・不時着時の衝撃で宇宙船はほとんど壊れ使用不能となりました ・それぞれの回答を回収します 紙コップのレクリエーションは手軽な上、脳に良い刺激を与える、楽しいゲームがたくさん揃っているのでおすすめのレクリエーションです。 今回はそんな紙コップを使ったオススメのレクリエーション(ゲーム&工作)をたくさん紹介していきます。 ゲームで行う研修は、いわば体験型学習といえるもので、体験を通じて仕事に必要な思考を身につけることができます。研修そのものを楽しみながら受講することによって、高い学習効果が望めるメリットも。, 座学での研修だけでは身につきづらいことも、合間にゲームを挟むことによって効果を高めることが期待できます。, 専用のキットが必要なゲームもありますが、その多くは会社にある備品で実施できるものが多く、開催にあたって大きなコストがかかりません。, ゲームであればその多くは社内の一室である会議室などで簡単に実施することができます。, フラフープをチームメンバーで囲って、全員の人差し指に乗せて、離れないように、フラフープを地面まで下げていく、というとてもシンプルなゲームです。, 〜ルール〜 ・全員で10秒数えた後、組み立てたビルの高さを計測します ・「生きている」などの当たり前すぎるものはNGです, チームメンバーで様々な意見を1つにまとめていくコンセンサスゲームです。キットなどが必要になりますが、有名なゲームですので、一度体験してみる価値はあります。, 〜ルール〜 ・お題の範囲が広すぎると難易度があがります ・その後チーム内で話し合い、チームとしての回答を協議します ・1チーム6〜10名で設定します(人数が少ないと難易度が下がります) ・チームで決めた優先順位とNASA公式の回答の差を記録します ・4〜5人でチームをつくります ・フラフープを中心としてメンバーでフラフープを囲みます ・5分間でなるべく多くお互いの共通点を探します ・似顔絵を描いた人以外のメンバーでその似顔絵が誰の似顔絵なのか答えます ① まず紙に、縦6マス x 横7マスのマス目を書きます。 ② 次に誰が o で、誰が x になるのかを決めます。決まったらじゃんけんで先攻、後攻を決めます。 ・地図が正解の場合、ゲーム終了 ・完成した図形が一番正解に近かったチームの勝利です ・指が離れたり、第一関節以外の部分でフラフープを触れてしまった場合は最初の高さまで戻します ※作戦タイム中は一枚だけ用紙に触れて良い ・チーム全員で各々のお題で似顔絵を描きます ・1チームにつき、1つのフラフープを用意します ・制限時間5分間で紙を組み立て、出来るだけ高くタワーを作ります ・ 誰の指もフラフープから離れてはいけません ・4〜5人程度のチームをつくります この商品を購入した、Amazonコミュニティーのメンバーである出品者、メーカー、またはカスタマーが質問にお答えします。, 有効な質問が入力されていることを確認してください。質問は編集することができます。または、そのまま投稿してください。, 新しい5dダイヤモンド塗装キット、diyダイヤモンド番号ラインストーン塗装キット用大人と子供刺繍ダイヤモンドアートクラフト家の装飾……, 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題 ・紙は切ったり、折ったりしても良いが、紙以外の道具は使ってはいけません, 与えられた情報をもとに各自が1つの図形を作成し、口頭のみによる伝達手段を中心にコミュニケーションの難しさや話し方、聴き方の技術について学ぶゲームです。, 〜ルール〜 ・グループ内でカードに書かれた情報を口頭で共有し、地図を完成させていきます ひとちぎり 5つ星のうち4.0 2 個の ... 5つ星のうち3.0 期待したほどでは・・・ 2015年7月18日に日本でレビュー済み. ・一番高くタワーを作ったチームが勝ちです ・病院へ行くまでのヒントとなるカードを、リーダーが1人2~3枚配布します ・公式回答との差が一番小さかったチームの優勝です, 参考:http://www.consortium.or.jp/wp-content/uploads/39633d3db4ed4a5f5da7262fb981ed2e.pdf, ルールは簡単。マシュマロチャレンジはパスタとセロテープと糸とマシュマロ1個を使い、タワーを立てるだけです。チーム対抗で、一番高いタワーを作ったチームが勝ちとなります。, 簡単そうに見えて難しいのがこのチャレンジ。用意するものも少なく、チームワークが問われるものとなりますのでコミュニケーションをとらざるを得ません。, 弊社メンバーでも実践し、意外な結果が生まれたこのゲーム。少人数でも可能ですのでお試しください。, みんなが集めたバラバラの情報に基づいて、情報を出し合い、病院へ向かうまでのわかりやすい1枚の地図を作成するゲームです。, 〜ルール〜 o x ゲームと違い、下から上にしかコマを積み上げていけないのがポイントです! 