DTPにおけるもっとも基本的な作業と言えるのが組版レイアウト作業です。レイアウト作業では、テキストボックス(フレーム)や画像などを適切な位置に配置し、テキストを流し込み、スタイルや属性を適用するといった処理が行われます。, この作業はDTPの作業において大きなウエイトを占めており、そこにどれくらいの手間が掛かるかによってDTP工程全体の効率が大きく左右されます。, テキストや画像などのパーツが細かく分かれていて複雑な配置をしなければならなかったり、テキストの属性が複雑に組み合わさっているような場合、それをひとつずつオペレーターが処理していくとなると、かなりの時間が掛かります。しかも、オペレーターの作業が煩雑になればなるほどミスの可能性も高くなり、それをチェックしたり修正したりする時間も増えていくことになるわけです。, こういった場合、オペレーターが目で確認しながらひとつずつ作業するのではなく、ソフトが自動的に処理を行うことができれば、作業時間が短縮できるだけでなく、ミスの数も減らせるはずです。こういった自動的なレイアウト処理のことを自動組版と言います。, 自動組版は人間の作業をソフトにやらせるものですが、人間の作業全てがソフトに置き換えられるわけではありません。たとえば、テキストや画像が全部揃っているとしても、それだけではソフトは何も処理することはできません。どの部分をどう処理するかということは人間が指定しなければソフトで勝手に判断できないのです。, 自動組版の指定を大きく分けると、「組版の指定」と「データの指定」の二つになるでしょう。組版の指定とは、実際にパーツをどのように配置し、どのような書式や属性を与えるかを指示することを意味します。これをテンプレートとか雛型などと呼びますが、いわば自動組版における設計図としての役割を担うものです。, データの指定とは、データのどの部分をどこに入れていくかを指定するというものです。たとえば、通常の組版作業でも、原稿の①の部分のテキストを指示書の①の位置に入れる、といったように原稿と指示書で合番を使って指定するということが行われてきました。この合番と同じことを、ソフトに解釈できる形で指定するわけです。, テンプレートを作る作業は、一般的なデザイン作業と変わりません。ただし、自動組版ではさまざまなデータが流し込まれることになるため、どのようなデータが流し込まれても問題ないようなデザインであることが求められます。テキスト量の多いものが流し込まれると行が増えて収まりきらなくなるデザインや、異なる形の画像が流し込まれると文字が重なって見えなくなったりするようなデザインでは困るのです。, 逆に言うと、原稿となるデータを事前にテンプレートと対照して調べ、流し込んでも問題が起きないかどうかをよく確認することが大切だということになります。, 一般的なデザイン作成作業では、ある程度適当に作っておき、実際にレイアウトしていくうちに問題が生じればその都度対処していくということが可能ですが、自動組版の場合、人の作業が入れば入るほど自動化のメリットはなくなっていくわけで、可能な限り自動処理できるような指定が必要になります。, データの指定は、キーワードを使うのが普通です。たとえば、不動産の物件チラシを作るという仕事で、原稿データがExcelの表の形で作られていたとします。この場合、横の各行をそれぞれ一つずつのレコード(物件と言い換えられる)、縦の各列をそれぞれ一つずつのフィールド(要素と言い換えられる)と考えると、各フィールド(要素)をひとつずつテンプレートの所定の部分に当てはめておき、自動処理によって全レコード(物件)を一気に処理するという考え方になります。, 表の先頭の行に見出しとしてフィールド名を入れておき、そのフィールド名をテンプレート中で指定すると、自動処理を行う際にはフィールド名をキーワードとして各レコードごとにフィールドを探し出し、テンプレートのフィールド名と置き換えて流し込まれるというわけです。, 自動組版は、オペレーターが作業するより効率的かつ正確な処理ができるというのがメリットです。しかし、それにはそれを可能にするだけの条件が揃っていなければなりません。, たとえば、処理そのものは効率的であるとしても、そのためには自動処理に適したテンプレートを作らなければなりません。通常のデザインテンプレートよりも緻密なテンプレートが求められるため、この作業にはある程度の時間がかかります。つまり、実際の組版作業だけでなく、事前のテンプレート作業を含めてどれくらいオペレーターの手作業より効率的かを考えなければならないわけです。, テンプレート作成の作業が複雑で、それに比較すると処理する量が少ない場合は、自動組版にすることでかえって時間がかかってしまうという事態もあり得ないわけではありません。作業後にデザインが変更になり、テンプレートを作り直すようなケースだと、あらためてテンプレートを作成しなければならず大幅に余計な時間がかかってしまったということもあります。