人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 略して「ウルソ」と呼ばれるこの薬は、胆汁の流れを改善したり、胆のうの収縮能力を改善することで、胆汁のうっ滞を軽減し、肝臓にかかる負担を減らしてくれます。ウルソは副作用の少ない薬ですが、胆道閉塞があると、病態を悪化させてしまうことがあるので注意が必要です。 病院の胃薬と言えばこれ!あのピンクのシートの胃薬も処方せんなしで買える♪. 肝炎や肝硬変などの肝臓病、さらには胆道系疾患(胆石症、胆道炎、胆道ジスキネジー、胆のう切除後症候群、黄疸など)に対して、肝機能を改善させるために活用される薬がウルソです。肝臓保護により、肝機能を正常に保つようにさせます。 ウルソ(一般名:ウルソデオキシコール酸)を投与することにより、体内にある胆汁と置換させることができます。これによって胆汁うっ滞を改善するだけでなく「細胞障害性の強い疎水性胆汁酸」と置き換わります。 また、胆汁分泌促進作用(利胆作用)や胆石 … 肝臓で コレステロール の合成をおさえ、胆汁中のコレステロールの量を減らしたり、胆石を溶解する働きがあります。; 肝臓の働きを改善するお薬です。 胆汁の分泌を促し、胆汁の流れをよくする働きがあります。 ウルソ錠100mgの主な効果と作用. 人気No.1痛み止め徹底比較!市販品と病院用の違いとは!?, 2019/09/03 All Rights Reserved. また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。, ※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。, ※ 薬は飲み合わせによって身体に悪い影響を及ぼすことがあります。 飲み合わせに関して気になることがあれば、担当の医師や薬剤師に相談してみましょう。, 同じ "バファリン"でも主成分が違う?「大人用」と「子供用」の違いに要注意〔アスピリンシリーズ①〕, 子どもの「風邪症状」にどう対応する?インフルエンザや新型コロナ感染症との違い&適切な予防法とは, 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の最新情報まとめ:患者数(感染者数)、死亡者数、気をつけるべき点など(2020年11月14日更新), 胃粘膜に傷が。「ストレスで胃が痛い」と感じたら知っておきたい病気、AGMLと胃潰瘍とは?, 本サービスにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。, 1.胆道(胆管・胆嚢)系疾患及び胆汁うっ滞を伴う肝疾患における利胆、慢性肝疾患における肝機能の改善、小腸切除後遺症、炎症性小腸疾患における消化不良:ウルソデオキシコール酸として、1回50mgを1日3回経口投与する, 2.外殻石灰化を認めないコレステロール系胆石の溶解:外殻石灰化を認めないコレステロール系胆石の溶解には、ウルソデオキシコール酸として、1日600mgを3回に分割経口投与する, 3.原発性胆汁性肝硬変における肝機能の改善:原発性胆汁性肝硬変における肝機能の改善には、ウルソデオキシコール酸として、1日600mgを3回に分割経口投与する, 4.C型慢性肝疾患における肝機能の改善:C型慢性肝疾患における肝機能の改善には、ウルソデオキシコール酸として、1日600mgを3回に分割経口投与する, 胆石溶解薬とは、胆汁の流れの滞りを改善し、胆汁分泌を促進させて胆石症などを改善する薬。. 漢方における熊胆の主な薬効は、鎮痙、強心、解毒、健胃、胆汁分泌促進作用など。漢方医学や東洋医学では、古来から、消化器系全般の万能薬として用いてきた歴史があり、現在でもクマから採れた天然の熊胆は、貴重な動物性生薬として珍重されています。この熊胆の主� 医療現場にとどまらず、OTC医薬品としても、さまざまな薬効の製品に配合される「ウルソデオキシコール酸」。安全性、薬効、知名度、多様性などさまざまな面において、まさに“名優”といえる成分です。, このような方はウルソデオキシコール酸配合の胃腸薬がおすすめです。消化液の分泌を促進し、胃排出能を高めてくれます。, このような方はウルソデオキシコール酸配合の滋養強壮剤がおすすめです。肝臓の機能を活発にし、滋養強壮に効果をあらわします。