遊び方: 人数:2人. ・参加者は宇宙船に乗って月面に着陸しようとしている宇宙飛行士の設定です ※自分たちで優先順位7番をつけたアイテムが、公式解答で10番だった場合、差の3を記録します。自分たちで優先順位7番をつけたアイテムが、公式解答で4番だった場合も、同様に差の3を記録します。 アイスブレイクのネタやゲームを使って雰囲気を盛り上げたいと思っていますか?アイスブレイクのゲームには、場面や年齢に合ったどんなネタがあるのでしょうか?この記事では、アイスブレイクに使えるゲームのネタを厳選してご紹介したいと思います。, アイスブレイクとは、氷のように固まった雰囲気を壊して、集まった人々のコミュニケーションやビジネスシーンを和やかにするゲームやネタのことです。, アイスブレイクには、会議やセミナー・研修といった集まりでのゲームがあります。アイスブレイクには、営業活動やプレゼンといったビジネスで使うネタもあります。, アイスブレイクに失敗することは少ないのが一般的です。司会者やビジネスで集まっている人にもよりますが、多かれ少なかれ雰囲気を和らげることができます。, 順番に名前を覚えていくアイスブレイクのネタです。自分より前の人の名前を全部言っていくので、最後の方になると名前が増えて面白くなるゲームです。, 「私はこう見えて、実は〇〇なんです」と自分の意外な一面を自己紹介するアイスブレイクのネタです。ビジネスパーソンの新たな一面を知ることができるゲームです。, 自分の人生で自慢できる誇りに思っている武勇伝を自己紹介するアイスブレイクです。ビジネス相手の得意分野や過去の経験を知れるゲームのネタです。, 2人でペアを組んでもらい、インタビューし合ってヒーローインタビューします。できるだけ相手の良い面やすごい所を紹介してもらうアイスブレイクのゲームのネタです。, サイコロに書かれたテーマに沿って自己紹介をするアイスブレイクのゲームです。恥ずかしい話や面白い話、恋の話などのネタを自己紹介してもらえます。, 指を動かしてもらうアイスブレイクネタです。まだ脳が回転していない朝一番や昼食後のビジネス会議でウォーミングアップができるゲームです。, 紙やノートに1円玉のサイズを描いてもらうゲームです。意外と1円玉のサイズが間違っていて、自分の感覚が不正確であることに気づけるネタです。, 流れ星や月、木を描いてもらうアイスブレイクのネタです。同じ流れ星や木でも人によって描き方が全く違うことに気づけるゲームとなっています。, ちょうど1分になったと思ったら目を開けてもらう簡単なゲームです。自分に時間の感覚があるか、ビジネスの時間も意識する大切さを学べるネタです。, 年齢が近いとか出身地など共有できる話題を見つけるアイスブレイクです。新規顧客の場合は、駅から歩いてくる途中で見た建物などを話題にできます。, 自分は話すのが苦手だとか、説明が下手なところがあるなどと自己開示すると、お互いのプレッシャーを減らしながらアイスブレイクできます。, 相手の会社の広告やポスターなどを褒めることができます。駅から歩く途中に見えたものや会社の建物などを話題にするとビジネスがスムーズに進みます。, 全員が一方向を向いていたりバラバラに座っていては和やかな雰囲気になりません。円になって座り自己紹介することで楽しい雰囲気になります。, 自分の夢や妄想について自己紹介してもらうアイスブレイクのネタです。みんな意外な夢を持っていることが分かる楽しいゲームです。, 自分のネガティブな一面とポジティブな一面を自己紹介してもらうゲームです。相手が自分をどう見ているかが理解できるアイスブレイクのネタです。, 自分の意外な一面について自己紹介してもらい、うそかほんとかを当ててもらうゲームです。うそかほんとか二択なので簡単にアイスブレイクできるネタです。, 自己紹介してもらったメモを集めて、順番に読んでいきます。自己紹介の内容が誰なのかを当ててもらう楽しいアイスブレイクのゲームネタです。, 普通にじゃんけんをするだけですが、負けた方が勝ちになるゲームです。負けたのに勝った気分になれる短時間でできるアイスブレイクのネタです。, 山手線にある駅名を言っていくのと同じで、ジャンルごとにネタを言っていく定番ゲームです。フルーツや動物など簡単なジャンルから始められます。, 何人かが同時に話をして聞き取れるかを試すゲームです。人数が増えてくると聞きとるのが難しくなって面白いアイスブレイクのネタです。, 足を使ってじゃんけんするアイスブレイクのネタです。足を使ってじゃんけんすることで、短時間でも体を動かすことができます。, じゃんけんして勝ったらハリセンでたたけるゲームです。負けた人にはヘルメットや頭をガードする本などを用意しておくと楽しいです。, 制限時間内にテーマに沿った内容を順番に答えてもらうゲームです。好きな動物や果物を順番に行ってもらって、制限時間になった時に答えている人が負けです。, 自分の名前を漢字で書いてもらい、名前の意味を説明してもらう自己紹介です。名前を漢字で覚えるのに役立つアイスブレイクのネタです。