「個々の従業員に支給額が通知されているなどの要件を満たす賞与」のみ 2020年9月28日, 新型コロナウイルス感染症の拡大の影響を受けて、収入が減少した事業者に対する支援措置として、持続化給付金や家賃支援給付金などがあります。この持続化給付金や家賃支援給付金を受け取ったときに税金はかかるのでしょうか? &nbs … 続きを読む 持続化給付金・家賃支援給付金を受け取ったときの会計処理と税金 →, 会計・税務 2020年10月7日, 今年も年末調整をする時期が近づいてきました。2020年分の年末調整に関する主な改正点について解説します。多くの変更がありますので、しっかりと理解しておきましょう。 給与所得控除の引き下げ 2020年から給与所得控除の金額 … 続きを読む 2020年分(令和2年分)年末調整の改正点 →, 会計・税務         /(預り金<介護保険料>)2,355 (法定福利費)870/, 厚生年金保険料の支払時には、子ども・子育て拠出金も一緒に徴収されます。 (未払金<厚生年金保険料>)27,450/ 賞与引当金とは、賞与を支払う際に支払額が確定していない額のうち、当期に帰属する分を計上する引当金のことです。賞与引当金を仕訳するにはどのような勘定科目を使い、計算すればよいのでしょうか。ここでは賞与引当金の仕訳、計算方法などを見ていきます。, 記事に記載されている内容は2018年06月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。, また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。, 賞与引当金は多くの会社で計上されている勘定科目ですが、馴染みのないという方もいるのではないでしょうか。ここでは賞与引当金の意味と、賞与引当金を使用する具体例を見ていきます。, 賞与引当金とは、従業員へ賞与(ボーナス)を支払う際に、支払額が確定していない支給見込額のうち、当期に帰属する分を計上して設定する引当金のことです。引当金とは「まだ起こってはいないが、将来の支出に対して準備する金額」のことを指します。賞与引当金は計上する必要がある会社もあれば、計上しなくて良い会社もあり、すでに支払額が確定している場合には、未払費用または未払金を計上します。, 例として、3月を決算月とする企業が、12/1~5/31の勤務に対しては7/15、6/1~11/30の勤務に対しては12/15に賞与を支給している場合、3/31の決算日時点では7/15に支払われる賞与の4/1~5/31の給与分が未確定です。しかし、従業員は既に前の年の12/1~3/31まで働いているので、7/15に賞与を支払う理由が発生していると考えます。従って未確定の4/1~5/31の給与と、そこから算出される賞与の金額を決算時の3月に見積り、貸借対照表の流動負債の部に賞与引当金として計上するとともに、引当金への繰入額が当期の費用として損益計算書に含められます。, 仕訳とは簿記上の取引を「借方」と「貸方」に分けて仕訳帳に記入することです。賞与引当金の仕訳はどのようになるでしょうか。ここでは賞与引当金の仕訳をご紹介します。, 賞与引当金の繰入額のことを勘定科目名で「賞与引当金繰入」といいます。賞与引当金繰入は消費税の対象外となり、賞与引当金の繰入額は法人税法上、損金の額に算入されません。仕訳例としては、支給額が確定していない場合に賞与の支給額1,500,000円を見積もり計上した場合、借方の勘定科目には「賞与引当金繰入」、金額には「1,500,000」と記入され、貸方の勘定科目には「賞与引当金」、金額には「1,500,000」と記入されます。また支給額が確定しており、支給額が支給対象期間に対応して算定されている場合は、借方の勘定科目に「賞与」、貸方の勘定科目に「未払費用」と記入されます。支給額が確定しており、賞与支給額が支給対象期間以外の基準に基づいて算定されている場合は、借方の勘定科目に「賞与」、貸方の勘定科目に「未払金」と記入されます。, 賞与引当金を計上する際には、計上する賞与額に対応する、社会保険料の会社負担額もあわせて見積もり、未払費用として計上する必要があります。社会保険料負担は必ず発生するもので、金額も正確に計算できるため、会計上は負債として認識せざるを得ないからです。保険料は賞与の見積額とは異なるものなので、賞与引当金とは別に未払費用の勘定科目で計上するのが一般的です。この場合の仕訳は、借方の勘定科目に「法定福利費」、貸方の勘定科目に「未払費用」と記入されます。, 賞与引当金を計上するにはどのように計算すればよいのでしょうか。ここでは賞与引当金の具体的な計算方法を見ていきます。