種と種子の違いは何ですか。よく「種子なし日向夏ちゃん」とかありますが種なしではないのでしょうか。 「種」は日常語として、「種子」は学問的な場面での術語として使われることが多いと言えるで … 種子 (しゅし、〈たね〉) とは種子植物で有性生殖によって形成される散布体である。一般には、単に種(たね)と呼ばれることが多い。, 種子は親植物の組織起源の種皮(しゅひ)という皮に包まれ、その中には受精卵から発育した幼い植物体、すなわち胚が入っている。種子はめしべにある胚珠から発達する。花のつくりの場合は、子房は柱頭の下などに多い。被子植物の場合、種子は子房に包まれていて、これが後に果実となる。裸子植物の場合は、めしべの表面に乗っている。, 農業上繁殖に用いられるものは、厳密には種子でなくとも、種もみ・種芋・種馬などと呼ばれる。, カキの種子では、中の様子がかなり異なっている。種子を半分に切ると、幼い植物体は種子に比べてずっと小さく、種皮の中には半透明の固いものが詰まっている。これは胚乳と呼ばれ、胚嚢(はいのう)の中央細胞(2つの極核を含む)と花粉管内に生じた精細胞の1つが受精したもの(核としては2個の極核と1個の精核、合計3つの核が受精する)に由来する。このような種子では、胚乳に栄養が蓄えられている。イネやムギでは幼植物は種子の末端部分にあり、種子本体の大部分を胚乳が占める。, 基本的に被子植物の種子は、カキの例のように、発生の出発点において極核を含む中央細胞と精細胞が受精した3倍体核に由来する胚乳を生じるが、マメ科など一部の植物では二次的に胚乳が退化し、かわりに子葉などに発芽のための栄養分を蓄える。ほかに、ラン科(エビネの種子)など若干の植物で、発芽のための蓄えを持たず、菌類との共生に依存するなどして発芽する例がある。裸子植物の胚乳は1倍体の雌性配偶体自体に由来し、シダ植物の前葉体と相同の器官で、被子植物の胚乳とは異質な面がある。, 多くの種子は、幼植物が発芽するための栄養分を子葉か胚乳に蓄えているため、動物から見れば魅力的な食料である。人間の食物の中にも種子はさまざまに用いられ、特にマメ科やイネ科のものは、しばしば主食の位置を占める。主食に使われるイネ科の種子を穀物と呼ぶ。蓄えられる栄養分は、デンプンか油脂の形である場合が多い。, 植物には基本的に移動能力がない。ある場所で種子が発芽をすれば、そこに一生とどまるのが基本である。従って、種子が好適な場所に到達する何らかの手段がなければならない。現に親植物が生息している以上、親の根元は好適地であるから、親が自分の根元に種子を落とすのは一つの方法だが、それでは親子あるいは子供同士で無意味な競争をせねばならない。また分布拡大の意味からも、種子はある程度以上、遠くに運ばれる必要がある。, 実際には、種子にも移動能力はないので、種子の散布en:Seed dispersalは何か外の力に頼らざるを得ない。そのためそれぞれの植物は、何かに頼って種子を散布するための方法を発達させてきた。, 種子は、内的な要因で発芽が阻害されている状態(休眠状態)では好適な条件下に置いても発芽しないが、休眠が解除された状態では、好適な条件下に置かれると、発芽過程が始まる。呼吸によるエネルギー生産が始まり、種子の中にある幼い植物体が成長をはじめ、種皮を破って伸び、葉を地上に現す。これを発芽と言う。, 多くの植物では、種子の中の植物体は休眠状態にある。ただし、休眠に入る機構、休眠が維持される機構、休眠が打破される機構は複雑であり、解明されていない部分も多い。一般に、発芽過程を開始していない(生命活動を停止している)種子は、長い期間にわたって生き延びられることが知られている。ただし、生き延びられる期間は種によって様々であり、何年も保たないものもあれば、数十年にもわたって発芽力を維持するものもある。