シロクロショー・・・ストリップで男女が性交を見せること. シナモン・・・薬物. cassia)の樹皮からも作られる。ただしシナニッケイからつくられるものはカシアと呼ばれ、成分が若干異なる。, 粉末状に加工したいわゆるシナモンパウダーのほか、樹皮のまま細長く巻いた形のシナモンスティック(カネール(フランス語: cannelle)とも)が広く流通する。, クマリンを含むため、過剰摂取により肝障害を起こす[3][4]。 BfR Health Assessment No. @@@@@@@@@@@@@@Ew”§‚ª‚«‚ê‚¢‚É‚È‚é‚æx loureiroi)とシナニッケイ(C. @@@@@@@@@@@@@@Ew1‰ñ‚¾‚¯‚Ȃ畽‹C‚³x @@@@@@@@@@ @@—U‚¢‚ɏæ‚é‚©æ‚ç‚È‚¢‚©EEEEEu‚ ‚È‚½Ž©g‚ÌŽ©ŒÈŒˆ’è—́v–â‘è‚Æ‚È‚éB‚±‚êˆÈŠO‚É•û–@‚Í‚È‚¢II, @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@‚à‚Ç‚é. 質問です。警察専門用語中で隠語として使われているものなのですが、01020304050607080900123の意味ってなんですか?すべてわかるのでしたら教えて下さいお願いします 123照会センター(各種手配情報を蓄積している)の番号照会時A号(前科・前歴の照会)該当内容00該当無し01殺人02強盗03強 … Toussaint-Samat 2009, p. 438 discusses cinnamon's hidden origins and Joinville's report. だんびら・・・刃物 All rights reserved, 危険ドラッグは、大変危険です!, 所持できないエアーソフトガンについて. シナモン(英: cinnamon )は、ニッケイ属(Cinnamomum)の複数の樹木の内樹皮から得られる香辛料である。 ニッキ(肉桂〔ニッケイ〕の音変化)とも。また、生薬として用いられるときには桂皮(ケイヒ)と呼ばれる。 特徴的な芳香成分はシンナムアルデヒド、オイゲノール、サフロールなど。 シナニッケイやニッケイ(肉桂、C. ‚é‚æx 体感器・・・パチスロで大当たりのタイミングを振動で遊技者の身体に教えてパチスロ操作をさせるための機械. @@@@@@@@@@@@@@Ew‚Ý‚ñ‚È‚â‚Á‚Ä‚é‚æx 044/2006, 18 August 2006, Espoo daycare centre bans cinnamon as 'moderately toxic to liver', https://books.google.com/?id=IrXszQ77xhYC&pg=PA390&lpg=PA390&dq=iodine+in+cassia#v=onepage&q=iodine%20in%20cassia&f=false, Global cinnamon production in 2014; Crops/Regions/World list/Production Quantity (pick lists), https://books.google.com/books?id=6ZLxAQAAQBAJ, “11 Cinnamon-Flavored Liquors for the Holidays”, http://www.thedailymeal.com/11-cinnamon-flavored-liquors-holidays/121613, http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=6672644, “Coumarin in flavourings and other food ingredients with flavouring properties - Scientific Opinion of the Panel on Food Additives, Flavourings, Processing Aids