ビジネスにおける取引でやりとりされる書類の中のひとつに「受領書」があります。 「受領書」は、商品などの受け渡しの時にやりとりされる書類なのですが、他の書類と何が違うのでしょうか?また、受領書の書き方やテンプレートを紹介していきます。 ”[•i‘ ‰ïŽÐ–¼@Œä’† ‰ïŽÐ–¼ § ZŠ ‰º‹L‚Ì’Ê‚è”[•i‚¢‚½‚µ‚Ü‚µ‚½B TEL FAX •i–¼ Œ^Ž® ”—Ê ’PˆÊ ’P‰¿ ‹àŠz ¬Œv Á”ïÅi@“j ‡Œv‹àŠz ”N@ŒŽ@“ú Žó—̏‘No. 見積書、請求書、納品書のセット テンプレートです。1枚入力すれば、全てに反映されるので、作業時間の短縮が可能! ビジネス シーンに必要な精算書類はテンプレートを活用してスムーズ作成. •¨•iŽó—̏‘ ‰ïŽÐ–¼@Œä’† ‰ïŽÐ–¼ § ZŠ ‰º‹L‚Ì’Ê‚èŽó—Ì‚¢‚½‚µ‚Ü‚µ‚½B •i–¼ Œ^Ž® ”—Ê ’PˆÊ Žó—̈ó. 納品書や受領書は、納品した事実と、商品を受け取った事実が書類で残るため、万が一行き違いが起きてしまった際に、その取引や納品の内容などをすぐに把握できます。 「本来納品すべき商品が納品されていなかった場合」や「納品された商品が注文した商品と違っていた場合」は、納品書� 納品書_4_タテ_ブラックの無料テンプレート。その他、履歴書・領収書・プレゼン資料等、ビジネスで使用するテンプレート・フォーマット・書式を無料でダウンロード。デザイナーが作成したスタイリッシュで高品質なテンプレートを豊富にご用意しています。 見積作成〜入金管理まで一括管理!請求業務をラクにできるクラウドサービス「MakeLeaps」の無料で受領書のエクセルテンプレート・フォーマットをダウンロードできるページです。受領書の書き方や、受領書・検収書・領収書の違いの解説など説明付きで分かりやすく受領書を作成いただけます。 •¨•iŽó—̏‘ ‰ïŽÐ–¼@Œä’† ‰ïŽÐ–¼ § ZŠ ‰º‹L‚Ì’Ê‚èŽó—Ì‚¢‚½‚µ‚Ü‚µ‚½B 「MakeLeaps」の受領書エクセルテンプレート・フォーマット無料ダウンロードページです。 ”[•i‘ ‰ïŽÐ–¼@Œä’† ‰ïŽÐ–¼ § ZŠ ‰º‹L‚Ì’Ê‚è”[•i‚¢‚½‚µ‚Ü‚µ‚½B TEL FAX •i–¼ Œ^Ž® ”—Ê ’PˆÊ ’P‰¿(‰~) ‹àŠz(‰~) ¬Œv Á”ïÅi@“j ‡Œv‹àŠz ”N@ŒŽ@“ú Žó—̏‘No. 請求書の作成でお困りではありませんか?発行から送付までの流れをわかりやすくまとめました。, 見積作成〜入金管理まで一括管理!請求業務をラクにできるクラウドサービス TEL FAX •i–¼ Œ^Ž® ”—Ê ’PˆÊ Žó—̈ó, ”N@ŒŽ@“ú ”[•i‘No. 納品書や納品書と受領書、納品書と請求書、納品書と売上伝票などあらかじめ用意している38種類の納品書帳票フォームから用途に応じて帳票を選択して印刷できます。 38種類の納品書帳票フォーム. 納品書 会社名 御中 会社名 〒 住所 下記の通り納品いたしました。 tel fax 品名 型式 数量 単位 単価(円) 金額(円) 小計 消費税( %) 合計金額 年 月 日 受領書no. 物品受領書 会社名 御中 会社名 〒 住所 下記の通り受領いたしました。 tel fax 品名 型式 数量 単位 受領印 > ”[•i‘‚̐—Œ` > Excel‚ō쐬‚µ‚½”[•i‘Žó—̏‘‚̐—Œ`, ”N@ŒŽ@“ú ”[•i‘No. Copyright free-hinagata All Rights Reserved. 受領書の書き方や、受領書・検収書・領収書の違いの解説など説明付きで分かりやすく受領書を作成いただけます。まずは無料ダウンロードよりお試しください。, もし、請求業務に労力を奪われているなら、それが会社の成長を鈍らせている原因かもしれません。, 受領書とは、金銭や物品、サービス、書類などを受領した旨を、取引先へ報告する目的で発行される書類です。取引先からすると、商品等の受け渡しの完了を、受け取った側に承認してもらったことの証明になります。原則として、受け渡しが完了した時点で発行します。, なお、受領書の発行に法的な義務はありません。しかし、ビジネスのやり取りや状況を明確にし、取引先に信頼や安心感を与えるという意味で、特別な取り決めがない限りは発行することをおすすめします。, 領収書とは、「何らかの対価として、現金や有価証券を支払い者から受け取ったこと」を示す書類です。金銭を受け取ったことの証明という広い意味では、領収書は受領書の一種といえるかもしれません。