microadCompass.queue = microadCompass.queue || []; 胸が熱くなる『ハイキュー!! 直木三十五賞(なおきさんじゅうごしょう)は、無名・新人及び中堅作家による(ただし、現在は下記のとおり、このカテゴライズは実質上、無効化している)大衆小説作品に与えられる文学賞である。通称は直木賞。, かつては芥川賞と同じく無名・新人作家に対する賞であったといわれているが、1970年代あたりから中堅作家中心に移行、近年では長老クラスの大ベテランが受賞することも多々ある[注釈 1]。(もっとも、直木賞は設定当初ですら新人のための賞であったとは言い難い面がある。第1回受賞の川口松太郎や第3回受賞の海音寺潮五郎からして既に新人とは言うには無理があったし、戦後第一回目である第21回受賞の富田常雄は『姿三四郎』発表後の受賞であり、既に文壇長者番付上位常連の人気作家であった。その他にも、候補者・受賞者の中には新人とは言い難い人物が少なくない[注釈 2]), 文藝春秋社社長の菊池寛が友人の直木三十五を記念して1935年に芥川龍之介賞(芥川賞)とともに創設し、以降年2回発表される。, 授賞する作品は選考委員の合議によって決定される。第6回から、財団法人日本文学振興会により運営されている。第二次世界大戦中の1945年から一時中断したが、1949年に復活した。, 2019年現在の選考委員は、浅田次郎、伊集院静、角田光代、北方謙三、桐野夏生、高村薫、林真理子、三浦しをん、宮部みゆきの9名(2020年上半期から)。選考会は、料亭・新喜楽の2階で行われる(芥川賞選考会は1階)。芥川賞と直木賞の受賞者記者会見とその翌月の授賞式は、ともに東京會舘で行われてきたが、同館の建て替えにともない現在は帝国ホテルで行われている。, 受賞者には正賞として懐中時計、副賞として100万円が贈呈され、受賞作は『オール讀物』に掲載される。 直木三十五賞(なおきさんじゅうごしょう)は、無名・新人及び中堅作家による(ただし、現在は下記のとおり、このカテゴライズは実質上、無効化している)大衆小説作品に与えられる文学賞である。 通称は直木賞。. 第162回直木賞候補者の中に「背中の蜘蛛」の作者、誉田哲也さんがおられます。誉田哲也さんはその作品が映画やテレビドラマで知られる超人気の作家さんですよね。今回は、誉田哲也さんの経歴とプロフィール、結婚、出身高校と大学についてお伝えします。 第162回直木賞候補に選ばれた呉勝浩さんはデビューして日が浅いのに、出す作品が次々に賞を取ったり候補になったりしている方です。候補作「スワン」も大きな話題に。今回は呉勝浩さんの経歴とプロフィール、出身、大学と高校そして結婚についてお伝えします。 なお、複数の受賞者がいる場合でもそれぞれに賞品と100万円の賞金が贈呈される。, 発足当初の対象は新人による大衆小説であり、芥川賞とは密接不可分の関係にある。また、運営者である日本文学振興会の事務所が社内に置かれている文藝春秋から刊行、あるいは同社の雑誌に掲載された小説に対して多く授賞している傾向があり、文藝春秋とも事実上不可分の関係となっている。, 創設時、選考の対象は「無名若しくは新進作家の大衆文芸」(直木賞規定)であったが、戦後になり回を重ねるごとに芥川賞と比べて若手新人が受賞しにくい傾向となった。これは1つには各回の選評にしばしばあるように大衆文学を対象とする賞の性質上、受賞後作家として一本立ちするだけの筆力があるかどうかを選考委員が重視したためであり、背景には「大衆小説は作品を売ることで作家として生計を立ててゆく必要がある」という考え方があったものと推測される。また創設時にはまだ新進のジャンルであった大衆文学の分野における実質唯一の新人賞であった直木賞が、戦後多くの出版社によって後発の大衆文学の賞が創設されていく中にあって、当該分野の中でもっとも長い歴史と権威を持つ、大衆文学の進むべき方向を明らかにする重要な賞として位置づけられるようになったこととも関係があるだろう。, 現在ではこのような状態が長く続いたため選考基準に中堅作家という一項が新たに加えられ、実質的には既に一定のキャリアを持つ人気実力派作家のための賞という設定となり、直木賞が当初に持たされていた「文学界の有望新人を発掘する」という機能はおのずから他の新人賞に振られることとなった。結果としてすでに中堅・ベテランの著名作家として名を成している人物に対していわゆる「遅すぎたノミネート」「遅すぎた受賞」を行うケースが多く、さらに既に人気作家となっている者にあっては選考(候補)を辞退する事例も起きており[注釈 3][1]この点で文芸界・各種マスコミの内外で数多くの議論が巻き起こってきたことも事実である。, 選考対象の「大衆小説」にまつわる問題としては、推理小説を主たる活動分野とする作家が受賞しにくい傾向が長く続いた点がある。受賞したのは多岐川恭の『落ちる』(第40回)、生島治郎『追いつめる』(第57回)、中村正䡄『元首の謀叛』(第84回)くらいで、笹沢左保、真保裕一、貫井徳郎、湊かなえは4度、北方謙三、志水辰夫、西村寿行は3度候補となりながら受賞に至らず、赤川次郎、小杉健治、折原一、島田荘司、福井晴敏ら推理作家として大成した作家も届かず、三好徹、陳舜臣、結城昌治、連城三紀彦、皆川博子らも非ミステリー分野の作品で受賞していた[2]。しかし逢坂剛が『カディスの赤い星』で受賞(第96回)して以後は認められるようになり、笹倉明(第101回)、原尞(第102回)、髙村薫(第109回)、大沢在昌(第110回)、小池真理子、藤原伊織(第114回)、乃南アサ(第115回)、宮部みゆき(第120回)とコンスタントに受賞者が出た1989年から1999年は「ミステリーの隆盛」とも呼ばれる[3]。