タイヤ交換時期は(1)溝の深さ(2)使用年数(3)車の所有期間で総合的に決めるのも方法. 中古車を購入した人や、いつタイヤ交換したのか覚えていない方もご安心を。製造年数はタイヤ側面に表記しています。, 見方として、写真を例に紹介すると、X以降の4桁の数字「2208」が製造年週です。最初2桁の数字22が、週を表し、08が年を示します。つまり、2008年22週目(5月下旬ごろ)に製造されたタイヤという意味です。, 日常点検は安全に車を走らせるためのコツ。タイヤの傷や亀裂、ひび割れ、偏摩耗などしていないか、車を走らせる前後はタイヤの状態を注意して確認する習慣をつけましょう。タイヤチェックを習慣化させることで、いち早くタイヤの異変に気が付くこともできます。, 下記のような症状(写真参照)があったら、タイヤ交換の時期。 レクサス 中古車, 中古車情報ならカーセンサー 日産 中古車 タイヤの交換時期の目安(3~4年目) [年間走行距離が6,000~7,000km] ・年間走行距離が6,000~7,000km以内の場合、新車購入から4年目あたりがタイヤ交換の目安になるでしょう。 新車購入から5年目でタイヤ交換すると、新品タイヤを履いている期間は2年。 都道府県カーセンサー 「タイヤ交換したほうがいいですよ」とガソリンスタンドなどで言われたときに、どうしたらいいのか困った経験をした方、「タイヤのミゾは充分にあるし、傷も無いからまだ大丈夫なはず! スバル 中古車 どのようにタイヤを入れ換えるかは車の駆動方式によって変わります。 車検は2年ごとにやってくる受けないと仕方がないものです。 一応車検でもタイヤの検査はあります。 基本的には溝の深さが 1.6ミリ以上あるかどうか で検査を行います。 スリップサインとも一致した基準となっていて、タイヤ交換のタイミングの1 ではスリップサインが出るまで走行してOKなのかというと、“安全”に車を走らせるという観点では、答えはNOです。溝が減っている状態では排水力が落ちるので、特に雨の日は滑りやすくなります。例えばブレーキを踏んだときにすぅーと滑る感覚があったり、停止するまでの距離(制動距離)が伸びたりしてくるときは、タイヤが路面を捉えるグリップ性能が落ちるのでスリップもしやすい状態です。さらに、ハイドロプレーニング現象(路面とタイヤの間に水が入り込んでタイヤが浮いた状態になり、ハンドル操作、アクセル、ブレーキが効かなくなる状態)も起こりやすい状況に…。 車を自分好みにドレスアップできる他、さまざまな役割があります。 以上が車の消耗品と交換の目安です。 上記表はあくまでも目安ですので、 車の使用頻度や使用状況によって大きく変動します 。 目安を参考にするだけでなく、実際に点検をして劣化しているようであれば早めに交換することが、故障なく愛車に乗り続ける秘訣です。 そこでタイヤの寿命を延ばすためにも行いたいのが、タイヤの位置を変えるタイヤのローテーションです。タイヤの入れ換え目安は5,000km走行ごと。タイヤを均一に減らすことでタイヤを長持ちさせることがタイヤローテーションの目的です。 タイヤ交換という場合、通常は複数本を一気に交換となります。 以下のページでも説明をしていますが、平均すれば車検時に交換すれば 「 4本で5万から8万円 」 となります。 路面と接するタイヤは消耗品であり、適度なタイミングで交換しないと、燃費の悪化やバースト(破裂)を招く原因となります。 そこでおすすめしたいのがジェームスのピットメニュー4輪トータルホイールアライメント。 D-Ucar.net・中古車ディーラー © NEXTAGE Co., Ltd. 2020. ですがこれはあくまで机上の計算。使用状況によってもタイヤの摩耗具合は異なりますし、先述の通りタイヤ残りの溝が1.6mm以上なら安心というわけではございません。雨の日のグリップ力は落ち、滑りやすい状態です。雨の日に道路を走って、滑りやすさを感じたら早めにタイヤ交換をしましょう。, タイヤメーカーはタイヤの消費期限を明記していませんが、使用開始後4~5年で、交換を推奨しています。 本記事では、ホイールの役割から構造、種類、選び方などをご説明します。, 車の足回りのデザイン性を高める効果的なカーアイテムに、ホイールキャップとホイールセンターキャップがあります。 車ごとの適正空気圧に対して低い状態で走行を続けていると、タイヤのショルダー部分が摩耗しやすく、高い状態で走行を続けていると、タイヤのトレッド面のセンター部分が摩耗しやすくなります。 判断に迷ったときはいつでも気軽にジェームスへ。