(function(){for(var g="function"==typeof Object.defineProperties?Object.defineProperty:function(b,c,a){if(a.get||a.set)throw new TypeError("ES3 does not support getters and setters. 「美容部員の仕事の志望動機ってどんな風に書けばいいんだろう・・・」などとお悩みの方はいらっしゃいませんか?本記事では美容部員の仕事に特化した志望動機の書き方を3つの例文つきでご紹介!志望動機でお悩みの方必見です! !b.a.length)for(a+="&ci="+encodeURIComponent(b.a[0]),d=1;d=a.length+e.length&&(a+=e)}b.i&&(e="&rd="+encodeURIComponent(JSON.stringify(B())),131072>=a.length+e.length&&(a+=e),c=!0);C=a;if(c){d=b.h;b=b.j;var f;if(window.XMLHttpRequest)f=new XMLHttpRequest;else if(window.ActiveXObject)try{f=new ActiveXObject("Msxml2.XMLHTTP")}catch(r){try{f=new ActiveXObject("Microsoft.XMLHTTP")}catch(D){}}f&&(f.open("POST",d+(-1==d.indexOf("?")?"? 美容部員に採用されるためには、どのような志望動機を書けばいいのでしょうか。ここからは、志望動機の例文を3つご紹介していきます。 志望動機の例文① 履歴書や志望動機が不安なときは転職エージェントで添削してもらおう♪.   美容部員を志望する学生や転職希望者にとって、エントリーシートや履歴書、WEBのエントリーフォームの志望動機に何を書いたらよいか…悩む人も多いのではないでしょうか。, 志望動機とは、応募先の会社やブランドになぜ入社したいのか、その理由のことです。だから、応募先ブランドの魅力をつらつらと書いたものは、志望動機ではありません。, 「●●になりたい」「●●がしたい」といったように、入社したいという思いを引き起こした理由が志望動機です。, 仮に皆さんが面接官だったら、以下のAさんとBさんのどちらを採用しますか?   Bさんの方が「どうなりたいか」がハッキリイメージできているので、聞いていて納得できますよね。, 志望動機を考える際は、入社後の自分の「●●になりたい」「●●がしたい」を考えてみましょう。, 以下の志望動機を見て、どちらの方が納得感がありますか? Aさん:コスメが大好きで、御社ブランドもずっとファンなんです。だから応募しました。   おそらく、Bさんの方ですよね?, Bさんは、具体的なエピソードがあるから、読み手はイメージしやすくなり、納得感が高まります。どんなものでも構いませんので、応募先のブランドのファンになった瞬間のエピソードを必ず書きましょう。, 以下の文章を見て、どちらの方がイメージしやすいですか? 3.業界別の志望動機の書き出し例7つ. //]]>, ビューティーアドバイザー(美容部員)とはファンデーションなどのメイクアップ用品や、スキンケア用品といった化粧品を販売し、お客様の美しさを追求するためにお手伝いする仕事です。美容カウンターを訪れるお客様のメイクアップについての相談を受けたり、お肌の診断の対応をしたりするなかで、その方に合った商品をご紹介します。, そんなビューティーアドバイザーの面接で、必ずといっていいほど質問されるのが志望動機です。化粧品業界への情熱や思い入れが伝わらなければ、採用は難しいでしょう。ビューティーアドバイザーの志望動機を書くにあたって、その企業の商品が好きということに加え、企業研究をした上でどのような仕事をしたいのかなど、話の筋を通すことが大切です。そこで今回は、美容部員の志望動機の作成ポイントはもちろん、面接で伝えるべきこと、志望動機としてふさわしい例文をご紹介します。, 華やかなイメージのある美容部員はおもに化粧品の販売をおこなう職業ですが、売上を上げるためにはブランドのネームバリューだけではなく、販売員個人のスキルも大切なのです。そのため、丁寧な接客を通して、商品を魅力的に見せる技術が求められます。スキルや技術が求められるビューティーアドバイザーの志望動機はどう書けばいいのか、面接では何を伝えればよいのでしょうか。ビューティーアドバイザーの志望動機を書く際に、重要なポイントをご紹介しますので参考にしてください。, ここでは、ビューティーアドバイザーの志望動機でぜひ伝えておきたい4つのポイントについて確認しておきましょう。, まずはビューティーアドバイザーという仕事を目指したきっかけを伝える必要があります。つまり美容部員になりたいと思うようになったきっかけを具体的に伝えなければなりません。動機は人によって違いますが、単にその化粧品メーカーが好きだからという内容だけでは説得力に欠けてしまいます。その場合、選考で不利になってしまう可能性があることに注意しましょう。, 次に、ビューティーアドバイザーとしての展望と熱意を伝えることが大切です。化粧品メーカーでビューティーアドバイザーとして働くにあたり、自分が掲げているビジョンがはっきりしていると、新しい社員として迎え入れてもらいやすくなるでしょう。, 化粧品メーカーやブランドがビューティーアドバイザーを募集している場合、採用側は数あるメーカーのなかで、ここで働きたい理由は何なのか把握しようとしています。そこに明確な理由があれば、熱意をはっきりと伝えられるでしょう。