耳垢は本来、自然と外に出るようになっており、耳掃除は不要です。それを耳の穴と同じくらいの大きさがある綿棒でグリグリとやると、耳垢をさらに奥に押し込んでしまい、耳垢栓塞が起こるのです。 ここで注意しなければならないのは、難聴というとまったく聞こえない状態をイメージする人が多いのですが、ちょっと聞こえにくいという程度でも難聴だということです。 【医師監修】耳が詰まった感じや水が入った感じがする原因とは。ストレス?病気?両耳・片耳だけに症状がある場合など、耳閉感の理由を詳しく解説します。市販薬での治し方、病院に行く … 監修/大河原大次先生(耳鼻咽喉科日本橋大河原クリニック院長・医学博士・耳鼻咽喉科専門医), このところ、なんだか音が聞こえづらいし、耳が詰まった感じがするんだよなあ。でも、まったく聞こえないわけじゃないし、トシだからこんなもんだよね?, 子どもの頃に中耳炎と診断され、耳鼻科で治療したという経験は、多くの方が持っているのではないでしょうか。しかし、大人になると耳の病気は日常的なものではなくなり、ふだんはあまり意識することがないかもしれません。 「あるとき耳が詰まった感じがして、それからずっと」 「耳がこもった感じが取れない」 という方が多いのです。 あなたがもし、耳の閉塞感が慢性的に続いてお悩みでしたら、 以下を最後までお読みさい。 > 自宅で耳詰まりを解消するにはこちら. 飛行機に乗ったときに起こる「航空性中耳炎」もあります。離陸時などに起こる耳が詰まった感じは、唾液や飲み物を飲んで耳内の圧を抜けばおさまります。しかし、うまく圧が抜けないと痛みが生じ、航空性中耳炎に。お酒を飲むと耳管が腫れやすくなり、詰まりやすくなってしまうため、機内の飲酒は避けたほうが賢明です。, 難聴には、単に耳垢がつまっていただけというケースもあります。「耳垢栓塞(じこうせんそく)」といい、耳垢で完全に耳がふさがれることで、聞こえにくさや耳鳴り、耳閉感などが起こります。 大阪、東京、神戸、名古屋、神奈川、滋賀、 そのため、早めの受診が大切です。早期にきちんとステロイド薬などを内服または点滴すれば、基本的に1~2週間で治ります。原因ははっきりわかっていませんが、ストレスや疲労などが引き金になるとされています。 離陸時などに起こる耳が詰まった感じは、唾液や飲み物を飲んで耳内の圧を抜けばおさまります。しかし、うまく圧が抜けないと痛みが生じ、航空性中耳炎に。お酒を飲むと耳管が腫れやすくなり、詰まりやすくなってしまうため、機内の飲酒は避けたほうが賢明です。 耳垢や耳掃除が原因の� 慢性音響外傷は残念ながら治らないため、音楽を聞くときは音量や時間に注意してください。, 鼻風邪などをこじらせたときにかかる「急性中耳炎」は、患者の大半が子どもです。しかし、急性中耳炎をこじらせたときになる「滲出性(しんしゅつせい)中耳炎」は、高齢者にも多い病気。鼓膜の奥から鼻へとつながる「耳管」が加齢で衰え、周りの壁から水がしみ出しやすくなるからです。痛みは伴いませんが、難聴の症状が出ます。 document.write("");