プロのスタッフがいつでも無料で診断します。, 車内で音楽やラジオを流したり、同乗者との会話はドライブの楽しみですが、タイヤのロードノイズ(走行音)に耳を傾けることもタイヤの健康状態を計る方法。走行中、ロードノイズが大きくなってきたら、それもタイヤ交換の目安のひとつです。以前と比べてブレーキが効きづらくなった、乗り心地が悪くなったという症状もタイヤ交換の時期を知らせている合図かもしれません。また雨の日に滑りやすくなった……という感覚も同様。特に横断歩道の白線の上やマンホールの上などは、滑りやすいと感じやすい場所です。, 車を運転する際、タイヤの日常点検することが寿命を延ばすコツ!! 車のズレを修正して、新車組み立て時の基準値に戻し、車本来の性能を発揮できるように車の姿勢を整えます。, まさに、車の整体ともいえるピットメニュー。タイヤを長持ちさせて、安全にドライブするためにもぜひ受けてもらいたいメンテナンスメニューです。 車のタイヤ交換の目安としてよくあげられるのは溝がすり減っているかどうか。 でも、たとえ走行距離が0kmであったとしても、タイヤは3〜4年経つとゴムが劣化しひび割れが見られるようになります。 タイヤ交換の費用目安 . ジェームスでは安全走行するために、タイヤの性能が大きく低下すると言われる残り溝3.2mmを目安にタイヤ交換を推奨します。, 車を止めた状態で、ハンドルをめいっぱい切り、前輪を確認。後輪は潜り込み確認しましょう。, 車で走行する時は、タイヤの溝が1.6mm(乗用車の場合)以上あること。これは道路運送車両の保安基準に定められています。スリップサインが出た状態でタイヤを使用するのは、危険であるばかりでなく、整備不良と判断され、道路交通法違反となることも。1本でもスリップサインが出た場合は車検に通りません。すぐにタイヤの交換が必要です。ちなみに、乗用車と小型トラック、大型トラック&バスの場合、保安基準で定められたタイヤの溝の深さが異なります。, タイヤのサイズにもよりますが、一般的なタイヤのゴムは走行距離約5,000kmにつき1mm摩耗します。 ジェームスではタイヤの状況を的確に判断して、車に合わせてタイヤローテーションを行っています。ジェームスにご来店の際、ついでにタイヤ点検。そんな気軽な感覚でピットを活用しましょう。, 二足歩行の人間も歩き方のクセや運動などによって体の部位がずれるため、コリが発生したり、腰痛や膝の痛みが起こります。それは車も同じ。様々な環境下で長い期間運転をしていると少しずつ足まわりの位置や角度にずれが生じてきます。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); なぜカーバッテリーは劣化して交換が必要?答えは2つ。アイドリングストップと充電制御システム搭載車が増加し、カーバッテリーが短命化傾向に。益々過酷な環境下に置かれているカーバッテリーの内部で何が起きている?蓋を開けて覗いてみましょう。, Cクラスを買う前に!2018年7月、メルセデス・ベンツCクラスW205がマイナーチェンジを受けて48Vシステムを搭載。これはマイルドハイブリッドを発展させたようなシステム。W205後期型を含めてW205前期型、W204後期型の中古車の中でベストバイCクラスはどれ?. ここではタイヤハウスの役割や防音・静音効果の高め方、修理方法などについて解説します。, 日本自動車連盟(JAF)の協力のもと、国土交通省が行った自動車の路上故障の調査(平成29年9月から11月までの間に発生したもの)によると、故障部位別発生件数では、「タイヤ」がもっとも多く、一般道で32.7%、高速道路では55.2%となっています。, ※ インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら, インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細は. では早めのタイヤ交換という時期の目安は? と疑問に思った方もいますよね。 “カーセンサーは安心”その理由 タイヤの健康寿命を延ばすためにも、月に一度はエアチェック(空気圧点検)をしましょう。たいていの場合、ドアまわりか給油口のフタの裏側に、指定タイヤの空気圧を示すシールが貼ってあります。1度確認してみましょう!! 昔からエンジンオイル添加剤が流通しているのは、ニーズがあるからでしょう。添加剤にはエンジン保護,エンジン復活,燃費悪化&パワーダウン対策,振動音低減,有機モリブデン配合等の説明があります。オイル添加剤は必要?それとも不要?