, また、原稿がきちんと整っていればいいのですが、形がバラバラで、しかも部分的にしか渡されないといった場合は、自動組版をする前にデータの整形をしなければならず、しかも、手作業の部分が多くなったりして、やはり自動組版のメリットは生かされないことになってきます。, 人の手作業が入るということは、正確性が確保されないということにつながります。たとえば原稿自体に修正が入ってあらためて自動処理をやり直した際、手作業でやった部分をやり忘れてしまうかもしれません。, 自動化できない要素がある場合も、自動組版に向かない仕事と言えます。たとえば、処理の途中に人がデザイン的に判断しなければならない部分があるものなどは、ソフトで処理できないこともあります。, 自動組版は、コンピュータを使うDTPならではの強力な武器と言えますが、実際にはどんな仕事にでも使えるというわけではなく、かなり仕事を選ぶものです。特に原稿の入る流れや全体のワークフローに左右される部分が大きいため、自動組版を採用する際には事前によく検討することが大切になります。. パワフルで簡単なInDesign自動組版をあなたに! 使用した月の月額料金制でリスクなし! デザインベースのテンプレートで、だれでも簡単にテンプレートが作成できます。 XMLタグを使用していないので、オペレーターの負担がありません。 エクセルファイルから美しい表組を簡単に作成できます。 自動組版は人間の作業をソフトにやらせるものですが、人間の作業全てがソフトに置き換えられるわけではありません。 たとえば、テキストや画像が全部揃っているとしても、それだけではソフトは何も処理することはできません。 こんにちは、CMB室の藤田です。 先日、大型の自動組版案件が完了しスクリプトをいくつか作成しました。苦労することも多々ありましたが、AppleScript ならではの自動化ソリューションができましたので実績紹介も兼ねて紹介していこうと思います。今回は FileMakerPro から InDesign All Rights Reserved. th {font-size: 13px; white-space:nowrap;} 先日、大型の自動組版案件が完了しスクリプトをいくつか作成しました。苦労することも多々ありましたが、AppleScript ならではの自動化ソリューションができましたので実績紹介も兼ねて紹介していこうと思います。今回は FileMakerPro から InDesign でコマを作成するスクリプトについてです。, そもそも自動組版とはなんでしょうか? あまりポピュラーなキーワードではないかもしれません。DTP でいう「組版」とは簡単にいうとカタログや書籍など印刷物の誌面(版)を、レイアウトソフトを使って作成する(≒組む)ことです(このレイアウトソフト、かつてはQuark社の QuarkXpress がメジャーでしたが、今では Adobe 社の InDesignにその座を奪われています)。このレイアウト作業をプログラムを使うことによって、手動作業ではなく自動で行うことを自動組版といいます。, なおタクトシステムではInDesign(または Illustrator)と、Microsoft Excel や FileMakerPro などのデータベースソフトを連動させた定型レイアウト作成ソリューションを、自動組版としてサービス展開しております。, macOS 環境で AppleScript を活用した組版データ作成を弊社では得意としております。, 今回は FileMakerPro データベースをもとに InDesign で商品カタログ用のコマを作成するスクリプトについて紹介します。コマとはカタログによくある商品ごとのカセットです。, FileMakerPro からこのコマと呼ばれるファイルを InDesign で作成します。FileMakerPro は AppleScript のコマンドが非常に充実しているので、アプリケーション間でダイレクトにデータを渡すことは得意とするところです。まさに AppleScript との連動は自動組版で活用するためにあるような組み合わせです。, AppleScript で FileMakerPro と InDesign を連動, 今回の案件では、FileMakerPro データベースはクライアントから提供されておりました。データベースには商品に関するスペックがレコードごとに格納されています。, 実際の動きは、スクリプトをクリックすると FileMakerPro のレコードごとに InDesign テンプレートの該当する箇所にテキストや画像がセットされるという流れ作業です。この作業をレコードのぶんだけ繰り返し行います。下の GIF 動画はデータベースから自動組版が行われる様子です。