歩行者等の優先) 第四十条 (緊急自動車の優先) 第五十八条の二 (積載物の重量の測定等) 第二十二条の二 (最高速度違反行為に係る車両の使用者に対する指示) しかし、道交法には、「車両は、左折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、できる限り道路の左側端に沿って徐行しなければならない」(第34条「左折又は右折」)とあり、左折時に『あらかじめ、できる限り道路の左側に寄る』のは、ルール(法)に則った運転といえ … 第九十条の二 (大型免許等を受けようとする者の義務) 第百十七条の四 第百八条の十二 (国家公安委員会規則への委任), 第百八条の十三 (指定等) 第百十九条の二 第五十一条の二の二 (報告徴収等) 緊急自動車については、第八条第一項、第十七条第六項、第十八条、第二十条第一項及び第二項、第二十条の二、第二十五条第一項及び第二項、第二十五条の二第二項、第二十六条の二第三項、第二十九条、第三十条、第三十四条第一項、第二項及び第四項、第三十五条第一項並びに第三十八条第一項前段及び第三項の規定は、適用しない。, 前項に規定するもののほか、第二十二条の規定に違反する車両等を取り締まる場合における緊急自動車については、同条の規定は、適用しない。, もつぱら交通の取締りに従事する自動車で内閣府令で定めるものについては、第十八条第一項、第二十条第一項及び第二項、第二十条の二並びに第二十五条の二第二項の規定は、適用しない。, 政令で定めるところにより道路の維持、修繕等のための作業に従事している場合における道路維持作業用自動車(専ら道路の維持、修繕等のために使用する自動車で政令で定めるものをいう。以下第七十五条の九において同じ。)については、第十七条第四項及び第六項、第十八条第一項、第二十条第一項及び第二項、第二十条の二、第二十三条並びに第二十五条の二第二項の規定は、適用しない。.