and Materials in Contact with Food (AFC)”, http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/793.htm, “Cinnamon sparks spicy debate between Danish bakers and food authorities”, https://www.theguardian.com/world/2013/dec/20/cinnamon-intake-food-argument-denmark, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=シナモン&oldid=77376717. 隠語・誘導語「ろくにいご【ロクニイゴ】」の詳細ページです。隠語・誘導語データベースは、ネット上に存在する隠語・暗号等の用語の意味や危険性を世間に広めることで、犯罪や危険行為を未然に防ぐためのサイトです。 @@@@@@@@@@@@@@Ew–°‹C‚ª‚Æ‚ê‚ĕ׋­‚Å‚«‚é‚æx @@@@@@@@@@@@@@Ew‚½‚¾‚̉h—{Ü‚¾‚æx スミ・・・刺青. okinawense)は体を温める作用、発汗・発散作用、健胃作用を持つ生薬として利用されておりシナモンにもこれと似た利用法がある。, 漢方では桂皮(ケイヒ)と呼ばれる。温熱の作用があるとされ、多くの方剤に処方されている。, シナモンは、生であれ加熱調理後であれ、α-アミラーゼ、α-グルコシダーゼのいずれに対しても、顕著な阻害作用を示し、糖尿病予防への可能性が示唆されたとする研究が存在する[5]。ただし福場博保らによる「阻害効果なし」の研究も存在する[5]。, 「シナモン」という言葉はその中茶色をも指す。シナモンは複数の植物種とそれらの一部が作り出す商業的香辛料の名称である。それらは全てクスノキ科のニッケイ属(Cinnamomum)に属する[6] 。数種のニッケイ属植物のみが香辛料のために商業的に育てられている。セイロンニッケイ(Cinnamomum verum)は「真のシナモン」と見なされることもあるが、国際通商におけるほとんどのシナモンはその近縁種のシナニッケイ(Cinnamomum cassia)に由来する。シナニッケイ由来の香辛料はカシア(cassia)とも呼ばれる[7][8]。, 15世紀から英語に実際の用例が確認できる英単語の"cinnamon" は、ギリシア語のκιννάμωμον(kinnámōmon)からラテン語および中世フランス語を経て取り入れられた。ギリシア語の単語はフェニキア語からの借用語であり、これは近縁関係にあるヘブライ語の単語 קינמון (qinnamon) と似ていた[9]。西暦1000年頃に英語で初めて記録された「カシア cassia」という名称はラテン語からの借用であり、突き詰めていくと「樹皮を剥ぐ」という意味のヘブライ語の動詞 qātsaʿ の一形態である q'tsīʿāh に由来する[10]。, 初期近代英語は canel および canellaという名称も使った。これらは複数の欧州言語におけるシナモンの現在の名称と似ており、ラテン語の単語cannella(管を意味するcannaの指小辞形)に由来する(樹皮が乾燥すると丸まることから)[11]。, シナモンは大昔から知られている。早ければ紀元前2000年にエジプトへ持ち込まれたが、中国からもたらされたと報告している者らはシナモンとカシアを混同している[8]。シナモンは古代国家で非常に高値で取り引きされており、統治者や神への贈り物と見なされた。刻まれた碑文には、シナモンとカシアがミレトスにあるアポロンの神殿へ贈られたことが記録されている[12]。シナモンがどこから来るかについては地中海世界では何世紀にもわたって香辛料貿易を行う仲買人によって市場の独占を守るために秘密にされていたが、シナモンはインド、スリランカ、バングラデシュ、ミャンマー原産である[13]。, 「Kasia カシア」に関する最初のギリシャでの言及は紀元前7世紀のサッポーによる詩で見られる。