, 賞与引当金の原則的な計算方法は、「支給見込額基準」による方法です。ここでは「支給見込額基準」で計算する方法を見ていきます。例として、3月を決算月とする企業が、12/1~5/31の勤務に対しては7/15に夏季賞与を、6/1~11/30の勤務に対しては12/15に冬季賞与を支給しているとします。さらに当期(ここでは仮に2017年4月1日~2018年3月31日)末決算作業時点において、次回2018年7月15日の夏季賞与支給額は9,000,000円と見込まれているとしましょう。また、翌期2018年7月15日における賞与の実際支給額は9,100,000円とします。賞与引当金は引当金であるので、負債として計上しなければなりません。よって翌期に従業員に対して支給する賞与見積額のうち、当期の負担に属する部分の金額を、賞与引当金として計上します。, 翌期2018年7月15日に従業員に対して支給する賞与の見積額が9,000,000円で、賞与の支給対象期間は2017年12月1日から2018年5月31日までの6ヶ月です。よって、この賞与見積額9,000,000円のうち当期の負担に属する部分は、2017年12月1日から当期末2018年3月31日までの4ヶ月分となるので、賞与見積額9,000,000円×4ヶ月÷6ヶ月=6,000,000円と計算します。仕訳では当期末の際に、借方の勘定科目に「賞与引当金繰入」、金額に「6,000,000」と記入し、貸方の勘定科目に「賞与引当金」、金額に「6,000,000」と記入します。, 賞与の支給日である2018年7月15日に、実際の支給額9,100,000円と賞与引当金6,000,000円との差額3,100,000円を、翌期の賞与として計上します。具体的な仕訳は、借方の勘定科目に「賞与引当金」、金額に「6,000,000」と記入し、その下の行に勘定科目「賞与」、金額に「3,100,000」と記入します。貸方の勘定科目には「普通預金」、金額には「9,100,000」と記入します。この計上によって、実際の賞与支給額9,100,000円のうち、支給対象期間が2017年12月1日から当期末2018年3月31日までの部分6,000,000円は当期の費用に、2018年4月1日から5月31日までの部分3,000,000円と見積誤差100,000円は翌期の費用に計上されます。, 賞与引当金は将来の賞与の予想額であり、実際に支給される賞与の額とは違う場合があります。その場合はどのように仕訳すればよいのでしょうか。ここでは実際に賞与が支払われたときに使う勘定科目「賞与引当金戻入益」と、取り崩しの際の注意点についてご紹介します。, 実際に賞与を従業員に支払うときに賞与引当金を取り崩します。その取り崩し額を仕訳の勘定科目で「賞与引当金戻入益」と呼びます。賞与引当金戻入益は、賞与引当金と賞与支給額の金額が違う場合に、その差額を仕訳するのに使用します。賞与引当金の取崩額は、税務上の取り扱いで益金の額に算入されません。また消費税の対象外となります。, 賞与引当金の取り崩しの注意点として、賞与支給額が支給対象期間に対応して算定されているかどうか、支給額が確定しているかどうかによって処理の仕方が変わります。賞与支給額が賞与支給対象期間に基づいて算定され、金額が確定している場合は「未払費用」で処理します。賞与支給額が支給対象期間以外の基準に基づいて計算され、金額が確定している場合は「未払金」での処理です。 賞与支給額が賞与支給対象期間に基づいて算定され、支給金額を見積り計上した場合は「賞与引当金」での処理となります。, 賞与引当金の取り崩しの注意点がわかったところで、賞与引当金戻入の具体的な処理事例を見ていきます。, 賞与引当金を計上していて実際に賞与を支払った時に、賞与引当金と賞与支給額の金額が違う場合があります。その差額を仕訳するのに勘定科目の「賞与引当金戻入益」を使います。例として、賞与引当金を2,000,000円計上して、賞与支給額1,900,000円を、源泉所得税50,000円を控除して普通預金から振り込んだ場合の仕訳例を見ていきましょう。借方の勘定科目に「賞与引当金」、金額に「2,000,000」と記入します。さらに貸方の勘定科目に「預り金」、金額に「50,000」と記入し、その下の行に「普通預金」、金額に「1,850,000」と記入し、その下の行に「賞与引当金戻入益」、金額に「100,000」と記入します。, 結論から言うと、賞与引当金は損金にすることができません。会計上は費用として認められる賞与引当金が、なぜ税務上は損金にすることができないのでしょうか。ここではその理由をご紹介します。, 「損金」とは税金を計算する上で、経費と認められるもののことです。会計上は「収入」から「費用」を差し引いたものを「利益」と呼びますが、それに対して税務上は「益金」から「損金」を差し引いたものを「所得」と呼びます。