北方、髙村、宮部は桐野夏生(第121回)、東野圭吾(第134回)と共に選考委員を務めることになり、第150回現在で選考委員9人のうち5人がミステリー畑出身者で占められた[4](東野圭吾は161回を最後に選考委員を退任し[5]、後任には角田光代が就任した[6])。, 同様に大衆小説内でも発展期以降の歴史が比較的浅いSFやファンタジーなども選考段階では幾度か俎上に上げられてはいるが、実際の受賞事例は景山民夫『遠い海から来たCOO』(第99回)が唯一である(半村良はSF小説で2回候補になった後、人情小説で受賞している)。昭和末期に勃興したライトノベルのレーベルから刊行された作品の中にも広義にいえば若年層向けの大衆文学ともいえる要素を内含している作品が一部見られるが、日本文学振興会と密接な関係にある文藝春秋がこのジャンルに対するノウハウを持ち合わせていないためか、ほぼ目が向けられていないに等しい(ライトノベル出身の受賞作家としては桜庭一樹がいるが、受賞作は一般文芸誌に掲載された作品であった)。この様に現在でも空想性が極端に高いSF・ファンタジー等のジャンルに対する評価が総じて低いのも直木賞選考の特徴である。古くより選考委員の席の大半を過去の本賞受賞者が占めていることもあってか、毎回行われる選評での高評価も伝奇小説・時代小説・歴史小説・人情小説などといった多くの受賞者が属する従来型の大衆文学に属する作品に偏りがちで、新規に開拓された後発ジャンルや選考委員たちが専門知識を持たないか興味の薄いジャンルに対してはジャンルそのものへの理解が乏しい、言い換えれば守旧的な選考を行う傾向が根強い一面がある。この様な風潮によって受賞を逃した作家には小松左京・星新一・筒井康隆・広瀬正・万城目学などがおり、中でも不利とされるSFを専門範囲とし三度にわたり落選の憂き目を見た筒井は、後に『別冊文藝春秋』において、直木賞をもじった「直廾賞」の選考委員たちが皆殺しにされるという、直木賞選考を批判的に風刺した小説「大いなる助走」を発表している。, 第157回の佐藤正午はデビュー34年目、第97回の白石一郎は32年目、第142回の佐々木譲は30年目、第122回のなかにし礼は(小説でのデビュー後)29年目、第89回の胡桃沢耕史は28年目、第148回の安部龍太郎、第163回の馳星周はともに25年目の受賞である。, https://www.bunshun.co.jp/shinkoukai/award/, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=直木三十五賞&oldid=80395395. こんにちは、ブクログ通信です。 第163回芥川龍之介賞・直木三十五賞(2020年上半期)の候補作が発表されました!受賞作を決める選考会は7月15日に東京・築地の「新喜楽」で行われ、受賞作は同日のうちに発表されます。今回ノミネートされた話題の @booklogjpさんをフォロー !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)? 直木賞とは直木三十五賞(なおきさんじゅうごしょう)は、無名・新人及び中堅作家による大衆小説作品に与えられる文学賞である。通称は直木賞。かつては芥川賞と同じく無名・新人作家に対する賞であったが、次第に中堅作家中心に移行、現在ではほぼキャリアは 6月16日(火)、第163回直木賞の候補作が発表された。ノミネートされたのは、伊吹有喜「雲を紡ぐ」、今村翔吾「じんかん」、澤田瞳子「能楽ものがたり 稚児桜(ちござくら)」、遠田潤子「銀花の蔵」、馳星周「少年と犬」の5作。遠田氏は初ノミネートとなる。 Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., Ltd. 'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+'://platform.twitter.com/widgets.js';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, 'script', 'twitter-wjs'); var microadCompass = microadCompass || {}; 64、半落ちなど多くのミステリー小説を発表している横山秀夫は、日本を代表する作家の1人です。横山秀夫作品は直木賞で3回候補に残るほか、多くの作品が映画やドラマにもなっています。今回は横山秀夫作品の中から特におすすめの作品をご紹介していきます、, 横山秀夫とは、1957年に東京都で生まれた日本を代表する作家の1人です。主にミステリー作品を手掛けており、警察小説など重厚感があるハードボイルドな作品が多いのが特徴です。ミステリー好きな人は、1冊は読んだことがあるという人も多いのではないでしょうか。, 今日にいたるまで多くの作品を残している横山秀夫は、山本周五郎賞や本屋大賞など、多くの賞を受賞しています。人気作家の1人である横山秀夫の作品は書店でも手に入れやすいためぜひ読んでみてください。今回はそんな横山秀夫の作品から、特におすすめの作品をご紹介します。, 横山秀夫の作品は数が多いため、どの作品から読んだらいいのか分からないという人に、おすすめの横山秀夫作品の選び方のポイントをご紹介していきますのでぜひ参考にしてみてくださいね。, 横山秀夫は、長編も短編も手掛けているため、まずは短編から読んでみて、横山秀夫作品の雰囲気を知るのもおすすめです。