ヘロドトスによれば、シナモンとカシアはどちらも香や没薬、ラブダナム(英語版)と共にアラビアで育ち、翼のあるヘビによって護られていた[要出典]。, エジプトの香、キフィ(英語版)にはヘレニズムの時代(英語版)以降、シナモンとカシアが含まれていた。ギリシャ人統治者らから神殿への贈り物にはカシアとシナモンが含まれていることもあった。古代エジプトでは、シナモンはミイラに香気を満たす(防腐処置を施す)ために使われていた[14]。, シナモンはアラビア半島に冬の貿易風を利用して「かじも帆も櫂もない筏」で持ってこられた[15]。大プリニウスもワインのための香り付けとしてカシアに言及している[16]。, 大プリニウスによれば、1ローマン・ポンド(327 g)のカシア[17]、シナモン、またはserichatum[18]は最大300デナリウスの値が付いた[16]。これは10か月の労働の賃金と同じであった[16]。ディオクレティアヌスの最高価格令(英語版)[19](紀元前301年)は1ポンドのカシアに125デナリウスの価格を与えているが、農業労働者の1日の賃金は25デナリウスであった。シナモンはローマでは火葬用の薪に一般的に使うには高価過ぎたが、皇帝ネロは西暦65年に行われた妻ポッパエア・サビナの葬儀のために都市の一年分に相当するシナモンを燃やしたと言われている[20]。, マラバトゥルム(英語版)(Malabathrum)の葉は、ローマの食通ガイウス・ガビウス・アピシウスによって料理や、牡蠣のためのキャラウェイソースに使われる油を蒸留するために使われた[21]。アピシウスによれば、マラバトゥルムは香辛料の中でもよい厨房が備えていなければならないものである。, 中世を初めから終わりまで、シナモンの源は西洋世界では謎であった。ヘロドトスを引用したラテン語の著作家を読むことで、ヨーロッパ人はシナモンが紅海を上ってエジプトの貿易港に達することを学んだが、どこからやって来るかについては決して明らかでなかった。ジャン・ド・ジョアンヴィルが1248年の十字軍においてフランス王ルイ9世に同行しエジプトへ向かった時、彼は「シナモンはナイル川の水源の外の世界の縁(すなわちエチオピア)で網ですくい上げられる」と教えられた(そして自身で考えた)と記録した。マルコ・ポーロはこの話題について正確な言及を避けた[22]。ヘロドトスやその他の著者らはアラビアをシナモンの源とした。彼らは、シナモンの木が育つ未知の土地から巣を作るためにシナモンスティックを集める巨大なシナモン鳥(英語版)とこのスティックを得るために策略を使うアラブ人について物語った。大プリニウスは1世紀に、貿易商が値を釣り上げるために作った話だと記したが、この物語はビュザンティオンにおいて1310年まで語り継がれていた。, シナモンがスリランカで育つという最初の言及は1270年頃のザカリーヤ・アルカズヴィーニー(英語版)の『Athar al-bilad wa-akhbar al-‘ibad 諸国の遺跡と神の僕の記録』にある[23]。その後すぐ、ジョヴァンニ・ダ・モンテコルヴィーノの1292年頃の書簡にもこのことが記されている[24]。, インドネシアの筏はモルッカ諸島から東アフリカまでシナモンを直接輸送し(ラプタを参照)、その後地元の商人が北へ、エジプトのアレクサンドリアまで運んだ[25][26][27]。イタリアからのヴェネツィア人商人がヨーロッパにおける香辛料取引を独占していた。マムルーク朝やオスマン帝国といったその他の地中海勢力の台頭によるこの貿易の崩壊は、ヨーロッパ人がその他の交易路のためにアジアへと足を延ばすことになった主要な要因の一つであった。, 1500年代の間、フェルディナンド・マゼランはスペインを代表して香辛料を探索し、フィリピンにおいてスリランカ産のシナモンCinnamomum verumと近縁のCinnamomum mindanaenseを発見した。このシナモンは後に(ポルトガルが権益を握っていた)スリランカ産シナモンと競い合うようになった[28]。, 1638年、オランダ商人がスリランカにおいて交易所を設立し、1640年までに工場の支配権を握り、1658年までに残っていたポルトガル人を追放した。