結婚している場合は、社会的な立場も確立されているため包む香典の金額を多めにするのが一般的です。 ・香典と供花や供物の重複について └喪主が両親の場合 しかし、逆にでしゃばり過ぎないことも必要ですのでその点にも気をつけましょう。, 場合によっては、告別式で孫からのお別れの挨拶をすることもあります。 └声をかけてください 終活で気になることや知りたいことを、お気軽にご相談ください。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 冠婚葬祭での出来事は、参列者の意識に残りやすく、昔からもめごとの無いよう気持ちよくと言われています。 特に「葬」に関しては、故人とのお別れの式典で1回限りですから、結婚式とお葬式がブッキングした場合は …, 比較的大きい規模の葬儀をしようと考えていると、 「葬儀委員長は必要?不要?」 「葬儀委員長は誰に依頼すればいいの?」 「葬儀委員長へのお礼はどうするの?」 など、このような疑問や悩みがあるのではないで …, 葬式の日取りは、お通夜の翌日が一般的ですが、例外もあります。様々な理由から日取り方法が変わってきますので、手順を知っておくのはよいと思います。 また、先勝、友引、先負、仏滅などの六曜を考慮して日程を決 …, 亡くなった方を弔うために行われる儀式を、葬式や告別式などといいます。どちらも故人の冥福を祈り供養するものであるため、大した違いはないように感じる方もいるでしょう。 しかしよく見てみると、 葬式と告別式 …, 「葬儀の受付を頼まれたけど、何をすればいいの?」 「受付をするときに気をつけることはあるの?」 など、葬儀の受付を頼まれて慌ててしまう人は少なくありません。 葬儀に参列することはあっても、葬儀の受付を …. ・供花、供物の相場 それができない場合は、後日伺って渡すということでも大丈夫です。, これまで、祖父母のお葬式に参列する際に孫が何をするのかご紹介してきました。 すでにご紹介したように喪主は短い期間でいろいろなことをしなければいけないためとても忙しくなります。 実際てんやわんやになっている両親に指示を仰ぐことすらできず、ようやく孫として色々葬式で手伝いができたのは、4人目の祖母が亡くなった時です。 今回は、そんな経験も交えつつ、 祖父母の葬式で孫がやること を. 香典の場合は、参列する方にお願いするのが良いでしょう。 祖父・祖母はたくさんの思い出を残してくれたという方もいるでしょう。 小さい頃、両親が忙しく祖父・祖母との時間が長かったという方もいるでしょう。 こうして環境の違いから祖父・祖母を身近に感じている方は 葬式への参加は当たり前と、仕事に休みをもらい出席すると思います。 それでも仕事を始めたばかりで休みをもらうことに躊躇してしまう方、 今責任を課せらせてなかなか休みをもらうことに不安を感じる方、 中には祖父・祖母との記憶がなく、参加する必要性を考える方、 それぞれあると思 … ここでは、, まずはお葬式までの流れについてご紹介します。 ・供花や供物の代金の清算方法, 供花や供物はお通夜、葬儀・告別式の際に祭壇に飾られるもので、「故人の霊を慰める」「祭壇をきれいに飾る」「仏様へ感謝の意味を込めてお供えをする」という意味があります。, 供花や供物は誰が贈るものといった決まりはないですが、主に遺族・親族や故人と親しかった友人・知人が贈ります。, 供花にするか供物にするか、またどの程度の金額のものを贈るのかは会場の広さや祭壇との関係もあるので喪主や葬儀社に確認してから決めましょう。, 供花や供物はお通夜や葬儀・告別式の会場に飾るものなので、祭壇を組み始める時までには手配を済ませておく必要があります。 孫から祖父母に包む香典がたとえ1万円だったとしても失礼にあたることはないので安心してください。, 結婚している場合は少し相場の事情も変わってきます。 そのため、逝去からお葬式までどのように進んでいくのか分からないという人も少なくありません。, 大まかに言うと、逝去の後、お通夜を行い、翌日には葬儀・告別式、火葬をして故人の遺骨をお墓に納めるという流れになります。, 葬儀を行ったうち4割の人が、逝去から葬儀までの日数が4日から5日となっています。この葬儀までの短い限られた時間に、準備や手続きなどやるべきことはたくさんあります。, 多くのことは喪主や近親者、葬儀社が行いますので、孫の立場としてはそのお手伝いをすることになります。, それでは、孫の立場として具体的には何を手伝ったらよいのでしょう。 ・香典はいくら包めば良いのか それは、喪主が両親なのか、そうでないのかによって手伝う内容が少し違ってきます。 どのランクの供花、供物を贈るかは葬儀社に依頼をする時に確認しましょう。, 供花や供物の代金の清算は、遺族・親族の場合はお通夜、葬儀・告別式の席でそれぞれの金額を喪主に支払います。