まずは長編を読んでみるか、短編を読むかを決めるのも作品を選ぶ方法の1つです。, より横山秀夫のミステリーの世界に入り込みたいという人は、長編作品を手に取ってみてください。長編作品も多く手掛けていますし、本も厚みがあって長い時間をかけて楽しめる作品も多いので休日にじっくりと楽しむのにおすすめです。, 事件が少しずつ解決に向かっていく過程を楽しむことも、ミステリーを楽しむポイントの1つですよね。横山秀夫の長編作品はそんな長い時間をかけて少しずつ物語が進んでいくのを楽しみたいという人にもぴったりの作品がたくさんあります。, 重厚感のあるミステリーをじっくりと味わいたいという人は、ぜひ横山秀夫の長編作品を選んでみてくださいね。ストーリーや事件の謎にドキドキしながら読むことができます。, 同じ環境や登場人物が出てくる中での短編小説も、横山秀夫の作品の中にはあります。個性的な登場人物が様々な事件を解決していく姿を見ることができますし、気軽に小説を読むことができますよね。, 今まで小説をあまり読んでこなかったという人や、ミステリー小説に触れてこなかった人でも手に取りやすいのも短編小説の魅力的なポイントです。まずは短編小説から読んでみるのもおすすめです。, 休日にじっくり読むよりも、通勤時間中など限られた時間の中で小説を楽しみたいという人にも短編小説はおすすめです。ぜひ自分の好きな時間で横山秀夫の作品を楽しんでみてくださいね。, 横山秀夫作品には、シリーズとなっている作品がいくつかあります。数冊にわたって同じ世界のストーリーを楽しむことができるため、より1つの世界を楽しみたいという人におすすめです。横山秀夫のシリーズ作品をご紹介していきます。, D県警シリーズとは、D県警という架空の警察本部が舞台になっているシリーズのことです。短編小説が多いのも特徴で、警察内部の組織の話が色濃く描かれていて事件だけでなく1つの組織の話としても楽しむことができます。, 警察小説は事件をどう解決に導いていくかという点にスポットを当てますが、このD県警シリーズはそれだけでなく、刑事自身の事件を通した葛藤や悩みを描いているため、人間の内面に視点を当てているのも魅力です。, D県警シリーズは現在電子書籍のみも合わせると5作品発売されています。映像化された作品も多いため、ぜひチェックしてみてくださいね。, 個性的な刑事と事件を描いていて人気のあるシリーズであるF県警強行犯シリーズは、現在単行本は1冊、単行本未収録の話が2話あります。短編のシリーズのため、スピード感を持って読み進められるのもおすすめするポイントです。, 王道の警察小説が読みたいという人は、ぜひこちらの作品を手に取ってみてはいかがでしょうか。ハードボイルドな世界観を楽しむことができます。, 短編ごとの登場人物の心理描写や事件の謎にドキドキしながら読み進めることができる作品です。警察小説に触れたことがないという人もぜひ読んでみてくださいね。, ドラマ化もされ、人気のあるシリーズである臨場シリーズは、現在単行本が1冊発売され、ドラマのオフィシャルガイドである臨場スペシャルブックの中に単行本未収録の話が掲載されていますので、ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね。, このシリーズの主人公は刑事ではなく検視官です。検視官とは、変死またはその疑いがある死体を検視して犯罪があるかどうかを判断する警察官のことです。一般的な警察小説とは別の視点から事件を紐解いていきます。, あまり検視官に焦点を当てた作品はありませんので、検視官という仕事を知るきっかけにもなりますし、他のシリーズの作品とは違った面から事件を見ることができる作品です。, 志木和正警視が登場するシリーズである志木和正シリーズは、現在長編の作品である半落ちという作品と、単行本未収録の話が1話あります。他のシリーズの作品と合わせてこちらのシリーズも選んでみてくださいね。, 志木和正シリーズの作品を楽しみたいという人は、まず半落ちという作品をチェックしてみてください。この作品は映画化もされていて横山秀夫作品の中でも人気の作品となっています。, 横山秀夫の作品にはシリーズもの以外の作品も多数。映画化もされた『クライマーズ・ハイ』やデビュー作『ルパンの消息』などがシリーズ外の作品です。一冊で完結する物語ばかりなので、手軽に読めるのがポイント。初心者はシリーズ外の作品から読んでみるのもおすすめです。, 小説を選ぶ際に重要なポイントは、もちろんどのような登場人物が出てきてどういったストーリーになっているかということも挙げられますが、内容以外の特徴も小説を選ぶ際には大切です。ぜひ横山秀夫作品を選ぶ際にはそういった特徴にも注目してみてください。, 横山秀夫は、多くの作品で様々な賞を受賞しています。それだけ多くの人に人気があり認められている作家です。賞をとった作品は注目され、書店でも目立つ位置に配置されますよね。横山秀夫作品を手に取るきっかけとして、ぜひ賞を取った作品を選んでみてはいかがですか。, 現在は小説の賞はたくさんありますよね。書店員の人が選ぶ賞もあれば、著名な作家が選ぶ賞もあります。それぞれ独自の視点で選ばれているため、どういった人が選んだ賞なのかも合わせて注目してみるのもおすすめです。, 賞を受賞した作品というのは、多くの小説が並んでいる書店でも手に取るきっかけになりますよね。ぜひそのきっかけをはじめに、他の横山秀夫作品に手を伸ばしてみてはいかがでしょうか。, 横山秀夫作品は、映像化された作品が多いというのも特徴です。ドラマや映画では横山秀夫作品に触れたことがあるという人も多いのではないでしょうか。