胸が垂れるのは女性だけの悩みだと思っていませんか?実は!男の胸も加齢によって垂れてしまうんです。今回は、オヤジの胸のたるみを防ぐ「大胸筋上部」トレーニングについてご紹介しま … ・寝る前や遅い時間の食事を避ける, どれも、言われると「当たり前では…」と思われる男性も多いと思います。しかし、胸のたるみに悩む男性は、意外とこうした当たり前の生活ができていない方が多いのも事実です。こうした食生活を意識すれば、余分な脂肪を胸につけることを防ぐことにつながります。, 食生活の改善と合わせて、ダイエットサプリを利用することも脂肪を減らすのに効果的です。, ダイエットサプリには「脂肪の分解、燃焼をサポートする効果」「脂肪の吸収を抑制する効果」が期待できます。, バランスの良い食事、適度な運動と組み合わせることによって、よりダイエット効果が期待できます。, 生活習慣では、睡眠がポイントです。睡眠不足はホルモンバランスの乱れや食べ過ぎの原因となり、脂肪の増加につながる原因となります。, 忙しい男性も多く、急に生活習慣を変えるのは難しいと考える男性も多いです。しかし、自分のできる範囲から始めてみることが重要です。, 胸の脂肪がたるむ原因に「筋力の低下」と「生活習慣の乱れ」を紹介しましたが、有酸素運動によってた胸のたるみの原因となっている脂肪を燃焼させてしまうことが重要です。そこで、胸の脂肪を落とす対策として、まずは有酸素運動を取り入れてみましょう。, 有酸素運動とは、ジョギングや水泳、サイクリングなど、体内に酸素を取り込むことで脂肪をエネルギー源とする運動です。有酸素運動はカロリー消費が大きいため、胸のみならず、全身の脂肪をとるのに効果的です。, ランニングや水泳といった有酸素運動は、そこまでハードルが高いものではありません。気軽に始められる運動なので、忙しい男性でも実践できる運動として非常に手頃です。, もし外で運動することがなかなかできないという方は、以下のような自宅でもできる有酸素運動をやってみましょう。, 肩甲骨のストレッチも効果的です。肩甲骨のストレッチによって、何故胸のたるみの原因である脂肪が落ちるのか?と思う方も多いと思います。, 実は、肩甲骨の周辺には褐色脂肪細胞という細胞があります。この褐色脂肪細胞には、脂肪を燃焼させる効果があり、刺激して細胞の働きを活発にすることで、胸の周りの脂肪を燃焼させることができます。肩甲骨のマッサージには、肩を回す、自分で揉む、人に揉んでもらう、ストレッチポールなどの運動器具を使って行う方法など数多くあります。, 肩甲骨マッサージの利点は、オフィスなどで空いた時間に気軽にできる点にあります。有酸素運動などの時間を取れない、忙しい男性の方には非常におすすめの方法です。, 胸のたるみを落とす方法として最もイメージしやすいのがおそらく筋トレではないでしょうか。胸のたるみの原因である脂肪を、筋肉に変えてしまうのも効果的です。胸の筋肉をつけるトレーニングには様々なものがあります。ご自宅でできる手軽なものとしては以下のようなものがあります。, また、ジムに通い、ベンチプレス等の器具によって筋肉をつけていくことも有効です。ただし、胸の筋肉は一朝一夕につくものではありません。どんな方法でも時間と努力を要します。継続的に続けられる、自分にあった方法を見つけることが重要です。, 色々なダイエット方法を試したが、胸の脂肪がどうしても落ちないという人には、メンズエステをおすすめします。, メンズエステのメリットは、気になる部分に対してピンポイントに施術を行なってくれるため、胸であれば胸の脂肪をピンポイントで落とすことができます。, また、サプリやメンズエステを取り入れると、より効果的にダイエットができるので、一度お試しいただくことをおすすめします。. 30歳を過ぎた頃から男性は健康に関する悩みが増え始めますね。その中でも体形の変化はかなり深刻な悩みです。お腹が出てきたり、顔が丸くなったり、体系の悩みは尽きることがありません。単純に太るだけならまだしも女性のように胸が大きく、垂れてきてしま… ベンチの背もたれを約30度くらいにまで傾け、ベンチプレスを実施します。