, 遺族・親族以外の人は、会場に行く場合はその際に葬儀社に直接支払います。 その際は、前もって知らされますので何を話すかを事前に考えておきましょう。, お葬式の場合、孫はどのような服装をすれば良いのでしょう。 訃報を聞いて供花や供物を贈りたいと思った場合はまず葬儀社に確認するようにしましょう。, お通夜・葬式は、可愛がってくれた祖父母との永遠の別れです。 ・供花や供物の意味 └告別式ではお別れの挨拶も, ■孫の香典はいくらが相場? ・供花や供物の代金の清算方法, お葬式の時は、葬儀社などがいろいろとやってくれますが、孫の立場として祖父母のお葬式ではどのようなことをしたら良いのでしょう。 ・孫は何を手伝ったらよいか 香典の金額は、祖父母と孫の関係性や孫の年齢、社会的な立場によって相場となる金額が変わります。, ・20代の場合は1万円 ・供花や供物はどのように贈るのか 絶対に会社を休んで参列しなければいけないというわけではありませんが、できるだけ仕事の都合をつけて参列しましょう。, 忌引き(きびき)とは、家族や親族などの近親者が亡くなった時に喪に服すことをいいます。 参列出来ない場合は、注文の際に振り込み先を聞いておき後日振り込みます。, 供花、供物を巡って多いトラブルはやはり「勝手に贈られて困る」というものです。 ・もし参列できない時はどうすればよいのか, ■祖父や祖母のお葬式で孫は何をする? ・供花や供物は必要なのか ・お葬式までの流れ これを「供花」(きょうか)あるいは「供物」(くもつ)といいます。 その場合は有給休暇を取得することになります。, また、雇用形態(正社員・契約社員・パート・アルバイト)によって取得できるかどうかの違いもありますし、取得できる親族の範囲や日数が決められていることが大半ですので、一度就業規則などを見直しておきましょう。, すでにご紹介しましたが、お葬式は可愛がってくれた祖父母との永遠の別れです。 ・30代の場合は1万円から3万円 供花や供物はすでにご紹介したいように故人のためであり、香典は「葬祭費用の相互扶助」を目的とした喪主のためのものです。, ただし、どちらにしても遺族は後日「お返し」をすることになりますので、親しい人以外はどちらか片方にしておいた方が良いでしょう。, 供花は、ひとつの場合は一基、ふたつの場合(二基)は「一対」と数えます。 経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。 また、会社ごとに「慶弔休暇」「特別休暇」など呼び方や取得できる日数に差があります。 目安としてはお通夜当日の午前中がリミットになるでしょう。, 供物がお通夜や葬儀・告別式に間に合わなかった場合は、すべてが終わって一段落した頃に故人のご自宅に贈ると良いでしょう。 ・供花や供物の相場 ・40代以降は3万円から5万円, また、成人したら社会人として見なされますので孫でも祖父母に香典を包むのが一般的です。 ・誰が贈るものか ・香典と供花や供物の重複について 終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。 そのための休みが「忌引き休暇」となります。, 忌引休暇は、出勤できる能力や意思があるにもかかわらず、親族が死亡しその葬儀のためや喪に服すなどの理由で会社などを休むことを言います。 30代以降は金額に幅がありますが、各自の収入に合わせた金額で十分でしょう。 20代から30代であれば2万円から3万円が相場と言えます。, 4万円や9万円という金額は死・苦につながるのでタブーとされていますので気をつけてください。, 人が亡くなった時にお通夜や葬儀・告別式の会場に花や果物を贈ることがあります。 ・お葬式に間に合わなかった場合 金庫番(香典の管理)をすることもあります。, いずれの場合でも、手伝えることがあったら声をかけて欲しいということを伝えておきましょう。, 特にお嫁さんの立場であれば、「気の利かない嫁」と言われることがないよう気を遣うことも必要です。 ・参列する際の服装は何を着れば良いのか 2020 All Rights Reserved. できれば参列した方が良いですが、どうしても参列できないこともあります。, もし、お葬式を欠席する場合は香典や弔電だけでも送りましょう。 お葬式は、頻繁に行われるものではなく非日常的な儀式です。 制服がない場合は、黒やグレーなどの地味な色の服装で代用します。, 全体的に、祖父母に孫が包む香典の金額は1万円から5万円というところが相場となります。, これでは、相場の幅が広すぎて参考になりませんね。 ここでは、, 基本的には両親のサポートをします。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Copyright© 終活に関する情報を総まとめしているホームページです。