長生きで有名なのはハスで、日本では弥生時代の遺跡から発掘された種子が発芽した例があり、「大賀ハス」として知られている*。, (*)長い間地層(日本考古学では「土層」)中に保存されていた数千年前のハスが発芽し、いわゆる古代ハスと呼ばれているものは、ハスの種子そのものを年代測定した例はない。これらは同じ層位や上下の層位の他の物質(土壌有機物や木片など)を測定したものから推定したものである。発芽した種子は現生種子の混入の可能性を排除できず、根拠としての確実さは乏しい。種子を直接測定した例では、今のところ500年程度の寿命があることが分かっている。, 種子は、好適な条件下で発芽するが、野生種の場合、種子の集団が一斉に発芽するわけではなく、発芽せずに残るものがあるという。これは、発芽の条件が整っても、成長の過程で条件が悪化すれば枯れるので、全種子が死滅する危険を回避するための適応であると言われる。栽培植物の場合、発芽や収穫の効率を上げるため、休眠性を失い、好適な条件下で一斉に発芽するように品種改良されている。, どの様な条件で、休眠が解除され発芽が始まるかは、その種の性質によりさまざまである。, 種子を形成した最初の植物は古生代末期のシダ種子植物とされている。 化石として葉身表面に種子を並べたようなシダ植物的なものが発見されており、この仲間では杯状の種皮の中に、雌性前葉体が閉じこめられている。, 普通のシダ植物は、葉の上に胞子を形成し、放出された胞子は湿った地面で発芽して前葉体となる。前葉体の下面に造精器、造卵器を形成、受精が起こる。受精卵は前葉体の上で発生を始め、植物体が成長する。, 進化の道筋としては、恐らくそのような形から、精子のみを作る雄性前葉体と卵のみを作る雌性前葉体が分かれるものが現れたと考えられる。現在でも水生シダ類などにそのようなものがあり、雌性配偶子になる大胞子と雄性配偶子になる小胞子を別々の胞子のうの中に作る。

「種子は胚珠につつまれ、種子は胚珠から栄養をもらいながら育つ。被子植物という。スイカやバナナなど。」というイメージなのですが、種はどのようなものを種と言えばよいですか?裸子植物ですか? お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。. 「種子は胚珠につつまれ、種子は胚珠から栄養をもらいながら育つ。被子植物という。スイカやバナナなど。」というイメージなのですが、種はどのようなものを種と言えばよいですか?裸子植物ですか?種からなるものを教えてください。農業 この2つの法律の違いは、その”役割”の違いなので、それぞれの役割をざっくり説明します。 「種子法」の役割.

‚邽‚߂̎󐸗‘‚Å‚ ‚éãó‚ðŠÜ‚ñ‚¾ŽU•z‘Ì‚Å‚ ‚éBŠwp“I‚ȏê–Ê‚ÅŽg‚í‚ê‚éBˆê•ûAŽí‚Æ‚ÍŽíŽq‚Æ“¯‚¶ˆÓ–¡‚ŁA“úí“I‚ȏê–Ê‚ÅŽg‚í‚ê‚éB, ŽíŽq‚Ƃ́AA•¨‚Ì—Y‚ÆŽ“‚ªŽó¸‚µA‚ß‚µ‚ׂÌãóŽì‚©‚ç”­’B‚µ‚½ãó‚ðŠÜ‚Þ‚à‚Ì‚Ì‚±‚ƂŁAŽíŽq‚©‚ç‰è‚ªo‚ĐA•¨‚ªˆç‚BŽíŽq‚̏ó‘Ô‚Å“ñŽí—Þ‚É•ª—Þ‚³‚êA”íŽqA•¨‚̏ꍇ‚ÍŽíŽq‚ÍŽq–[‚É•ï‚Ü‚ê‚Ä‚¢‚éB‚±‚ê‚ÍŒã‚ÉŽÀ‚Æ‚È‚é•”•ª‚Å‚ ‚éB—‡ŽqA•¨‚Í‚ß‚µ‚ׂ̕\–Ê‚ÉŽíŽq‚ª‚‚¢‚Ä‚¢‚éB‚»‚ê‚ɑ΂µ‚ÄŽí‚Ƃ́AuŽíŽqv‚Æ“¯‚¶ˆÓ–¡‚ÅŽg‚í‚ê‚éˆê”Ê“I‚ÈŒ¾—t‚Å‚ ‚éBA•¨Šw‚âŠw–â“I‚ȏê–Ê‚Æ‚µ‚ẮuŽíŽqv‚ªŽg‚í‚ê‚Ä‚¢‚邪A“úí“I‚ɂ́uŽíŽqv‚Æ‚¢‚¤’PŒê‚Í‚ ‚Ü‚èŽg‚í‚È‚¢B.

