急性骨髄性白血病(aml)のwho分類(第4版)(文献5を改変) 1.反復性遺伝子異常を有するaml 白血病の予後と5年生存率~医学的な病状の見通し~ 白血病は 、 以前は治療ができない不治の病 の 代表的な存在でしたが、現在では化学療法や造血幹細胞移植の進歩により、完治することも可能ながんと … 第4版においては大きく7つのカテゴリーに分類されている。 レチノイン酸による分化誘導療法が有効で、予後は良好です : M4: 急性骨髄単球性白血病: 顆粒球系と単球系の2系統の血液細胞が、がん化しているものです。 inv(16)の染色体異常を持つものは、予後が良好です : M5: 急性単球性白血病 白血病:診断と治療の進歩 トピックス 1669 日本内科学会雑誌 第102巻 第7号・平成25年7月10日 表1. ¨ï¼šé€ è¡€å™¨è…«ç˜å–扱い規約 2010å¹´3月 第1版;金原出版. M5a(単芽球性白血病) 全AMLの5-8%を占め全年齢層に発生するが若年者の発症が多い; 小児M5aは11q23の異常を伴い著明な白血球増加を示すことが多く予後不良因子である; M5b(単球性白血病) 全AMLの3-6%を占め成人に多く(中央値49歳), 男女比は1.8:1と男性に多い; 臨床症状 白血病は、以前は治療ができない不治の病の代表的な存在でしたが、現在では化学療法や造血幹細胞移植の進歩により、完治することも可能ながんとなっています。, 急性白血病には急性骨髄性白血病、急性リンパ性白血病などがあります。小児の急性リンパ性白血病の長期生存率は約80%程度です。, 上記5年生存率は、白血病の種類や行った治療法により大きく異なるため、あくまでも目安としてお考えください。, 急性白血病の場合には、治療を行ったとしても効果が少なく、数日~数か月で死に至ることもあります。また慢性骨髄性白血病が急性転化した場合には、それまで使用していた抗がん剤が全く効かなくなります。, また、白血病でもっとも怖いのが合併症で、白血病にかかることにより免疫力が低下し、肺炎や敗血症などの感染症にかかり死亡するケースが大半です。, 治療後も感染症には特に注意し、自分の体の異変に注意し、医師の定期健診をかかさないように心掛けることが重要です。, 血液のがんは近年で治療法が進歩したこともあり、昔の不治の病という印象から連想されるよりもはるかに治る病気となっています。, 急性白血病は診断が確定してすぐに治療すれば、化学療法などにより助かる病気になっています。, しかし慢性白血病では、急性転化してしまうとそれまで実施してきた治療方法では十分な効果を期待できません。, しかし、白血病では、血液検査でさまざまな数字面の異常が現れるため、定期的に血液検査を受けることが早期治療のきっかけになります。, 本サービスにおける情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず適切な医療機関を受診して下さい。, 代表的な存在でしたが、現在では化学療法や造血幹細胞移植の進歩により、完治することも可能ながんとなっています。, また慢性骨髄性白血病が急性転化した場合には、それまで使用していた抗がん剤が全く効かなくなります。, も怖いのが合併症で、白血病にかかることにより免疫力が低下し、肺炎や敗血症などの感染症にかかり死亡するケースが大半です。, な数字面の異常が現れるため、定期的に血液検査を受けることが早期治療のきっかけになります。.
Copyright (C) 2020 がん克服 生還への道 All Rights Reserved. 図5 急性骨髄性白血病(若年者)の治療 . 白血病は「急性白血病」と「慢性白血病」に大分され、急性は「急性骨髄性白血病(AML)」「急性リンパ性白血病(ALL)」、慢性は「慢性骨髄性白血病(CML)」「慢性リンパ性白血病(CLL)」に分けられていますので、それぞれによって予後や生存率は違います。, また、白血病といえば「不治の病」と考えられていた時期もありますが、近年では化学療法や造血幹細胞移植の進歩によって、完治することも可能となっています。