ガソリン代. ですが、衛生面から見ても風呂は毎日入るようにして費用は約\50,000前後と考えてください。, 朝・昼・晩と飲食には差がありますが、日本一周に必要な日数の約80~90日を目安にすると\350,000はかかります。 私の夢は、愛車の軽自動車で日本一周をすることです。愛車と一緒に様々な場所に行ってみたいし、日本一周なら費用もあまりかからないと思います。でも実際、軽自動車で日本一周をしたら費用はいくらかかるのでしょうか?, 私の夢は、愛車の軽自動車で日本一周をすることです。 車を維持する上で「ガソリン代」は必ず気にしなければいけないところですし、当然湯水のようにガソリンを消費してしまえば、それなりの金額がかかってしまうことになります。, ですので、毎月のガソリン代を節約するために、燃費性能が良い「軽自動車」を買うという心理は理にかなっている訳です。普通車に比べると、月のガソリン代が倍ほど変わってきますから。, 軽自動車は普通車よりも燃費が良いよー!と言うものの、今まで車を所持したことのない人や、軽自動車しか乗ったことのない人にはあまりしっくりくる言葉ではありませんよね。, そもそも燃費ってのは、「(ガソリン)1Lあたりで走行できる距離」を指す言葉であり、個人的には「15km/1L」以上の燃費性能を持つ車を「燃費が良い車」という基準に設定しています。, 例えば「15km/1L」の車に10Lのガソリンを入れた場合、「15okm」を走行できるということです。, 図を見る限り、軽自動車は「燃費が良い車」であることが分かると思います。が、この数値はメーカ発表のいわゆる「カタログ燃費」ですので、実際の燃費性能はこの数値より悪くなってしまいます。, カタログ燃費のおおよそ80%を「実燃費」として考えておけば良いと思います。(カタログ燃費が)20km/1Lの車の場合、「16km/1L」という具合です。, それでもなお「普通車」よりは軽自動車のほうが燃費性能が良いのですが、一言で普通車といえど沢山の種類があります。FITなどのコンパクトカーも普通車ですし、アルファードのような大型ミニバンも普通車に分類されます。, 例えば「コンパクトカー」であれば軽自動車とほぼほぼ変わらない燃費性能となっていますが、「ミニバンサイズ」の車の場合、燃費性能に大きな差があります。, 例えば「ハイブリット」など、車種によってもグレードで燃費性能が異なりますが、スタンダードなグレードの場合、上記のような燃費性能となっています。, もちろん、例に漏れず「カタログ燃費」ですので、実燃費はもう少し悪い数字となります。, 私はHONDAの「エリシオン」という車に乗っているのですが、高速走行時で「10〜11km/1L」、街乗り走行時で「8km/1L」ぐらいになっていますので、参考までに。, やっぱり軽自動車は燃費は良いね!ガソリン代を少しでも節約したいなら、コンパクトカーや軽自動車を選ぶべき!, 1Lあたりのガソリン単価が110円、実燃費が「15km/L」として計算していきますので、参考程度にお考え下さいね!, ちなみに「実燃費」の計算方法ですが、まず一度ガソリンを満タンにし、走行メーター下部にある「トリップメーター(走行距離を計ることができるもの)」を0に戻して下さい。, そして、ガソリンランプが光る直前までガソリンを消費し、再度(満タンに)給油します。くどいようですが、必ず満タンにすることを忘れないようにし、給油量を記憶しておいて下さい。, 最後に「走行距離÷給油量」で計算し、そこで出た数字が「実燃費」ということになります。, さて本題ですが、軽自動車を所持した場合にかかる「月のガソリン代」はどの程度なのでしょうか?年間12000km走行すると仮定し、月のガソリン代を算出してみます。, 年間12000kmということですから、月に換算すると「1000km」だということになります。実燃費が「15km/1L」ですので、月に消費するガソリン量は「1000km÷15km/L=約67L」ということになります。, ガソリン単価が110円ですので、「110×67=7370」となり、月にかかるガソリン代は「7370円」となりました。仮に半分の「500km/月」しか走行しない場合は、「3685円」だということです。, これを高いととるか安いととるかはその人次第ですが、軽自動車を使用することでかかる月にガソリン代目安として参考にして頂ければと思います。, 軽自動車や普通車に限らず、車の運転ってその人の技量というか腕というか、「運転する人」によって燃費に良し悪しがでてしまうものです。要するに、運転が下手な人は比例して燃費も悪くなるということ。