お金に関する悩みは尽きないものですが、つらいことはなるべく考えなくても良いようにストレスを減らすことはできます。自然体で生活できて安定した家計を保持、もしもの時の備えもできるとしたら、すごくうれしいとは思いませんか? そんな生活を実現すべく、ライフプランや家計管理のアドバイスをさせて頂きます。. 経理事務をやってて上司から言われて免責部分だけを課税処理しているのですが、なんか負に落ちなくて、それでも間違いではないのだろうなとは思うのですが、なんか負に落ちなくて。 2019年も景気ダウンでしたが、2020年はもっとダウンの気配が漂っていると思いませんか?, 私見ですが、過去から現在までの消費税アップ頻度&間隔が短くなっていることから、10%から12%になるのは数年後など直ぐかもしれません。, 車購入では消費税10%と同時に自動車取得税が廃止され、代わりに「環境性能割」が導入されました。, 中古車を買うときには比較して最も良い条件の車を買いますし、それが車選びで楽しみの一つであるともいえます。, ただ、この情報が選べる車の3割しかないとしたらどうでしょうか?というのも、一般の方が見られる車情報は全体の3割と言われているからです。残りの7割は流通段階にあり、実は業者が先に良い車を購入してしまう市場でもあります。, 最近ではネットを使うことにより、このような一般に非公開の車両を一部見ることが可能になりました。, もし、あなたが中古車選びで非公開車両も含めて車選びをしたいと考えるならば、ネットから申し込み出来る車選びサービスを試してみてください。, ⇒ 賢い中古車選びをしたい方はこちら:ネットから非公開車両を含む情報を得る【無料】, 新車でも中古車でも車値引き交渉には、ディーラーキャンペーン金利を使うことで消費税アップ分を帳消しにできます。, 上記ではキャンペーン金利適用もあるので、通常より2%、3%安いローン金利が期待きでます。, もし2020年4月以降の車購入なら、3月末までに売れなかった車が未使用車となり市場に放出される、それを狙ってください。, 理由は2020年3月末の本決算で売れ残った新車を未使用車に変身させる時期が4月以降だからです。, ずばり強い値引とキャンペーン金利が適用される2020年1月~3月がベストな購入時期です。, 各メーカー&ディーラー、中古車店とも2020年本決算3月には1円でも売上を多くするしかありません。, 特に、日産は赤字転落、会社を立て直す時期と3月本決算が重なるので、大幅値引きが期待できます。, どのメーカーも中古車店も、2019年10月1日の消費税10%アップに伴う売り上げダウンを少しでも取り戻さなければなりません。, ベストバイの時期に車購入を考えるなら、購入方法もベストにすれば相乗効果となります。, ディーラーローンを1月~3月に使えばキャンペーン金利が適用されてお得なのは間違いありません。, ちなみにディーラーローンよりも低金利で借りられる銀行ローンですが、審査不安がある場合は事前に通しておくこともできます。, 今はインターネットで借りられるかすぐ分かるので便利になりましたので、少しでも低い金利で車を買いたいなら今すぐ確認しましょう!, 従って欲しい車が無くても審査だけ受けられる、欲しい車が見つかったら直ぐに使える(1年間)、そうなっています。, 可能なら最低3銀行でローン金利比較をする、利用猶予期間があるかなど確認してみてください。, もし3月末決算に購入しないのなら、4月に大量在庫しているであろう決算売れ残り車を狙うしかありません。, じゃあ、新車売上落ち込み分が中古車需要にシフトしているかと言えば、それもNOです。, これら状況下の中古車購入であれば、良く整備されて安全装置付きの中古車なら更に長く乗れるので安心です。, もう1つの車購入方法は、フルモデルチェンジしたばかりの新車をローン購入し、10年間以上は乗り続けることです。, 1台の車に長く乗り続ければ新車購入費用をペイさせることができて、お金も貯まります。, 新車が売れない&値引が少ないのも問題ですが、車離れにより急増している中古車なら値引なしで買ってはダメです。, 中古車なら全国ネットデータで希望車種を絞り込み、年式、走行距離、装備、カラーで価格の当たりをつけたあとに値段交渉ができます。, ⇒ 大手中古車店でしか見れない非公開車両の中から希望車種を確認してみる【無料検索】, ※非公開車両とは仕入れて7~10日以内の車であり、一般車情報にまだアップされていない車を意味します。, 何かズルイ話ですが、アナタが車購入する時は車両価格に様々な税金+最後にドーンと消費税加算なのに、売る時は消費税込みこみの価格提示が普通です。, それがどこで分かるかと言えば、車売買の最前線である車オークションデータが示しています。