ただ、話し合いがまとまりそうにない場合は、別の手段をとる必要があります。, 境界トラブルの相談先として、自治体の役所や法務局で受け付けている無料相談があります。相談内容に応じて解決制度の説明や、助言がもらえますので、まずは確認としてこのような制度を利用してみるのもひとつの手です。, 土地家屋調査士の団体である土地家屋調査士会では、境界問題相談センターを運営しています。各地域によって名称は異なりますが、たとえば広島であれば「境界問題相談センターひろしま」が相談先となります。こちらに問い合わせてみる方法もあります。, 筆界特定制度は国が設けている制度で、土地の所有者として登記されている者などの申請に基づき、筆界特定登記官が外部専門家である筆界調査委員の意見を踏まえ、土地の筆界(境界)の位置を特定する制度です。 それ以外,つまり,自分の所有物であると知らなかった,または過失によって,自分の所有物であると誤信したという場合は20年間です。, なお,取得時効の要件のうち大部分については占有による推定が適用されます(後記)。 8 占有継続の推定と反証, 本記事では取得時効の基本的事項を説明します。 間違えやすいところなので注意が必要です。 なお、裁判で争う事態になる前から弁護士に相談しておくことで、話し合いによる早期解決が実現する可能性をより高めることができます。いずれにせよ、境界トラブルが起きた際は、あらかじめ弁護士への相談を視野に入れて進めたほうがよいといえるでしょう。, 今回は境界トラブルの内容や、トラブルを放置していてはいけない理由、トラブルの解決方法についてご説明しました。 もし、隣人が越境部分について、自分の土地だと無過失で信じて使用を開始したのであれば、わずか10年間で所有権を取得されてしまいます。越境部分の時効取得を防ぐためには、隣人の使用開始から10年以内に撤去ないし使用停止の請求を裁判上の手続きを経て行う必要があるのです。, もめ事を避けたいという理由で境界トラブルを放置し、我慢し続けてしまうと、取り返しのつかない事態になりかねません。 そこで,法律上,この立証は大きく緩和されています。, 占有継続の立証は緩和されています(前記)。 結果的に越境してしまっていた しかし,10年の取得時効期間の要件である無過失で誤信したことは推定されません。 �kG`��k8~>{U��/�����[ѫ���?� �1N?�h���0��z08��c���œǃ�K�����mE��Ʒ��� NG�+R�i;P��+�@��|l�E3m�P��7���=a,�ݪ��H�#����-��0���*���D-I\"���2�w�#�9W%������YD�p�O:��ᚨM@+�.���J^�du�6�Vy3}=��WȆ+�#?׹&Բ��g��J��. 0000003583 00000 n 0000001276 00000 n trailer 6 占有による推定と立証責任(概要) なのか、が気になっています。 0000076178 00000 n 0000003076 00000 n では、これらの問題を解決するにはどうすればいいのか、一連の手続きの流れを紹介します。, まず、越境問題などのトラブルは当事者間で話し合い、新たに境界線を作り直し、隣接地の買い取りや塀などの作り直しといった解決策を探るとよいでしょう。 不動産に関する法律問題は複雑になりがちです。 かつ過失がなかったときは10年でその所有権を取得する。 3.上記例での解決方法の一つはAさんはBさんに時効を援用して越境部分の所有権 の取得を主張できます。Bさんが時効の完成に同意すれば乙地の越境 … これらの事実の大部分は,占有という事実によって推定されます。 そこで、境界線を区分するためにいくつかの方法が採られていますが、それぞれの理由で、それも万能ではないという事情があります。 土地を所有している方にとって、境界に関するトラブルは決してひとごとではありません。話し合いや紛争が面倒だからと越境状態をそのままにしておけば、土地を時効取得されてしまうおそれもあります。 詳しくはこちら|取得時効における自主占有(所有の意思)の主張・立証と判断基準, 取得時効の要件にはいくつかの事実があります(前記)。 H������0�w?�^ かつ過失がなかったときは10年でその所有権を取得する。 3.上記例での解決方法の一つはAさんはBさんに時効を援用して越境部分の所有権 の取得を主張できます。Bさんが時効の完成に同意すれば乙地の越境 … 平穏とは,暴行・強迫によって占有したものではないというような意味です。