, 燃費運転を心がけることで、実燃費に「1〜2km/L」の差がでることも対して珍しいことじゃないですから。, 例えば、信号が赤から青に変わったときに、「行ったろかい!」と言わんばかりの急アクセルで発進する人。はい、あなたは運転が下手くそです。, 急アクセルを踏むということは、エンジンの回転数を一気に上げるということですので、当然燃費面に悪影響をあたえてしまいます。, 複数の買取り業者へ一括で査定を依頼すれば、より高い査定額をつけてくれる業者に出会える可能性が広がります。以前私は、最初に60万円と査定を受けたストリームを、25万円↑の85万円で売ることに成功しました。, 複数の保険会社から見積りをとり、その中で最も安い自動車保険に加入することで、保険料を大幅に節約することができます。私も、以前は年間11万円だった保険料を、3万円安い8万円まで節約することができました。, 質の良い中古車をお探しなら、一般には公開されていない非公開車両が狙い目です。WEB上から中古車探しを依頼でき、10年保証(有償)、返品OK(有償)と、通常の中古車売買では考えられない特典がついています。もちろん、一切お金はかかりません。, 車検のステッカーは必ず貼らないといけない?「※罰則や取り締まりはあるの?」 (41,340pv), 車は現金一括で買ったほうがいい?「※値引き額が少なくなるかも!?」 (38,756pv). 自賠責保険は公道を走るすべての車に加入が義務付けられている保険で、新車購入時と車検時に次の車検までの期間分をまとめて支払います。そのため、車検費用として計上されるので、ここでは任意保険の保険料について確認しましょう。 ヴィッツより小さな普通車(軽以外):輸入車 全7車種一覧! ヴィッツより小さな普通車(軽以外):国産車 全8車種一覧! ミニバンで機械式立体駐車場OK(全高1550mm以下)な全3車種一覧! SUVで機械式立体駐車場OK(全高1550mm以下)な全6車種一覧! Dセグメントとは? 計算式:交通費=往復の通勤距離×1カ月の出勤日数×ガソリン単価÷燃費 30km×20日×140円/L÷19.4km/L=約4,330円 支給される1カ月の交通費は約4,330円 Copyright (C) 2020 くるぺーじ All Rights Reserved. あわせると\50,000は費用としてみておきましょう。, 軽自動車で日本一周するためには、約80~90日は必要な計算で上記の計算結果を合わせると少なくても\650,000はかかります。, 紹介した費用の他にも、例えば、毎日お酒を飲むと変わってきますし、最短距離で低コストでいけば、\500,000以内に抑えることも可能です。, 今回紹介したのは、時間や費用に余裕がある80~90日の算出ですので、ぜひ無理なく参考にしてみてくださいね。. 車の保険には自賠責保険と任意保険の2種類があります。 車の維持費の一つとして気になるガソリン代。給油したときに支払ったガソリン代は分かりますが、買い物や会社に行くために、いくらガソリン代がかかっているのでしょうか? なお、普通自動車が駐車できない狭いスペースを軽自動車専用として貸し出していることがあります。その場合、駐車場代が割り引かれるなどの優遇を受けられるケースが大半なので、駐車場代を節約したい方はチェックしてみてください。, 先ほどご紹介したように、車検は依頼先によって車検基本料に大きな差があります。車検を受ける際は、いくつかの業者を比較して、信頼できる業者の中から手頃な値段で車検を受けられる依頼先を探すことで、維持費の節約が可能になります。, 軽自動車は普通自動車よりも燃費がいい傾向にありますが、急停止や急発進を避けた運転や、事前のドライブルートの確認などを習慣化することで、燃費をより良くすることができます。燃費が良くなればガソリン代を節約できるので、日々の運転を見直してみましょう。, メンテナンスの中には、バッテリーやタイヤの交換など自身で行えるものもあります。セルフメンテナンスであれば工賃や手数料が不要になるので、メンテナンス費の節約につながります。洗車もこまめに手をかけて行えば、出費を抑えられる項目のひとつです。, 新車購入時に環境に配慮した車種を選べば、国によって定められた減税・免税施策を利用することができます。エコカー減税とグリーン化特例は、基準を満たした車種の自動車重量税や自動車税(種別割)を減免してくれる制度です。 愛車と一緒に様々な場所に行ってみたいし、日本一周なら費用もあまりかからないと思います。 せっかくなので、ご当地グルメなどを食べることをおススメします。, せっかく行くのに、自分や他人にお土産を買うのも良いでしょう。 