, また、領収書と同じく、金銭を受け取ったことを証明する金銭受領書も、「金銭又は有価証券の受取書」とみなされ、印紙税が発生する場合があります。, なお、予約金や申込金、手付金、頭金といった“対価ではない”金銭の受け取りには、領収書を用いません。これらの受け取り時には、受領書を用います。, 検収書とは、受け取った商品やサービスが見積書や契約内容と合致していたことを認める目的で発行される書類です。検収書は、発行された時点で契約が遂行されたことを示します。そのため、検収書を発行した後で、発注者が受注者に納品物の変更や手直しを要求することはできません。, 一方、受領書はあくまでも“受け取り”を示すための書類です。検収が完了したことを証明するものではありません。, 受領書に決まった書式はなく、どのようなフォーマットを用いても法律上の問題はありません。しかし、スムーズな取引のためには、いくつかの基本的な事項を記載すべきです。, 受領書は金銭以外にも、物品や書類などの受領の証明としても用いられます。そのため、目的に応じてテンプレートを使い分ける場合もあります。, 金銭受領書は、領収書に似た役割を持つ書類です。記載事項についても、ほぼ同様と考えて問題ありません。以下は、代表的な記載事項の例です。, 物品受領書のポイントは、「いつ」「どこで」「誰が」「何を」「どれだけ」受け取ったかを明確にすることです。納品書や発注書を参照しながら書き起こすことが多いため、同様の項目を設けるようにしましょう。代表的な記載事項をご紹介します。, 書類受領書は、書類を受け取った際に使用します。内容がシンプルな分、金銭受領書や物品受領書のテンプレートを流用することは向きません。あらかじめ、専用の書式を用意しておくとスムーズです。, 受領書を発行する場合には、担当者の署名(印鑑やサイン)を入れることが一般的です。法的な決まりはありませんが、取引先に安心感を与えられます。可能であれば、会社印を押印するとより丁寧な印象になります。, そのため、受領書のフォーマットには担当者と会社印の押印欄を設けるのがおすすめです。, 受領書のテンプレートのなかには、切り取り線を挟んで「納品書」が印刷されているものがあります。受け取った側は検品後に受領書を切り取り、署名をして返送します。なお、この形式はあくまでも受領書と納品書が一枚の紙に印刷されている状態であり、「納品書兼受領書」にはなりませんのでご注意ください。, また、送付状とセットになった受領書も見られます。身近なところでは、宅配便の受け取りの際に押印やサインをする紙も、受領書のひとつです。, 受領書は領収書と同じく、発行の際に収入印紙の貼付が必要になるケースがあります。それに伴い、消費税額の記載も求められます。また、納品書に付属していた受領書の返送時には、宛先および提出者の敬称の訂正が必要な場合があります。, 金銭や有価証券を扱う受領書は、印紙税額一覧表における第17号文書に該当します。発行時には印紙税が課税されるため、収入印紙を貼り付け、割印(消印)をしなくてはなりません。, なお、印紙税の課税対象は税抜きの受領金額です。受領書に消費税がいくらだったのかが記載されていない場合は、税込みの金額が課税対象額とみなされてしまいます。不要な納税を行わないためにも、金銭や有価証券に関する領収書には消費税額を記入する欄を設けましょう。, 納品書とセットの受領書を返送する際は、宛名に注意しましょう。たとえばA社から発行された納品書に受領書が付属していた場合、受領書の内容を記載しているのはA社となるため、提出者の欄に「様」や「御中」といった敬称が付けられます。, また、宛先の欄には敬称がないか、「行」とだけ記載されている場合もあります。つまり、そのまま発行してしまうと、取引先には敬称を付けず、自社に対して敬称を付けている状態となります。, それを踏まえて、発行の際は「様」や「御中」は二重線で訂正しましょう。返送用の封筒が同封されていた場合も、同じく宛名部分をチェックし、必要に応じて訂正を行ってください。, 業界にもよりますが、受領書は金銭や物品の受け取り時に手渡しすることが一般的です。しかし、納品物が電子データやWebサイト・プログラムなどの場合は、インターネットを通して受け渡しすることが一般的です。こうした取引の際には、電子メールや郵送による受領書の送付を検討しましょう。, 受領書をメールで送付する際は、PDFファイルを用いるのが基本です。WordやExcelといったファイル形式は、相手のパソコンの環境次第で開けないおそれがあります。また、書類をPDFファイル化することは、改ざん防止にも役立ちます。, メールを作成する際は、件名を「○○○の受領書」など、シンプルかつ内容が一目でわかるものにすることを心がけましょう。本文には、添付内容を記載することが一般的です。