適応機能の欠陥. 発達障害と知的障害の両者の違いを解説させていただきました。 簡単にまとめると、 発達障害=知的発達に遅れはありませんが、脳の一部に障害が生じ、コミュニケーション能力や行動面、学習能力など、特定の分野に困難が生じる障害 例えば知的障害の判定を受けた者は障害者雇用の対象になり、雇用率算定の対象となる。しかし、所得税法による障害者控除の対象とならず、療育手帳の交付事務に対しては参考材料にしかならない。 知的障害とその他の発達障害の関連 知的障害と自閉症 B. この法律で「精神障害者」とは、統合失調症、精神作用物質による急性中毒又はその依存症、知的障害、精神病質その他の精神疾患を有する者をいう。, 精神障害と発達障害は混同されがちですが、発達障害が脳機能障害だと明示しているのに対し、精神障害は「知的障害、精神病質その他の精神疾患を有する者」と広く定義づけられています。, ここで知的障害が含まれていることに気づくかもしれませんが、「知的障害者福祉法」ではどのように定義されているのでしょうか。, 実は、知的障害者福祉法には定義の条文がありません。つまり、知的障害は精神障害の定義にまとめられているのです。, しかしながら、障害者手帳は「精神障害者福祉手帳」と知的障害者の持つ「療育手帳」に分かれています。, 厚生事務次官通知156号「療育手帳制度要綱」において、「手帳は、児童相談所又は知的障害者更生相談所において知的障害であると判定された者に対して交付する」とされており、児童相談所や知的障害者更生相談所が知的障害者を認定しているという事になります。, 法律上の発達障害、精神障害、知的障害の定義に少し曖昧さを感じた方もいるでしょう。そもそも発達障害、精神障害、知的障害は医学的な定義も複雑で、法で定義づけること自体に無理があると言えます。, では、医学や学術的な視点で見た発達障害、精神障害、知的障害は一体どのように定義づけられているのでしょうか。, 一つ明確な定義を示していると考えられるものにWHOが医学的視点で類似の疾患や傷害、状態を区別したICD (国際疾病分類)があります。医療関係者も用いる国際的な分類ですので、このICDの定義を見てみましょう。, 上記の分類はICDのほんの一部です。ICDの分類は非常に細かく分類されており全てをご紹介できませんので、法律上の定義に近いものを抜粋しています。, 国際的な分類ということもあってかなり細かい症状の別で分かれています。ICDは医療関係者も用いる分類ですから、言い換えるならこのICDの定義こそ発達障害、精神障害、知的障害を明確に示すものと言っても過言ではないでしょう。, 法律や医学的視点での発達障害、精神障害、知的障害の違いは分かりましたが、ではそれぞれの症状が具体的にどのようなものかご存知でしょうか。, 先ほどのICDの分類で既に疾病や症状の名前が登場していますが、それらがどのような症状なのか見てみましょう。, 発達障害と精神障害はしばしば混同される事がありますが、このように細かく定義や症状の違いを見ていくと、発達障害、精神障害、知的障害は全く違うものだとお分かりいただけると思います。, では、最後に「福祉」という点で、発達障害、精神障害、知的障害で何か違いがあるのか見てみましょう。, 福祉にも様々な種類がある上、国や自治体が行う施策も実に多くあり、就労支援制度や障害者手帳、障害年金、税制上の優遇など障害別に関係なく共通する福祉制度もあります。, ここでは、国や自治体が障害の別で行っている主な福祉施策をピックアップしてご紹介します。, ※「精神障害者地域移行・地域定着支援事業」とは、症状が重篤な入院患者の退院促進や在宅患者の訪問治療などを行う事業です。, 障害者福祉では「障害」自体を「個性」として捉え、健常者と変わらない生活が送れる環境を提供すべきというノーマライゼーションの考え方が一般的です。症状や法的な定義の違いはあっても、福祉において障害別で施策の違いがあることは極力避けるべきと言えます。, 法律、医学、症状、福祉という点での違いを全て理解するのは難しいかもしれませんが、やはり障害者への合理的配慮は共通して行われることが望ましく、社会が障害に対する理解を深めるためこ法律や施策の更なる普及が必要不可欠なのではないでしょうか。, 「障害者の雇入れに関する計画の作成方法が知りたい」 この記事をお読みの人事担当者様や経営者様は、そんな悩みがあるのではないでしょうか。 