, 絵を描きながらしりとりするアイスブレイクのネタです。短い時間で絵を描くので、上手な絵や下手な絵があって面白いゲームです。, お尻を使ってすもうするゲームです。短時間でも体を動かしたい時に楽しく遊べるアイスブレイクのネタです。, 順番に並んで背中にメッセージを書いて伝言するゲームです。背中に書いた文字を読み取るのが意外と難しくて楽しいです。, グループごとに紙コップのタワーを作ってもらうゲームです。チームごとに分かれると、大人数でもアイスブレイクできるネタです。, 4つのヒントを出して答えをあててもらうゲームです。大人数でも座ったままでできるネタなので、簡単に頭の体操ができます。, 椅子取りゲームと同じ要領でアメを取り合う大人数でできるネタです。テーブルの周りを回ってもらい合図と同時にアメを取り合います。, テーマごとに当てはまる人を指差ししてもらうアイスブレイクです。一番足が速い人、一番面白い人など大人数でも指差し選挙ができます。, 何人かに同時に話してもらい、一人の人が何を言っているかを聞き取るゲームです。大人数でもできて集中力が高まるアイスブレイクのネタです。, 一見接点がないように思える人の共通点を見つけるゲームです。少人数でも意外とたくさんの共通点が見つかって親近感がわきます。, 無人島に何を持っていきたいかを順番に言う少人数でもできるゲームです。人によって意外なものを持って行くので楽しいネタです。, どれだけ記憶力がいいかを試せるアイスブレイクのネタです。少人数でも頭を動かせるので簡単に楽しめるゲームです。, しりとりしながら自己紹介する少人数でもできるゲームです。前の人の最後の文字を使って、次の人は自己紹介をスタートします。, 少人数で体を動かしたいならサッカーができます。新聞を丸めてサッカーボールを作るので、少人数でも簡単に体を動かせます。, 言ってはいけないNGワードを決めてしりとりや自己紹介するネタです。少人数でもNGワードは多いほど面白いです。, 腕立て伏せをしながらじゃんけんする運動系のアイスブレイクです。じゃんけんに負けたら腕立て伏せを続けるので徐々に辛くなります。, お宝を隠しておいて探してもらうネタです。大人数でも少人数でも宝探しできるので、小学生や中学生にもぴったりです。, 2人ずつフラフープに入ってリレーする運動系のネタです。大人数ならチームごとに分かれてリレーできるので、子どもでも大人でも楽しめます。, 力自慢の人が大人数なら腕相撲でシンプルにアイスブレイクできます。高校生や大学生でもみんな本気になれるネタです。, なりきりジェスチャーで何のマネをしているか当ててもらうゲームです。大人や高齢者でも簡単に体を動かせるアイスブレイクネタです。, 小学生や子どもが大人数でも楽しめる定番のゲームです。少人数でも元気よく体を動かしたいグループにおすすめのネタです。, ミラーのように動作のマネをするアイスブレイクネタです。上手にマネする人がいると盛り上がる子どもでも大人でも楽しめるゲームです。, 二人一組でジャグリングしてもらいます。二人で息を合わせる必要があるので、高校生や大学生におすすめのネタです。, 輪投げをキャッチしたら成功のアイスブレイクです。輪投げを体を使ってキャッチするので、小学生でも中学生でも楽しめます。, 新聞紙を丸めてホッケーを楽しむ運動系のネタです。広さがあって思いっきり体を動かしたい子どもや小学生でも楽しめるゲームです。, 紙で作ったふわふわの力士で相撲をとるゲームです。振動で紙のすもうを取るので、高齢者や大人でも簡単に体が動かせます。, スリッパをどこまで飛ばせるかを競争するアイスブレイクです。中学生や高校生になるとかなり遠くまで飛ばせて楽しいです。, 大人数でチームに分かれて手を繋ぎます。最初の人は右隣の人の左手を握り、繰り返して早く1周したチームが勝ちになります。, 大人数ならチームごとに分かれます。2人ずつでペアになり風船を挟んで走ります。チーム対抗でリレーをして速い方が勝ちです。, 投げたボールをヘディングして箱でキャッチするアイスブレイクです。キャッチできた数が多い方が勝ちですが、高校生や大学生でも盛り上がるゲームです。, 番号を書いた紙を地面に並べ、カルタのように踏んでいきます。小学生や中学生でも体を動かしながら遊べるアイスブレイクです。, 大人数でも店員と注文者に分かれて対抗できるゲームです。注文者が一斉に注文します。店員が多く注文を聞き取れたチームが勝ちになります。, ペットボトルにタオルを投げて倒すゲームです。最初の人が倒せたら次の人にリレーして続けて倒せます。大人や高齢者が大人数でも楽しめるネタです。, くしゃみは時速何kmの速さで飛んでいる?①6km ②50km ③300km。正解は300km。くしゃみの速さは時速300kmで新幹線級のスピードが出ます。, 日本で最も古くからあるお菓子はどれ?①クッキー②かき氷③まんじゅう。正解はクッキー。縄文時代から栗やくるみ、どんぐり、トチの実を使ってクッキーを作っていました。, 日本の雪だるまは何をモデルにして作られている?