そんな人はぜひ原作である小説にも手を伸ばしてみてはいかがですか。, 映像化された作品を先に触れていると、小説を読む前からある程度の登場人物やストーリーが頭の中に入っているため、小説を読んだ時に内容が理解しやすく、どんどん読み進められますよね。ストーリーか分かっているため、映像で楽しめた作品は気軽に読むことができます。, 重厚なストーリーと、登場人物の心理描写が魅力である横山秀夫作品をぜひドラマ、映画だけでなく、小説でも楽しんでみてくださいね。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51Je63KUbJL.jpg","https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41ANsSKb18L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbooxstore%2Fbk-4101316716%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbooxstore%2Fbk-4101316716%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4101316716?SubscriptionId=AKIAJJC5HXAOYF6GHOMQ&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4101316716"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fnetoff%2F0010441309.html"}], ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。, 表題作『深追い』の他、『又聞き』『引き継ぎ』『訳あり』『締め出し』『仕返し』『人ごと』の7作品を収録した短編警察小説です。地方都市の警察署三ツ鐘署が舞台。ある事件をきっかけに再燃する恋愛が描かれた心理サスペンス。, [{"key":"長編/短編","value":"短編"},{"key":"シリーズ","value":"無"},{"key":"映像化","value":"有"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/516GJS0EV9L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Frakutenkobo-ebooks%2Fe75d2a48036130888b33b4774dbfe9c0%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Frakutenkobo-ebooks%2Fe75d2a48036130888b33b4774dbfe9c0%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4167659026?SubscriptionId=AKIAJJC5HXAOYF6GHOMQ&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4167659026"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4167659026.html"}], 表題作『動機』の他『逆転の夏』『ネタ元』『密室の人』の計4編を収録した短編集です。, 事件は警察署内で発生。警察手帳を署内で管理することになったが、一括保管されていた警察手帳30冊が紛失してしまいます。刑事部の反対を押し切ってテスト導入された矢先の事件だった。, [{"key":"長編/短編","value":"短編"},{"key":"シリーズ","value":"無"},{"key":"映像化","value":"無"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51uRecZqdJL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fcomicset%2F4022644354%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fcomicset%2F4022644354%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4022644354?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4022644354"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookoffonline%2F0015579115.html"}], 横山秀夫作品の警察小説の魅力といえば、事件だけではなく、事件を通した警察組織内部の物語も楽しむことができることですが、この話は、より警察組織の内部に焦点を当てて深く描いています。, 阪神淡路大震災の前日に、N県警警務課長の不破が突然姿を消したところから物語が始まります。なぜ警察内部の事情にも詳しい不破が姿を消したのか、内部の様々な立場の人間の思惑が深く絡み合っている人間ドラマを描いた作品です。, 大きな組織になればなるほど、様々な人間が関わってきます。