, 1987年に設立された多施設による白血病臨床研究グループ「JALSG(日本成人白血病治療共同研究グループ)」の研究発表から転載します。, 小児急性リンパ性白血病の場合は、約98~99%が完全寛解し、約80%の長期生存が期待されます。, 成人急性リンパ性白血病の場合は、60~80%は完全寛解するものの、長期生存率は15~35%と低くなっています。, フィラデルフィア染色体(Ph)に染色体陽性患者に対しては、従来の4剤併用療法に「イマチニブ」を加える新しい治療法によって予後の改善が見込まれるようになってきました。, 未治療の慢性期の患者に「グリベック(イマチニブ)」による治療を行った場合の5年生存率は89%、慢性骨髄性白血病自体に関連する死亡率は5%以下で、8年での全生存率は85%となっています。, グリベック不耐用・抵抗性の初発慢性期では、「タシグナ(ニロチニブ)」で4年の全生存率78%、「スプリセル(ダサチニブ)」で3年の全生存率87%となっています。, 慢性期には極めて有効なであったグリベックも、移行期では4年生存率は45%まで低下しますが、タシグナでは1年の全生存率は79%で、スプリセルでは3年の全生存率は82%となっています。, 急性期には、グリベック単独での1年全生存率は22%しかなく、またタシグナで20%前後の寛解を得たと報告されていますが、タシグナは日本での急性期に対する適応はありません。, スプリセルは急性期に対する適応がありますが、単剤での全生存中央値は骨髄球系で11.8か月、リンパ球系で5.3か月となっています。, 慢性リンパ性白血病は、日本では全白血病の2%前後で、診断時の平均年齢はおよそ70歳であり、進行の早い群と進行がゆっくりで治療しなくとも長い生存期間が期待できる2群に分けられ、無治療でも天寿を全うできる患者も少なくないため、統一的な生存率のデータは見当たりません。, 未治療の場合、全体の生存率は5年生存率が60~80%、10年生存率が20~30%、20年生存率が10%といわれていますが、病期により大きな差があります。, 白血病の生存率は、治療方法や抗がん剤の進歩などによって年々その成績は向上していますが、白血病の種類と進行状態によっては厳しい場合もあります。, しかし、もし統計上の生存率が低かったとしても生存率はあくまでも集計データですから、決して悲観的にならず、担当医やご家族、セカンドオピニオンなどあらゆる方法を模索し、冷静に強い気持ちでがん克服に挑んでください。, また、私が扱う漢方や機能性食品などには、がん克服や副作用の軽減に役立つものもありますので、ご遠慮なくご相談ください。, ご自身やご家族やお知り合いが「がん克服」を模索しておられるようでしたら、ぜひ一度ご相談ください。長年の経験と実績を基にお役に立てるはずです。, また重複しますが、「末期がんの事例」と「現在継続中の事例」もピックアップしました。. なお、本記事は「急性骨髄性白血病」であるが、ここではWHO分類に準じて「急性骨髄性白血病および関連前駆細胞性腫瘍」に関して記載する。, 治療は抗がん剤を用いた強力な化学療法が主体となる。このため抗がん剤の臓器毒性や合併症に耐えられるかを、年齢、全身状態、合併症有無とその程度などから評価して治療内容を決定する。 急性骨髄性白血病(きゅうせいこつずいせいはっけつびょう、英: acute myelogenous leukemia; AML)は白血病の一種で、骨髄系の造血細胞が悪性腫瘍化し、分化・成熟能を失う疾患である。, 正常な造血細胞は造血幹細胞から分化を始めた極初期にリンパ系と骨髄系の2系統に分かれ、それぞれ成熟していく。この造血細胞が腫瘍化したものが白血病であり、その中でも細胞が成熟能を失うものを急性白血病と呼ぶ。さらに急性白血病の中で白血病細胞に骨髄系への分化の傾向が見られるものを急性骨髄性白血病という[1]。骨髄系への分化は早い段階で止まり、正常に成熟することはない。, 急性骨髄性白血病では白血病細胞は分化・成熟能に異常を来たし、白血病細胞は造血細胞の幼若な形態をとることから、芽球とも呼ばれる。急性骨髄性白血病はこの芽球が増殖する疾患である。