①こけし②だるま③ひょうたん。正解はだるま。日本の雪だるまは江戸時代から縁起物として作られました。, スヌーピーが犬小屋の上で寝ているのはどうして?①犬小屋が小さいから②星空を眺めたいから③閉所恐怖症だから。正解は閉所恐怖症だから。, ひまわりの種のカロリーはどのくらい?①0.05kcal②3.6 kcal③1.2 kcal。正解は1.2 kcal。ひまわりの種は小さいですが栄養分がたっぷりです。, トイレットペーパーの芯は、1本何円で売られている?①8円②5円③10円。正解は10円。オークションサイトでは10本100円で売られています。, じゃんけんに負けるたびに、右ひざ、左ひざ、右ひじ、左ひじを地面につきます。負けるたびに低姿勢になっていくので、子どもが喜ぶこと間違いなしです。, 5枚の新聞紙で一番高いタワーを作ったチームが勝ちです。工作が大好きな子どもの団結力や想像力を養えるアイスブレイクです。, 全員にテープを配り出会った人とテープを交差させてお互いに引っ張ります。テープが切れずに最後まで残った人が勝ちです。, 英単語を紙に書いてみんなに配ります。英単語の文字数が31になったグループが勝ちです。英語を勉強する子どもや小学生にぴったりのネタです。, チームごとに扇子をもって、紙のUFOを浮かせるゲームです。UFOが落ちた方が負けになる子どもや小学生に人気のアイスブレイクです。, じゃんけんに負けたら爆弾を持ちます。制限時間が来た時に爆弾を持っていた子どもが負けになります。小学生や中学生に人気のアイスブレイクネタです。, 一画から順に二画、三画と漢字を書いていきます。制限時間内にたくさんの漢字を書けた子どもやチームが勝ちになります。, 小学生4、5人が円になって手をつなぎ、一人がフラフープの真ん中に立ちます。一人以外が自由に動きながらフラフープを外すゲームです。, 一人の人が「肩下げて、肩上げて、肩下げないで」と旗揚げと同じ方法で楽しむゲームです。小学生や中学生に人気があるアイスブレイクです。, 一人の人が手拍子をしたり手拍子をするふりをします。周りの小学生は全く同じ手拍子の動作をしますが、間違えた人が負けになります。, スポンジを10個くらい準備して、高いタワーを作った小学生やチームが勝ちです。スポンジなら崩れても静かなので子供や小学生にぴったりです。, 一人がタオルを落とし、もう一人がタオルをつかむゲームです。フェイントをかけたり、タオルに結び目を作ると落ち方が不規則になって小学生や子どもは大喜びです。, 小学生4,5人がロープの中に入ってボールを取り合うゲームです。ロープで思うように動けず、子どもが楽しめるアイスブレイクです。, 食べられるどんぶりを言ったら手拍子し、たべられないどんを言ったら手拍子しません。間違って手拍子すると小学生は大喜びします。, 中学生が輪になって順番に短く自己紹介していきます。速いスピードで自己紹介リレーをするとだんだん頭が混乱してきて面白くなります。, 数人で手を繋いで輪になり、内側を向いたり外側を向いたりして人間あやとりします。体の柔らかい中学生なら色んなあやとりが楽しめます。, 何人かで手を繋いで輪になり、引っ張っりながら障害物に当たったら負けです。中学生は元気があるので障害物でけがをしないよう注意しましょう。, イニシャルや名前の頭文字を使って自己紹介します。次の人は前の人も含めて自己紹介します、中学生のクラスになると最後の人は名前が増えて大変です。, 中学生数人に机の下にコップを隠して持ってもらいますが、1人だけ水が入っています。誰のコップに水が入っているかを当てるゲームです。, 名前の書かれた名札をその名前の人に配達してあいさつするゲームです。中学生のクラス替えした時にお互い知り合えるアイスブレイクです。, ロープで高さを変えながらリンボーダンスを楽しむゲームです。中学生なら体が柔らかいのでリンボーが上手な人がいて楽しいです。, 50文字程度の文章を作って、次の人に伝言していきます。高校生であっても人に伝言することの難しさを体験できます。, じゃんけんで3回勝った方が負けた人に命令できるゲームです。高校生同士だと色んな命令があってちょっと怖いアイスブレイクになります。, 言葉の最初の文字を使ったしりとりゲームです。ゴリラ、りんご、りすといった風にしりとりします。頭の混乱する高校生が出て来て面白いです。, 自分のひざを両手で防ぎながら、相手のひざを叩いたら勝ちになるゲームです。高校生同士だと頭同士がぶつかることもあるので気を付けましょう。, 最初の人がピンと言い次の人を指し、指された人はポンと言い別の人を指します。別の人はパンと言いながら次の人を指します。高校生なら高速のピンポンパンになります。, 新聞を広げたり折ったりして長く伸ばした高校生が勝ちになるネタです。1分程度の制限時間を設けることで集中力が高まります。, グループで輪を作り、順番に自分の好きなものや趣味を言います。全員の好きなものを順番に言っていきます。高校生のクラス替えでの自己紹介におすすめです。