自分と父親とでは車の運転で同じカーブを同じ速度で突っ込んでもカーブの途中のgのかかり方が自分の方が強くかかって父親のはほぼかからない感じです。父親は若い頃ラリー・ジムカーナ・夜の峠などをやっていました。自分と父親とではカ ■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■, カーブを曲がり切れずに対向車線に飛び出すという事故は、 “カーブの半径を示す標識を見かけたら速度を落とすことが肝心” です。 もちろん、カーブの手前で減速することが前提です。 自分が曲がり切れずに膨らむだけではなく、対向車が飛び出してくることも あり … 半径 60m     73Km (例:左カーブならば左回転), そしてひとたび、滑り始めてしまえば、止まるまでは車任せとなってしまい、 横滑りが発生してしまいます。, カーブの半径と曲がれる速度についての関係は、 上記で示した通り、曲がれる限界の速度が変わります。, ・ハンドルを必要以上に切り込んでしまい回転運動を起こす   半径 60m     55Km 半径 40m     60Km カーブでは、適切な速度コントロールがポイントになる; カーブを安全に曲がるには… カーブを曲がるとき、速度を落としきれずに車線を越えそうになったり、カーブの先で停止した前の車やふいに現れた歩行者にヒヤリとしたりしたことはありませんか? 車の運転でカーブが苦手な人がかなりいるようです。延々と真っすぐな道が続けばいいですが、どこかでカーブは必ずやってくるので避けることは不可能です。, しかしカーブは速度の調整と視点を意識するだけで、スムーズに駆け抜けられるようになりますよ。, 上手にカーブを曲がるコツやポイントを記していくので、苦手意識を持つ人は参考にしてください。, カーブを曲がるのが下手な人は、スピードを出し過ぎていたり直前しか見ていなかったりします。, 速度と視点さえコントロールすれば、カーブを曲がるのにそれほど苦手意識を持たないはずなんです。, カーブが苦手な人のほとんどが、真っすぐ走っている速度のままカーブに進入して慌ててブレーキを掛けています。, これではカーブが上手く曲がれないどころか非常に危険です。カーブの入り口で曲がり切れずに事故を起こすというパターンはよくありますが、速過ぎるカーブへの進入と遅すぎるブレーキが原因だということを知っておきましょう。, 視線の先にカーブが見えたら、まずはアクセルを離すかブレーキを踏んで少しスピードを落としてみましょう。, 慣れないうちはスピードを落とし過ぎても気にしなくて大丈夫です。速く進入し過ぎてカーブの途中で急ブレーキをかけるほうがよっぽど危ないからです。慣れてくれば適性スピードを体が覚えてきます。, 減速を終えたらカーブに合わせてハンドルを切っていきますが、ゆっくりと切っていくとカーブの角度とハンドルの角度が合う点が分かるようになります。, これをエイヤッとハンドルを切ってしまうと『曲がり過ぎ~ハンドルを戻す~ハンドルを切る』を繰り返してしまい、ギクシャクした動きをしてしまいます。これでは同乗者は不安でしかたないでしょう。, カーブの手前で充分に減速していれば、ハンドルをゆっくり切っても間に合うはずです。カーブに合わせてハンドルを切っていき、できるだけ一定を保つこと。足りなかったらゆっくりと切り足していくだけです。, これはカーブだけに限ったことではありませんが、視点を車の直前に置いていたら対応に慌てるばかりか危険です。, 自分の車の2~3台分先に視点を置くことで、次に行う動作を事前に知ることができて余裕を持って対応することができます。, 直前だけを見ていればカーブの先の状況や対向車への対応が遅れてしまいます。視点を先に置いて予測できる運転をしましょう。, カーブを上手に曲がるコツとして『アウト・イン・アウト』というテクニックがあります。しかしこれはサーキットで速く走るためのテクニックであって、一般道では推奨できません。, アウト側には歩行者や障害物が存在する可能性があるし、カーブでインに寄ったら対向車と接近してしまいます。公道でのカーブ走行は車線のセンターをキープすることに徹しておくべきです。, これだけです。あとは練習して苦手意識を払拭さえすれば、自然とスムーズなコーナリングを実現できるはずなので頑張ってください。.  「車の機能シリーズ3 ハンドル操作編」 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――― カーブの曲がり方の基本は「スローイン・ファーストアウト」です。カーブを安全に通行するためには、その手前の直線路で十分な減速を行うことが重要です。なぜなら、速度が速ければ速いほど車体を外側へ押し出す遠心力が強くなるからです。そして、この遠心力に負けることで、カーブを曲がり切れずにセンターラインからはみ出たり、ガードレールに衝突したりする事故が発生してしまいます。カーブでは先の道路状況やカーブそのものの大きさもわかりにくいため、手前の直線路で早めにブレーキをかけて曲がる準備をしましょう。仮にカーブの先に障害物などがあっても、十分に減速していれば余裕をもって停止や回避などの対処が可能です。, クルマはハンドルを操舵して曲がりますが、バイクは主にライダーの体重移動を利用して曲がります。バイクでブレーキをかけると、それと同時に身体には前のめりになるような力が働きます。このとき、腕で身体の重さを支えようとするとハンドルに余計な力が加わり、かえってバイクが曲がりにくくなってしまいます。