FileMakerPro は表示していませんがデータを直接 InDesign へ渡し、コマのレイアウトを調整しています。レコードごとにファイルを作成するという流れになっています。, InDesign での自動組版というと標準機能でデータ結合や XML の読み込みがありますが、複雑な体裁や自由度を効かせたい場合はあまりうまく処理できません。そんな時に AppleScript が威力を発揮します。, 今回の自動組版開発で最も複雑だった処理が表組の作成でした。商品名やキャッチコピーなどは InDesign のテキストフレームへテキストをそのまま入れるので単純な処理なのですが、表組は項目内容も行数も列のサイズもコマごとに違います。データベースの内容に合わせて表組を柔軟に変化させなくてはいけません。, というわけで、データベースの表組に合わせてコマでも列を作成し左右幅に合わせてサイズを自動調整する仕組みを考えてみました。, 今回作成したコマは約700個で、作成にかかった時間は約2時間でした。だいたい1コマ10秒の計算です。スクリプトを実行したら放っておくだけで作業が勝手に終了し、あとは若干の微調整は必要ですがそれでも手作業に比べたら圧倒的な時間短縮となります。, 実際は、コマ自体のサイズもいくつか種類があったり、画像ファイルを複数配置したりともっと複雑な仕様だったのですがここでは割愛します。 次回はこの作成されたコマをもとに台紙に自動でレイアウトするスクリプトについての紹介です。. ナンバリングくん5 InDesign」は、InDesign用の自動ナンバリングソフトです。 チケットや会員番号など、個別のナンバーを入れて印刷をすることができます。 InDesign対応自動組版ソフトSpicyLibraCS5.5 GS1データバーのサポートへ,DTP-S(誰でもできるDTPのために)主宰の上高地 仁(かみこうち じん)のブログです。印刷会社や印刷に関わるあなたのためのノウハウやニュースが満載です。 展示会やGoogle検索で見つかった自動組版製品やサービスで、商業印刷向けと思われるものを掲載しています。価格の目安は消費税8%を加えたものです。順次消費税10%込みの価格に切り替えていきます。, td {font-size: 14px; line-height:18px; text-align: left;} ソフト詳細説明. a {fon-size:16pt;}, 印刷会社が自動組版を行うためのクラウドサービスです。「自動組版」で検索するともっと多くあるのですが、「Webブラウザ上で直接入力して無人組版を行うもの」は外しました(単にレイアウトソフトをクラウド化したものと判断しました)。CSVなどのテキストファイルをアップロードしたり、データベースに登録した商品データを一気に組み上げるものに絞っています。, 掲載漏れや間違いがありましたら、問い合わせフォームより、問合せ区分を「ホームページの問題・要望」として連絡を頂けると幸いです。, 何でも可。オブジェクト数が多くなると重くなるので、適宜ファイルを分割することが必要, 何でも可。スクリプトはAppleScript、JavaScript (V8ベース), 最低価格製品を挙げるとすればこれ。商業印刷で使われることはまずない。VBAでどこまでできるかチャレンジする価値はあるかも, ※Adobe FrameMakerは「ドキュメントプロセッサ」だと思っているので外しています。, コマ組専用。サポートするIllustratorのバージョンに注意。デモ版で要確認。, InDesign/ InDesign Server/ Illustratorプラグイン. 組版用テキストデータを読み込み、ドキュメントに項目名のスタイルやLinkCube 自動組版用スタイルを作成します。 読み込んだ項目名を段落スタイル、文字スタイル、オブジェクトスタイルや表スタイルにすることができます。 自動組版のためのクラウドサービス. FileMakerPro は AppleScript のコマンドが非常に充実している, 1列目と価格列は固定幅なのでそれ以外の列で調整しています。また、列項目が増えた場合は追加も行います。, 表組を含んだテキストフレームの位置は、表組下部の商品説明文から行数を計算しコマの下に移動しています。. Copyright © TACT SYSTEM Co. Ltd. All Rights Reserved. 印刷会社が自動組版を行うためのクラウドサービスです 。 「自動組版」で検索するともっと多くあるのですが 、 「Webブラウザ上で直接入力して無人組版を行うもの」は外しました(単にレイアウトソフトをクラウド化したものと判断しました ) 。 Copyright © TYnow=new Date();document.write('-'+TYnow.getFullYear()); Informe.