ではなぜ賞与引当金は会計上の「費用」にすることができて、税務上の「損金」にすることができないのでしょうか。, 賞与引当金などの引当金はすべて、会計上の費用としては認められます。しかし税務上の損金としては認められません。その理由を説明するには、まず会計と税務の違いについて見ていきます。会計のそもそもの目的は、正しい利益を計算して把握し、正しい経営判断をすることです。正しい利益を計算するためには、その期間に発生した費用はその期間の内に計上する必要があります。そのため賞与引当金などの引当金が、会計上の費用として計上されることが認められています。しかし税務上は、損金に算入できるものは「債務の確定したもの」に限定されています。引当金はあくまで予定の金額であり、確定した債務とは言えないため、損金に算入することができません。なお、引当金が損金として認められなくなったのは、平成10年度税制改正においてであり、平成10年度税制改正前は損金算入が認められていました。, 税務調査における賞与引当金の注意すべきポイントとはどのようなところでしょうか。上の項目で紹介したように、引当金は将来の費用なので、税務上は損金として認められません。賞与引当金の額は、会計上は計上を行いますが、税務上は未確定債務として全額否認されます。この債務未確定額の加算調整もれがないかということが注意すべき最初のポイントです。次に自社の従業員を他社に出向させた場合、益金算入が漏れていないかという点が挙げられます。出向元の会社では、賞与引当金は税務上の損金としては否認されますが、出向先の会社では賞与を受領した金額は受領時の益金となるため、益金計上が先行してしまいます。益金の先行を回避するには、出向先と検討して、出向負担金支払時期を賞与の支払時期と合わせるなどの工夫が必要です。, 賞与引当金とは、従業員へ賞与を支払う際に、支払額が確定していない支給見込額のうち、当期に帰属する分を計上して設定する引当金のことです。賞与引当金の繰入額のことを勘定科目名で「賞与引当金繰入」と呼び、賞与引当金の繰入額は法人税法上、損金の額に算入されません。また賞与引当金の原則的な計算方法は、「支給見込額基準」による方法です。実際に賞与を従業員に支払うときに賞与引当金を取り崩します。その取り崩し額を仕訳の勘定科目で「賞与引当金戻入益」と呼びます。賞与引当金戻入益は、賞与引当金と賞与支給額の金額が違う場合に、その差額を仕訳するのに使用され、税務上の取り扱いで益金の額に算入されません。賞与引当金の仕訳と計算方法、注意点を把握し、実務に生かしていきましょう。, ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多いドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!, 稼げないタクシー運転手には特徴があります。効率よく車を回したり、顧客の立場に立った接客ができなければ稼げるタクシードライバーになることができません。また、自分の普段の作業を振り返ることで稼げない原因を突き止めることができます。, バッテリーは、電気を蓄えるもので中にはバッテリー液と言う液体が入っています。バッテリー液は、自然と少なくなってしまい最後には性能を発揮することができなくなります。また、バッテリー液が無くなってしまうと火災などの原因となりますので注意が必要です。, ドライバーの身だしなみについて解説しています。ドライバーが気を付けるべき身だしなみのポイントや身だしなみ以外に気を付けるべき点についても説明しています。ドライバーのどのような身だしなみや態度がお客様にいい印象を与えることができるのかヒントを得られるでしょう。, エンジンオイルの漏れが気になることはありませんか?こちらでは、エンジンオイルの漏れによる影響を7つご紹介していきます。エンジンオイル漏れの対処法や費用が気になるという方は、ぜひご覧ください。車のオイル漏れについて理解を深めてみましょう。, キャッシュレスで便利なタクシーチケットはお客様の交通費などに使われるイメージですが、個人で利用可能です。個人で利用すると交通の管理などに便利です。今回はタクシーチケットの購入方法や購入の際の注意点についてご紹介します。タクシーチケット購入の参考にしてください, 車が好きで運転が得意で地理にも詳しい人なら、希望する職種に「運転手」を思い浮かべるでしょう。ただし「運転手」といってもその種類はさまざまです。ここでは「役員運転手」という職種に焦点を当て、役員運転手を目指す人に必要な資質や心得について考えていきましょう。.

        /(預り金<所得税>)6,750