オランダ人船長は「島の海岸はシナモンで埋め尽くされていて、これは東洋で最高の品である。島の風下にいたならば、海に出て8リーグまでシナモンの香りを嗅げる」と記している[29]:15。オランダ東インド会社は野生のシナモンの収穫方法の見直しを続け、結局は自身の木の栽培を始めた。, 1767年、イギリス東インド会社のブラウン卿はケーララ州カンヌール地区のアンジャラカンディー(英語版)の近くにアンジャラカンディーシナモン農園を開き、この農園はアジアで最大のシナモン農園となった。イギリスは1796年にオランダを抑えてセイロンを支配した。, シナモンは常緑樹で、卵形の葉、厚い樹皮、液果(ベリー)が特徴である。香辛料を収穫する際は、樹皮と葉が主な使用部位である[14]。シナモンは2年間栽培された後、刈り取られる、すなわち幹を地表面の高さまで切る。翌年、たくさんの新しい芽が切り株から生える(萌芽更新)。Colletotrichum gloeosporioidesやDiplodia spp.、Phytophthora cinnamomi(英語版)といった多くの疫病菌がシナモンの成長に影響を与えうる[30]。, 幹は収穫後、内樹皮が乾燥しないうちに素早く処理しなければならない。刈り取られた幹は外樹皮を削り取ることで処理され、次に内樹皮をほぐすために枝をハンマーでむらなく叩き、次に内樹皮は長いロール状に取り外される。わずか0.5 mm (0.02 in)の内樹皮が使用される[要出典]。外側の木質部は廃棄され、内樹皮は乾燥によって長さ数メートルのシナモンの切れは丸まる。処理済み樹皮は4から6時間完全に乾かされ、換気がよく比較的暖い環境に置かれる。乾燥するとすぐに、樹皮は売買のために長さ5から10 cmに切られる。理想的とは言えない乾燥した環境は樹皮中の有害生物の増殖を促し、そうなると薫蒸消毒処理が必要となる。薫蒸された樹皮は未処理樹皮と同じ高品質とは見なされない。, カシアは強くピリッとした香りで、パンを焼く条件に適しているため、パン焼き(特にシナモンロール)によく使われる。カシアの中で、チャイニーズシナモンは一般的に色は中くらいから明い赤茶色で、質感は堅く木質で、全ての樹皮層が使われているため他より厚い(厚さ2-3 mm)。薄い内樹皮のみが使われるセイロンシナモンは、より明るい茶色で、よりきめ細かく、より低密度で、よりもろい質感である。セイロンシナモンはカシアよりも繊細で香りが良いと考えられており、調理の間にその香りを失いやすい。, セイロンニッケイ中の抗凝血の働きがあるクマリンの量はカシアよりもかなり低い[32][33]。, これらの種の樹皮は肉眼で見える特徴と微細な特徴の両方で容易に区別できる。セイロンシナモンのスティック(クイル)は多くの薄い層を持ち、コーヒー・グラインダーなどを使って簡単に粉にすることができるが、カシアのスティックはより堅い。インドネシアシナモン(インドグス)は厚い一つの層から作られた整ったクイルとしてしばしば売られており、コーヒー・グラインダーに損傷を与えうる。サイゴンシナモン(C. sieboldii、シノニム:C. @@@@@@@@@@@@@@Ew‚Æ‚è‚ ‚¦‚¸—a‚©‚Á‚Ä‚æx @@@@@@@@@@@@@@Ew‚¨‹à‚Í‚±‚ÌŽŸ‚Å‚¢‚¢‚æx, @@@@@@@@@@¦@‚¢‚©‚É‚àuŠÃ‚¢—U˜fv‚¾B 薬物乱用において、甘い言葉で誘われることがある。言葉のやりとりに十分注意して被害に遭わないように 心がける必要がある。 そこで、乱用されている「薬物の隠語」や「誘いの言葉」を覚えておこう! @@@@@@@@@@@@@@Ew‚¿‚å‚Á‚Æ‚¾‚¯ŽŽ‚µ‚Ä‚Ý‚È‚¢x どうも、GANO(@Past_Orange)です。 以前このような記事を書きました。 このような卸売業界、市場業界の隠語は使いづらいようで知っていると便利な場面が時々あります。 特にこれから載せる数字の隠語は通常の生活で活かせる場面が多くあります。 では見ていきましょう! スポンサーリンク