軽自動車の維持費は、年間で約43万円といわれています。ただし、この総額はあくまで目安であり、任意保険への加入やメンテナンスの内容などによって変わる上、車検のある年は車検費用も加算されます。 道順により距離数や日数が前後するので一律でいくらという算出は難しいですが、何にどれくらいの費用がかかるをざっくり計算してみましょう。, 軽自動車の車種によって燃費が違いますが、基本的にクーラーなどのエアコンは燃費が悪くなるので使わないとすると、軽自動車ならリッター15Kmは走れるでしょう。 軽自動車税は、自家用軽自動車の場合は車種に関係なく一律10,800円です。一方、普通自動車は総排気量によって税額が変動し、総排気量が1L以下の場合は25,000円、1~1.5Lの場合は30,500円、1.5~2Lで35,000円です。したがって、自動車税については軽自動車と普通自動車で最低でも14,200円の差が出ます。例えば、普通自動車の中でコンパクトカーと呼ばれるタイプの車種の総排気量は1~1.5リットルです。この場合、軽自動車と比べて24,200円もの差があります。, ・任意保険料 軽自動車で日本一周するには、それなりに費用がかかります。ガソリン代はもちろん、宿泊や飲食、毎日乗る車をメンテナンスする費用等です。今回は、軽自動車で日本一周する場合、費用はいくらぐらいかかるのかを紹介します。 でも実際、軽自動車で日本一周をしたら費用はいくらかかるのでしょうか?, 軽自動車で日本一周するには費用もそれなりにかかります。 日本国土南北端の距離は3,020kmですので、一往復プラス道路が直線でないことを考えると、10,000kmが妥当でしょう。, ガソリン代も時期によって価格が上下しますが、計算を簡単にするために\150/Lとすると、日本一周にガソリン代がおよそ\100,000かかる計算になります。, その他、高速道路は最小限にしてあとは一般道を走るのを前提としても四国などは高速道路を使わなければいけないません。 軽自動車は、一般的に普通自動車よりも維持費が安いといわれています。とはいえ、年間の維持費が気になる方も多いでしょう。そこで、軽自動車の維持費について、普通自動車と比較しながら解説します。また、軽自動車の維持費を節約するポイントも紹介します。 ガソリン代は「消費ガソリン量×ガソリン単価」で計算することができます。消費ガソリン量は「走行距離÷燃費」で求めるので、ガソリン代は燃費に大きく左右されます。 なお、軽自動車か普通自動車かで駐車場代が変わるといったことはほとんどありません。, ・洗車代 ✔車の維持費には、毎月かかるものと年ごとにかかるものがあるほか、車検のように数年おきに必要な費用もある ただし、これらは一時的な制度で、エコカー減税は2021年4月30日、グリーン化特例は2021年3月31日が購入期限です。2021年までに新車購入を検討している方は、これらの制度を利用すると大幅な税金対策ができます。, 軽自動車の維持費を安定させたい方には、定額料金で車に乗れるカーリースもおすすめです。中でもカーリースの定額カルモくんでは、国産メーカー全車種全グレードを取り扱っている上、実店舗を持たないオンライン販売によるコストカットや、業界最長となる11年契約(2020年3月、定額カルモくん調べ)などにより、月額10,000万円台から自身の選んだ好きな軽自動車に乗ることができます。維持費の中でも負担の大きい各種税金や自賠責保険料なども月額料金に含まれているため、月々の出費が安定することが魅力です。, また、メンテナンスプランをつければ、車検基本料も定額にできるほか、プランの種類に応じて、消耗品交換など一部のメンテナンス費用も月額料金に含めることができます。金額の大きい車検費用や予想外の出費が抑えられ、安心してマイカーライフを楽しめます。, 軽自動車の維持費は年間約43万円で、普通自動車よりも約50,000万円の節約を期待できます。さらに維持費それぞれの見直しを行ったり、運転やメンテナンスを工夫したりすることで、維持費をより安くすることも可能です。また、月々の出費を安定させたい方には、カーリースの利用もおすすめします。軽自動車の維持費をできるだけ安くして、快適で持続性のあるカーライフを楽しみましょう。, A:軽自動車の維持費の年間総額は約43万円です。車検のある年は、車検費用として50,000円ほどが加算されます。対して普通自動車は、年間の維持費が約48万円、車検費用が80,000円ほどです。そのため、軽自動車の維持費は年間総額で約50,000円、車検のある年は約80,000円普通自動車より安くなります。