, 白血病細胞は正常な造血細胞と比べて増殖(細胞分裂)が速いわけではなく、むしろ増殖の速度は遅い[2]。正常な血球は寿命を持ち、造血が適切なコントロールを受けているために一定の数を保っている。しかし白血病細胞はコントロールを受けることなく増殖を続けるために無制限に数を増し、骨髄中で正常な造血細胞を圧倒して正常な造血を阻害し、骨髄中から末梢血へとあふれ出てくるのである[1][2]。, 白血病細胞が増殖して骨髄を占拠してしまうために正常な造血が行えなくなり、赤血球、白血球、血小板が減少するために出血、易感染症、貧血などの諸症状を起こす。また、末梢血にあふれ出た白血病細胞が各臓器に浸潤し、各臓器の組織を破壊することで様々な症状を引き起こす[1]。, なお、慢性白血病は急性白血病が慢性化した疾患ではない。この両群の発生機序は基本的に異なり、急性白血病が慢性化することはないが、逆に慢性白血病が急性化することは少なからずある(急性転化)[1]。, 健康診断で数値異常を指摘され、発見される場合もまれにはある。早期発見すれば当然症状も軽度であり、診断までの期間が遅れるほど白血病細胞は増加して初期症状の強さがまし、脾臓、肝臓やリンパ節などに浸潤して臓器腫大をきたし、様々な症状が現れるようになる[1]。, 通常、症状が出る段階になれば血液検査にて貧血、血小板減少が認められ、病院における標準的な血液検査さえ行えば健康人の末梢血では見られないはずの芽球が出現していることが多く、血液中に芽球が出現していれば専門医でなくとも白血病を疑うのはさほど難しくはない。ただし、血液中に芽球が出現する疾患、あるいは骨髄で芽球が正常より増える疾患は急性骨髄性白血病だけではなく、したがって2008年WHO分類では骨髄中の芽球の割合が20%以上と定義している。急性骨髄性白血病では症状がでる段階まで進んでいると、すでに体内の白血病細胞の総数は膨大なものになっているので、血液内科専門医を緊急に受診する必要がある。通常は診察を担当した医師がすぐさま血液専門医に紹介を行い血液専門医のいる病院に緊急に転院させる。血液専門医は白血病が疑われる場合、すぐに骨髄検査および遺伝子検査などを行い、診断を確定する[1]。, 骨髄の中には造血幹細胞から種々の血球に分化していく途中の細胞があり、それらの内のどの段階の細胞が腫瘍化したかによるFAB分類 (French-American-British criteria) に基づいてM0-M7の病型、およびそれらの亜型に分類される。FAB分類は染色を用いた顕微鏡的観察に基づくものである。近年は分子遺伝学的な観点に基づいたWHO分類が用いられてきている(下記参照)。, 腫瘍細胞の形態を重視し、それに細胞化学染色(ペルオキシダーゼ染色等)を組み合わせて判断する。近年は細胞表面マーカーも診断に用いられるようになっているが、あくまで補助的なものと考えるべきである。M0、M7以外はミエロペルオキシダーゼ (MPO) 陽性である。, 近年では、血液腫瘍疾患における病態生理の分子レベルでの解明に従い、分類の再構成が試されてきた。その結果、2000年にはWHO造血器・リンパ組織・腫瘍分類が発表され(第3版)、さらに2008年に改訂された(第4版)[3]。 上記治療後にPCR検査でPML-RARAが陰性であれば、経過観察でよい(追加の多剤併用化学療法は成績を改善せず、有害事象が多いため)[12]。, 亜ヒ酸により再度寛解に至ることが多い[1]ので、亜ヒ酸 + アントラサイクリンによる治療が第一選択となる。ただし亜ヒ酸は致死的不整脈を起こす危険があるなどの副作用も多い。また引き続き亜ヒ酸を含む化学療法を寛解後療法として行うが、再発も多い[13]ため、PCR検査でPML-RARAが陰性であれば自己造血幹細胞移植を行う。陽性であれば同種造血幹細胞移植を考慮する。
