-2019/04/25 万が一の紙詰まりの際に大切な原稿の破れを防ぐ原稿保護機能も搭載していて安心です。また、ScanSnapと同様の操作性のスキャンソフトも付属しているので、ScanSnapに馴染んでいる方にもお奨めします。Macには対応しておりませんのでご注意ください。, メモリ:8GB以上, ストレージ:SSD120GB以上, ディスプレイ:15インチFHD液晶以上, ワイヤレス:IEEE 802.11ac/a/b/g/n, 【店長からひとこと】スキャンデータのファイル名を本の名前にリネームしたり大変ですよね。バーコードリーダとフリーの, PaperStream IP(TWAIN/ISISドライバ),PaperStream Capture, ScanSnap Manager for fi Series. -いろいろレンタル 自炊・電子書籍化キット ix1500 fi-ix1500(スキャナー)+ pk-513ln(裁断機)詳細ページ。スキャナーなどのpc・オフィス用品はdmmで手軽にレンタル! レンタル期間を変更して、再度バスケットに登録しますか?, レンタル期間は最短2日間からで1日単位で期間を設定でき、最長で30日間レンタルできます。 ・読取速度(A4縦)両面・片面 80枚/分, ・対応OS: Windows 10/ 8.1 / 8 / 7 / macOS Catalina v10.15 / macOS Mojave v10.14 (製品詳細), 【店長からひとこと】毎分80枚と驚異的なスキャン速度の業務用スキャナです。とにかく作業時間を短縮したい方にぜひオススメいたします。原稿保護機能も充実していて高速でも安心感があります。, ・読取範囲 最大: A3縦(297mm x 420mm) 大型裁断機と高速ドキュメントスキャナ(ScanSnap S1500)のセットを7日間4,480円、30日間8,980円でレンタルしています。本やコミックなど蔵書の電子化(自炊)にどうぞご利用ください。 【店長からひとこと】限られた時間でもっと多くの本を電子書籍化したい忙しい貴方に。スムーズ動作の最新ドキュメントスキャナで作業がはかどりますよ!! -いろいろレンタル -いろいろレンタル -いろいろレンタル -2017/01/10 -いろいろレンタル 購入・利用済み, むんちゃいさんのレビュー 購入・利用済み, く?ぁれさんのレビュー 購入・利用済み, 山田Mさんのレビュー 購入・利用済み, アイランドホッパー13さんのレビュー -いろいろレンタル -いろいろレンタル 購入・利用済み, michael0001さんのレビュー -2020/08/12 購入・利用済み, 断捨離男爵さんのレビュー 【店長からひとこと】本の自炊では定番の組み合わせです♪ どんどん電子化してスッキリしてくださいネ!! -2019/05/15 -いろいろレンタル 【裁断機】サイズ:W455×D120×H190(mm)、重さ:5.4kg、包装単位(台):1/4、裁断能力:約5.5mm(PPC用紙64g/m2換算約60枚), ①本体、②ACケーブル、③ACアダプター、④USBケーブル、⑤スタートアップガイド、⑥安全上のご注意、⑦名刺/レシートガイド、■セット付属:①裁断機 PK-113、②補助ガイド、③単4形乾電池×2、④取扱説明書, ※同一商品が複数含まれる場合(セット商品内の商品との重複を含む)は販売対象外です。, 10,580 【店長からひとこと】本など裁断しなくてもスキャンできますので、大切な蔵書やアルバム、絵本など、これまで自炊できなかったものに最適ですね。当店オリジナルのアクリルブックプレッサーでシワ無くキレイにスキャンできます。便利なフットスイッチもぜひご活用ください。, ※上記以外のセットレンタル、単体レンタル、オプション等の完全な料金一覧については、こちらをご覧ください。, ・比べてください!スキャレンは往復とも送料が無料♪ ※本州・四国以外は追加料金が必要です. 65(61件のコメント), ネタバレ -2020/08/18 女性、年配の方には特にお薦めですよ。. ドキュメントスキャナ「ScanSnap」を使って、自宅の紙を極力無くす完全な「自炊」、いわゆるペーパーレスの生活を始めて早7年になります。, ここまで長く続けてくるには、独身時代から家族を得る時期を経る中でいくつかコツがありました。, ここで言う「自炊」は、紙媒体のものを自宅でデータ化することを指します。スキャナでもカメラでも、データ化する仕組みは問いません。, これが”完全”な「自炊」となると、もちうる紙媒体をすべてデータ化して、すべて廃棄していくことを指します。, いわゆる「ペーパーレス」というヤツです。2000年代にオフィスで流行ったりましたが、自宅でも十分にできる時代となりましたね。, この完全な「自炊」の要(かなめ)となる機材はこちらです。