, 『平穏』とは ※このページはJavaScriptを使用しています。 時効取得した土地の境界はどうなる? 自分の土地じゃなくても他人の土地を占有し続けると、土地の所有権を取得することができます。 10年ないし20年間、継続して占有し続けて土地の所有権することを“ 時効取得 ”といいます。 0000000716 00000 n 自分の所有物として占有することを自主占有と呼びます。 4 2種類の取得時効期間 地下の配管が越境している 3. 法律には、長年にわたって維持されてきた事実状態を権利として保護しようという考えがあります。これは、長く続いた事実状態を法律関係と一致させることが、社会の安定化につながるという考えによるものです。これを時効といい、民法第162条で定められています。 土地と土地の間には境界標という四角い杭が打ち込まれていることが多いものです。 短期取得時効 占有開始時に越境部分を自分の土地だと過失なく信じて、10年間の占有を平穏かつ公然と続けた場合に、土地は占有者のものになります。これは、土地の占有開始時に、その土地が自分のものだと信じていればよいとされています。 Copyright © Legal Professional Corporation VERYBEST. 『暴行or強迫』に対する語である 土地は大切な財産ですし、その上に建築物が建ってしまうと撤去するにも費用や手間などが生じてしまいます。境界のトラブルとなると、相手が隣人や知り合いであることが多く、対処の仕方も悩ましいところでしょう。そこで今回は、自分の敷地内に隣人が塀を建てたケースを例題に土地の境界トラブルを取り上げ、その対処方法について弁護士がご説明します。, いずれも土地の所有や占有に関わるトラブルです。争いをできるだけ避けるためであっても、放置しておくとさまざまな問題が生じかねません。, 元々土地は誰のものでもなく、区分けも後から人間が利用するために行ったものです。当然、目に見える線が引かれているわけでも、物理的に分かれているわけでもありません。 0 0000004610 00000 n これについては別の記事で説明しています。 エ したがって,昭和47年10月5日を起算日とする被告の時効取得の主張は採用することができない。 2012年07月31日 08時30分 相談者 (132768) 再度の細かい質問です。塀を隣との境界線からスグに建てると(狭小住宅です)、地中の基礎のL字部分の下の部分が5cm程越境する(工事仕様参照)のですが、たとえ地中部分であっても隣に越境してはいけないのですよね?!となると、境界 エ したがって,昭和47年10月5日を起算日とする被告の時効取得の主張は採用することができない。 2012年07月31日 08時30分 相談者 (132768) 専門家(住まいの先生)が無料で住まいに関する質問・相談に答えてくれるサービスです。, まず、私は法律の専門家ではないことを言っておきます。従って、あくまでも参考意見としてお聞きください。, 裁判所も法務局も、筆界は筆界、所有権の及ぶ範囲の線とは別物・・・ という考え方をしているみたいです。 つまり、あなたの土地が100番地で、隣が101番地だとすると、 100番地と101番地の境は、確かに小屋が建っている地面にかかっているが、 あなたの所有する範囲(所有権界)は、100番地からちょっと下がった線で、 お隣が所有する範囲は、101番地全部+100番地へはみだしている分という具合です。 ご質問の文面を読む範囲では、筆界特定でも境界確定裁判でも あなたの主張(土地と土地の筆界)が認められたとしても、はみだした部分の所有権は、 すでに隣に移っているという結論になる可能性が極めて高いと思われます。 大事な財産のことですので、念のため、 役所の無料法律相談なりで再度ご確認することをお勧めします。 補足に対して 取得時効の期間に関しては、占有者が代わっても地位承継され通算されると思います。 (参考)http://tokagekyo.7777.net/echo_t1/1605.html, https://realestate.yahoo.co.jp/knowledge/chiebukuro/detail/1037293045/. I݁�C[�@�z+� �r�풡�_Ҏs�$EC�l������_��z?���8M�PM}@�N?�"F�� は土地家屋調査士がご相談にのれます。 2. 地積測量図は、道路や隣接する土地との境界が定められた上で測量され、その結果が図面として記載され、土地登記簿に登録されるものです。