白血病の「型」とは?「予後」とは?急性骨髄性白血病にはさまざまな種類に分類されています。医療現場でよく耳にするのがfab分類というもの。これは白血病病細胞の形態に基づいた分類です。 ... 【M4】:急性骨髄単球性白血病 M5a(単芽球性白血病) 全AMLの5-8%を占め全年齢層に発生するが若年者の発症が多い; 小児M5aは11q23の異常を伴い著明な白血球増加を示すことが多く予後不良因子である; M5b(単球性白血病) 全AMLの3-6%を占め成人に多く(中央値49歳), 男女比は1.8:1と男性に多い; 臨床症状 亜ヒ酸が使用できない場合は、ゲムツズマブオゾガマイシンやタミバロテンが用いられる。, 造血幹細胞移植では、致死量をはるかに超えた大量の抗がん剤と放射線[註 4]によって白血病幹細胞を含めて病的細胞を一気に根こそぎ死滅させることを目指す(前処置という)。しかし、この強力な治療によって正常な造血細胞も死滅するので患者は造血能力を完全に失い、そのままでは患者は確実に死亡する。そのためにHLA型の一致した健康人の正常な造血幹細胞を移植して健康な造血システムを再建する必要がある[14]。, しかしこの方法(通常移植の前処置)はあまりに強力なため、体力の乏しい患者や高齢者は治療に耐えられない。そのためミニ移植という手段もある。ミニ移植では前処置の抗がん剤投与や放射線治療はあまり強力にはしない。その為に白血病幹細胞は一部が生き残る可能性は高いが、移植した正常な造血システムによる免疫によって残った白血病幹細胞が根絶されることを期待する。ただし、ミニ移植でもかなり強力な治療には違いないので、すべての患者が適応になるわけではない[15]。, 以下の分子標的治療薬が開発研究進められており、上記化学療法との併用治療が検討されている。, 細胞増殖促進の受容体型チロシンキナーゼである「FLT3:FMS-like tyrosine kinase 3遺伝子」の阻害剤として、FLT3遺伝子変異陽性AMLに対する薬剤として以下がある。, 「イソクエン酸脱水素酵素:IDH」のIDH1/IDH2遺伝子変異陽性AMLに対する薬剤として以下がある, 急性骨髄性白血病の発症率は年間人口10万人あたり3-4人と考えられている[16][17]ので年間人口10万人あたり500人強罹患[註 5]するがん全体の中では稀ながんである[18]。しかし、他のがんは青年者ではほとんど罹患しないので青年者のがんの中では急性骨髄球性白血病はもっとも頻度が高く、また青年者の死亡のなかで急性骨髄性白血病による死亡は事故死についで多い[19]。, とはいえ急性骨髄性白血病は若年者も発症するものの、高齢者の発症率はより高い為、人口の高齢化とともに発症率は増加している[16][17]。, 急性骨髄性白血病の所見を示す骨髄液。矢印の先にかろうじて見える棒状のものはアウエル小体と呼ばれるもので急性骨髄性白血病で見られるものである。, Down症ではない小児の比率がAML:ALL=1:4なのに対し、Down症児では1.2:1, 以前はレチノイン酸症候群と呼ばれていたが、亜ヒ酸による分化誘導療法でも生じるため、あまり使われなくなった, 施設や状況によって異なるが、標準的な前処置では放射線を2Gy×6回で計12Gyと同時に抗がん剤のシクロホスファミドを120mg/体重1kgあたりを投与、あるいはブスルファン12.8mg/kgとシクロホスファミドを120mg/kgを投与するが-出典、豊嶋『造血幹細胞移植』p.60-63、放射線6Gyだけでも致死量と言われ-出典, 罹患と発症は違う物で、その病気にかかったら症状が無くとも罹患、病気にかかって症状が出たら発症である。ただし、急性骨髄性白血病では罹患率と発症率には大きな差はないのでここでは明確には区別していない。, http://ganjoho.jp/public/dia_tre/treatment/HSCI/mini_transplant.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=急性骨髄性白血病&oldid=78686289, 標準量シタラビン + アントラサイクリン系(ミトキサントロン・ダウノマイシン・アクラルビシン) + α(, シタラビン + アントラサイクリン系(ミトキサントロン・ダウノマイシン・アクラルビシン) + α(, FLAGM療法 (ミトキサントロン + フルダラビン + 高用量シタラビン + G-CSF).