, このような方はウルソデオキシコール酸配合のビタミン剤がおすすめです。皮膚や粘膜の健康に必要なビタミン類の吸収を高め、活性化を促進します。. 胃と肝臓の万能薬. 歳を重ねるとともに、脂っこい料理が食べられなくなってきた、食べたくなくなってきた方に。「タナベ胃腸薬ウルソ」の成分ウルソデオキシコール酸(udca)が肝臓に作用し、胆汁酸の分泌を促進し、脂肪による胃もたれを改善します。 肝臓・胆のう疾患治療の第一選択薬!病院で最も処方される肝臓の薬です。 市販薬のタナベ胃腸薬ウルソと同じ成分が1錠あたり倍量入っており、しかも1度に2錠飲めるので実に4倍の成分を摂取可能です。 伝統的な民間薬である熊の胆の主成分でもあります。 ではタナベ胃腸薬ウルソは全く肝臓への効果がないかと言われればそんな事はないので安心してください。 というのも、このタナベ胃腸薬ウルソは脂肪を分解する「胆汁酸」という物質を分泌する事で脂質の分� ウルソ錠100mgの主な効果と作用. 日本で生まれたウルソデオキシコール酸は、現在では世界中で多くの人々を救う薬となっています。, ウルソデオキシコール酸は肝臓の働きを高め、肝臓から分泌される胆汁酸の分泌量を増やします。胆汁酸は脂肪を包み込み、小腸から吸収されやすくします。, 消化吸収の過程において、消化酵素の働きを助け、脂肪の吸収を促進します。食べ過ぎ、胃もたれ、消化不良などの不快な症状を改善します。, 医薬品は、効果はもちろん、安全性が重要です。ウルソデオキシコール酸は、その有用性、安全性の高さから、OTC医薬品にも幅広く使われています。 今回は「病院で使用され肝臓に効くウルソと同じ市販薬があるのか?」と言う事について紹介したいと思います。, 先に答えを言いますと「タナベ胃腸薬ウルソ」というお薬がその名の通りウルソのみを配合している薬になりますが、病院用とはある部分が違い、使用する目的も異なりますので注意が必要です。, ウルソは正式な名前が「ウルソデオキシコール酸」という名前で、肝臓の機能を支えてくれる大きく3つの効果があります。, そして市販のウルソを求める人は多くが上の2つの「肝臓の働きを助ける」「消化不良を改善する」効果を期待するのではないでしょうか。, そして肝臓の血流が増えた結果、肝臓を保護する働きがあり肝臓の機能を正常にしてくれます。, 「胆汁酸」とは何かといいますと「食べ物の中の脂質の消化を助けてくれる」作用があるんです。, 実は脂質は胃で消化されるのではなく十二指腸という「腸」で分解されるんですが、その消化時に活躍するのが「胆汁酸」となります。, 例えば病院のウルソの「肝臓の働きを助けてくれる働き」に関しては1回50mgを1日3回服用する必要性が出てきます。, もたれ(胃もたれ)、消化不良、消化不良による胃部・腹部膨満感、食欲不振(食欲減退)、消化促進、食べ過ぎ(過食)、胸つかえ, もちろん胆石を溶かす働きもありません(胆石を溶かす場合は1日に600㎎必要です)。, ではタナベ胃腸薬ウルソは全く肝臓への効果がないかと言われればそんな事はないので安心してください。, というのも、このタナベ胃腸薬ウルソは脂肪を分解する「胆汁酸」という物質を分泌する事で脂質の分解をスムーズにし、胃への負担を軽減することで効果を発揮しますが、それはつまり肝臓にウルソが働いた結果起こる現象だからです。, もちろん病院用と比較すると使用する量が3分の1になってしまいますが、肝臓を補助する効果としてはそこらへんの二日酔い防止ドリンクよりも効果があります。, またある研究では脂肪肝・肝機能異常と診断された人にウルソと同じ成分を配合した薬を8週間投与した結果疲労回復率が79.76%となり、またその他の疲労回復を示す評価においても改善傾向を示しているんです。参考:PMID: 26997458, ただし肝臓への効果を期待する場合には1~2回服用するだけでは効果は立証されておらず、そもそも市販のタナベ胃腸薬ウルソの効能効果として肝臓の働きへの記載はありませんので注意が必要です。, と言うのも繰り返しになりますが市販のウルソであるタナベ胃腸薬ウルソの量は病院で肝臓に使われる量の3分の1程度。, また継続してウルソを飲むことにより肝臓を保護したり、肝臓の働きを改善してくれる薬になるため、数回飲んだだけでは肝臓への十分な効果を期待できないためです。