きっと共感できる部分もあるのではないでしょうか。一筋縄ではいかない複雑な人間関係のストーリーをぜひ楽しんでくださいね。, [{"key":"長編/短編","value":"長編"},{"key":"シリーズ","value":"無"},{"key":"映像化","value":"有"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51Z1L9cymKL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbookoffonline%2F0012968138%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbookoffonline%2F0012968138%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4198922330?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4198922330"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fdorama2%2Fn31511893.html"}], 警察小説といえば主に男性が主人公となることが多いのですが、この作品の主人公はD県警に努める似顔絵婦警です。刑事だけでなく、警察内部にいる様々な職業から事件を見ることができるのも横山秀夫作品の魅力です。, 主人公である平野は、似顔絵を書くことで事件の真相に近づいていく物語です。様々な事件のストーリーを楽しむことができる短編です。男性社会の中で傷つき、葛藤しながらも強く生きていく女性の姿を描いています。, D県警シリーズの3作目になる作品です。この作品だけでも気軽に楽しむことはできますし、他のシリーズ作品と合わせて読むことでよりD県警シリーズを深く読み進めることができます。, [{"key":"長編/短編","value":"短編"},{"key":"シリーズ","value":"D県警"},{"key":"映像化","value":"有"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41AjDtD1ZhL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbooxstore%2Fbk-4087460193%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbooxstore%2Fbk-4087460193%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4087460193?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4087460193"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fdorama2%2Fn31666642.html"}], 横山秀夫作品の警察小説の中でもハードボイルドで男らしいと人気の作品です。F県警の警察官が短編で登場してきて様々な事件と向き合う物語です。, 事件と向き合う中で生まれる葛藤や、警察内部の人間関係などを色濃く描かれているので、短編ですが読みごたえもある作品です。男らしい作品が読みたいという人はぜひこちらの作品をチェックしてみてください。, [{"key":"長編/短編","value":"短編"},{"key":"シリーズ","value":"F県警強行犯"},{"key":"映像化","value":"有"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51F4rFBURXL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F4511214%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F4511214%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/433474303X?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=433474303X"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fnetoff%2F0010507690.html"}], 検視官を主人公に、これまでの警察小説とは違った目線で事件を見ることができる作品です。検視官という聞きなれない職業に興味を持った人は、ぜひチェックしてみてくださいね。, 主人公は、検視官である倉石一雄です。死体からのメッセージを読み取ることで、事件性を判断し、謎を解き明かしていきます。, ドラマ化もされ大変人気のある作品です。これまでの警察小説とは一味違う作品をぜひ楽しんでみてくださいね。