, A:軽自動車の維持費には、毎月かかるものと、年に1度かかるものがあります。毎月かかるものは、ガソリン代や駐車場代、洗車代やローンの支払いなどがあります。年に1度かかるものは、軽自動車税(種別割)や任意保険料、車のメンテナンス費などがあります。これらのほか、新車購入から3年後とその後2年ごとに車検費用が必要です。, A:場所や依頼先によって価格の差が大きい駐車場代や車検基本料を見直したり、燃費をよくする走り方やこまめなメンテナンスを心掛けてガソリンや消耗部品の持ちを良くしたりすることで、より節約できるようになります。なお、新車購入時であれば、基準を満たすことで、2021年3月もしくは4月まで行われる国の減免制度で税金を節約することも可能です。, マイカーリースのおトクにマイカー 定額カルモくんが制作する車選びとカーライフを応援するWebマガジン「カルモマガジン」。国産新車に関するレビューやグレード比較情報、知ってるとおトクなマル秘情報を中心に、クルマ選びのプロが執筆する情報を更新していきます。, 軽自動車は年間で約50,000円、車検のある年では80,000円以上維持費を抑えられる, エコカー減税とグリーン化特例は、基準を満たした車種の自動車重量税や自動車税(種別割)を減免してくれる制度, 車検基本料も定額にできるほか、プランの種類に応じて、消耗品交換など一部のメンテナンス費用も月額料金に含めることができます, https://car-mo.jp/mag/wp-content/uploads/2020/10/15_-TVCM_1.mp4, 毎年4月1日時点の車の所有者が支払います。普通自動車の税額は総排気量に応じて増額します。. 1リットルで15km走れるので、10,000÷15=666Lガソリンを消費することになります。 ガソリン単価が1Lあたり140円とすると、666×140=93,240円お金がかかることになります。 また、街中では飲食や風呂・車中泊する際に、パーキング費用がかかる場合があります。 メンテナンス費は年間平均20,000~30,000円ほどが一般的ですが、コーティングなど大きな費用がかかるメンテナンスを行った場合はそれ以上になります。メンテンナンス費は行う内容によって金額に差が出るものの、同じ項目で軽自動車と普通自動車で比べた場合は、それほど大きな違いはありません。, 次に、維持費の中でも大きな出費のひとつとなる車検費用を見てみましょう。車検費用は、法定費用と車検基本料に分けられます。法定費用は車種によって定められている一方、車検基本料は依頼先によって変動があります。今回は、車検専門店に依頼した場合の金額でシミュレーションします。, 車検の依頼先としては、車検専門店のほかにディーラーやガソリンスタンド、整備工場などがあります。ディーラーや整備工場はやや相場が高く、車検専門店やガソリンスタンドなどは比較的安めの傾向があります。 任意保険は、車の所有者が任意で加入する保険です。保険料は保険会社によって異なるほか、年齢や車種、事故の有無などによっても変わるため、10,000~50,000円代までと振れ幅があります。本記事では、平均値として30,000円でシミュレーションしています。, ・メンテナンス費 ガソリン代は6000キロだと年間41667円になります。(ガソリン代125円で計算して)軽自動車は燃費がいいので安く抑えることができますが、通勤などで使用するとあっという間に10000キロぐらい69444円になります。 ŽžŠú‚âŽÔ‚̏ó‘ԁAˆË—Š‹ÆŽÒ‚È‚Ç‚É‚æ‚Á‚Ä‘½­‚Ì•Ï“®‚ª‚ ‚éB, 2”N‚Ɉê“xiVŽÔŽž‰‰ñ‚Í3”N‚Ɉê“xjŽó‚¯‚邱‚Æ‚ª‹`–±•t‚¯‚ç‚ê‚Ä‚¢‚éB1‰ñ‚ÌŽÔŒŸ‚Å‚©‚©‚é”ï—p‚Í–@’è”ï—p‚ÆŽÔŒŸŠî–{—¿‚É•ª‚¯‚ç‚êA‚»‚ꂼ‚ê30,000‰~`50,000‰~’ö“xBŽ©•ª‚ÅŽÔŒŸ‚ðs‚¤ê‡‚́A–@’è”ï—p‚Ì‚Ý‚ðŽx•¥‚¤‚±‚Æ‚Æ‚È‚éB, 65,000‰~`85,000‰~’ö“xi‹ÆŽÒ‚Ɉ˗Š‚µ‚ÄŽÔŒŸ‚ðs‚¤ê‡j. Copyright © ENEOS GENERATIONS. 軽自動車と普通車の1年間にかかる維持費比較:ガソリン代・駐車場代・自賠責保険料・任意保険料・車検代・消耗品代などを計算し1年間にかかる維持費を比較しています! 洗車代については、洗車を行うペースによって負担が変わります。仮に月1回、ガソリンスタンドやカー用品店で洗車を頼んだ場合、月の洗車代は軽自動車で1,000円程度、普通自動車で2,000~5,000円ほどになります。