, もちろんタナベ胃腸薬ウルソには脂質を分解する働きが備わっているため、脂っこいものとアルコールを飲んだりする場合には消化を助けてくれるため効果的かもしれません。, しかしおそらく多くの人が期待している「お酒による肝臓を守る効果」に関しては過度な期待は持たないようにしましょう。, タナベ胃腸薬ウルソを始めとするウルソデオキシコール酸を使用したダイエットを目にする事があります。, どうもこのウルソを使用したダイエットの理屈としては「ウルソの働きである胆汁酸を分泌する事で身体の代謝を上げて痩せる」というものらしいのですが、この科学的根拠はありません。, おそらくそれはウルソの副作用に「下痢」や「軟便」があるため、この下痢によって体重が落ちた可能性の方が高そうですが、ウルソのおかげとは言いませんよね。まだ普通の便秘薬を飲んだ方がいいです。, 実は市販の薬の中にはタナベ胃腸薬ウルソと同様にウルソを50㎎配合している薬がありますので実際に紹介してきます。, レバウルソ錠はウルソを配合していることはもちろん、医薬品のヘパリーゼの主成分と同じ肝臓の働きを助ける「肝臓水解物」を配合している薬になります。, そして効能効果もタナベ胃腸薬ウルソとは異なり滋養強壮などにも効果を発揮し、もはや胃薬ではありません。, ●滋養強壮 ●虚弱体質 ●肉体疲労・病中病後・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給, ※レバウルソにはドリンクタイプも発売されていますが、3本飲まないと錠剤タイプと同程度のウルソを摂取できないので、錠剤タイプをおすすめします。, またハイウルソ顆粒というこちらもウルソを配合している薬になるのですが、こちらは脂肪の分解を助ける消化酵素や胃腸の働きを活発にする生薬も配合し、胃腸への効果はタナベ胃腸薬ウルソよりも高くなっています。, ただしこちらは1回のウルソの量が20mgと少ないため、ウルソは気持ち配合されている程度のイメージで使用した方がいいでしょう。, タナベ胃腸薬ウルソは医薬品に分類されているためドラッグストアやネットでしか購入する事ができません。, しかし現在ウルソデオキシコール酸が配合されている胃薬がコンビニでも購入できるようになっています。, 例えば「太田胃散NEXT」「第一三共胃腸薬細粒」などはウルソを配合したコンビニでも購入できる胃薬になっています。, 「どうしてコンビニで薬が買えるの?」と思われるかもしれませんが、これらのコンビニで購入できるウルソは1回に飲めるウルソの量が20㎎となりタナベ胃腸薬ウルソの50㎎と比べてかなり少なくなっているためです。, ですからもしどうしてもウルソが欲しい場合(状況があまり思い浮かびませんが)には最悪コンビニでも購入可能です。. ウルソデオキシコール酸の起源は、千数百年の歴史を持つ「熊胆」にあります。古代、ギリシャからインドにかけての地域周辺では、動物の胆のうからできた薬が使用されていました。なかでも、ツキノワグマやヒグマの胆のうを乾燥させて作った動物性生薬「熊の胆」は、消化器系全般の万能薬として、シルクロードを渡って中国へ運ばれ、「熊胆(ゆうたん)」と呼ばれるようになりました。 以来、ウルソデオキシコール酸は、消化機能や肝機能を改善したり、胆汁の分泌を促進する利胆薬などとして幅広く使用されています。, 日本人によって発見から製剤化までされたウルソデオキシコール酸。はじめは、主な胆汁の分泌や排泄を促進する利胆薬として使用されていましたが、1970年代、胆石を溶かす作用のあることが発見されました。 1927年、岡山大学の正田政人教授が、「ウルソデオキシコール酸」を発見しました。戦後になって、東京工業大学の金沢定一教授が、牛の胆からウルソデオキシコール酸の化学的合成に成功。1957年には、日本の製薬会社が強肝・利胆剤の「ウルソ」として発売を開始しました。 Copyright © 2020 くすりやカホン. タナベ胃腸薬ウルソの肝臓や二日酔いへの効果 肝臓に効いて疲労回復効果がある. 歳を重ねるとともに、脂っこい料理が食べられなくなってきた、食べたくなくなってきた方に。「タナベ胃腸薬ウルソ」の成分ウルソデオキシコール酸(udca)が肝臓に作用し、胆汁酸の分泌を促進し、脂肪による胃もたれを改善します。 その後、ウルソデオキシコール酸製剤は慢性肝疾患における肝機能を改善することもわかり、最近では、C型肝炎の治療にも効果を発揮。 