・今のお給料だけじゃ少ないな・・・ ・十分に休養を取って、医師による薬物療法を実施する (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 長年看護師をしてきました。看護計画には苦労しましたし、勉強もたくさんしてきました。職場で使用した看護計画を、疾患別にまとめました。見ていただいた方の参考になるようなことがあれば幸せです。, すぐに使える看護計画を知りたくないですか?実際に病棟で使用した看護計画を紹介しています。病棟で使用しなかったものは看護計画の教科書参照しています。急いで看護計画を立てたい人は必見です。, 自分でできない部分だけを介助することは理想です。食事や排泄入浴など日常生活にすべてに言えることです。しかし職場にもよりますが、入浴時は特に難しいかもしれません。, 私の勤務する職場でも、一日に入浴する患者さんの人数は決まっていて、何時までに何人入浴介助しなければならないという事が決められています。, 患者さんによっては少しなら自分で洗えるという人や、時間さえあればボタンを留めることが出来たり、シャツの袖に腕を通すことが出来るという人がいます。, しかし入浴時は患者さんは薄着であったり裸であったりするのです。時間をかけていて風邪などひいたり体が冷えてしまっても困ります。, ついスタッフが患者さんのできるところも手伝ってしまい介助することがあります。一人一人に合ったケアはできるだけ実践可能なものにしたいものです。, 患者さんの個別性を出すために、一人一人に合った看護計画をつくります。不足のところは補足し、不要なところは削除して使用します。, E:認知障害・筋力低下・動機づけの減退・環境による障壁・神経・筋系の障害・疼痛・知覚障害. 自分でできない部分だけを介助することは理想です。食事や排泄入浴など日常生活にすべてに言えることです。しかし職場にもよりますが、入浴時は特に難しいかもしれません。 ナースのヒント|明日のヒントが見つかるWebメディア , 病棟で使用している看護計画を紹介します. ・『死にたい』などの発言により自殺企図の兆候がないか、日ごろから表情や言動に注意を払う ・周囲からの励ましや声かけなどはなるべく控え、温かく見守っていくようにする 統合失調症は幻覚・妄想・思考滅裂を主な症状とする疾患です。発症前に、不眠、意欲低下、抑うつ気分、神経過敏、強迫観念、情緒不安定などが前駆症状として出現する事が多いことが上げれらます。, 統合失調症の原因に関しては、原因がいまだに何で起こるのか明確には分かってない疾患になります。発症は思春期の発症が一番多く、男性は15歳から、女性は25歳からの罹患率(りかんりつ)が多くみれます。, 統合失調症患者への治療は、薬物療法、電気けいれん療法(mECT)、認知行動療法、作業療法など、状態に合わせて行っていきます。このページでは統合失調症患者の看護に関するポイントを特徴、看護計画、看護師の接し方と接する時の注意点をお伝えしていきます。, この3つが陽性症状の主な症状になります。特に入院後は、混乱も大きく、症状がひどくなるケースもあります。「幻覚・妄想・思考滅裂」について詳しく説明していきます。, 幻覚に関しては、幻聴の訴えが非常に多く統合失調症患者に見られます。また、体感幻覚や幻視も多い症状です。, 支離滅裂の症状は言葉の通り話の内容にまとまりがなく、思考がまとまらない状態です。重度の場合、無関係な言葉を並べるだけの「言葉のサラダ」が見られます。, 慢性期に見られる感情鈍麻・意欲自発性の低下などの陰性症状は、社会への参加が難しくなり、引きこもり状態へと変化していきます。, 患者の感情の働きが鈍くなり、喜怒哀楽がなくなり減る状態を指します。ただ周囲での出来事の理解はあります。, 統合失調症特有の症状です。思考化声、対話形式の幻聴、自分の行動に口出しする幻聴、身体への被影響体験、思考奪取、思考伝播、思考吹、妄想知覚、作為体験などを引き起こします。, 統合失調症患者への看護計画のポイントを患者の観察ポイント、看護ケアのポイントに分けて説明していきます。, ※1幻覚妄想による言動の有無と程度とは幻聴による態度の変化(座る、体を丸め込むなど)、声に対して反応しているかなどです。, ※2:SST(生活技能訓練)とは認知行動療法の技能を用いた系統的な学習訓練による治療法です。