受給世帯及び中国残留邦人等支援給付受給世帯, 市民税所得割合算額が77,101円未満(おおむね年収360万円未満相当)の世帯, 小学校3年生以下の子どものうち第3子以降の子どもが幼稚園を利用している世帯. 每到新生開學時,父母總聽說各種學費補助:「5歲念幼兒園有補助?公立私立有沒有差別?什麼時候該申請?找誰申請?」其實每學期這些補助由幼兒園統一向政府申請,並直接減免學費,父母不需要過於操心 … 設備豪華潔淨、全美語說故事...家醫科醫師:為什麼這些幼兒園,被我列入不往來名單?. 千葉県船橋市幼稚園・保育園の総合ランキングです。口コミをもとに算出した総合ランキングから千葉県船橋市幼稚園・保育園を探すことができます。[4ページ目] 令和2(2020)年4月9日更新. 私立幼稚園園児補助金 市内に在住し私立幼稚園に通う園児の保護者に園児1人あたり年額10,000円を補助しています。 補助を希望する保護者は、7月中旬頃に各幼稚園から配布される書類に必要事項を記入し、幼稚園に提出してください。 每到新生開學時,父母總聽說各種學費補助:「5歲念幼兒園有補助?公立私立有沒有差別?什麼時候該申請?找誰申請?」其實每學期這些補助由幼兒園統一向政府申請,並直接減免學費,父母不需要過於操心。但到底幾歲有補助、怎麼補助?BabyHome整理一張表格,讓您快速瞭解。, 教育部的「5歲幼兒免學費就學補助」,只要是滿5足歲幼兒,就讀公立幼兒園,可免「學費」,最高每學期可減免7千元,但請注意,家長仍需負擔除了學費以外的其他雜支;就讀私立幼兒園,也是補助「學費」,每學期最高1萬5千元。, 除學費之外,中低收入戶、或年度家戶所得總額30萬元以下,就讀公立幼兒園,每學期補助「雜費」及「代辦費」;私立幼兒園「雜費」及「代辦費」補助每學期1萬5千元。, 年度家戶所得總額30-50萬元,每學期補助「雜費」及「代辦費」;私立幼兒園「雜費」及「代辦費」補助每學期1萬元。, 年度家戶所得總額50-70萬元,每學期補助「雜費」及「代辦費」6千元;私立幼兒園「雜費」及「代辦費」補助每學期5千元。, 除了中央教育部有補助之外,台北市政府針對5歲幼兒亦有學費補助,更於105年度起,為降低公私立幼兒園學費差距,開辦4歲幼兒就讀「私立幼兒園」補助方案。凡設籍臺北市並就讀北市私立幼兒園幼兒,每學期可請領2,543元補助,含現行每月2,500元之育兒津貼,補助後每半年領取補助額度將與目前5歲就讀私立幼兒園大班幼兒相同(每學期17,543元), A:因為就讀幼兒園的收費項目中,包含學費、雜費、代辦費等費用,所以免學費並非免費。, A:計算標準為符合補助對象幼兒與其父親與母親(或法定監護人或養父母)合計之年所得總額。105學年度第1學期採計103年度綜所稅資料;105學年度第2學期採計104年度綜所稅資料。, A:符合補助資格幼兒,就讀公立幼兒園者,採幼兒入學時即不收取學費的方式辦理;就讀私立幼兒園者,園方可比照公幼於幼兒入園時即予減免,或採收到政府補助款後再轉撥給家長的方式辦理。, A:本補助的補助對象為當年度9月1日年滿5足歲之幼兒。如果是100年9月10日出生幼兒,於106學年度才可申請5歲幼兒免學費教育計畫補助。, 延伸閱讀:台北市政府「助妳好孕」專案內容也歡迎大家撥打全年無休而且免付費的「1957福利諮詢專線」, 華人爸媽關注度第一的親子社群媒體BabyHome,長期以來提供友善交流平台和多元服務,擁有百萬媽媽網友齊聚貢獻社群力量,成為父母眼中最具指標性的親子社群網站。www.babyhome.com.tw, 華人爸媽關注度第一的親子社群媒體BabyHome,長期以來提供友善交流平台和多元服務,擁有百萬媽媽網友齊聚貢獻社群力量,成為父母眼中最具指標性的親子社群網站。, 「請稍等」英文別直接中翻英說please wait a minute!一次掌握,常用的電話對談英文. ョン(令和2年度発行), 私立幼稚園における給食費の一部補助について(私学助成幼稚園), 私立幼稚園利用料の無償化について. © 2019 Business Weekly a division of Cite Publishing Ltd All Rights Reserved. なお、船橋市には公立の幼稚園はなく、すべて私立の幼稚園となります。 入園、募集人数、教育内容などの詳細については、各幼稚園等にお問い合わせください。 市内幼稚園の詳細は子育て情報誌「ふなばし子育てナビゲーション」にも掲載してあります。 ※令和2年4 学校法人浄智学園船橋幼稚園は、昭和10年12月8日、上宮 保育園として創立されました。保護者様のお力になれるよう教育相談に力をいれています。また、お弁当、図書などの昔ながらの文化を大事にした教育を行っています。 私立幼稚園(私学助成幼稚園)に在園する園児の給食費の一部を補助します。 私立幼稚園利用料の無償化について.