しかし、所有権は当事者の同意で簡単に変動するにもかかわらず、これらの書類が同時に改訂されるわけではないことから、図面上の境界と現実の土地利用状況とが食い違っている場合があります。 詳しくはこちら|10年の取得時効期間の要件である『無過失』の判断(判断基準と典型例), 前記のとおり,取得時効が成立するためには所有の意思が必要です。 占有が一定期間継続した(後記※1), 条文上の規定はシンプルですが,いろいろな解釈論があります。 士に相談してもいいのか心配なのですが…, 無料相談だけで依頼しなくてもいいのですか?, 相談した内容は秘密にしてもらえますか?, 土日や祝日でも相談できますか?, 依頼するには、どれくらいお金が必要ですか?, こちらからメールでお申し込みいただく, 電話で相談の予約をお取りください。. 対象となる土地の管轄法務局か地方法務局に、筆界特定申請書を提出して申し込みます。なお、土地の所有権を特定する制度ではありません。また、結果に納得がいかない場合は、後から裁判で争うこともできます。, どうしても当事者同士で折り合いがつかなかった場合、最終的には裁判所に訴訟を提起し、境界を画定してもらうことになります。この場合、測量の結果やその他の証拠を提出して争うことになる可能性が高いでしょう。 つまり,甲土地の所有者が乙土地の一部も占有していた 0000005152 00000 n ●長期取得時効 今では弁護士数3名、提携行政書士1名、事務職員数4名となりました。 0000000906 00000 n 0000077925 00000 n 建物やエクステリアの一部が越境している 2. endstream endobj 7 0 obj <> endobj 8 0 obj <> endobj 9 0 obj <>/Font<>/ProcSet[/PDF/Text]/ExtGState<>>> endobj 10 0 obj <> endobj 11 0 obj [/ICCBased 20 0 R] endobj 12 0 obj <>stream 0000001166 00000 n 占有を開始した時点で,自分の所有物であると信じていて(誤信),かつ,誤信したことに過失はないというケースでは10年間となります。 占有者は『所有の意思』をもっていた Copyright (C) 2020 Japan Corporation. 0000002555 00000 n TEL 0120-96-1040 0000001408 00000 n 境界確定手続にとって、取得時効が天敵と申し上げたのは以上の理由によるのです。土地は公図によってその範囲を決めるのが基本ですが、公図自体が不明確であったり、すでに長期にわたって第三者が土地を占有している場合は、境界確定訴訟で勝ったとしても、その天敵の取得時効で真逆の所有権確認訴訟で相手方の主張が認められることがかなりの確率であるので、境界紛争ではその点を十二分に見極めることが必要となります。そして、現実的には相手方と話合い、現状を認めて新たな土地の所有権の範囲を決め、新たなスタートとすることも必要となるのです。, そして、十津川の事件でも最終の解決方法は、A、B当事者が現実にそれぞれ使用している土地の範囲にある相手方の地番の土地を、AはBに、BはAに譲渡して、それぞれ使用している土地の範囲内にある相手方所有の土地を譲り受けることで紛争を終結させることにしたのです。そして、その話し合いの過程では、互いに譲りあう土地の広さに差があったのですが、その差の分については、相手方がほしいと思っている他の土地を、不足する相手方に譲るということで最終合意に至ったのです。 土地を持っている、あるいは購入や相続をするという場合、どこまでが自分の土地であるのか、つまり境界について意識する必要性が出てきます。広島県土地調査士会の報告によれば、平成30年度に受け付けた境界問題相談センターの面談44件のうち、25件が境界不明、紛争に関するもので、5件が越境による侵害に関するものとなっています。面談内容の大半が境界に関わる争いといえ、境界の確認や確定の重要さがうかがえるでしょう。 →越境部分について取得時効が完成した, 所有者以外が『他人の物』を占有していた 民法162条によると、一定期間(善意無過失で10年、悪意有過失で20年)所有の意思を持って他人の物を占有し続けると他人の物でも所有権を取得することができるとされています。 xref しかし、以下のようなケースで境界標が意味をなさなくなっているケースがあります。