ターボ車は? ダイハツ 中古車 広告掲載のお申し込み. 一般的なエンジンがフロントにある車(FF車)は、前輪の減りが早くなる傾向です。 本記事では、ホイールの汚れの原因、ホイールクリーナーによる洗浄方法、ホイールの磨き方についてご説明します。, 車をカスタマイズする際に欠かせないのがホイールです。タイヤホイールの選び方ひとつで、車の見た目も変わります。 タイヤ交換の目安は溝の減り方. ホンダ 中古車 ご存知、タイヤのトレッド面をじっくり眺めると、溝の奧の所々に凸形状のスリップサインが確認できます。, タイヤのトレッドが摩耗し、1箇所でもスリップサインが出ていたらアウト。そのタイヤは道路運送車両法上、使用禁止。その時の残り溝は1.6mm。もちろん、車検に通りません。, とこが、タイヤの溝の深さが1.6mm超であれば、古いタイヤでも法的には問題は無く、車検に通ります。, 一般的にタイヤの残り溝の深さを基準にして、タイヤ交換が必要か否か決められる事が多いと思います。, そして、まだタイヤの残り溝があっても、新品時から一定の年数が経過していると、安全を取ってタイヤ交換を検討する場合もあります。, 愛車の所有期間をトータルで考えると、以下の条件によってタイヤ交換の時期が変わってきます。, 自動車の平均使用年数が年々、伸びているため、今までのタイヤ交換の基準に加えて、「プラスα」の交換基準を加えてもいいと思うのです。, 上の表の「Type 1タイヤ」は、タイヤの残り溝の深さが2mmで新品時から3年経過しています。, このタイヤを装着している車は比較的、年間走行距離が多いと言えます。年間走行距離が多いという事は、雨天時の走行も多くなります。, 一般的に、新品時から3年経過している標準的なタイヤは、まだゴム質がしなやかさを保っている事が多いと思います。, しかし、タイヤの残り溝の深さが2mmとなると、ドライグリップの低下はもちろん、雨天時の危険性が増します。, 「Type 1タイヤ」は残り溝が2mmあるため、車検には通ります。しかし、「Type 1タイヤ」は雨の日を含めて安全ではありませんし、明らかに要交換と言えます。, 雨天時のタイヤの排水性能はまだOKでしょう。しかし、「Type 2タイヤ」は新品時から6年経過しています。, この「Type 2タイヤ」を装着している車は、明らかに年間走行距離が少ないと言えます。, タイヤが製造されてから6年経過していると、タイヤのサイドウォールやトレッド面にヒビ割れが発生しているかもしれません。タイヤは新品時から5~6年経過すると、タイヤ全体のゴム質が硬化してきます。, 中には、タイヤの残り溝の深さが十分であっても、新品時から10年前後経過しているタイヤも存在します。このようなタイヤは硬くなってカチカチな状態。それにしても、タイヤの耐久性には驚きです。, 新品タイヤに交換して走り出すと、タイヤのしなやかさと乗り心地の良さを感じます。これは、新品タイヤがしなやかなのは当然ながら、今まで履いていたタイヤのゴム質が硬化していたため、走りと乗り心地が悪化していたのです。, タイヤのゴム質は年数をかけてゆっくりと硬化していくため、オーナーはその変化に気付きにくいもの。, タイヤの残り溝がまだ十分であっても、製造されてから年数が経過するほどゴム質が硬化し、ドライとウエット路面共にグリップ力が低下します。スタッドレスタイヤも同様。, また、古いタイヤを履いていると、タイヤから乗員にゴロゴロ感が伝わってくるようになります。これは、タイヤ全体とトレッド面のブロックの硬質化が原因。あと、トレッドの偏摩耗の影響もあるかもしれません。, 「Type 2タイヤ」は残り溝が5mmあるため、車検には問題ありません。しかし、トータルで考えますと、「Type 2タイヤ」も快適で安全とは言えませんし、交換を検討すべきでしょう。, 管理人が20代の頃、タイヤサイズが「205/60R15」であれば、スポーツタイヤに属していました。普通のセダンが「185/70R14」なんてタイヤを普通に履いていました。, 今や15や16インチタイヤのホイールが小径に見えてしまい、標準で17や18インチホイールを採用する車種が増えました。, 車種によっては、タイヤサイズが225/55R16、225/50R17、225/45R18。ラクシュアリーカーやスポーツカーは、それ以上のサイズのタイヤを履いています。, しかし、ワイドな低偏平タイヤは路面との接地面が前後方向にショート化し、横方向にワイド化します。摩耗したワイド&低偏平タイヤは特にウエット性能が大きく低下します。