他者との関わりの中で、ストレスを抱えやすい統合失調症の方に対し、こんな場面ではこんなやり取りが有効である、ということを、ワークを通して患者に学んでもらいます。, 統合失調症患者の治療に効果的な看護師としての接し方を7つのポイントに分けて説明していきます。看護師の接し方ひとつで大きく患者の回復度合が左右されます。, なぜ今、入院しなければ行けないのか、なぜ隔離拘束などの制約があるのか、を丁寧に説明し、理解して頂く事が必要です。病識を持っていただけるよう、病気の説明、症状の説明をしっかり行います。, 患者の言い分をきちんと聞くこと、また傾聴の時間を持つ事から始めて、徐々に信頼関係を築いていきましょう。信頼関係を築けると、不安や、状況を伝えてくれるようになり、より良い看護に繋がります。, 暴力に発展する可能性があるのは、恐怖心からです。または「殴れ」という指示のもと動いている可能性があります。「怖くないですよ」「大丈夫ですよ」と現実に目を向けさせて、安心感を伝えるのが必要です。, また、「入浴の時間ですよ」「食事の時間ですよ」と現実の行動に目を向けさせましょう。, 自分の症状について、ずっと1人で悩んできた患者が多いです。誰に理解されない、幻覚・妄想の世界について、辛い思いを抱えていたと思います。, しかし、これからは病院がある、主治医がいる、看護師が居る、退院後も同じようにサポートがあるということを伝えていく事が大切です。, 統合失調症の患者は人間関係で疲弊してしまう方が多いです。ストレスに脆弱で、特に人間関係ではストレスを抱えやすいのです。SSTなどを通し、コミュニケーション能力を高めることが先決です。, しかし、SSTは、同じ知能レベルの方々でないと、ワークとして進みにくいので、出来るだけ同じ位の知能レベルの方でやると良いでしょう。, 内服中断から、症状が悪化し、再入院になるケースが非常に多いです。退院後も内服が継続出来るよう、必要性を何度も説明し、理解して頂けるよう努めましょう。, 妄想などの世界に居る時、現実的な行動がとれません。セルフケア能力が低下し、毎日同じ服を着ていたり、入浴を拒否したりする場合があります。無理の無い範囲で、セルフケア援助を行って行きましょう。, 回復期になったとき、外出の機会が増え、退院に向けての準備が始まりますが、一見、病識を持って過しているかに見えても、実はまだ病識が持てずに居る患者が居ます。, その場合、入院している事への意味を見いだせずに、外出時、離院してしまう可能性があります。外出時、不穏な様子は無いか、よく患者を観察し、離院に繋がらないよう、「約束」をしっかりと行って送り出すべきです。, 自殺企図(自殺をくわだてること)で「死にたい」など言っている患者に対しては、看護師も警戒し、隔離などの処置を施しますが、全く兆候が見えないのに、自殺未遂をする患者も居ます。, 実際に、夜勤帯で洗剤を飲んだという患者が居ました。すぐに処置しましたが、それほどまでに追いつめられていた心理を、看護師が把握出来ていなかったことに看護師として落ち度があります。, 気分がやや落ち気味だ、危険である、と判断した場合、頻繁に訪室したり、声をかけたり、話を傾聴したり、「気にかけているよ」という安心感を与えることも一つ大切なケアになります。, 統合失調症患者は、病識が無く、問題行動を起こしたり、引きこもりになって、初めて受診に繋がるケース、実際に警察から引き渡されるケースが多いです。入院後、急性期から退院まで、看護師の関わり方は変わってきますので一番起こりうるリスクと、その状況の時に必要なケアを考えましょう。, 看護師として、まずは患者に安静に過して頂き、状態が落ち着いたら病識を持ってもらえるよう関わっていく事です。, 本人の言い分は、支離滅裂かもしれませんがそれでも、看護師は傾聴する事を忘れずに居て欲しいです。信頼関係を築き、患者が社会に帰ってからも安全に過せるよう、入院中に最大限のケアをして下さい。, 精神科病棟看護師、デイサービス、大学医務室、保育園などで経験を積んできました。どの職場でも人間関係や、仕事内容に悩む日々でした。しかし、どの職場も魅力的でした!それを伝えられるといいなぁと思います。みなさんのお役に立てたら幸いです。, はたらきナースでは、看護師のための病院口コミサイトをOPENいたしました。まだまだ、病院やクリニックの口コミ数が足りません。是非、勤務経験のある病院の口コミ投稿をお願いいたします。