, [{"key":"長編/短編","value":"短編"},{"key":"シリーズ","value":"臨場"},{"key":"映像化","value":"有"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51Hay5KQmdL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Frenet3%2F0010287064%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Frenet3%2F0010287064%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4062754622?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4062754622"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookoffonline%2F0015505852.html"}], 横山秀夫作品の中では珍しく、警察小説でもなければミステリーでもない作品です。第2次世界大戦の時代を舞台に一人の青年の青春と戦争を描いている作品です。ミステリー以外の作品も楽しみたいという人におすすめです。, 主人公は肘を故障し大学野球の選手としての道を絶たれた青年、並木です。人間魚雷の「回天」と呼ばれる極秘作戦が遂行されようとしており、並木はその志願者として手を上げました。, 命とは何か、戦争とは何かを問いかける作品で、多くの人の胸を打つストーリとなっています。ぜひミステリー以外の横山秀夫作品も楽しんでください。, [{"key":"長編/短編","value":"長編"},{"key":"シリーズ","value":"無"},{"key":"映像化","value":"無"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51ZMZdSCSdL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F15782245%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F15782245%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4104654027?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4104654027"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fhonyaclubbook%2F9784104654024.html"}], 2019年時点で最新作となる作品です。新しい作品を読みたいという人はぜひこちらの作品を手に取ってみてください。ミステリーではありますが横山秀夫作品に多い警察小説ではないので、新鮮な気持ちで読むことができます。, 主人公は1級建築士である青瀬という男です。自身が設計した家を見に行くと、住人である家族の姿はなく、椅子が1脚と電話が置いてあるだけでした。なぜ住人も、家財道具もない状態なのでしょうか。多くの謎を解き明かしていきます。, ミステリー小説の主人公が1級建築士というのも珍しいですよね。横山秀夫作品は重厚感あふれる作品が多いですが、こちらの作品は優しさと感動も感じることができるためミステリーを呼んだことがないという人でも手に取りやすい作品です。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61mRa1Y9TCL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F13057290%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F13057290%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4167902923?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4167902923"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fnetoff%2F0012140432.html"}], D県警シリーズの長編作品です。「このミステリーがすごい」で第1位となったり、「本屋大賞」で第2位となるなど、多くの人から評価を受けている作品です。上下巻に分かれているため時間をかけてじっくりと読むことができます。, 主人公はD県警の広報部に異動になった男、三上です。7日間しかなかった昭和64年に起こった、少女誘拐殺人事件の時効が残り1年と少しになろうとしていたところ、自身の娘が失踪します。広報部という立場で記者との関係を描きつつ事件の謎を解き明かしていきます。, 映画化もされているため、小説を読んだことがないという人でも作品は知っているという人も多いのではないでしょうか。ぜひ映画を見たことがあるという人は原作もチェックしてみてくださいね。, [{"key":"長編/短編","value":"長編"},{"key":"シリーズ","value":"D県警"},{"key":"映像化","value":"有"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61Q0nuJfgtL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fcomicset%2F4334745695%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fcomicset%2F4334745695%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4334745695?