お葬式や、相続、遺言、保険、エンディングノートなど終活にまつわる情報を網羅している終活情報を専門に発信していきます。, 大人になるにつれ、親戚や仕事の関係でお葬式に参列する機会も増えていきます。 故人の孫としてお葬式に参加することはほとんどの方が経験することです。祖父のお葬式の際、親族の一人として葬儀に参列する際に何か注意することはあるのでしょうか。香典の金額や孫として供花を贈りたい場合などをはじめ、祖父のお葬式への参列マナーを詳細に紹介します。, 子どもの頃一緒に住んでいた場合はもちろん、夏休みやお正月に帰省した際におじいちゃんと楽しい思い出を作ったという方も多いのではないでしょうか。おじいちゃんにはいつまでも元気でいて欲しいものですが、お別れのときが訪れたらしっかりと向き合わなくてなりません。今回「終活ねっと」では祖父を見送るお葬式について紹介していきます。, 近い存在であればそれだけお別れも辛いものになるかもしれませんが、しっかりと送り出せるとよいですね。ぜひ最後までお読みいただけますと幸いです。, 「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。, 葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。, 「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。, 祖父のお葬式に参列する際、何か気を付けるべきことはあるでしょうか?ここでは、お葬式に参列する際に気を付けるべき一般的な注意点とともに、祖父のお葬式に参列する際のマナーについて紹介していきます。, お葬式を行う際は多くの人手が必要です。故人の孫であればかなり近い身内となるので、お葬式のお手伝いを進んで行うのがよいでしょう。学生の場合など、お手伝いが難しい場合もあるかもしれませんが接待や台所係など、もしできることがあれば積極的に手伝いましょう。お葬式のお手伝いについて詳しく説明している記事がございますので、興味がある方はぜひ「終活ねっと」の以下のリンクからご覧ください。, 葬儀ではご遺族の代わりに手伝いをする人が必要です。手伝い人は喪主側の立場ですので、非礼や不手際は許されません。しかし葬儀の手伝いに関する情報は少なく、不安な人も多いでしょう。そこで今回は服装や役割、マナーなど、葬儀の手伝いに関する情報をまとめてみました。, 祖父のお葬式に参列するとき、もし赤ちゃんがいる場合は一緒に連れて行くべきでしょうか?身内以外のお葬式であれば連れて行かないようにすべきですが、祖父のお葬式であれば一緒に参列するのがよいでしょう。ただし、赤ちゃんを連れて行く場合は、もし泣いてしまった場合などに退室しやすいよう出入り口の近くに着席するなどの配慮は必要です。, 孫世代が複数人いる場合、祖父のお葬式に合同で供花を贈ることがあります。もし祖父のお葬式に参列できない場合は個人名で供花を贈ることがありますが、孫世代が複数人合同で供花を贈る場合は「孫一同」として贈ります。孫一同として供花を贈りたい場合は事前に喪主に伝えておくと、重複してしまうことを避けられますので必ず相談しましょう。, そもそも香典とは、通夜あるいは葬儀・葬式(告別式)の際に持参する不祝儀のことを指します。本来の香典は線香や花をお供えするものでしたが、出費に対する助け合いの意味も込めて、お金を包むようになりました。ここでは、祖父の葬式の際の香典について紹介いたします。, お金を包む袋を香典袋と呼びます。香典袋はコンビニでも手に入り、また種類も多数売っているため迷うこともあると思います。お祖父さまのお葬式だからこの香典袋でないといけない、という決まりはないため宗派などに気を配って選ぶようにしましょう。香典袋の表書きは宗教によって厳密には異なりますが、「御霊前」が一般的です。ただし、宗教、さらには宗派によっても表書きが変わる可能性もありますので気になる方は以下の「終活ねっと」の記事をご参照ください。, お通夜や告別式などで持参する香典には、お悔やみとご供養の気持ちをこめた大切な意味があります。今回は香典の特に表書きについて詳しくご説明します。宗教宗派別の香典の表書きや名前の書き方など、誰もが知っておきたいマナーについてですので最後までご覧ください。, 香典の金額は、亡くなった方との関係の深さによって決まります。祖父の葬儀の場合には一般的に、1万円以上を包みます。自分が20代の場合は1万円〜2万円程度、30代の場合には1万円~3万円程度、40代・50代の場合には3万円~5万円程度が常識とされています。祖父と同居していたかどうか、遠方に住んでいたかなど状況によって金額を決めるとよいでしょう。