「爪の横を押すと痛い」・「爪の脇が腫れる」といった症状を爪囲炎(そういえん)又は爪周囲炎と呼びます。, また市販薬での治療を試みた体験や病院に行って手術してもらった体験談もご紹介したいと思います!!, 爪囲炎とは簡単に言えば「爪の横に押すと痛い腫れができる病気」です。深爪や爪を噛む癖、ささくれ等が原因となり、爪の側面が化膿菌に感染することで発生します。また「巻き爪」が爪の脇の肉を圧迫することでも爪囲炎が発生するようです。, 爪囲炎を放置していると、進行して「ひょうそ」という病気に発展する場合もあるそうなので、油断ならない病気です!, ちなみに「ひょうそ」とは爪囲炎が悪化し化膿性爪囲炎(化膿性爪周囲炎)に進化してしまった場合をいいます(T0T)!化膿性爪周囲炎の自己治癒はほぼ不可能と言えるでしょう!, 爪囲炎が初期・軽度の場合は抗菌薬(抗生物質)の内服と冷湿布で治るようですが、膿(うみ)がたまっている場合(化膿性爪周囲炎へ進化してしまった場合)は切開して膿を出すといった手術が必要です。, 軽いうちなら服薬だけで治る可能性が高いわけですから、なるべく早く病院に行った方が絶対にお得ですよ!!!, 下の方に筆者が爪囲炎で病院にかかった体験記を載せてありますので参考にしていただければと思います。, しかし筆者の場合は、特に爪周辺にささくれや傷などがあったわけではなかったのですが、足の親指が爪囲炎に侵されてしまいました。, 昔、「爪囲炎」という言葉を知らない頃、手の指にできた腫れ(いまから振り返れば爪囲炎だった)は2,3週間放置していたら自然に治ってしまいました。, 最初は、「なんか足の爪の横が痛いなぁー、まあ、そのうち治るっしょ!?」くらいの気持ちで放置していたのですが、1週間経っても1カ月経っても治りません。, 「爪の横の腫れ」もだんだん酷くなっていく感じがしたので、「これはまずい!市販薬でなんとかするか!」と思い立ち、ステロイドと抗生物質を含む市販薬のテラ・コートリル軟膏aを購入し、せっせと爪の脇の腫れた部分に塗り込みました。, (それもそのはず!この時点で、もはや単なる爪囲炎ではなく化膿性爪周囲炎にランクアップしてやがったのだ!!), これは、「行きたくないけれども病院いくしかねーな(涙)」と思い、いやいや仕方なく、病院へ行きました。, (本当に病院行くのは怖くて恐ろしくて苦手の極みなのですが、もっと悪くなって爪をはがさないと治らないレベルまで進行してから手術するよりはマシじゃーーー!と勇気をふり絞って病院へ行きました!こわい!こわい!と半泣きで!マジでビビりには「外科的処置」の5文字が恐怖でしたorz), 元々は右足の親指に爪囲炎ができて、それを手術で完治させたのですが、この記事を書いた数カ月後、なぜか逆の左足の親指にも爪囲炎が発生しました(>_<)。, ということで、Amazonで【指定第2類医薬品】テラ・コートリル軟膏a 6gを購入しました。抗菌薬とステロイドが入っているタイプの塗り薬で、お値段721円です。, そして、実際に、新たにできた左足の親指の横の腫れに、1日3回、約1週間この市販の塗り薬を使ったところ、「完治」しました!!超嬉しかったです(≧▽≦)!!, 爪囲炎は感染症なので、「抗菌剤が入っている塗り薬が効くかも!?」と思って、【指定第2類医薬品】テラ・コートリル軟膏a 6gを購入したのですが、正解でした!, ただ、左足の爪囲炎は右足のそれに比べると、軽めだったので、市販の塗り薬で治ったのだと思います。, なので、基本的には、市販薬に頼るよりも、皮膚科専門医を受診することをお勧め致します!, 筆者は整形外科をに行きましたが、ネットで調べる限りだと皮膚科を受診される方が多いみたいですね。, 「足の親指の横を押すと痛い」という爪囲炎の症状が1カ月以上続き、ステロイド・抗生物質入りの市販薬を塗りまくってもいっこうに治癒しないので、泣く泣く整形外科を受診したときの体験談です。, (基本、病院は怖いイメージがあるのと、場合によっては切開するとネットで調べて知っていたので、マジでめっちゃ病院には行きたくなかった!!), ある日の昼下がり、診察室に入ると優しそうな先生に「ここに寝て下さい」と言われ、爪囲炎の診断が始まりました。, 筆者の爪囲炎は切開しなければ治らない段階に達していたようで、診察用のベッドで横になった状態で処置?手術?がはじまりました。, まあ、麻酔注射は痛いは痛いですが、チクリとするのは一瞬なので、そこまで辛くはありませんでした。, 「爪囲炎で1カ月も悩むくらいなら早めに病院に行けば良かった!」とほんの少し後悔しました!, 「爪の横を押すと痛い」爪囲炎(そういえん)ですが、”たかが爪の脇の腫れ”とあなどっていると、筆者のように手術する羽目になりかねません!, 繰り返しになりますが、初期であれば、手術や切開をせずに、抗生物質の内服だけで済みますからね!!費用的にもストレス的にも早期治療が重要です!, ドクターにもよると思いますが、整形外科よりも皮膚科の方が、どうやら、外科的処置(手術)は、なるべくしないようにして治療してくれる傾向があるようですよ!. 爪周囲炎は、手足の爪の周辺が炎症を起こして赤く腫れます。皮膚は張ったようになり、押すと痛い、または痺れるような感覚があります。 爪周囲炎が進行し、深い部分に炎症が広がると症状が悪化して「ひょうそ」という病気になります。 始めから炎症が深い部分で発生してしまうと、ひょうそとなってしまう場合もあり、我々一般人の認識としては“爪周囲炎”と”ひょうそ”に大きな違いはありません。 ひょうそになってしまうと … Copyright © 2020 risa-labo All Rights Reserved. 最初は、足の親指がなんか痛いかも。。。くらいな感じで見た目も爪の横が少し赤くなってる程度だったので、 ほっておくことにしました。 普通にしてる分には、痛みを感じずどこかにぶつかったり、指で押したりすると痛い、という感じでした。 特に足の親指に出来る爪のでこぼこが気になったら、まずは、線の入り具合が縦か横かを確認してみましょう。 縦に線が入っている場合は、加齢によるものであるといわれていますが、年齢によっては、栄養不足による症状といえます。 足の親指の爪の横が痛い...親指の爪の横のお肉に爪が圧迫してとっても痛い思いを何度もしていますが、本当に痛くなってしまうと指は、神経が敏感なので、まさに激痛。しかも、場合によっては、小指までなってしまうこともありました。毎日が憂鬱ですよね。 足の親指の爪に化膿菌が入って膿むひょう疽には、市販薬のテラマイシンが効きました. 公開: 2018.1.20 更新: 2020.2.13 by タカノカズト; スキン・ボディ・ヘアケア 「足の親指の横を押すと痛い」という爪囲炎の症状が1カ月以上続き、ステロイド・抗生物質入りの市販薬を塗りまくってもいっこうに治癒しないので、泣く泣く整形外科を受診したときの体験談です。