そうならないよう車体を両膝でしっかり締めて姿勢を保持(これを「ニーグリップ」といいます)し、腕には余計な力を入れず、ハンドルのグリップも強く握りしめることなく握る程度にします。こうしてバイクと一体になりながら十分に減速してからカーブに入り、カーブの大きさに合わせて徐々にバイクを傾けて走ります。このとき頭の角度は路面に対して垂直に視線は水平に保ちます。このときの目線は、自車手前の路面やガードレールなどではなく、積極的にカーブの先(出口方向)へと移し、路面状況や障害物がないかなど情報収集していきましょう。また、バイクは無意識に見ている方向に体を捻りハンドルを切ることで、その方向に曲がっていこうとする性質があることから、顔をしっかりと進行方向に向けてください。, カーブに入り車体を傾けたら速度を一定に保ちながら曲がっていきましょう。このとき、スロットル(エンジン弁)は閉じたままにするのではなく、走行する速度や傾ける角度を調整するために意識して開けていきます。カーブに入る前に落とした速度を維持できるくらいの開け方が理想です。これにより失速が防げるだけでなく、タイヤに駆動力をかけ続けられるため車体の安定性も同時に保つことができます。車体が深く傾き過ぎたときは、スロットルをほんの少しだけ余分に開けると車体がじんわり起き上がってきます。このようにスロットルを上手に微調整しながら曲がり、カーブの出口が見えるあたりで車体も身体もカーブに入る前の姿勢に戻せば、車体を傾ける動作は終わりです。スロットルを徐々に開けて車体を起こしていきましょう。, © 2020 All rights reserved. 速度が4倍になれば、遠心力は4×4で16倍にもなります。 遠心力の影響で車は外側に行こうとしますので、 スピードによってはうまくカーブを曲がりきれずにガードレールに激突したり、 カーブが続く山道のような場所で起こると思われがちですが、 スピードを落として、安全な速度で進行して下さい。, 自分が曲がり切れずに膨らむだけではなく、対向車が飛び出してくることも ドライバーに成すすべはありません。, 今回示したようなカーブの半径と速度を覚える必要はありませんが、 速度と視点さえコントロールすれば、カーブを曲がるのにそれほど苦手意識を持たないはずなんです。 1.ブレーキはカーブの手前で掛ける. 半径100m     71Km, 普段、走り慣れたカーブでは、特に速度を意識していなくても 乾いた路面の場合には次のような速度となります。 一定の関係が存在することによるものです。, ハンドルを切ると同時にタイヤもハンドルを切った方向に角度を変えていき、 その方向に進もうとします。, この遠心力が、前に進もうとする力を上回ってしまうと、 (※路面の摩擦抵抗値 0.7), 半径 20m     42Km カーブが苦手な人のほとんどが、真っすぐ走っている速度のままカーブに進入して慌ててブレーキを掛けています。 大きく変わってしまうということを覚えておいて下さい。, また、危険があるカーブには予め下記のような標識があるので、 実際には市街地でも日常茶飯事的に起きています。, 事故の多くは、「ハンドル操作を誤って」という言葉で報道されますが、 ■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■ ブレーキと同じで、 ハンドル操作も路面の状況によって限界速度が ―――――――――――――――――――――――――――――――――――― カーブの曲がり方の基本は「スローイン・ファーストアウト」です。カーブを安全に通行するためには、その手前の直線路で十分な減速を行うことが重要です。なぜなら、速度が速ければ速いほど車体を外側へ押し出す遠心力が強くなるからです。 他には無い自動車の情報ブログ With-Car.com All Rights Reserved.  週末安全運転ワンポイントアドバイス 半径100m     94Km, これが同じ半径でも、路面が濡れた状態だと次のような速度となります。                       Vol.23-2 2010/4/24 一般社団法人 日本自動車連盟 (JAF). (※路面の摩擦抵抗値値 0.4), 半径 20m     32Km あります。, ―――――――――――――――――――――――――――――――――――― 実際には速度を出し過ぎ、カーブを曲がり切れず事故に至るケースがほとんどです。, この「曲がり切れない」という現象は、カーブの大きさ(半径)と速度に 半径 40m     45Km ■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■, (c)安心マネジメント,協力(株)日本交通事故鑑識研究所, powered by dHb-iida. 安全に曲がることが出来ます。, しかし、ひとたび雨が降って路面の状態が変われば、 車の運転が苦手な方って多いですよね。 特に、カーブを曲がるときやバックで車を 駐車するのが苦手な方って多いと思います。そんな車の運転が苦手な方たちのために、 上手にカーブを曲がるポイントや車を上手に駐車するための練習方法を 以下にご紹介させ 元々は大手自動車用品店に勤務していましたが、車イジリの追究を求めて整備士を目指して修行中です。DIYやメンテナンスの他に、交通安全に関することなどをこだわりを持って、お世辞抜きで書いていくのでぜひ読んでください。. カーブやコーナー、その他直角に曲がるような右左折で、内側に寄りすぎて走る車をよく見かけます。これは意識的にやっているのではなく、無意識のうちに内側に寄ってしまうものと思われますが、危険 …