ちなみに4万円や9万円という金額は死・苦を連想させるのでタブーです。, 配偶者から2親等の血族までは近親者として喪に服します。自分から見て祖父は2親等(祖父母、兄弟姉妹、孫)にあたります。祖父の通夜あるいは葬式の場合は、近親者として喪服を着用しましょう。男性はブラックスーツに黒のネクタイを着用し、靴やかばんも黒で揃えましょう。女性は黒のスーツ、ワンピース、アンサンブルが一般的な喪服です。学生の場合には、学校の制服を着用します。制服がない場合は、黒やグレーなどの地味な色の服装で代用します。, 孫としてお葬式に参列にする場合、親族の代表として挨拶を行うという場合もあり得ます。お葬式における挨拶では注意すべきこともありますので、そうしたことは事前に知っておきたいですね。今回は例文の紹介とともに、お葬式での挨拶について解説します。, 祖父の葬式では孫代表として挨拶をする立場になることもあります。参列してくださった方々に心を込めて感謝の言葉を述べ、おじいさんの思い出を語るようにしましょう。挨拶文では、不幸が重なることを意味する「重ねる・再三・また・続いて」といった忌み言葉は使わないようにします。また、数字の「九」や「四」も「苦」や「死」を連想させるため禁句になっています。, 挨拶に定型文はありませんが、祖父の思い出を入れて、語りかけるような文がよいでしょう。以下は挨拶の文例です。, 生前のお祖父さまとの関係の濃い、薄いに関係なくお葬式にはできるだけ参加したいものです。しかし、ときとしてどうしてもお葬式に参列できない場合もあるかと思います。ここからは、祖父の葬式を欠席する場合に関して解説していきます。, 先ほども述べた通り祖父のお葬式にはよほどのことがない限り参列するのが良いでしょう。ただし、どうしても参列ができない場合や参列しない方が良い場合もあるため、どのようなケースがあるか見ていきましょう。, 早速、お葬式への参列を欠席してもやむを得ない、もしくは参列を控えるべき例をご紹介します。, 祖父が亡くなった場合、自分が会社員ならば慶弔休暇を利用して通夜あるいは葬儀・葬式に参列することになります。一般的には、2親等(祖父母、配偶者の父母、兄弟姉妹)が死亡した場合は2日の慶弔休暇が与えられます。ただし慶弔休暇は法定でない特別休暇なので、各会社の規定を確認することが大切です。絶対に会社を休まなければならないわけではありませんが、できるだけ仕事の都合をつけて参列した方がよいと言えるでしょう。, 祖父とほとんど会ったことがないという人や、確執があるなどといった事情によりお葬式に参列したくないという人は実は一定数います。事情はそれぞれにあると思われますので一概に言えませんが、孫が祖父の葬儀に行かないというのは、親に迷惑をかけることにも繋がります。また、親戚からよく思われないということがありますので、可能であればお葬式に参列することをおすすめします。, 一般的に参列できない場合には、そのことが分かった時点で弔電を打つようにしましょう。弔電では、亡くなった方に敬称を付けます。祖父の場合は、「ご祖父様」あるいは「御祖父様」の呼び名が一般的です。その後、香典袋にお悔やみの手紙を添えて、現金書留にて発送すれば心配ありません。香典袋が専用封筒に入らない場合には、市販の大きめの封筒に入れて、郵便局の窓口で現金書留扱いの旨を伝えて出しましょう。, いかがでしたでしょうか。今回「終活ねっと」では、祖父の葬式にまつわることについて、ご紹介してきました。, おじいさまとの急なお別れに動揺してしまうこともありますが、今回ご紹介したマナーに目を通せば安心です。孫としてお悔やみの気持ちを込めて通夜や葬式に参列したいものですね。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。「終活ねっと」では、この他にも葬儀に関する様々な情報を紹介しております。以下の記事では葬儀の費用について費用相場や安く抑える方法について紹介しておりますので、ぜひあわせてご覧ください。, 葬儀を執り行う際に気になるのが費用について、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、内訳、葬儀の費用を抑える方法など、よくある疑問を中心に葬儀の費用について、様々な情報をご紹介します。, 安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。 以前は「一対」で出すことも多かったのですが、最近では金銭的負担や会場のスペースの都合などを考慮して一基で出すことの方が多いようです。, 相場は概ね一基で7500円から15,000円ぐらいです。 祖父や祖母のお葬式で孫は何をする? お葬式の時は、葬儀社などがいろいろとやってくれますが、孫の立場として祖父母のお葬式ではどのようなことをしたら良いのでしょう。 