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4334745695"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookmart106%2F1905045.html"}], 横山秀夫は、群馬で新聞記者をしていましたが、このルパンの消息がサントリーミステリー大賞の佳作に入選することをきっかけに作家としての道を歩み始めます。小説家横山秀夫の原点ともいえる作品ですので、ぜひ手に取ってみてくださいね。, 15年前のとある女教師の墜落死は実は殺人であるというタレコミが入ったことから時効寸前の事件が動き始めます。15年前の当時、学校内で期末試験を奪取するという計画を立てた高校生だった男3人も事件に大きくかかわっていきます。, 2008年にはWOWOWでドラマ化もされています。ぜひ小説とドラマも合わせて楽しんでみてくださいね。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/416VGabmDzL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbookoffonline%2F0012784760%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbookoffonline%2F0012784760%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4062751941?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4062751941"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fnetoff%2F0010153290.html"}], 一般的なミステリーは誰なのかというところもストーリーでは重要なポイントになってきますが、この物語は、犯人が初めに自首をしてくるところから始まります。警察小説の中でも一味違う読みごたえがある作品です。, 現職の警察官が、アルツハイマー型認知症である妻を殺したと自首をしてきたところから物語は始まります。動機などはすぐに供述したですが、事件2日前から事件までの間の出来事だけは頑なに話そうとしません。それはなぜなのか、秘める思いを探っていきます。, 半落ちとは、完全に自白をするのではなく、半分から自白をしないという警察で使われる用語です。犯人が自首してきたにも関わらずすべて自白をしない理由は何なのか、楽しみながら読み進めることができます。, [{"key":"長編/短編","value":"長編"},{"key":"シリーズ","value":"志木和正"},{"key":"映像化","value":"有"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41NYG2ryaHL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fdorama%2F9784167659035%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fdorama%2F9784167659035%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4167659034?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4167659034"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fnetoff%2F0010264682.html"}], 1985年に実際に起こった日航機墜落事故を題材に、航空機事故を記者の視点から描いた作品です。横山秀夫作品は警察小説が多い中、新聞記者を主人公に記者としての葛藤などを描いています。, 主人公は北関東新聞の新聞記者である悠木という男です。日航機が墜落したという一報を受けて動き出しますが、報道関係者としてどこまで踏み込むべきなのか、新聞社という組織の中の人間としてどう動くべきなのかなど、様々な葛藤がリアルに描かれています。, 実際の航空機事故があった当時、横山自身は群馬の新聞社で実際に新聞記者として働いていました。新聞記者としての視点から、日航機墜落事故に対する自身の経験や感情を詰め込んだ作品です。実際に事故の報道に携わった横山秀夫だから描けた作品です。, これまでも述べてきた通り、横山秀夫作品の特徴は多くの作品がドラマ化や映画化がなされているということです。ぜひ小説を読んで気に入った作品があれば、その作品のドラマや映画などもチェックしてみてください。, 同じ作品を別の形で楽しむことができるのが映像化された作品の魅力です。横山秀夫作品は深みのあるストーリーが特徴なので映像化されてもストーリーを楽しむことができます。テレビと小説の相違点を比較するのも楽しみ方の1つですよね。, おすすめの横山秀夫作品をご紹介してきました。数々のミステリー小説を生み出しているので、ぜひストーリーや事件の謎にドキドキしながら作品を楽しんでみてくださいね。.