, 他社メーカーではなくそのメーカーでなければいけない理由や入社したら取り組みたいことなど、自分の考えや意志をはっきりと伝える必要があります。そのメーカー、または製品に関するポジティブな体験がある場合は、説得力のあるアピールとして志望動機に盛り込むようにしましょう。, 企業・ドラッグストアに応募する場合は、働く場所について、なぜそこでなければだめなのかを説明しましょう。その際には、どのような化粧品メーカーを扱っているのか、志望先はどのような製品を展開しているのかということを事前にリサーチしておくことをおすすめします。日常的にその企業を利用していることをエピソードとして伝えるのもよいでしょう。, 面接では自分の熱意をはっきりと伝え、そこで働きたいということをしっかりとアピールしましょう。面接で伝えたい2つのことを説明します。, 美容部員として役立つ資格やバイトの経験などを持っていればアピールしましょう。美容業界でのバックグラウンドがあれば、お客様のお手本となる存在として堂々と接客ができるはずです。そして、美への探求心がある人は、新発売の製品や流行しているブランドなどの情報に敏感な傾向があります。資格や経験のない人でも、美容への関心の高さをアピールできるエピソードを用意しておくのがおすすめです。, 採用後は、商品を買いに来店したお客様を気持ちよく迎える必要があるので、明るく前向きな接客をイメージして、ハキハキと笑顔で受け答えができるようにしましょう。, 美容に限らず、これまで接客業の経験や資格などがあれば、面接で積極的にアピールしてください。ビューティーアドバイザーは、その名のとおりアドバイス上手でなくてはいけません。来店するお客様のなかには、メイクや肌トラブルの悩みのある方も多くいます。接客する際は、お客様の事情を具体的に聞き、ニーズにあった商品をご紹介したり、お手入れ方法をアドバイスする必要があります。そのため、過去に接客や販売の成功経験のある方や応募内容に関係のある資格のある方は、面接の自己PRに盛り込むようにしましょう。, ビューティーアドバイザーの志望動機にどのような内容を盛り込むとよいのかがわかったところで、実際に例文を確認しておきましょう。ビューティーアドバイザーの志望動機の例文をいくつかご紹介します。, 新卒で就活中の方向けの、志望動機の例文をご紹介します。やる気や仕事を通して叶えたい目標などを軸にするとよいでしょう。, 「私が御社を志望した理由は、長年悩んでいた肌トラブルが御社の商品を使用することで改善したためです。肌の悩みというのは誰もが持っているものですが、私自身これまでさまざまな商品を購入したり、ネットで調べたりしていました。そこでようやく出会えたのが、御社のスキンケア商品でした。御社の商品は使い心地がよく、使い続けることで日に日に健やかになる肌を見て、強く感動したのを覚えています。私が感じたこの感動をより多くの方にも知っていただきたいと思い、御社を志望いたしました。そして、ビューティーアドバイザーとして同じような悩みを抱えている女性に向けて、御社の製品を多くの方に伝えていきたいと思っています。」, 「私が御社のビューティーアドバイザーになりたいと思った理由は、御社の製品を実際に使用して質の良さを実感したためです。私は肌が弱く、普通の化粧品では肌が荒れてしまうことがあり、化粧をしないで外出しなければならないこともありました。しかし、御社の製品を使用してからは肌が荒れるようなこともなく、快適に化粧を楽しめるようになり、引っ込み思案だった私もより自信が持てるようになりました。この経験を忘れず、たくさんの方にメイクの楽しさを伝え、より素敵になっていただけるようなお手伝いをできたらと考えております。」, 違う業界からビューティーアドバイザーに転職する場合、志望動機の例文をご紹介します。異業種で培ったスキルをどのように生かせるかアピールしましょう。, 「私が御社のビューティーアドバイザーとして働きたいと思った理由は、メイクアップにより自分に自信を持てることを多くの方に伝えたいからです。かつて私は、自分に似合う化粧が分からず苦手意識を持っていたのですが、御社のアドバイザーの方から丁寧なアドバイスをいただいた結果、自分に合うメイクを楽しくできるようになりました。私は今まで○年間○○で○○を担当し、多くのお客様や取引先の担当者の方と商談を行ってきました。そのなかで培ってきたコミュニケーション能力や交渉力は、御社の美容部員にも活かせると考えております。御社に入社しましたら、これまでの経験を活かしてお客様に寄り添う接客を心掛けたいと思っています。」, 同業から転職する場合の志望動機の例文をご紹介します。生かせるスキルなどに加え、「なぜ同業他社へ転職したいのか」を簡潔に伝えましょう。, 「私は3年間ビューティーアドバイザーとして勤務しており、現在は○名程の顧客様を担当しています。常連の方のご厚意でお友達を紹介いただいた経験もあり、お客様に寄り添った接客には自信があります。前職のメーカーで働いているなかで、華やかなメイクアップのベースになるスキンケアに興味を持ちました。そして御社の商品に出会い、その質の良さを実感いたしました。また、御社の企業理念「○○」に共感し、その理念に基づいて接客をしていきたいと思い、この度志望いたしました。」, 今回の記事では、ビューティーアドバイザーになるための志望動機や面接で伝えたいポイント、そして役に立つ例文をご紹介しました。これから美容部員を目指す皆さんは、自分の志望動機を改めて客観的に読み直してみてはいかがでしょうか。そして志望動機を挙げつつ、熱意が伝わるPR文をしっかり作り込んでみましょう。, 爪を傷めずジェルネイルをセルフでオフする方法をおさらい|お客様にお伝えすべき注意点とは, カットのレイヤーとはどんなスタイル? シャギーはどこが違うの? 美容師を目指す人が知っておきたい基礎知識.