, 5文字から7文字程度の単語の文字を入れ替えて、どんな言葉かを当てるゲームです。大学生なら最近流行っている単語などを選んでも楽しいです。, グー・チョキ・パーをどんな動作で表現するかを決めます。体全身を動かしながらじゃんけんできて盛り上がります。, 単語の最後の文字を使ったしりとりゲームです。日光、光線、線路といった具合に漢字の知識が試されるアイスブレイクです。, グループの中でオンリーワンを探すゲームです。二人だけや三人だけは意外と多いですが、一人だけを探すのは意外と難しいです。, 紙を使って30センチちょうどの長さのテープを作ってもらいます。誰が30センチちょうどに近いかを競うゲームです。, 単語のどの文字を使ってもいいしりとりです。ふじさん、じしん、したじき、たんぼといった具合です。頭が混乱してきて意外と難しいしりとりです。, 参加者に絵を描いてもらい、性格や心理をテストするゲームです。心理テストが好きな女の子が多い場面やビジネスシーンで使えるゲームです。, じゃんけんで出した指の数が偶数か奇数かを当てるアイスブレイクです。偶数か奇数かだけで単純なのでビジネスシーンでも使えるネタです。, 二人向き合うように立ち、両手で手を隠しながら「ぴったんこ」と言って手を開き、顔を上下左右に向けます。早く3回同じ方向を向いたペアが負けになります。, 二人ずつペアになってもらい、あっち向いてほいを楽しみましょう。単純なゲームですが、大人でも童心に返って楽しめます。, 3つのポーズを決めて、「1、2のポーズ」の合言葉でポーズをとってもらいます。3人か4人でグループを組み、二人以上が同じポーズを取ったら負けになります。, チームに分かれてもらい、一つの言葉から連想できる言葉を次の人に伝えます。最後の人が最初の言葉を連想できたら勝ちになります。, ビジネス用品や事務所用品をリレー形式で運ぶゲームです。決めた5個から6個のビジネス用品を早く運べたチームが勝ちになります。, 赤旗と白旗を上げたり下げたりする定番ゲームです。子どもの頃に楽しんだゲームをビジネスシーンでも懐かしく思い出すことができます。, その人の第一印象やイメージを3つほど書き出します。それが誰を指しているかを当ててもらう高齢者向けのゲームです。, お互いに質問をして答えられなくなった方が勝ちのゲームです。商売だけでなく高齢者が好きな食べ物や趣味などでも質問できます。, 順番に一つずつ動作を増やしていくゲームです。二つ三つと動作が増えていくので、高齢者が体を動かすのにぴったりです。, 目を閉じて1分ちょうどでストップウォッチを止められた高齢者が勝ちです。1分は意外と長いので、30秒くらいで止めてしまう人がいて盛り上がります。, ジェスチャーで伝言していくアイスブレイクです。高齢者が楽しく体を動かせるので人気のあるゲームです。, A4用紙をパズルのピースのようにカットします。パズルと同じ要領で元のA4サイズの用紙に戻すゲームです。高齢者が頭を動かすのにおすすめのネタです。, グループの人の名前や知っている果物の名前など、いくつ知っているかを競争するゲームです。高齢者の知識や脳の動きが分かるアイスブレイクです。, 人生経験の長い高齢者の過去を短い時間で紹介してもらうゲームです。高齢者の意外な経験が明らかになって楽しいネタです。, 司会進行役に向いているのはみんなに公平な人です。コミュニケーション能力が高い人にも恥ずかしがり屋の人にも気配りできる人が適しています。, アイスブレイクをしたけど微妙な空気になった場合は、最初と雰囲気の違うゲームネタを試してみましょう。ビジネスシーンでは雑談できる程度に空気が和めば十分です。, 少人数の時には自己紹介やトーク系のアイスブレイクが適しています。大人数の時にはゲーム性があって一体感が生まれやすいネタが適しています。, 今回はアイスブレイクのゲームネタをたくさんご紹介しました。ビジネスシーンや年齢別で色々なゲームを試してみたいですね。今回ご紹介したゲームネタを参考にして、ビジネスやグループ活動を楽しんでくださいね。, アイスブレイクのネタ&ゲーム112選!場を和ませて会話もスムーズに!のページです。Cherish [チェリッシュ]は、女性のライフスタイルに関する情報をまとめたWebメディアです。「こんなサイトが欲しかった」を目指し、様々な場面で疑問や悩みを持つ女性のために役立つ情報を日々発信しています。. ・利き手の人差し指の第一関節にフラフープを乗せます ピンポン脱出ゲームに必要なアイテムは、ピンポン玉、新聞紙 5 枚、ビニールテープの 3 つ。 5 秒間の耐久の他に、塔の高さも評価のポイントになるので、「いかにして、高くて安定した塔を作れるのか」を、チーム全員で考えなければなりません。 初対面の人が集まる場面において緊張をほぐす目的で活用される「アイスブレイク」は、多くの企業の研修で取り入れられています。, そんなアイスブレイクですが、中には「大勢の参加者がいないと盛り上がりに欠けるのでは…」と考える方もいるのではないでしょうか。