, 特に、ワイドタイヤを履く軽量なスポーツカーは速度域によってハイドロプレーニング現象が発生しやすく、雨に弱くなります。フロントが軽いRRやMRは、それが顕著。, 一般財団法人、自動車検査登録情報協会(自検協)のデータによりますと、乗用車の平均使用年数(※)は平成29年のデータで乗用車計が「12.91年」。もうすぐ13年に達するデータです。, もちろん、途中で車のオーナーが変わることがあるものの、新車登録されてから登録が抹消されるまでの年数が伸び続けているは確か。, それだけ、自動車の信頼性と耐久性が高まってきた証であり、オーナーは長く愛車に乗る傾向が強まっていると言えます。, 新車購入後、2~3年以内で車を乗り換えるオーナーであれば、タイヤを交換する必要性は低いかもしれません。しかし、オーナーが5年、7年、9年と愛車に乗り続けるならば、必ずタイヤ交換が必要。, 冒頭のとおり、まだタイヤの残り溝があっても、快適で安全とは言い難いタイヤも存在します。そこで、新車、中古車を問わず、安全性を含めた合理的なタイヤ交換の時期を考えてみます。, もちろん、タイヤの寿命はタイヤのブランドや走行条件、車種等によって変わってくるため、どの時点でタイヤを交換したらいいのか一概には言えません。, 特に、ハイパフォーマンスカーは車重が重く、エンジン出力が高いため、タイヤの寿命が短くなる傾向があります。, 以下のシミュレーションは、CからDセグメントを想定して、タイヤの寿命を30,000~40,000kmで仮定しています。, 年間走行距離が6,000~7,000km以内であれば、タイヤは無交換のまま車を買い替える時期を迎えるかもしれません。あるいは、4年目以降、タイヤ交換を検討するオーナーがいるかもしれません。, 年間走行距離が10,000km前後であれば、新車購入から3年~4年経過した時点でタイヤ交換の必要性が出てきます。, 新車購入から4年経過した時点でタイヤを交換すると、新品タイヤを履いている期間はわずか1年。, 新車から3年経過した時点でタイヤを交換しても、5年間という車の所有期間の中でタイヤ交換に必要な経費は変わりません。とすると、3年経過した時点でタイヤ交換した方がお徳と言えます。, 中古車の場合、タイヤの摩耗状態は千差万別。新品タイヤに交換後、納車されるのであれば話は別ながら、タイヤの残り溝が5分山と仮定して考えてみます。, ・年間走行距離が6,000~7,000km以内であっても、5年という車の所有期間の中でタイヤ交換の必要性が出てきます。中古車を購入後、2~3年以内にタイヤ交換が必要になります。, ・年間走行距離が10,000km前後であれば、中古車の購入から比較的早い時期にタイヤ交換の必要性が出てきます。頃合いを見てタイヤ交換となります。, ・年間走行距離が6,000~7,000km以内の場合、新車購入から4年目あたりがタイヤ交換の目安になるでしょう。, 新車購入から5年目でタイヤ交換すると、新品タイヤを履いている期間は2年。でしたら、4年目でタイヤ交換した方がお得ですし、7年の間でタイヤ交換に必要な経費は変わりません。, ・年間走行距離が10,000km前後であれば、新車購入から3年~4年経過した時点でタイヤ交換の必要性が出てきます。, 中古車の場合、タイヤの摩耗状態は千差万別。新品タイヤへ交換後に納車されるのであれば話は別ながら、タイヤの残り溝が5分山と仮定して考えてみます。, ・年間走行距離が6,000~7,000km以内であっても、7年という車の所有期間の中で必ずタイヤ交換の必要性が出てきます。中古車を購入後、2~3年以内にタイヤ交換が必要になります。, ・年間走行距離が6,000~7,000km以内の場合、新車購入から4年目あたりがタイヤ交換の目安になるでしょう。そして、8年目あたりで2回目のタイヤ交換を検討する時期かもしれません。, しかし、新車購入から8年目でタイヤ交換すると、新品タイヤを履いている期間はわずか残り1年。そして、車の買い替え時期を迎えます。, だったら、7年目でタイヤ交換した方がお得ですし、9年の間でタイヤ交換に必要な経費は変わりません。, ・年間走行距離が10,000km前後であれば、新車購入から3年~4年経過した時点でタイヤ交換が必要です。そして、7年目あたりで2回目のタイヤ交換を検討する時期かもしれません。, 中古車の場合、タイヤの摩耗状態は千差万別です。新品タイヤへ交換後に納車されるのであれば話は別ながら、タイヤの残り溝が5分山と仮定して考えてみます。, ・年間走行距離が6,000~7,000km以内であっても、9年という車の所有期間の中で必ずタイヤ交換の必要性が出てきます。