, ●地積測量図 平穏かつ公然と占有していた そこで,主張・立証責任の配分は特殊ですし,また,実際の判断の枠組みについても多くの判例がルールを示しています。 土地の所有範囲や面積を管理するものとして、地積測量図という公的な書類があります。 受付時間 平日9:00 - 20:00, 不動産,相続,離婚の問題を中心に,幅広い案件を取扱っている理系弁護士・司法書士です。事務所は,東京(新宿)と埼玉(さいたま市大宮)に ございます。年間1500件以上のお問い合わせがあり,知識・ノウハウの集積には自信がございます。, 詳しくはこちら|10年の取得時効期間の要件である『無過失』の判断(判断基準と典型例). 0000000016 00000 n 私は50年前に買った土地を、更地で資材置き場に貸していましたが最近測量した結果、境界が50センチ越境されている事が判明しました。 現在その境界には相手側のブロック塀があります。うかつなことに、こちらでは越境されて相手が塀を 自主占有の判断の枠組みについて別の記事で詳しく説明しています。 隣の人が越境していることを知っていると思われるが、全然話し合いに応じてくれない場合。 1. 教えていただけると助かります。. 樹木が越境している 大きくこのような3つのケースに分けられます。 ※大判大正5年11月28日 %%EOF 2 取得時効の条文規定 要するに,取得時効を主張する者(占有者)が立証するハードルは大きく下げられているのです。 事務所名のアワーズ(Ours)とは、「私たちの」そして「皆様の」という意味を込めております。このブログでは皆様のお役に立つ「法律コラム」を所属弁護士・提携行政書士がつづってまいります。. 「そもそも建物が建ってから20年」なのか、「所有者が 越境状態を作り出している隣人が以下の要件を満たした場合、その越境部分は時効取得され、所有権は隣人に移ってしまいます。 ������YL�����(00J��a>�x��C��}�TC��|�*�� \P����_��Z1+�=/X��� � .RU 取得時効が完成する期間は2種類があります。 占有を開始した時点で,自分の所有物であると信じていて(誤信),かつ,誤信したことに過失はないというケースでは10年間となります。 それ以外,つまり,自分の所有物であると知らなかった,または過失によって,自分の所有物であると誤信したという場合は20年間です。 なお,取得時効の要件のうち大部分については占有による推定が適用されます(後記)。 しかし,10年の取得時効期間の要件である無過失で誤信したことは推定されません。 … 以下,説明を続けます。, 取得時効の要件の1つに占有が平穏である,というものがあります(前記)。 まず,現実に取得時効が適用される代表的なものを紹介します。, 隣り合う甲土地と乙土地の境界が曖昧であった 詳しくはこちら|占有による推定と取得時効の立証責任, 取得時効が成立するためには占有の継続が必要です(前記)。 時効取得の要件は満たしていると考えられます 10年前の相続はその立場を継承しますから 時効取得の要件は満たしています 建物の越境が確実なら 筆界を確定すれば時効取得に動かれます 筆界を確定できなければ分筆・売買が出来ません であれば さらに、隣家の人が、塀を作ったときに越境した部分が自分の土地であると信じていた場合には10年間で時効取得が認められてしまいます。 取得時効が認められてしまうと、越境部分を分泌するように求められたり、所有権確認の訴えや所有権移転登記請求の訴えを起こされる可能性があります。 5 所有の意思・自主占有の判断(概要) 法律相談にも聞いてみようと思いますが、もしお分かりになれば 実際に取得時効に関する問題に直面されている方は,みずほ中央法律事務所の弁護士による法律相談をご利用くださることをお勧めします。, 【無料相談予約 受付中】お気軽にお問い合わせください。 0000075883 00000 n ●短期取得時効 他人の物を自分のものだと主張するなどとは、そもそも人の道に反すると普通の方は思われると思いますが、逆に言うと、自分の物でもしっかり管理しておかないと、自分のものだと認められなくなるということです。取引の安全、権利の上に眠るものは保護されない、永続した事実状態の尊重という観点からこの制度が認められているのです。, 本件テーマである境界確定で公図上の線が現場で確定したとしても、他人がその境界線を越えて占有していることがしばしばあります。 <]>> 0000002025 00000 n