このページに辿り着く方は既にご存知だと思いますが。, これまで確保していた場所をポッカリ空けられます。最も影響が大きい本棚をはじめ、デスク、トレイ、押し入れ えとせとら。。。当然ですが、物理的に保管するモノが無くなれば、保管する機材自体も不要になるわけです。, もちろんこれは徹底する度合いにも寄りますが、少なくとも匠の家から本棚はなくなりました。狭い我が家にピッタリなメリットというわけでした。狭いのは都会のせい。。。, 自炊したデータ(以下、文書)は、その保管先を工夫することによって、いつでもどこでも見ることができるようになります。, まず文書の参照には、いまどきスマートフォンもしくはタブレット端末は必須。むしろ、それらがあれば文書をいつでもどこでも携帯できることが最大のメリットになります。, 例えば、パソコンと ScanSnap で文書をPDF形式で自炊した後、iTunes経由でスマホのPDFを閲覧するためのアプリに保管すれば、いつも閲覧できます。無料のドキュメント管理アプリでも良いのですが、いろいろと書き込みをしたい時も多いので、匠はこちらを活用しています。, また、一枚ペラのプリントやチラシなどのちょっとした紙媒体なら、下記のアプリを使って手軽にPDF化することもできます。スマホでの自炊は、数枚だけなら非常に手軽です。また、無料アプリでも良いですが、歪み補正などの機能が充実しているこちらを使う方が、結果として手間が少なく済むとの結論に至りました。, 加えて、散らばりやすいレシートは、店員さんから貰ってすぐにZaimでスキャンして捨てています。コンビニのレジ横とかでパシャっとやって、レシート入れにポイ。これも手軽で便利です。, 次に、保存先については、先程のように、パソコンを母艦として毎回ケーブル接続して必要な文書をスマートフォンに転送するのも良いですが、ちょっと手間がかかってしまいます。, 自炊した文書をオンラインストレージサービスに保管しさえすれば、スマートフォンだろうが、タブレット端末だろうが、パソコンだろうが、デバイスに依存すること無く、オンラインストレージサービスの対応アプリがあれば文書を読むことができるからです。もう今時オンラインストレージサービスなんて、普通になってしまいましたしね。, 選択肢としてはたくさんあって、iCloud Drive、Dropox、OneDrive、Box、SugarSync えとせとら。どれを使っても一長一短ありますし、容量も限りがあるのですが、正直どれでも良いです。, ちなみに、匠は 有償サービスを契約している Dropbox を利用しています。変更履歴が全部残っていて、間違って消したファイルを簡単に元に戻したりできますからね。, こうしてオンラインストレージサービスと携帯端末(スマートフォンやタブレット端末)を使って文書を見る生活に慣れると、特に最も便利に思うのは書籍です。重いハードカバーの書籍であっても、データにしてしまえば持ち運びだって楽勝です。そして、ふっと必要になったとき、あるいは読みたくなったときにすぐ読める、隙間時間の活用といった点にピッタリで、その利便性の高さは圧倒的です。もうそれは依存症状さえ出るレベル!, そのため、「これはいるかも。。。」とか「捨てて良いのか悪いのか分からない」なんて思いはしません。そして、その思いで悩んで部屋が散らかることはなくなります。, たとえば、捨てることを前提に考えるわけですから、雑誌や郵便物などの長期に保管する必要がない文書はさっさと自炊して捨てます。残すことも場所も考えません。一度見て自炊して捨てる。さっさと捨てます。, そうすると、残す文書を何にするかということだけを考えておけばよく、その類の文書は生活の中でごくわずかです。, 慣れないうちは残したくなるかもしれませんが、「これは必要ならスマホで見せれば良いのではないか」「これは必要になったら印刷しても代用できるのでは無いか」といった問いかけを自分にするだけで答えは自明になります。ほぼ、全て捨てられます。, この考えが習慣になると、かなり楽です。よほど貴重な資料や文書でない限り、迷うことは無くなりますし、部屋が散らからなくなります。気持ちも部屋もキレイになるんです!, ここからは、実際に「自炊」生活を実現する、あるいは継続するためのコツを紹介していきます。, 基本的には、白黒でのスキャンを中心にするとデータサイズがおさえられて良いです。カラーページがある場合には、別にスキャンして、後で結合した方が文書サイズがかなり減らすことができます。, ちなみに、書籍の場合、どこまでスキャンするかは最初のうちは迷いますが、自分が残したい範囲だけスキャンすれば良いと思います。匠は、どうせあまり見ないので、表紙と内容のほかはスキャンしないことにしています。特にマンガ。, このとき、書籍の内容(コマ割りなど)を見て、