障害者の雇入れ[…], 昨今、障害者のテレワークという考え方を深化させた「みなし雇用制度」の議論が白熱化しています。 一昔前と比べて障害者雇用は格段に進んできていますが、障害[…], 精神障害者の雇用が義務化されてから1年が経過しました。ニュースなどで「障害者雇用率が最高の伸び」という記事を目にしたことがある方も多いでしょう。 では[…], 障害者雇用において最も定着率が低いのは精神障害者というのをご存じでしょうか。 精神障害者の定着率が低い理由は様々で精神障害者の採用を検討する企業にとっ[…], 障害を持つ方が所持する「障害者手帳」ですが、実はその発行基準や受けられる福祉サービスが、住んでいる地域によってバラバラなのをご存知でしょうか。 法律に[…], もし、障害者雇用計画書が来たらどう対応すればよいでしょうか。 企業の担当者様や経営者様の中には「障害者雇用計画書を作成する理由」や「作成しないとどうな[…], 広汎性発達障害:対人関係やコミュニケーションにおいて必要な機能が損なわれている障害, 大麻類(コカインなど)使用による精神及び行動の障害:薬物の乱用により依存症や幻覚、痙攣などを起こす, 双極性感情障害:気分が高揚したり、逆に気分が落ち込んだりすることが反復する障害(躁うつ病とも言う), 軽度知的障害:成人の場合において正常な知的水準に無いIQ50~69(精神年齢が9歳から12歳)の状態. では、福祉面での学習障害と知的障害にはどのような違いがあるのでしょうか。障害者手帳の要件での違いを見てみましょう。 障害者手帳における学習障害と知的障害の違い 知的障害と発達障害はひとくくりにされ易いです。しかし、良く見るとさまざまな違いを感じます。また、発達障害と知的障害が合併しているものと発達障害のみのものもあります。知的障害に細かい定義はありません。ここで、知的障害と発達障害の違いを解説します。 知的機能の欠陥 3. 目次「発達障害」とは?「発達障害」の原因は?生まれつきの脳の発達に凸凹がある障害「発達障害」の特性・現れ方地域の発達障害者支援センターへ相談を「発達障害」は、ここ10年ほどで日本国内の認 … 「発達障害、精神障害、知的障害の違いが実はよく分かっていない」という人は意外と多いのではないでしょうか。, いずれも脳の機能が関わる障害ですが、この記事では発達障害、精神障害、知的障害の違いを理解するために、「法律」「医学」「症状」「福祉」という4つの視点から定義や違いを解説いたします。, 最初に法律上で発達障害、精神障害、知的障害をどのように定義しているか見てみましょう。, 発達障害者支援法 第二条 この法律において「発達障害」とは、自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するものとして政令で定めるものをいう。, 条文に出てくる「政令で定めるもの」というのは、脳機能障害のことを指します。更に低年齢期に発現することの多い発達障害のうち、言語や協調運動(両手両足や目などを同時に使う動作)、心理的発達、行動や情緒の障害などの脳機能障害を発達障害であると広く定義しています。, 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律 第五条 Copyright © 2020 Ž©•ÂÇáŠQ‚ɂ‚¢‚Ä‚ÌŠî–{’mŽ¯All Rights Reserved. 知的障害とは?知能指数(iq)って何?療育手帳・知的障害者認定とは?このページでは知的障害の特徴・原因・診断や発達障害との違いなど詳しくご紹介しています。 「発達障害、精神障害、知的障害の違いが実はよく分かっていない」という人は意外と多いのではないでしょうか。 いずれも脳の機能が関わる障害ですが、この記事では発達障害、精神障害、知的障害の違いを理解するために、「法律」「医学」「症状」「福祉」と 大脳の成熟困難や器質的障害を原因とする先天性の『知的障害(Intellectual Disabilities)』も、神経発達障害のカテゴリーに含まれているが、古典的な名称である『精神遅滞(Mental Retardation)』は差別的な意味合いが強いとして近年は用いられなくなっている。. 神奈川県横浜市の放課後等デイサービス「アレッタ」にて障害のある子供たちだけでなく、その保護者さんもサポートさせて頂くことで子供たちの「自立」と「健全な育ち」のお手伝いをさせて頂いています。