, 中古車を購入後、2~3年以内にタイヤ交換の必要があります。そして、6~7年目に2回目のタイヤ交換の時期を迎えます。, ・年間走行距離が10,000km前後であれば、中古車の購入から早い時期にタイヤ交換の必要性が出てきます。頃合いを見てタイヤ交換となります。, ところが、タイヤ交換の基準が「残り溝の深さ」だけの場合、タイヤを交換して1~2年後に車の買い替え時期を迎える場合もあると思います。, まだタイヤの残り溝があっても、年数経過に比例してゴム質が硬化し、走行性能や快適性、安全性が低下していきます。, 新車を買うのか、中古車を買うのか、そして年間走行距離、その他の要因で諸条件が変わってくるため、タイヤ交換時期の話が少々ややこしくなってしまったかもしれません。, 要は、タイヤのスリップサインが出る寸前まで無理にタイヤを履き続けると、快適性と安全性が損なわれます。, その後、新品タイヤに交換して1~2年で車の買い替え時期を迎えるとなると、新品タイヤを味わう期間が短くなってしまいます。, まだタイヤの残り溝が残っていても、少々、早めにタイヤ交換したところで、タイヤ交換に必要な経費は変わらないのです。, 例えば、年間走行距離が少ないオーナーが10年で車を買い替える場合、その間、タイヤ交換は1回だけというケースがあります。, 通勤距離が短いオーナーや車の使用頻度が少ないオーナー、近場の買い物や用事で車を使う年金受給者が該当すると思います。, この場合、6年、7年目でタイヤ交換するよりも、5年目でタイヤ交換した方が快適で安全と言えます。10年という期間で、タイヤ交換の経費は変わりません。, いつの時代もタイヤは新しいほど、全ての面で性能が上。タイヤ交換時期は以下の3つの項目で判断すると合理的で安全だと思います。, 愛車の所有期間を大雑把に決めているのであれば、タイヤの交換時期は残り溝だけではなく、タイヤ交換後に車を何年所有するのか勘案して、タイヤ交換の時期を決めるのも1つの方法かと思います。. 車検でタイヤを交換するときの基準とは? そもそもタイヤの寿命はどのように決まるのかについて知っておく必要があります。一般的にタイヤ交換の目安は3年~5年程度だといわれています。 お問い合わせ・ご要望 ※一部店舗では実施しておりません, タイヤを長く使うには、タイヤの保管方法・保管場所が大切。夏タイヤもスタッドレスタイヤも同じです。保管する際は直射日光や雨風が当たらず、なるべく暗く涼しい場所がベスト。またタイヤの空気を半分程度抜いて保管することも、ゴムの経年劣化やひび割れなどの進行を防ぐコツ。タイヤを保管する場合、タイヤラックだったり遮光性と防水性のあるタイヤカバーを活用することもオススメ。, タイヤの寿命を延ばすには、普段の走行方法もポイントです。急ブレーキ、急発進などが多く運転の仕方が荒い方はタイヤの偏摩耗を起こしやすく、タイヤのゴムの減りも早まります。安全運転の面から見ても、急がつく動きはご法度。また段差を乗り越えるときはスピードを落として丁寧に通過することもタイヤをいたわった走らせ方です。, タイヤは走る、止まる、曲がるといった車の基本性能を支える重要なパーツです。確実に止まることができなければ、危険がともないます。タイヤの健康状態を知りたい方、無駄なくタイヤの最適な交換時期を見極めたい方など、いつでも気軽に最寄りのジェームスにお立ち寄りください。 タイヤのバーストは、自分だけでなく他の車を巻き込む大きな事故につながる可能性もあり、とても危険です。 また、空気圧不足の状態で走行を続けていると、パンクの原因になったり、燃費が悪化する要因になることも。 車のタイヤ交換時期の目安やタイヤの寿命を延ばすコツまでプロが徹底紹介! 交換費用の目安(消耗品など部品代+交換工賃):1万5000円~(4輪交換した場合) (10)タイヤ 車を使用すれば、タイヤは少しずつ摩耗していき、溝が浅くなっていく。使用限界は溝の深さ1.6mm。これ以下になると、濡れた路面でスリップしやすくなる。 4 車検店でもらったタイヤ交換 の ... あえて削るならバルブ交換ですが、バルブ交換の目安は2~3年に一度と言われています。タイヤ脱着をするタイヤ交換時にやるのがいいでしょう。 車検店でもらったタイヤ交換の見積額. 明確なタイヤの消費期限を決められないのは、保有者によって、タイヤの保管状況、車の使用状況、運転方法などが違うため。たとえば、砂利道や下道走行が多い車や常に車内に荷物を多く積んで走る車などは、タイヤの減りは早くなります。