, そこで今回は、少人数(10名程度)でも盛り上がるアイスブレイクを30個、それぞれ【自己紹介系】、【体を動かす系】、【頭脳・レクリエーション系】に分けて紹介します。, この記事では、少人数でも絶対に盛り上がることのできるレクリエーションを選んでいますので、少人数の場面においてアイスブレイクを活用したいと考えている担当者の方は、ぜひ参考にしてみてください。, 数あるアイスブレイクの中でも1番オーソドックスなレクリエーションが、自己紹介系のアイスブレイクです。, アイスブレイクは、初対面の人や、普段の仕事では関わりの浅い人たちとの交流の一環として使用されることが多いですよね。その際には、自己紹介の要素が含まれたアイスブレイクを行うことで、緊張した空気を和ませると同時に、参加者全員の名前や特徴も覚えることができます。, 自己紹介系のアイスブレイクネタの種類は多くありますが、その中でも今回は、少人数でも盛り上がることのできる自己紹介系のレクリエーションを11個、厳選して紹介します。, 他己紹介は、その名前の通り、“自分以外の他の人”を参加者に向けて紹介するアイスブレイクです。, 2人〜3人でチームを組んでもらい、ペアの人に向かって5分程度のインタビューをします。インタビューの内容は、名前や出身地、趣味、特技など、基本的なもので構いません。, チーム全員がお互いにインタビューし終えたら、今後はその内容をまとめて参加者全員に向けて紹介します。参加者全員が他の人から紹介されるので、初対面の人たちが集まる場所でも盛り上がるアイスブレイクです。, 参加者には1列に並んでもらい、1人ずつ自分の名前を言います。その際には、ただ自分の名前を言うのではなく、自分よりも前に並んでいる人全員分の名前も言っていきます。, 順番の1番最初の人は簡単ですが、最後の方になると言わなければならない名前が増えてくるので、徐々に難易度が上がっていきます。, 「もし、〇〇だったら、△△がしたい!」などの妄想を取り入れた自己紹介方法が、妄想自己紹介です。, 妄想なので、「もし宝くじで100億円が当たったら、〇〇が欲しい」、「もし魔法が使えたら、△△したい」などの話を組み込んだり、実在しない架空のキャラクターや事件などを取り入れても大丈夫。, 初対面の人同士で行うと、その自己紹介が妄想なのか本当なのかが分からなくなる人もいて、アイスブレイクとしても盛り上がります。, 漢字自己紹介は、自分のことを漢字1文字で表して他の参加者に見せ、参加者がその漢字の理由を考えるという自己紹介の方法です。, 参加者全員にペンと大きめの紙を1枚配り、その紙に「自分を表す漢字1文字」を書いてもらいます。書き終えたら、漢字が書かれた紙を参加者に見てもらい、ファシリテーターの進行によって2人を選出し、お互いの漢字について紹介してもらいます。, 相手の情報は漢字1文字しかありません。そのため、紹介する側は相手の特徴や良いところを見つけようと意識するので、初対面の人同士で行うことで緊張をほぐし、会場を良い雰囲にすることができます。, 自己紹介に、しりとりの要素を取り入れたのが、しりとり自己紹介です。やり方は簡単で、前の人の名前の“最後の1文字”を引用して、自分の紹介を始めます。, 例えば、「たなか たろう」さんが自己紹介をしたら、その次の人は、「うみ(海)が好きな、やまだ はなこ です。」のように、たろうの“う”から始まる自己紹介をしていきます。, しりとり自己紹介は、相手の名前をしっかりと覚えなければならないので、初対面の人同士でも比較的早い段階で、相手の名前を覚えることができますよ。, 通常の自己紹介に加えて、「実は〇〇です」という自己PRを行うのが、実は自己紹介です。, 実は、の後は何を言っても大丈夫で、「実は帰国子女です」、「実は全国〇〇の大会で優勝しました」など、珍しい体験や意外な一面を組み込むことで、自己紹介を盛り上げることができます。, 共通点探しゲームは、参加者に2人1組のペアになってもらい、相手と自分の共通点を10個見つけてもらうアイスブレイクです。, このゲームは、通常の自己紹介に比べると、相手のことを深く知らなければ目的を達成できないので、自己紹介を兼ねて、より相手との距離を縮めることができます。, 全てのペアが共通点を見つけられたら、今後はそれを、参加者全員の前で発表するのも面白いですよ。, ヒーローインタビューとは、相手の成功体験を自分がインタビューして、その内容を参加者の前で発表するアイスブレイクです。, ヒーロー役とインタビュアー役の2役を選出し、インタビュアーは相手(ヒーロー)の成功体験を聞いていきます。成功体験を聞き出すには、質問や会話の流れをしっかりと考えて進める必要があります。, 私は誰でしょうゲームは、参加者一人ひとりに名前を伏せた“自己紹介メモ”を書いてもらい、それを誰が書いたかを当てるアイスブレイクです, 自己紹介メモには、名前以外であれば、自己紹介につながることは何でも書いてもらうことができます。全員が書き終えたら一度メモを回収し、ファシリテーターがランダムに選んで読んでいき、そのメモが誰の自己紹介なのかを当てていきます。