更に、大胞子が胞子のうから出る前に発生を始めるものが現れ、それを保護するための覆いが発達したのが種子の起源であると考えられる。このようなことになったのは、陸上生活する維管束植物の生活史の中で、前葉体の時代が最も水に依存するからと推定される。精子が卵の所まで泳がなければならない。そのためには水が必要になり、水がなければこの段階を超えられない。そこで、この段階を母植物の上で過ごしてしまう方向へ進化が進んだのであろう。精子を作る小胞子は、種子のそばで発芽しそこで精子を作れば、母植物の葉先の水滴だけで受精が可能になる。, 種子の皮である種皮は、胞子のうの袋とそれを守る皮からできている。未発達の種子を胚珠と呼ぶ。, 受精した卵は母植物から栄養をもらってその場で発生をはじめ、小さな植物体にまで発達して休眠状態となる。そして種子が放出され、好適な場所に落ちるまでを待つことになる。, 現生の裸子植物では、大胞子のうをつける胞子葉はごく簡単な形のものが多く、ソテツの雌花に少しだけ葉の形の面影が見られる。それ以外のものでは鱗片状の形で、それが軸の周りに密に折り重なり、いわゆる松ぼっくりの形になっている。鱗片1枚を取り出すと、その上に左右1つずつの胚珠が並んでいる。, さらに、胚珠を胞子葉が包むようになったのが被子植物である。胚珠は子房という袋状の部分におさまり、小胞子(花粉)は胞子葉(めしべ)の特定の部分(柱頭)に付着して、胚珠まで花粉管を伸ばすことになった。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=種子&oldid=77162863, 種皮をはがすと、中には大きく2つに割れる部分がある。半球形の2つの部分は、小さな出っ張りの部分でつながり、その間には小さな折り重なったような構造がみられる。半球形の部分は, 種子そのものが食料になるのではなく、種子に餌をつけて運ばせるように進化したものがある。, 動物の体表面にくっつき、運んで貰うための種子を発達させたものもある。果実や種子の一部に粘着物質を出したり、棘や毛で絡み付いたりするようになっているものである。人間の衣服にもよくくっつき、結実期(日本では主に秋)の山野にでかければ、必ず何種類かの種子に絡み付かれ、後で取るのに苦労する、いわゆる「. 種子の状態で二種類に分類され、被子植物の場合は種子は子房に包まれている。これは後に実となる部分である。裸子植物はめしべの表面に種子がついている。それに対して種とは、「種子」と同じ意味で使われる一般的な言葉である。 実は、そのできかたから見て、3つにわけられます。 モモ・リンゴ・ブドウなどのように1つの花から1つの実ができるものを、単果と言います。 キイチゴやキツネノボタン・ダイコンソウなどは1つの花からたくさんの実ができますが、これを複合果と言います。 パイナップル・クワ・イチジクなどのように、たくさんの花が集まって1つの実ができるものは集合果と言います。 しかも、種子ビジネスを行う企業としては、莫大な開発費を回収する必要がある。そのため、「f1種」という一世代に限って作物ができる品種を販売する。自家採取できないので、農家は毎年企業から種を買わなければならない。「種子ビジネスに乗り出してきているのは化学企業が中心。

日本の農産物の中でも「お米」だけは、特別に国が管理していますよね。 そして、お米を守っていくには“種”を管理する事も必要になります。 一方種とは、植物の元となるもので、これが発芽し、育つ子によって植物になっていく。種子(しゅし)とも呼ばれることがあり、植物が仲間を増やす為に作る物である。木の実の中にあるものや、花から出来るものがある。 種からなるものを教えてください。, ブルーインパルスが批判されている理由を教えてください。 ブルーインパルスについての基礎知識は一切ござ, 句会で、あんこは駄目と言われました。どうしてでしょうか?「汲み置きし目高喜ぶ庭の水」と読んだのですが, 何度も質問ごめんなさい 私は出来るだけ偏差値の高い大学に指定校推薦で合格したいと考えているんですが, 不純物が溶けている溶液から純粋な液体を取り出す操作を何というっていう問題で精製って書いたら答えは蒸留, 中2女子です。 私は下の名前が美茶々(みささ)っていう名前なんですけど、この名前の由来は歴史人物の浅, 新人、わけわからん わたしがいない間に わたしの席に座ってパソコン使って、わたしが購入した本読んでた, 先日公園の木に綺麗な白い花が咲いていました。何という樹かご存知の方、教えて頂きたいです。, ほうれん草茹でたらお湯の中に芋虫いたんですけどそのほうれん草って食べても平気ですか?, この植物はなんとゆー植物でしょうか?買った時は小さく可愛らしかったのにどんどん横に広がっていきます, 保体の先生が今日、授業で法律で体育が男女共習になったから、これからは、男子と女子一緒に授業をやるって, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 種子 (しゅし、〈たね〉) とは種子植物で有性生殖によって形成される散布体である。 一般には、単に種(たね)と呼ばれることが多い。. 種子は親植物の組織起源の種皮(しゅひ)という皮に包まれ、その中には受精卵から発育した幼い植物体、すなわち胚が入っている。