介護保険には様々な加算が存在します。その中には『退所時情報提供加算』というのが存在します。今回はこの退所時情報提供加算について話したいと思います。1.退所時情報提供加算とは?2.算定可能施設3.加算点数4.算定要件4.1.文書に必要事項の記載4.2.添付書類4.3.算定不可要件5.q&a6.参考7.最後に

老健の在宅強化要件がより細かに! 介護保健施設サービス費(Ⅰ)(Ⅳ)の区分方法とQ&A, Q.退所(院)時情報提供加算において、入所者が退所後に他の社会福祉施設等に入所した場合の「診療状況を示す文書」の様式について, 指定居宅サービスに要する費用の額の算定に関する基準(短期入所サービス及び特定施設入居者生活介護に係る部分)及び指定施設サービス等に要する費用の額の算定に関する基準の制定に伴う実施上の留意事項について, 超強化型・加算型老健に! 在宅復帰・在宅療養支援機能加算(Ⅱ)(Ⅰ)の算定要件とQ&A. 現在、老健に入所中の84歳の母なんですが、パーキンソン病があり、入所前のかかりつけの病院に特定疾患の更新のために久しぶりに受診しました!久しぶりの母を見て先生が薬が足りてないよ!できたらちゃんと受診し ってことで、今回は『情報を共有しよう! 退所時情報提供加算の算定要件とQ&A』について話したいと思います。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 退所時情報提供加算は1カ月以上入所した入所者の退所が決まり、退所先が居宅や社会福祉施設などの場合。, 入所者の同意を得て、退所先の主治医に診療状況を示す文章を添えて入所者の紹介を行ったら1人につき1回限り算定できます。, 事前に主治医と調整を行い、別紙様式2①、別紙様式2②に必要な内容を記載する必要があります。, またその文書を入所者か主治医に交付し、文書の写しを診療録へ添付する必要があります。, 退所時情報提供加算では、別紙様式2①、別紙様式2②の文書に以下の内容の書類を添付することが必要です。, ただし、退所(院)施設の主治医と退所(院)の主治医が同一の場所や入所者(入院患者)の入所(院)中の主治医と退所(院)後の主治医が同一の医療機関に所属する場合は算定できない, なお、退所(院)時情報提供加算は、退所(院)後の主治の医師に対して入所者(入院患者)の紹介を行った場合に算定するものであり、歯科医師は含まない。, 引用:15.5.30 事務連絡 介護保険最新情報vol.151 介護報酬に係るQ&A, A.入所した場合の「診療状況を示す文書」の様式について入所者の診療状況を示す文書を添えて当該入所者の処遇に必要な情報を提供することが算定要件をなっており、診療情報を示す文書の様式としては、退所(院)後の主治医に対する紹介に係る別紙様式を準用することは差し支えない。, 退所時情報提供加算は退所される入所者を、退所先でもしっかりフォロー出来るようにする重要な加算です。. 介護保険には退所時に関わる加算が様々存在し、その中の一つに『退所時情報提供加算』があります。. ©Copyright2020 カイゴなリハ.All Rights Reserved. 介護施設と処方箋 老人ホームにも色々あってよくわからない、という私です。 民間の施設と、公的な施設。要介護状態のレベルに応じて様々な施設があります。 詳しい違いは↓ 老人ホーム・介護施設の種類、それぞれの特徴 医療寄りの施設と、介護寄りの施設があります。