と表記する書き方も一般的です。英文ビジネスメールのテクニック、マナーの一部として覚えてしまいましょう。, with thanks と感謝の言葉を添えることで「ご指摘ありがとうございます」的ニュアンスが加味されます。目上の人にも使える便利な言い方です。, I get it. の略で、受動態の understand を使って「その件は(個人・団体に)理解されている」という意味になります。, I get the point. も Certainly. O.K. 英語の否定文や疑問文は、中学から誰もが習う基本的な表現方法です。しかし、英語の場合、否定文や疑問文の作り方は文のかたちなどに依存して変化するため、一朝一夕で身に着けられるものではありません。, そこでこの記事では、英語の否定文・疑問文の作り方に着目し、パターン別にまとめました。うろ覚えの人は、この記事をぜひ最後まで読んでみてください。, まずは、英語の否定文を作るうえで必ず守るべきルールや、共通事項などを見ていきましょう。, 英語の否定文で最も頻繁に登場する単語が「not」です。notには、文意をひっくり返す役割があり、否定形でよく用いられます。, これ以降で説明する文にはnotが多く出てきます。しかし実はほとんどの場合、英語の肯定文と否定文の違いはnotがあるかないかの違いだけで、単語の順番などもまったく変わりません。否定文のテンプレート通りに、あるいは否定したいものの直前にnotを置くだけで、否定文を作ることができます。また、質問の回答としての否定文もルールは変わりません。, ところで、質問に返事をする場合、「あなたはバナナを食べますか?」→「はい、わたしはバナナを食べます。」と返事をしたら、冗長でくどい印象がありますよね。そうなることを防ぐ目的で、not以降の英文を省略して回答することがほとんどです。, また、英語では否定したい文の述語(V)が一般動詞か、それともbe動詞かで否定文の作り方が変わります。さらに、一般動詞の中でも、助動詞がくっついているかいないかでも、否定の形が変わります。, be動詞はam, is, areいずれの場合も、直後にnotをつけるだけで否定文になります。, is notはisn’tに、are notはaren’tに省略できますが、am notをamn’tと表記することはできません。そのかわり、I am notをI’m notにすることはできます。, 助動詞がない肯定文を否定文にしたいときには、主語Sと述語Vの間にdo not(don’t)、あるいはdoes not(doesn’t)をはさみます。, 英語の疑問文のパターンは様々ですが、基本的には、「前に持ってくるものを前に持ってくるだけ」です。何を前に置けばいいかさえわかれば、かんたんに作ることができます。, 以下で、「be動詞がある場合」「一般動詞がある場合」「助動詞つきの一般動詞がある場合」の3パターンを見てみましょう。, be動詞を含む肯定文を否定文にするときは、「S + be動詞」を、「be動詞 + S」にひっくり返すだけでOKです。, 一般動詞が述部に使われている英文では、もとの文の頭にdo, does didなどをつければ、疑問形になります。, 「can」や「will」などの助動詞があるときには、「S + 助動詞 + V」の形を、「助動詞 + S + V」にします。, Who, when, where, what, why, howの5W1Hのことを、英語では疑問詞とよびます。この疑問詞をつかえば、yes/ no以外の質問を作ることができます。, 上で説明した、yes/ no系の疑問文を作り、その文頭に疑問詞のどれかをくっつけるだけでOKです。, 付加疑問文は、notを加えて疑問文を投げかけることにより、「~ではありませんか?(~ですよね?)」という同意を求める英語の疑問表現です。, 関節疑問文の場合、通常の疑問文とは異なり、品詞の位置が入れ替わることがありません。「I know where is he.」はNGです。, 英語の否定文と疑問文はどちらも、もととなる肯定文にひと手間加えるだけで、かんたんにつくることができます。しかしながら、そのパターンはかなりの数があり、ひとつずつ正確に覚えていく必要があります。, 今回紹介したパターンで、英語の否定文と疑問文の大半をカバーしていますので、ぜひすべて身につけて、実践の場でどんどん使って身につけていきましょう。. または Okayでしょう。OKは「賛成」にも「同意」にも「承認」にも使える、汎用的で便利な表現です。, ただ、OKはけっこう軽い表現でもあります。やたらOKOKと言っていると「適当に返事しているな」というような印象を与えかねない懸念があります。乱発は控えましょう。, 口語表現では Okie-dokie という言い方もあります。OKを崩した派生表現、意味合いはOKと同じですが、使い所は多分にカジュアルで、おどけた印象を与える表現です。, Noted. 英語の否定文・疑問文の作り方まとめ. 中3です。英検準2級をこれまでに4回受けました。全部不合格でした。合格点1322点で、 1回目 1267点 2回目 1302点 3回目 1318点 4回目(今回) 1311点でした。 何度受けても受かる気がしません。私自身英語は好きではありません。強制で受けさせられています。 「付加疑問文」〜ですね。ですよね。と相手に確認や同意を求める時の言い方。会話では文末を上げて言うと「確認」文末を下げて言うと「同意」を求めます。基本となる文が肯定の時には、否定の付加疑問を付ける。答えはYes か No で答えます。 または Sure thing. とだけ言うこともありますが、これはIt’s understood. ” は『お返事お待ちしております。』という意味です。 英会話を勉強中の方・これから勉強したい方向けのサイトです。日常で使える英会話・英単語の紹介や、TOEIC点数アップのコツ・英語の勉強に役立つ情報の数々を紹介します!, 会話を円滑にしてくれる英語の相槌表現について見ていきます。   英語での相づちって、考えたことがありますか? ついつい会話についていくのに精一杯で、相槌までは考えていない方も多いのではと思います。   […], ついつい会話についていくのに精一杯で、相槌までは考えていない方も多いのではと思います。, 相手の話を聞き、理解していることを伝えつつ、それに対し自分がどう思っているのかを表現できるようになるために相槌ってとても大切なものです。, まず最初に、相槌として一番よく使われるパターンの、相手の意見を肯定する表現をご紹介します。, Yes以外にもたくさんの言い回しがあるので、是非自分に合った表現を見つけてみてください。, ただ、単体で使うと相手の意見をただ否定することになりかねないので、先ほどの肯定する表現と組み合わせると良いでしょう。, 驚いたときのリアクションの仕方、日本語でもたくさんあるのと同様に、英語にもたくさんの表現があります。, 最初はWow!やReally?ばかり使うのではと思いますが、他にも自分に合ったものを見つけて使てみましょう。, 続いては、良くない出来事が起こった時や、相手が悲しい気持ちの時に使うことのできる表現をご紹介します。, 英語での会話なら、まだ慣れないうちは使う機会の多いものですので、知っておきましょう。, be動詞か、動詞かで聞き方が変わるものですが、これも相槌としてとてもよく使われます。, ※上記のWonderfulとThat’s greatよりも少しカジュアルな表現です。, 中には、ビジネス場にはそぐわないカジュアルなものもあるので、使用するシーンに気を付けましょう。, ここでは、今まで紹介した中で、特にビジネスシーンで役に立つものをいくつか抜粋していきます。, 日本だと、うなずくことが相槌になりますが、海外では自分の気持ちをきちんと伝えることが大事です。, 相手を尊重しつつ仕事を円滑に進めるために、まずはしっかり相手の話を聞くことが大事です。, 毎回違う表現を無理して使う必要はありませんが、ワンパターンにならないように自分の気持ちに合った表現を覚えましょう。, ➡ 英語でのお悔やみとその返事を例文で解説!相手を励ます時やメール、手紙での言い回しも, ➡ snsで使えるスラング英語を紹介!インスタやツイッターで活用できるネットスラング.