丁寧にこまめに拭うしかありません。, 女子でも男性用のクールタイプの リュックを背負っていると誰しも必ず背中に汗をかきます。 冬ならまだしも梅雨や夏場の汗やムレはとても不快ですよね。リュックを下したときに背中が汗でびっしょり。そんな経験誰しもしたことあるのでは? あまり知られていませんが、リュックの汗やムレを軽減してくれるアイテムが存� 首に軽いストールを巻いて ハンドタオルのような少し厚手の物にしましょう。, 汗をかいてしまうことは仕方がないので、 自転車 2016.12.28 東京のピストバイク・シングルスピード専門店、オススメ自転車屋4選 自転車 2016.12.30 自転車乗りが買いたいおすすめのリュック・メッセンジャーバック5選 バックパックにするから背中に汗をかくのであって「バックパックをやめてしまえば背中に汗をかかない」というわけで、ヒップバックで対策する人も多いようです。 2020 All Rights Reserved. 汗止めや汗拭き代わりにするとよいですよ。, 汗を拭くタオルは、ハンカチのように小さいものだと 4.服装・汗の悩み 〜 服装・汗の対策 〜 走行時に背中にタオルを一枚入れておく; 着替えと汗取りシートを用意しておく; 自転車通勤用のスーツを着る; 雨の日は自転車通勤しないと決めておく; 最後に、服装や汗の悩みがあります。 自転車用リュック(バックパック)は一般のリュックに比べ、汗をかきやすい背中やショルダー部分の通気性が高く、軽量につくられています。メンズ・レディース向けの商品があり、おしゃれなデザインが多いので通勤や通学で活躍してくれます。機能性は登山用リュックと似ており、荷物の量に合わせてコンパクトサイズや大容量サイズを選ぶことが可能です。今回はクロスバイクやロードバイクはもちろん、短距離ライドに適した自転車用リュックの選び方と、ドイターやシマノ、モンベル、エルゴンの商品をはじめとする、おすすめ商品を紹介します。ヘルメットホルダー付きの便利な商品や、価格の安い商品も掲載しているので、参考にしてみてください。, 自転車用リュックは、普段どのくらい荷物を入れるかによって容量を選ぶ必要があります。それほど荷物が多くないのであれば、10L前後の容量、長距離移動や荷物が多い場合は20Lまでの容量がおすすめです。荷物の量には個人差があるので、普段の荷物の量を考えながら選びましょう。日によって荷物の量が異なる場合は、マチ拡張機能付きで容量を変えられるタイプも検討してみてください。, 着替えなどの衣類をメインに持ち運ぶ場合はそれほど問題ありませんが、ノートパソコンやタブレット、その他の壊れやすいものを持ち運ぶのであれば衝撃から守ってくれる自転車用リュックを選ぶ必要があります。書類を入れるのであれば「A4サイズが入るサイズ」というように、どのようなものをメインで入れるのかを想像しながら選びましょう。, 荷物を楽に運べるのがリュックの良さですが、体への負担を軽減するために本体が軽量なものを選ぶことが大切です。目安としては荷物の重量を考慮すると1kgまでが望ましく、ほとんどの商品には本体の重量が記載されているので、選ぶ際に確認することをおすすめします。ただし、あまりに軽いものは耐久性が低かったり、収納部分が狭いことがあるので総合的に判断しましょう。, 自転車移動がメインの方は、普段の生活が天気に左右されると感じることが多いのではないでしょうか。移動中に雨が降ると一般的なリュックだと中の荷物まで濡れてしまうことがありますが、防水機能が優れたリュックだと急に雨が降っても安心です。ちなみに「防水」は生地自体が水を通さないものや、生地に加工を施してあるものを指します。「完全防水」は水を通さない生地であることはもちろんジッパー部分にも防水処理が施してあります。中の荷物を絶対に濡らしたくない場合は、完全防水タイプを選びましょう。その他にも本体の上部をくるくると巻いて水の侵入を防ぐロールトップタイプもあります。, 自転車の走行中は夏はもちろん年間を通して汗をかくので、体とリュックが接する部分が蒸れて不快に感じることが多いです。そのため、背中や肩の部分にメッシュ素材を採用して通気性を高めた商品を選ぶ必要があります。販売されている自転車用リュックのほとんどはメッシュ素材を使用してあり、蒸れによる不快感を軽減できるメリットがあります。, 自転車用リュックの装着感が優れているほど快適に走行できます。装着感がいまいちだと走行中に左右に動いたりと一体感に欠ける傾向があります。装着感にこだわってつくられた商品を選ぶことができれば、リュックを背負っていないような感覚を得ることができます。また、自転車用リュックは一般的なリュックと背負い方が異なることが多いので、各メーカーの特色を押さえておきましょう。, リュックを背負ううえで大切なのは、しっかり固定ができるかどうかです。特に肩紐のずれがあると、こまめに肩に掛け直すことになるので、使いにくさを感じる原因になってしまいます。また、走行中にハンドルから手を放すことは危険を伴います。そのため、肩やウエスト部分でしっかり固定できるかどうかを確認することが大切です。商品を選ぶ際は、固定方法とその扱いやすさを必ずチェックしてください。, 丈夫なリュックが欲しいのであれば、耐久性の高さをチェックしましょう。主にチェックしておきたいのは生地の強さです。1,050デニールナイロンやバリスティックナイロンを採用した商品を探してみてください。