, 今日も皆さんと一緒に、発達障害等に関する学びや情報交換の場所となることを願って投稿させて頂きます。 今日のトピックは「発達知的障害」についてです。, 最近になり、少しずつ発達障害や知的障害といった言葉が認知され始め、医療の間で研究がされ始めてきました。, ところで、発達障害と知的障害は同義のように使われていますが、実際のところ違いはあるのでしょうか?今回は両者の意味や違いを明らかにしようと思いますので、ぜひ最後まで読んでください。, 結論から言いますと、米国精神医学会では、精神医学的には発達障害と知的障害は精神障害というカテゴリーで同じであり、同義であると言えます。, しかし、日本では、行政の体系に従えば、別々の障害として捉えられています。行政の枠を超えて考えると、両者は、幼児期から症状が出始め、障害に大きな変化はなく、生涯向き合って生きていくという点はどちらも同じです。, どうやら、違いはあまりなく、国によって同じカテゴリーで捉えたり、別々に捉えたりするようです。それでは、両者の定義を細かく説明していきたいと思います。, 発達障害は、生まれつき脳の一部に障害が起こることで何らかの障害が起こることを言います。, 心と体の成長や発達が上手く働かなかったり、アンバランスになったりすることを指します。発達障害の多くは、知的障害を伴わず、生活上のコミュニケーション能力や、行動面、学習能力など、ある特定の分野に困難が生じるものです。, 発達障害の方はこのように苦手とすることがありますが、人より優れている能力も持っているので、短所ばかりに目を向けるのではなく、長所を伸ばしてあげることも大切です。, 読む、書く、推論する能力など、特定の分野で著しく習得が難しかったり、使用ができない障害です。, 知的障害は、行動や思考の深さ、複雑さなどが年齢相応の能力水準よりも著しく低いことと定義されています。知的機能の発達水準が低いために社会生活に困難が生じます。, 厳密に言うとIQが75以下で知的機能と適応機能の低下が18歳までに現れるものをいいます。知的障害は、, 軽度:軽度の障害の場合、適切な教育支援を受けられれば、学校教育も問題なく終えられるでしょう。生活面においても、最低限の支援で自立した生活を送ることが可能です。, 中度:中度の障害者では、日常のコミュニケーションに問題はありませんが、社交的な場での複雑な意思決定やコミュニケーションは難しくなってきます。日常生活においては、更なる支援が必要になってきます。, 重度:コミュニケーションレベルは、最低限度になります。身の回りにおいても支援が必要不可欠になってきます。安全に関する判断も困難なため、介助・介護が必要です。, 最重度:日常生活において、全面的に解除・介護が必要になってきます。コミュニケーションも困難になってきます。身体面や知覚においても制限が付きます。, 知的障害を持つ子供は、周囲から求められる様々な要求や支持が理解できずに、強い不安や劣等感を抱くことが多く、うつ病や統合失調症、不安障害などの二次障害が現れることも少なくありません。, 染色体異常や自閉症などの先天的な病気、生まれてくるまでの過程での事故、生まれた後の高熱などの病気や事故が原因。, 特に問題なく妊娠、出産を迎えましたが、たまたま知能指数が低く生まれてしまうケースです。大体の人の知的障害の原因が生理的要因と言われ、ほとんどが軽~中程度の障害となっています。, 親からの虐待、人との交流が極端に少なく、外部からの刺激が少ないことが原因で発症する場合もあります。, 発達障害=知的発達に遅れはありませんが、脳の一部に障害が生じ、コミュニケーション能力や行動面、学習能力など、特定の分野に困難が生じる障害, 両者は似ている部分も多いですが、異なる部分もあるので、この記事を参考にしていただき、障害についての理解を深めてください。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 心と体の成長や発達が上手く働かなかったり、アンバランスになったりすることを指します。発達障害の多くは、知的障害を伴わず、, 生活上のコミュニケーション能力や、行動面、学習能力など、ある特定の分野に困難が生じるものです。, 行動や思考の深さ、複雑さなどが年齢相応の能力水準よりも著しく低いことと定義されています。.