, 愛知県| 静岡県| 長野県| 岐阜県 三重県| 新潟県| 富山県| 石川県 福井県| 山梨県, 広島県| 岡山県| 香川県| 徳島県 愛媛県| 高知県| 鳥取県| 島根県 山口県, 本サービスを含む看護師の口コミの内容、記事の内容は、看護師資格を保有した看護師の体験談が多く含まれております。体験談の性質上、内容によっては不確実な主観が含まれている場合がございます。ご理解の上、ご利用いただくとともに、「はたらきナース」の利用規約を確認ください。, 運営:株式会社peko 〒101-0048 東京都千代田区神田司町2-13 神田第4アメレックスビル 4F. → ケアマネ業務支援ソフト【カイポケ】, 介護保険改正や介護に関する最新ニュースをわかりやすく解説しています。おすすめです♪, ケアマネ歴20年の現役ケアマネジャーです。 「どんな声でどこの人がそんなことをいっているのですか?」 #d 情動的な問題(不安、緊張)に関連した対自己暴力リスク問題. 更新研修や実務研修講師もやっています♪ ・適度な運動を生活に取り入れることで、夜間安眠できるようにする ・介護者の負担やストレスを軽減して、在宅生活の継続を支援する Copyright© ・自傷行為、自殺企図を疑わせるような言動があった場合には、本人の安全に配慮した上で、速やかに専門家に相談するよう本人や家族等に促す, 【外出の機会確保について】 ・継続的な服薬治療が必要なため、独自の判断で服薬を止めないように注意する ・薬の作用・副作用や再発のサインについて、専門医や薬剤師などから指導を受ける, 【緊急時の対応について】 ・本人の話を傾聴し、共感的な態度で関わるようにする スマホやタブレットには音声入力機能があるので、スマホに向かって記録内容を喋ります。人に聞かれると恥ずかしいので、車の中で喋ります(笑), ⑤タブレットのフル活用 ・十分な休養と安心して生活できる環境を整える ① サービス提供上・日常生活における留意点 最終更新日:2017/08/19 ・施設や事業所のホームページをタブレット画面で利用者に紹介, \ 私はカイポケを使っています♪/ 妄想などの症状により低下していたセルフケア能力も回復してくるので看護師が全てを援助するのではなく、できない部分を援助しましょう。, 回復期には少しずつ周囲への関心が持てるようになると同時に行動範囲が広がり、自分自身でできることも増えてきます。, 回復期が進むと、退院、社会復帰に向けて準備を進めていくが、焦らず無理をしないことが重要です。, 服薬の重要性を理解し、継続して服用することが何よりも再発予防につながることを認識してもらいましょう。, 距離をとるのは、患者が『怖い!』と感じさせないようにするためと、暴力や興奮したときでも対応できるようにするため。, また、患者の幻聴は『はいはい幻聴ね。』と対応するのではなく、幻聴があることで起こる不安感や不信感を理解するように心がけましょう。, 眼を見すぎることも患者が攻撃的に感じたり、怖いと感じさせたりすることもあります。顔を見つつも眉間や顔全体、腕や足の動きなどもみつつ対応できるとベスト。, 幻聴や幻覚を訴えている場合には、頭ごなしに幻聴や幻覚を否定すると患者から敵視されたり、関係が悪くなる場合があります。, 参考【保存版】幻覚・妄想の看護と6つの対応ポイント【結論:患者を否定も肯定しないで傾聴です】, 例えば、患者さんから「幻聴が『あなたは私を悪く言っている』といっている」言われたとします。, 当然ですがそんなことはないと思いますので「悪くなって思ってないですよ。それは幻聴ですね」と言いたくなりますが、否定することで幻聴とあなたがグルだと思う患者さんもいます。, あなたが患者さんを悪く思っていないことは伝えるべきですが、幻聴の内容自体に反応するのではなく、患者が不安な気持ちでいることに対して対応します。, などなど、患者自身のつらい気持ちや不安な気持ちに焦点を当てて共感、傾聴することが大切。また、安全の保障をすることも大切です。, 「それは幻聴ですよ」「幻覚ですね。そんなものは見えません」 私は忘れっぽいので、タブレットやスマホを使って、モニタリングの後すぐに車の中で支援経過記録を入力しています。, ④音声入力機能を使って喋って入力する ・病気についての情報提供を行い、介護者がストレスを抱えないようにする ・今回のサービス担当者会議で提示したケアプラン原案内容について、利用者及び家族、ケアチームで協議した結果、原案通りに実施していくことで合意を得た。 ・ゆっくりと落ち着いた態度で接し、落ち着いたトーンで話しかけるようにする ・家に閉じこもりがちになるため、趣味や関心があるものを聞いて、少しでも外出の機会が確保できるようにする 【服薬について】 「私にもその幻聴が聞こえます」「私にも見えたりしますよ」, 「私には聞こえたり見たりはしないですね。でも○○さんには感じていてつらいですね。」, 「私はそのような経験はないけど、苦しいですね。ずっと続くことはないと思いますよ。」 現状はしばらく状態観察とし、特に問題が無ければ次回プラン更新時にサービス担当者会議を開催して検討する。ただし、問題が発生した場合にはサービス担当者会議は開催する。問題や要望がなければ短期目標期間まで様子をみることとする。, ①根気強く受容的な態度で関わる 当ブログは、記事本文・加工画像・図解等をご自身のサイトにご自由にお使いください。ご使用の際は、文章・画像をご利用する記事に, 幻聴や幻覚といった精神症状の薬剤調整を行い、その上で病気との付き合いかたを患者と一緒に考えていきましょう。, 統合失調症とは、幻聴・被害妄想などの陽性症状、感情の平板化・意欲低下などの陰性症状を主体とする原因不明の精神疾患, 陽性症状は、中脳辺縁系でドパミンが過剰になることで起き、幻覚や幻聴、被害妄想や体感幻覚などの症状のこと, 統合失調症の診断基準はアメリカの精神医学会診断統計マニュアル(DSM-Ⅳ-TR)で定義, 急性期には幻覚妄想が強く活動エネルギーが過剰になっていることが多いため、鎮静目的で抗精神病薬や抗不安薬、眠剤などを活用しながら休息を促します, 回復期に入れば、認知行動療法をはじめとする生活療法や、作業療法などのリハビリテーションなどを利用しながら退院の準備, 統合失調症における薬物治療は、抗精神病薬の投与を中心に、抗不安薬、睡眠導入剤を治療に用います, 精神療法とは、治療者と患者の間に生まれる人間関係によって、患者の心身の問 に好ましい変化がもたらされるような治療, 社会生活技能訓練(SST)は、日常生活の中で必要な対人関係の構築を目指し、体験的に訓練を行う方法, 離室へ入室すると患者へは、どのような状態になれば隔離が終了するのか説明を行うことが大切, 忙しさにかまけて心無いことをいってしまったり、患者のヘルプサインを無視して対応したりすると、患者の自傷・自殺のリスクを高めてしまいます, 「死にたい」という気持ちは病気が言わせている、病気に影響されて思わされていることを伝えましょう, 幻覚や妄想による陽性症状、アルコールや薬物の離脱症状に影響されて、スタッフへの攻撃性や暴力の恐れがある患者も少なくありません, 暴力リスクについてスクーリングシートを用いてアセスメントしたり、医師や看護師間で簡易カンファレンスを行い対応方法を検討, 興奮や攻撃性が激しく内服を拒薬する場合も少なくありません。患者が好む形態(錠剤、水薬、デポ剤)での内服を勧め, まずは、薬物を使わない方法で対処できるか、対処できない場合には無理せずに薬物によって幻聴、幻覚を調整することも大切, 薬物の利用は最低限にして、患者自身が「あ、これは幻聴だな」「他の人は見えてなさそうだし、幻覚だな」と認識できるようになること, 穏やかな声色で患者の話を聞きましょう。何に興奮したのか、何かできることはないか傾聴, 患者自身が自分の病気に対してどのように思っているのか(病識確認)、内服の必要性に対してどう考えているのか聞くことから始めましょう。, 【保存版】幻覚・妄想の看護と6つの対応ポイント【結論:患者を否定も肯定しないで傾聴です】, 抗精神病薬の副作用と錐体外路症状を解説【アカシジア、ジストニア、ジスキネジアって何?】, 【基本】統合失調症の慢性期看護を徹底解説【観察ポイントと看護ケアやアセスメントも】, 【かんたん】WordPressにWordやExcel、PDFファイル資料をダウンロード添付する方法, 【基本】強迫性障害の治療と看護を徹底解説【結論:認知行動療法と薬物治療が治すコツ】, 電波を受信している、身体に発信機が埋め込まれているなどと実際には存在しない感覚を訴える, 情報や刺激に対して適切に対応することができない。同じ仕事を長時間できない。指示がなかなか入らない, 判断・瞬発能力の低下が起こり、何か手を付ければいいのかわからない。臨機応変に対応することができない。.