アウトドア環境や摩擦、衝撃などにしっかり耐え、長く使うことができます。, せっかく自転車用リュックを買うのであれば、見た目にもこだわりたいですよね。スポーティーなデザインはもちろんビジネスシーンに適した落ち着いたデザイン、街乗りに適したカジュアルなデザインもあります。国内外のブランドから販売されているので、好みや使うシーンに合わせて選んでみてください。, 自転車用リュックを探しているとメンズ向けや男女兼用のデザインがやや多く感じますが、女性向けのデザインも販売されています。女性用は幅と丈が短めにつくられており、通常よりもコンパクトです。見た目が比較的スリムでフィット感も良くなるので、小柄な女性にはレディース向けをおすすめします。, リュックに多く荷物を詰め込むと、どこに何があるか分からなくなってしまいがちです。ポケットが細かく分かれているほど整理がしやすくなり、取り出しもスムーズにできます。背負ったままでも小物をさっと取り出せるように、サイドポケットが充実した商品もあります。, 自転車用リュックには小さく折りたためるものや、ドリンクやヘルメットをバッグに固定できる商品もあります。ヘルメットが固定できれば、カゴがない自転車でも片手がふさがらずに済みます。また、レインカバーが付属した商品もあるので、防水性がそれほど高くない商品を買った場合でも雨に濡れるのを防ぐことができます。リュックのスペックに加えて、付属品もチェックしてみてください。, シマノのサイクリングバッグです。重量は780gです。カラーはブラックです。全天候型素材を使用しているので、撥水性もありアウトドアでも使いやすいです。フロントのバッグは全開するので、物の出し入れに便利です。収納オプションがたくさんついているので、物の仕分けがしやすく整理しやすい、サイクリングバッグを求めている方におすすめです。, エルゴンのバックパックです。カラーはブラックです。収納可能容量は10Lで、重量は930gです。最大荷重は9kgになります。素材はナイロン・ポリエステルを使用しています。専用のレインカバーが付属しているので、雨が降った時にも使用することができ便利です。容量が多く機能性に優れた、バックパックを求めている方におすすめです。, 防水素材を使用した、モダンなデザインの市街地用デイパックです。耐摩耗PUラミネートナイロン生地とクイック・アクセス・ロール開閉で雨などから荷物をしっかりと保護します。ノートPCやタブレットはパッド入りのスリーブに収納できて安心です。また、胸と肩の部分のストラップにはフォームパッドを入れ、快適な使用感です。, ドイターのバックパックです。サイズは縦480mm×横320mm×マチ180mmです。B4サイズまで収納することができます。カラーバリエーションは、グラファイト×ブラック・アークティック×ネイビーの2色展開です。ソール素材はナイロンを使用しています。自転車で通勤・通学する際に使いやすいバックパックを求めている方におすすめです。, Paladineerのサイクリングバッグです。約480gの軽量設計で身体への負担を減らし、通気性の高いメッシュ素材や幅の調節が可能なショルダーベルトにより、男女問わず快適に背負えます。耐久性と撥水性にも優れ、急な雨でも安心です。もちろん収納力も高く、8Lのメイン収納に加えて、底部ポケットやストラップポケットなどがついています。軽量なサイクリングバッグを探している方におすすめです。, DOPPELGANGERのバイシクルエコリュックです。収納サイズは約150mm×190mmとコンパクトながら、展開時は約10Lのバッグ容量を確保できるのが特徴です。バッグ内部の小物ポケットが収納袋にもなるパッカブル仕様で、必要な時にさっと広げ、使い終わったらすぐ収納できます。軽く丈夫で長持ちする40Dナイロンファブリックを使用しています。かさばらないリュックを探している方におすすめです。, サイクリングやトレイルランニング、登山など多用途に使用しやすいサイズ感のバックパックです。背中側とショルダーベルトにメッシュ素材を使用し、長時間の運動でも蒸れにくく快適に過ごすことができます。また、メインの収納部の他に4箇所のファスナー付き収納部と2つのボトルホルダーを用意しています。さらに外側にはヘルメットホルダーも完備しています。腹部とウエスト部にはストラップをつけ、フィット感も抜群です。, スマホホルダーを使用して自転車にスマホを装着することで、サイクリングの際にマップやナビを安全に見ることができます。様々なタイプの商品を紹介しているので、興味のある方は参考にしてみてください。, 自転車用のスマホホルダーは、ロードバイクやママチャリといった自転車のハンドルにスマホを固定できるアイテムです。停車中に地図アプリで位置情報を確認したい方や、健康管理アプリを使用する方にもおすすめです。スマホ全体を覆うケースタイプや、スマ…. ママチャリでは走れてもクロスバイクやロードバイクでは走れない道や気をつけたいポイント, BICYCLE CLUBの付録の財布を参考にロードバイクやクロスバイクの自転車用の財布を考える. 場の汗対策は自転車通勤における最も大きな課題の一つです。 7月~9月のハイシーズンは言うまでもなく、春や秋にも暑い日があります。 夏の汗対策として私自身が実践しているポイントを取り上げてます。 汗をかくのは止められませんが、汗によって困ることを抑えたいですね。