, また、メールの誤送信には十分注意してください。受領書はビジネス上の重要な書類であり、外部への流出は厳禁です。メール送信前には、必ず宛先のアドレスをチェックしてください。, 受領書は信書に該当する書類です。そのため、メール便での郵送は行えません。普通郵便やレターパック、スマートレター、もしくは宅配会社の信書便などを使いましょう。, 郵送に使用する封筒には添え書きをします。「受領書在中」と赤や青のペンで書き、長方形で囲みましょう。また、受領書と合わせて送り状(送付状)を忘れずに同封してください。, 封筒のサイズに決まりはありませんが、一般的に、A4サイズの受領書であれば角形2号(角2)、三つ折りにする場合は長形3号(長3)が用いられています。, 受領書とは、金銭や物品、サービス、書類などを受領した旨を、取引先へ報告する目的で発行される書類です。, 金銭を受け取ったことの証明という広い意味では、領収書は受領書の一種といえるかもしれません。. 「受領書」は、商品などの受け渡しの時にやりとりされる書類なのですが、他の書類と何が違うのでしょうか?また、受領書の書き方やテンプレートを紹介していきます。, 「受領書」は「じゅりょうしょ」と読みます。発注者が受注者に対して、サービスや商品を提供する時に発行する書類です。商品などを受け取った時に、受領した旨を報告する、証明するものになります。取引を進めていく中で手違いが起こるのを防ぐ目的があります。, 受領書は必ず発行しなければならない書類というわけではなく、発行の義務はありません。場合によっては、メールだけ電話だけの連絡で済ませることもあります。トラブルを防ぐための証明書として役割を果たす書類であると言えます。, 受領書と似たものに、納品書や領収書を思い浮かべる人は多いかもしれません。それぞれの違いを詳しく見ていきましょう。, サービスや商品などを受け取ったことを証明する書類です。受領者情報、発行者情報、受領した商品などの情報、金銭情報などが記載されます。, 商品などの明細が記載された書類で、商品納入の時に発注者に提出します。商品などの詳細、単価、数量、合計金額などが記載されます。納品された商品に誤りがないかを確認するためや、何をいつ納品したかを記録しておくため発行されます。, 代金を受け取った側が支払った側に発行する書類です。現金や有価証券などを受け取ったことを証明します。支払った側の正式名称、金額、但し書き、印紙、発行者の正式名称、発行日時などが記載されます。, 受領書の書き方は次に紹介する通りです。取引する商品によって細かい部分は変わってきますが、多くの受領書で必要となる項目ですので参考にしてください。, 株式会社○○○○    ㊞ 〒000-0000 東京都△△△△ △△課 山田 花子, 取引先によっては受領書の返送を求められる場合があります。これはトラブルが起きた時の対処するためや社内で受領書を管理するためです。しかし、受領書の返送自体は義務ではないので、求められない限りは返送する必要はありません。, 受領書を返送する時には、宛名に付けられた「様」や「殿」などの敬称の取り扱いに注意が必要です。そのまま返送せず「様」や「殿」は必ず二重線で消しておきましょう。また、書名と捺印を求められる場合がありますので、忘れずに行いましょう。, 受領書と一緒に返信用封筒が同封されている場合があります。この時宛名が「株式会社○○○行」となっています。必ず「行」を消して「御中」に置き換えましょう。, 商品などを受け取った証明となる受領書は、受け取りを証明するサインや捺印が必要です。この時もちろん担当者の認印だけでも良いのですが、できれば社印も一緒に押しておくとより安心です。, 受領書は金銭の受け渡しのために作成される書類であり、「金銭又は有価証券の受取書」に当たります。そのため、領収書と同じように印紙が必要となります。記載金額が5万円未満だと非課税ですが、5万円以上100万円以下では200円分の印紙が必要となります。印紙は必ず割印することを忘れないようにしましょう。活印がされていない印紙は、印紙税が納税されたことにならないためです。, 受領書のように取引の証拠となる書類のことを「信憑書類」と呼びます。この信憑書類は、税務調査などで必要となるため一定期間保存することが義務付けられています。保管期間は中には5年間で良い場合もありますが、多くは7年間と定められています。原則7年と覚えておくと良いでしょう。, 受領書は領収書のように発行義務のある書類ではありませんが、商品などの受取りを証明する大切な書類です。, また受領書に必要な項目はある程度決まっていますが、様式は会社によってさまざまです。これから作成するという場合は、テンプレートを参考に作成してみてください。.