肝臓で コレステロール の合成をおさえ、胆汁中のコレステロールの量を減らしたり、胆石を溶解する働きがあります。; 肝臓の働きを改善するお薬です。 胆汁の分泌を促し、胆汁の流れをよくする働きがあります。 下痢、悪心、そう痒、発疹、便秘、腹部膨満、胃不快感、食欲不振、胸やけ、腹痛、AST上昇, ALT上昇、Al-P上昇、全身倦怠感、眩暈、過敏症、紅斑、多形滲出性紅斑、嘔吐、蕁麻疹、ビリルビン上昇、γ-GTP上昇、白血球数減少, ※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 掲載商品はすべて当店在庫品で、価格はすべて税込です。ここに載っていない薬約7千種もお取り寄せ可能です。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。※医療用医薬品のネット通販は薬機法にて規制されております。, 肝臓は人間の臓器の中でも特に重要な器官のひとつです。それは、肝臓が調子を崩すと全身的に調子を崩してしまうことからもわかります。しかし、現代の食生活やお酒の飲み方は肝臓に負担をかけてしまう場合が多いものです。負担をかけてしまったら、すぐにその機能を回復させましょう。これらの薬は肝臓を労わり、本来の調子を取り戻させます。肝機能の数値が気になる方も、いつ健康診断で引っかかるかと思っている方も、日々の肝臓ケアを始めましょう。, お手軽セット(下記2・3)   1セット(各10錠) 750円10セット(各100錠) 7,000円 最強セット(下記1・2・3)   1セット(各10錠) 1,100円10セット(各100錠) 10,000円 すっきりセット(漢方2種類)   6回分 800円, お酒に対して効果的な薬を組み合わせた、くすりやカホンだけの特製セットです。お酒が弱い方は事前に服用して悪酔い・二日酔い防止に、翌日に持ち越した方は二日酔い解消に。もうお酒のトラブルとはおさらばです。, 肝臓の成分そのものを含むお薬。肝臓の働きをサポートして、肝機能を改善します。市販薬【ヘパリーゼ】の主成分である「肝臓水解物」と同じ成分ですので、お酒を飲む方にも大好評!惜しまれつつも製造中止となったプロヘパールに代わる人気商品です♪, こちらはコンビニで買える【ヘパリーゼamino】の主成分「ジクロロ酢酸ジイソプロピルアミン」だけを取り出したお薬。1錠あたりヘパリーゼamino1本の倍量の成分を含みます。上の肝臓加水分解物とは異なる働きで肝臓をサポートする為、併用するのとさらに効果的です。ビタミンB15の一種でもありますので、安心してお飲み頂けます。, デトックス、アンチエイジングの報告があるグルタチオン。肝障害抑制作用があるとされている為、肝臓に負担がかかる飲酒前に飲むのも良いと言われております。, 肝臓・胆のう疾患治療の第一選択薬!病院で最も処方される肝臓の薬です。市販薬のタナベ胃腸薬ウルソと同じ成分が1錠あたり倍量入っており、しかも1度に2錠飲めるので実に4倍の成分を摂取可能です。伝統的な民間薬である熊の胆の主成分でもあります。, 【リポビタンD】でお馴染みのタウリンが、医療用医薬品にもあるんです。1包が【リポD】1本と同じ1,000mg。【リポD】は1日1本ですが、こちらは1日3回までOKです。肉体疲労時の栄養補給に!鷲のマークの大正製薬製、タウリンはいかがですか?, 肝臓に脂肪が溜まって、いずれ肝硬変を引き起こすと言われる脂肪肝。日本でその脂肪肝に効果がある医薬品はこちらだけ!血液中の悪玉コレステロールを減らして、肝臓も元気にする唯一の薬です。, 2019/09/04 熊胆が日本へ伝わったのは奈良時代、遣唐使によって中国から運ばれてきたと考えられています。当初はとても貴重な薬で、聖武天皇に献上されていたとされる熊胆が、今でも正倉院に残っています。庶民に広まったのは江戸時代になってから。医師・後藤艮山が「熊胆丸(ゆうたんがん)」という丸剤を作ったことがきっかけといわれています。, 漢方における熊胆の主な薬効は、鎮痙、強心、解毒、健胃、胆汁分泌促進作用など。漢方医学や東洋医学では、古来から、消化器系全般の万能薬として用いてきた歴史があり、現在でもクマから採れた天然の熊胆は、貴重な動物性生薬として珍重されています。この熊胆の主成分が「ウルソデオキシコール酸」であり、現在も医療の現場において、幅広く活躍しています。