, グッドニュースは、参加者の「よかったこと」や「新しい発見」を発表・共有するアイスブレイクです。, 参加者それぞれが自己紹介に加えて、「24時間以内に起こった“よかったこと”や、“新しい気付き”」を1分程度で発表していきます。発表が終わった後には、聞いていたメンバー全員は拍手を送ります。, ウソ・ホントゲームは、自己紹介に1つだけ嘘を盛り込んでもらい、それを参加者が当てるアイスブレイクです。, 参加者全員に紙とペンを配り、自分についての事実を4つ書いてもらいます。4つの事実のうちの1つには嘘を盛り込んでもらい、書き終えたら順番に発表して、他の参加者はどれが嘘なのかを当てていきます。, 4つの事実には、嘘か本当かわかりにくい事実を入れることで相手の意外な一面を知ることができ、アイスブレイクとしても盛り上がりますよ。, アイスブレイクの中でも、体も心も一緒に楽しむことができるのが、【体を動かす系】のアクティビティです。, 体を動かすことは、体内の血流を促進して脳の活性化につながったり、ストレッチ効果を得られたりなどのメリットがあります。そのため、緊張した雰囲気での会議や研修前には、体を動かすアイスブレイクはもってこいのアクティビティなのです。, リズムに合わせてお題に沿った回答をする山手線ゲームは、アイスブレイクにも活用できます。誰でも知っていて、ルールも簡単なので、すぐに実践することができ、頭のウォーミングアップとしての効果も期待できますよ。, マシュマロチャレンジとは、パスタ、テープ、紐を使って塔を作り、時間制限内に最も高い位置にマシュマロを置いたチームが勝利となるゲームです。, マシュマロチャレンジは、「高い塔を作る」という同じ目的をチーム内で共有できるので、チームビルディングとしての効果も高く、アイスブレイクとしても多く活用されています。, 新聞パスサッカーとは、新聞紙で作ったボール受けとボールを使用して、ゴールまでボールを運ぶアイスブレイクです。, 新聞パスサッカーの準備には、新聞紙を、手で持てる「ちりとり」のサイズ折って作ったボール受けと、新聞紙を丸めたボールの2つが必要です。, 準備ができたら2チームに分かれ、ボール受けを上手く使ってボールを床に落とさずにゴールまで運びます。運ぶときにボールを落としてしまったら最初の人からやり直し、2チームでゴールまでのタイムを競います。, ピンポン脱出ゲームは、新聞紙で塔を作りてっぺんにピンポン玉を乗せ、5秒間耐久できた塔を作ったチームが勝利となるゲームです。ピンポン脱出ゲームに必要なアイテムは、ピンポン玉、新聞紙5枚、ビニールテープの3つ。, 5秒間の耐久の他に、塔の高さも評価のポイントになるので、「いかにして、高くて安定した塔を作れるのか」を、チーム全員で考えなければなりません。, ゆびキャッチゲームは、会話の中に特定のキーワードが出てきたら、“片方の手で相手の指を握り、同時に自分のもう片方の指が相手から握られないように引っ込める”という動作を繰り返すゲームです。, 参加者全員で円になり、左の親指と人差指で輪っかを作り、右の人差し指は右隣の人が作った輪っかに入れます。ファシリテーターが、「キャッチ」と言ったら、右隣の人にキャッチされないように逃げるのと同時に、左隣の人の指をキャッチします。, 「キャッチ」の掛け声以外に、「キャット」や「キャベツ」などの単語を混ぜることで、よりゲームを盛り上げることができますよ。, ジャンケンをして出した指の合計が7本(セブン)になったら勝ちという、少し変わったジャンケンです。, セブンジャンケンでは、通常の“グー・チョキ・パー”に加えて、指1本と指4本のジャンケンも出すことができます。5つのジャンケンを組み合わせて、チームとして合計で7(セブン)を目指します。, 四点ジャンケンは、ジャンケンで負けるごとに低姿勢になり、四点全てが地面に着いてしまったら負けというルールのジャンケンです。, 四点とは、それぞれ左右の膝と肘であり、膝→肘の順に地面に着けていきます。四点全てが地面に着いてしまったら、その時点でゲーム終了です。, 星人鬼ごっこは、自分が捕まえた星人を、自分と同じ星人にできるルールが追加された鬼ごっこです。, スタート時に、参加者を複数の星人にチーム分けします。このとき、頭に手を置く「頭星人」や、肩に手を置く「肩星人」など、誰が見てもどの星人かがわかるようにします。同じ色のバンドを腕に着けて行う方法もあります。, 鬼ごっこが開始されたら、自分と同じ種族以外の星人を仲間にするために、動き回ります。仲間にする方法は、相手の背中にタッチする方法や、ジャンケンをして勝敗を決める方法がありますので、状況によって変更できます。そして、最後に生き残った星人のチームが勝利となります。, 参加者をいくつかのチームに分け、横一列に並べます。その状態で、A4用紙1枚を、両手の人差し指だけを使ってリレー方式でゴールまで運びます。紙が地面に落ちてしまったら、最初からやり直し。