ここでは、 ・お葬式までの流れ ・何を手伝ったらよいのか. 供物の場合は「対」という考え方なく一基で出すことになります。, 相場は1万円から2万円ぐらいです。 その中でも、子どもの頃から親しくした親戚や可愛がってくれた祖父母との別れは特別なものです。 お葬式は、可愛がってくれた祖父母との永遠の別れです。できる範囲で心を込めた最後のお別れをしてあげてください。, 終活ライブラリーでは、LINEで終活に関する無料相談を受け付けています。 ・お葬式に間に合わなかった場合 また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。 ・どのように贈るのか あわせてご覧ください。, 葬式に参列する際には、様々なマナーに気を付けなければなりません。普段、葬式のマナーについて触れることがないため、葬式のマナーは難しく感じるかもしれません。今回は、葬式に参列する際に抑えておきたいマナーについてまとめました。, 葬式は予期せず行われます。喪主になることも参列者になることもあります。葬式の順番や流れ、マナーについて正しく理解できていますか?突然葬式に参列することになった時に慌てないためにも事前に葬式の順番について正しく理解をしておきましょう。, お葬式に香典を持っていくけど、どれくらいの金額を持っていけばいいのかわからない、という方も多いのではないでしょうか。お葬式の直前に慌てて準備するということがないように、しっかりと事前に確認しておくことが大切です。そこで今回は香典の金額の相場について解説します。, 冠婚葬祭の一つであるお葬式は人が亡くなった時に行われる弔事であり、遺族側・参列者側それぞれにマナーや常識などがあります。マナーや常識などを知らないことで人間関係に支障をきたす可能性がありますので、お葬式に参列する時などに知っておきたいことをご紹介していきます。, お葬式では弔問客は受付で香典を渡すことになります。ただ渡すだけなのですが、香典や入れるお金にはいくつかのマナーがあります。ここでは、お葬式でのお金のマナーについて紹介します。, お通夜や告別式に参列をする際にお渡しする香典。故人へのお供え物としてお渡しする香典ですが、渡す正しいタイミングについてご存知でしょうか。今回「終活ねっと」では、香典を渡すタイミングについてご紹介をしていきます。, 親戚や友人が不幸にあった際には、お通夜・お葬式に参列し香典をお渡しすることになります。皆さんは、お通夜とお葬式のどちらで香典を渡せばいいのかご存知でしょうか?今回は、通夜や葬儀での香典を渡すタイミングについて解説いたします。ぜひ最後までご覧ください。, 仕事などの都合によりお通夜とお葬式のどちらか一方にしか参列できない場合、どちらを優先すればよいのでしょうか?今回は、お通夜とお葬式のどちらに参列するべきかや両方参列できない場合の対応などについて解説します。, お通夜やお葬式というものは、厳粛な場ですしマナーを知らないと恥ずかしい思いをしてしまいますよね。人に聞きにくい話題ですので、マナーを知らないままになっている方もいるのではありませんか?そこでお通夜とお葬式に関するマナーを解説しますので、ぜひ参考にしてください。, 法事とお葬式は、どちらも亡くなった方のための大切な儀式です。しかし、いざ違いを説明しようとすると、なんとなく不確かな部分もあるのではないでしょうか。今回の記事では、法事とお葬式の違いについて、亡くなった後の流れをまとめながら、具体的に解説していきます。, 家族葬の費用は一体どれくらいなのでしょうか?また、一般葬とはどれぐらい費用が異なるのでしょうか?家族葬と一般葬を比較しつつ、家族葬の内訳やさらに金額を抑えたい時の方法など、家族葬の費用に関する様々な情報を紹介します!, これまで一般に行われてきた葬儀は、お通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし近年、式を行わずに火葬だけをする直葬が注目されています。直葬には普通の葬儀よりも費用を抑えることができるメリットがあります。では直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?, 親しい方が亡くなると、一般的には葬儀を行って故人をお見送りします。喪主の場合も、また参列者の場合も葬儀に関わるのであれば、葬儀の流れについて知っておくと、準備や当日の動きでいろいろと役立ちます。この記事では葬儀の流れの全てをわかりやすく解説します!, 時代の変化にともない家族葬など葬儀の形も変化しつつあります。そのなかで今後も受け継がれていくと思われるのが葬儀でのさまざまなマナーです。今回は葬儀のマナーの全般についてご説明いたします。服装・挨拶・ご香典など葬儀を考えるときに役に立つ、葬儀のマナーの情報です。.