, 毎日、全国どこかで必ず開催されている車オークションの平均データがそうなので間違いありません。, 一括査定業者は3~4週間単位で変動する中古車価格を持っていても、複数業者による車査定で買い負けしない値段提示しかありません。, 2019年10月1日からの消費税10%に併せ、自動車取得税が廃止される代わりに「環境性能割=燃費課税」が同10月1日から導入されました。, 環境性能割は自動車取得税の普通車3%、軽自動車2%(基準額に対する%)よりは安いのかもしれません。, 中古車の環境性能割はこの計算式と残価率の表で計算します。 ※取得価格50万円以下は免税, 日本政府の「歴代2位の好景気が長く続いている」、そんなウソ発表もどこかに消えてしました。, 上がらないであろう給与なら、少しでもお金の価値がある今に有効活用させる、そう考えます。, それって学生時代に習った「スタグフレーション=給料上がらず物価がどんどん上がる最悪経済」・・・, それでも1つだけ言えることは、給料が上がらない若しくは下がっても、物価が確実に上がり続けていることです。, 上記を一言で表せば「物価が上がる=お金の価値が下がる」、これはある経済学者の本にあった言葉です。, ここまでの結論としては、高額な車購入なら2020年3月の車メーカー本決算までに完了することです。, 消費税10%+新型コロナで車購入含め生活に大打撃を与えている、それには間違いありません。, 加えて、日本人は車関係税金種類も金額も慣れっこになっていても、海外と比較すれば異常としか言えません。, 車購入時に10%、そしてガソリン税に含まれる消費税10%は真面目に往復ビンタでしかありません。, 私は北米で4~5年ほど車に乗っていましたが、自動車関連税制で苦しんだ経験は一度もありません。, 税金とは無関係でも輸入車の部品価格は現地の数倍~10倍である事実。 ※ドイツ車修理で部品を個人輸入した経験により知りました。, 水道、ガス、電気、通信などの消費は変わりませんが、それ以外の消費は激減しています。, つまり、人が外出制限をしている、景気が大幅ダウンしている、従って外食や買い物の消費が激減している、となります。, そんな時に「車購入」なら販売店側はどんなサービスでもしてくれる、そう考えるのはアナタも同じではありませんか?, 公共交通機関を使わず、24時間いつでも好きな場所に移動できる、それも車という個室にいる状態で!, 少し話がズレマスが、ロス・アンゼルスの友人(日本人)は旅行社勤務でしたが「日本からの観光客ゼロ」、従って解雇されてしまいました。, 現在2020年7月のアメリカは、再度の飲食店営業自粛か禁止、大変なことになっています!, 2020年5月のTVニュースでは「都内最大手の中古車販売店」をインタビューしていました。, 「2020年2月と現在5月比較で、中古車価格を15~20%も下げましたが売れていません」, そうであれば、まずは気になる中古車価格を確認する、他と比較する、それを毎繰り返せばベストな価格での車購入が可能となります。, 個人的には、気になっていたCX-8中古を超値引してもらった後に、消費税アップ分2%を負けてもらおうか、そうも考えています。, 下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!, 実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(ナビクル車査定が2018年12月の実施アンケートより:回答118件), もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。, 残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…, しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!, ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。, 当サイト「車の買い方【119番】」では、車の買い方について主に損得情報を掲載しています。, 車は住宅の次にお金を使うもので、住宅ほどではなりませんが選び方で人生が変わることもあります。, 記事の筆者は海外生活の経験があり、日本にとっては輸入車になる車を使っている現地人の心情を理解して記事を書いています。, スペックで判断することは重要ですが、現地の人間がどのような思いで車を選んでいるかなどは、現地人と交流が無ければできません。, そのため、外車について経験からお伝え出来る知識が多くありますので、参考にしていただければと思います。. 中古車の購入で注意したいのは、車を購入して消費税が適用となる日は、契約日ではなく、現物の車が実際に手元に来た日である納車日となります。