角度がキツすぎると三角筋の動員率が高まりますので、控えめな角度にした方が良いでしょう。バーを降ろす位置は普通のベンチプレスより若干高めを意識し、乳首と鎖骨の中間地点を意識します。バーベルはあくまでも地面に垂直に。自分の体が傾斜しているので、その分斜めに刺激が入り大胸筋上部が刺激されるのです。, 次に、二つ目は「リバースグリップ・ベンチプレス」です。これはちょっとマイナーな種目なのですが、大胸筋上部及び三角筋前部に新鮮な刺激を与えてくれる素晴らしい種目です。, やり方は特に難しい事はなく、ベンチプレスのバーを逆手にグリップするだけです。上下させる手の位置は普通のベンチプレスよりも頭部寄りになりますね。, 一つだけ注意するべきは、ラックアップが難しいという点です。補助についてくれる人がいない場合はセーフティーバーの上にバーベルを置き、バーベルをみぞおちのあたりまで移動させてそこから持ち上げるようにした方が良いでしょう。その場合、セーフティーバーの高さは自分の体がギリギリ収まるところに調節してくださいね。, 大胸筋は左右の腕の付け根から中央の胸骨に向かって扇状に広がっている筋肉ですから、基本的に筋繊維を動かす方向としては横方向になります。ただ、敢えて縦方向に大胸筋を動かすことで新鮮な刺激を与えることができるのです。, その最も効果的な種目が、ダンベル・プルオーバーです。ベンチに肩甲骨を乗せ体幹に力を入れて腰の位置をキープします。手には両手で一つのダンベルを持ち、頭上から後ろ側へ肘を伸ばした状態のままぐーっと下ろしていきます。大胸筋に縦方向のストレッチが掛かっていることを確認したらやはり肘を伸ばしたまま頭上へと戻しましょう。, ダンベル・プルオーバーはコツを掴むまではちょっと難しく、刺激が背中側にいきやすいのですが、上手くすれば大胸筋の厚みを作るのにとても役立ちます。まずは軽めの重量で丁寧に練習してみましょう。, 自宅で最も簡単に大胸筋上部を鍛える種目といえば足上げプッシュアップでしょう。初心者の方であれば他の種目は行わずともコレだけで十分と言えます。, やり方は簡単。足をイスやソファ、ベッド等に乗せて腕立て伏せをするだけ。通常の腕立て伏せよりも手を頭側に置き、脇が縦方向に少し広めに開くようにします。インクラインベンチプレスを上下ひっくり返したようなイメージですね。, 多少、三角筋の前部にも刺激が入っても構いません。体力によって足を上げる高さを変え、最低でも1セット10回、これを3セット行います。. 下手したらお腹より目がいく — もうやん@小学5年で脂肪肝 (@be_handsomeboy) April 19, 2020. 今回は、胸の脂肪落としたい人に向けた「胸の脂肪を燃焼させる方法」をご紹介していきます。, 男なのに、まるで女性の胸のような脂肪が付いてしまっている。肥満ではないのに、なぜか胸の脂肪が目立つなどのお悩みをを持つ男性も多いのではないでしょうか。特に、海やプールに行く機会の多い夏シーズンなどは、脂肪のついてしまった胸では人前を歩きたくないという方も多いです。, 胸に脂肪がついてしまう原因は、一体何なのでしょうか?その原因は大きく2つあります。胸に脂肪がついてしまう大きな原因の一つ目は、「筋力の低下」です。, 何故、筋力の低下が胸の脂肪増加につながるのでしょうか?そのメカニズムを以下で解説していきます。整形外科医・スポーツドクターの中村格子先生は、筋肉量の低下による脂肪の増加を指摘しています。, 脂肪は筋肉で燃焼されますが、筋肉量は年齢とともに低下していきます。その上、ネットショッピングの多用で外出や移動が減るなど、『動かず、家にこもって、食べ過ぎる』という生活を送っていると、ますます筋肉量が減り、代謝が低下し、やせにくい身体になります。そこで、運動しないで食事制限だけの減量を繰り返してしまうと、リバウンドしやすくなり、ますます脂肪が増えて、代謝が低下します。そうなると疲れやすくなって動かなくなり、どんどんとやせにくい身体になる…という『代謝低下スパイラル』に陥ってしまいます。