洗車場を利用すれば、300円前後のシャンプー洗車で手軽に車をきれいにすることもできます。, ・ローンの支払い Copyright (C) 2020 車は下取りに出すな!|買取一括査定で30万高く売ろう All Rights Reserved. ✔軽自動車の維持費は、工夫や見直しでさらに抑えることができる, 車の維維持費には、毎月かかるものと年ごとにかかるものがあります。また、車検のように、数年おきに必要となる費用もあります。これらすべてを合わせたものが車の維持費の総額となり、年間の維持費の内訳は、軽自動車と普通自動車でそれぞれ次の表のようになります。, これらのうち、毎年必要な項目を加算すると、軽自動車にかかる維持費の年間の目安は約43万円になります。これに加えて、車検のある年は52,000円程度の出費が増えることになります。, 一方、普通自動車の年間維持費は約48万円で、車検のある年は80,000円近い車検費用が加算されることになるので、軽自動車と普通自動車を比べた場合、軽自動車は年間で約50,000円、車検のある年では80,000円以上維持費を抑えられることになります。, では、それぞれの項目がどのような費用なのか、軽自動車の維持費の内訳を見ていきましょう。, 軽自動車の維持費を把握するには、月々かかるものと、年に1度かかるものに分けて考える必要があります。それぞれの項目でかかる費用の相場を基にシミュレーションしていきたいと思います。, 車を維持する上で毎月かかる費用は、おもにガソリン代や駐車場代、洗車代、ローンの支払いに分けられます。それぞれ、軽自動車と普通自動車でかかる費用の目安は次の表のようになります。, ・ガソリン代 「ウワッ!ヤベェ ガソリンランプがついたぁ!後何キロ走れるんだぁ?」こんな経験ありませんか?走行中に燃料残量警告灯のランプが点灯すると本当に焦ります。しかしご安心下さい。軽自動車はどの車種もランプが付いてからでも最低50km以上は走ります。 自動車税が上がって話題になっている軽自動車の維持費。普通車と比べてどれくらい安く済むのでしょうか?ガソリン代や駐車場代に加え、メンテナンス代も予想しつつ維持費について考えてみました。 ハイブリッド(hv)、電気自動車(ev)、クリーンディーゼルなどの次世代自動車のエコカー減税、燃費などを元に、自動車 購入費 維持費をシ … 毎日はさすがに費用がかさむので車中泊にしましょう。 ガソリン代を 燃費、走行距離で自動計算するツール. そのあたりを踏まえても、軽自動車の維持費は普通自動車と比べてどのくらい安いのか気になる方も多いと思います。そこで、軽自動車の維持費の内訳を、普通自動車と比べながら解説します。また、軽自動車の維持費をより節約するための方法も紹介します。, 【この記事のポイント】 普通自動車と軽自動車の車検費用を比べると、軽自動車のほうが30,000円程度節約できることがわかります。車検代は避けられない出費なので、安く済むほうが良いと考えて軽自動車を選択する方も多いようです。, なお、車検は新車購入後3年目、それ以降は2年ごとに受けることが法律で義務付けられています。もし規定のタイミングで受けずに車を運転し続けた場合、6ヵ月以下の懲役または30万円以下の罰金が課されます。車検の有効期限を過ぎてしまわないよう、余裕をもって準備しましょう。, 軽自動車の維持費は普通自動車より抑えられるとはいえ、さらに安くしたいと考える方もいるかもしれません。軽自動車の維持費は、工夫や見直しでコストダウンすることができます。ここでは、軽自動車の維持費を節約するための方法を紹介します。, 駐車場代は維持費のなかでも大きな差が生まれやすい上、月々かかるものなので、見直すことで大きな節約につなげることができる項目のひとつです。月極駐車場を利用している方は、利用しやすい場所でより安い駐車場がないか探してみましょう。 車をローンで購入した場合は、月々のローンの支払いがあります。返済額は購入金額によって変わりますが、一般的な軽自動車であれば、ひと月の返済額は15,000円程度が相場です。普通自動車の場合も購入額が150万~200万円程度であればひと月の返済額は変わりませんが、300万~400万円ほどの車種を購入した場合は、月々20,000~30,000円の支払いとなります。, 毎月かかる維持費に加えて、毎年かかる維持費も表にまとめます。毎年かかる維持費は高額なものが多いので、事前にしっかり確認しておきましょう。車に毎年かかる費用は、おもに自動車税(種別割)や任意保険料、メンテナンス費の3つに分けられます。, ・自動車税(種別割)、軽自動車税(種別割)