チームでゴールに達するまでの早さを競います。, バースデーチェーンは、参加者全員が身振り手振りだけで自分の誕生日を伝え、誕生日の早い順に並んでいくというゲームです。誕生日を伝えるために指で数字を示すのは可能ですが、言葉を発してはならないというルールがあります。, 全員が並び終えたら、最後に列の端の人から順に誕生日を言っていき答え合わせをします。ゲーム中には言葉でのやり取りができないので、どれだけ相手とのコミュニケーションが取れるかが重要になるアイスブレイクです。, 瞬間移動ゲームでは、1人1本新聞紙で作った棒を用意します。棒を床に立てて押さえ、ファシリテーターの合図と同時に全員が棒から手を離し、時計回りに1人分移動します。その際には、隣の人が離した棒が倒れる前にキャッチできるように素早く移動します。, キャッチできなかった人は抜けていくというルールを追加すると、アイスブレイクとしても更に盛り上がりますよ。, アイスブレイクには、緊張を和らげる効果のほかに、頭の働きを活性化させる役割も期待できます。, 次は、頭の運動に最適な、【頭脳・ワークショップ系】のアイスブレイクを紹介します。会議や研修前の固まった頭をほぐすための準備としても、アイスブレイクを活用することができますよ。, 無人島に持っていく物を発表するゲームです。「無人島に何を持って行くのか」、「なぜそれを選んだのか」について語ってもらうことで、初対面の人同士の価値観を理解するのに活用できるアイスブレイクです。, ピクニックゲームは、「ピクニックに行くなら、何を持って行くか」を順番に答えていくゲームです。一見、先ほど紹介した「無人島に持っていくなら」と似ていますが、ピクニックゲームでは、参加者の名前を覚えることに着目しています。, ピクニックに持って行く物は、自分の名前の頭文字から始まる物でなければなりません。例えば、「山田さん」であれば、“や”からはじまる物(やかん、やきそば、など)となります。, また、2人目以降の人は、自分が持って行く物に加えて、前の人の名前と持って行く物も一緒に言っていきます。終盤の人にとっては少し難しくなりますが、名前を覚えるアイスブレイクとして活用できます。, 会話の中で、参加者個々に指定されたNGワードを発してしまったら失格というゲームです。それぞれのNGワードが書かれたカードを、ファシリテーターが参加者の額に貼り、参加者全員で日常会話を行なってもらいます。, 会話の中で、その人の額に書いてあるワードをその本人が言ってしまったらアウトとなり、最後まで残った人が勝利となります。, ある単語の文字列をいれかえた言葉(例:「誕生日(たんじょうび)」→「じょんうびた」)が書かれた紙を見せ、クイズ形式で参加者に回答してもらうアイスブレイクです。, クイズが進むごとに文字数の多い単語を選んだり、参加者共通の単語を選んだりすることで、ゲームを面白く進めることができます。, しりとりリレーは、セットしたタイマーが鳴り終えるまでしりとりをするゲームです。しりとりの順番を決め、タイマーを2分にセットしたらゲームがスタートし、アラームが鳴ったときにタイマーを持っていた人の負けです。, 謎解き脱出ゲームは、参加者が物語の主人公になりきり、チームメンバーと協力して謎を解くゲームです。, すべての謎を解くにはメンバー同士のコミュニケーションが必要不可欠です。謎解きを楽しみながら、チームで一つのゴールを目指す共通体験が生まれ、チームワークが向上します。, 複数のサイコロを振り、出ための数の合計を素早く言い当てるゲームです。複数回繰り返し、正解数が1番多かった人が勝利となります。サイコロさえ準備できれば、場所を選ばず手軽に行うことができるアイスブレイクです。, 1分時計とは、タイマーをセットして、ちょうど1分経ったと思ったタイミングで合図をしてもらうというゲームです。, 参加者には目を閉じてもらい、ファシリテーターの合図から1分経過したと思ったタイミングで手を上げてもらいます。ファシリテーターは、実際に1分が経過したタイミングで合図をし、全員に目を開けてもらいます。, 1分時計は、時間間隔を意識付けることにも一役買いますので、会議前のアイスブレイクといったビジネスの場面でも活用できますよ。, 頭を使うアイスブレイクには、簡単なクイズを出題するのもおすすめです。こちらの記事ではアイスブレイクで使えるクイズ問題やアイデアをご紹介しています。, 今回ご紹介したように、5〜10名程度の少人数でも十分に盛り上がれるアイスブレイクはたくさんあります。, 特に、自己紹介系のアイスブレイクは特別な準備も不要で、少人数の場面では活用しやすいレクリエーションです。また、アイスブレイクの目的は、他の参加者の人たちを知ることなので、かえって少人数の場面の方が相手についてをよく知ることができます。, 少人数向けのアイスブレイクを探している担当者の方は、ぜひ今回紹介したアイスブレイクを参考にしてみてくださいね。, SEOライターとしてWeb業界に入り、今年で業界4年目のライター兼「ikusa.jp」編集長。.