, 熊胆として昔からの人々の健康を守ってきた「ウルソデオキシコール酸」。成分を発見したのは日本人なのです。 肝機能を改善する薬「ウルソ」の効果や副作用などを薬剤師が監修し詳しく解説。ウルソの市販薬もご紹介!, ウルソの主な成分はウルソデオキシコール酸で、肝細胞の保護や肝機能を改善する効果が期待できる薬です。, ウルソデオキシコール酸は熊の胆のうを乾燥させて作る動物性の生薬「熊胆(ゆうたん)」が元となり、江戸時代に医師・後藤艮山が「熊胆丸」という丸剤を作ったことがきっかけで庶民に薬として広がりました。, 熊胆の成分となるウルソデオキシコール酸ですが1962年7月にウルソデオキシコール酸錠として販売が開始、現在も医療現場にて広く使用されています。, 肝臓への炎症を引き起こしたり悪化させる原因となる細胞を抑制する働きがあり、肝炎や肝硬変などの慢性的な肝疾患における肝機能の改善も認められています。, ウルソには脂肪を消化するために必要な胆汁(たんじゅう)の分泌を促進する働きがあります。, また、腹部や背中などの痛みの原因となる胆石(たんせき)を溶かし、分解する働きや消化吸収を改善する働きもあります。, 炎症をともなう小腸の病気や手術などで小腸を切除した後など、食べ物の消化が悪い場合にウルソを使用することがあります。, ウルソは脂質を消化するときに必要な消化液の分泌を促進し肝臓の機能も活発にします。また、アルコールを分解している肝臓を負担から守ってくれます。脂っこいものを食べたりお酒を飲んだりした際の胃のムカつきや、胃もたれにウルソは効果を発揮します。, ウルソの主な副作用は下痢や吐き気、軟便、便秘などがあります。他にも、皮膚のかゆみや発疹が出たりする場合があります。, ウルソを使用した時に副作用と思われる症状があらわれた場合はすぐにウルソの使用を中止して医師の診療を受けてください。, また、必要に応じて用量が調整されますが、1日900mgが上限です。必ず医師から指示された用法・用量を正しく守ってください。, 重い膵臓(すいぞう)の病気を持っている方は、持病が悪化するおそれがあるためウルソの使用には注意が必要です。, また、おもに胃酸が要因となり生じる消化性潰瘍がある方も注意が必要です。ウルソには粘膜を刺激する作用があるため症状が悪化する場合があります。, 胆道や胆管に胆石がある方も注意が必要です。ウルソの胆汁分泌を促進する作用が胆汁の停滞を引き起こすおそれがあります。, 妊娠している場合や授乳中の方は医師に確認してください。また、使用する場合は医師の指示に従って使用してください。, 市販薬では佐藤製薬が販売している「レバウルソ」のように滋養強壮や栄養補給のための成分に加えウルソが含まれている製品があります。, 成分がウルソのみの市販薬もあります。それが田辺三菱製薬から販売されている「タナベ胃腸薬ウルソ」です。, 通常15歳以上の成人は1日1回夕食前か夕食後に1錠飲んでください。15歳未満の方は使用できません。用法・用量を必ず守ってください。, また、副作用と思われる症状が出た場合はすぐに使用を中止し医師の診療を受けてください。, ウルソは肝臓や胃の調子を整えたり、胆石の溶解や粘膜の保護などさまざまな効果が期待できる薬です。, 薬局などでも購入できる身近な薬ですが、必ず用法・用量と医師や薬剤師の指示を守り使用してください。, ◯掲載している医薬品の添付文書情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。, ◯適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:03-3506-9541)にご相談ください。, ◯より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。, ◯当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。, 掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。, 掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。, 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。.