もともと生理不順で35~50日周期なので、まだ胸が痛くなるには早すぎます。 18. 通常、28~30日周期で生理が来ます。 宜しくお願いします。, はじめまして。 そうすれば、排卵がきちんとされているかすぐわかりますよ。 2人目なので、1人目のときの体温と比べてももともと低かったのですが、がくんと下がる日がありました。 34日 36.15度 元々、基礎体温がすごく低いので妊娠はありえなくないかもしれませんよ! 良い結果がでることを祈ってます^^, こちらで何度かお世話になっております。 3/16 36.45 もしそうだったら、今月タイミング取られました? 乳がんも心配になりましたが、5月にマンモグラフィーで検査して問題なしでした。 しかし、生理前の高温期が短い場合、プロゲステロンの分泌が弱まっている可能性があるでしょう。高温期の日数が9日以下になる場合は、黄体機能不全が生じている恐れがあります。いつも高温期が短いという方は、一度病院で診てもらうようにしましょう。 今日残念ながらリセットしてしまいました。 11, 私の場合は、治療で誘発剤やホルモン剤をガンガン使っている時は胸も張っているし乳首もとても痛みますが、それで妊娠していたことは一度もありません。薬を使っていない時の高温期は、胸も全然張らないし乳首も痛くなりません。けっきょく治療休止中に自然妊娠しましたが、その時も7週くらいまではやっぱり何の変化もなく胸も張りませんでしたよー。, 2002.12.4 11:17 3/15 36.19 私は本日高温期12日目で、今回のタイミング日に下腹部痛があり そこで質問なのですが、今日、胸のハリがなくなってきて生理痛がきた 34日~35日あたりを指差しておっしゃったくらいです。 9/15 周期23日 高温9日目 36.68 私は医者ではないので的確なことは言えませんが、 数字だけでわかりにくいので、グラフにしてみてください。 基礎体温も2相性になっているなら尚更です。 35日 36.65度 今回3/14に排卵検査薬が陽性になり、3/15の午前中に産婦人科で診て貰ったところ左卵巣の卵胞が21~22mmで排卵直前という診断でした。 「待つだけ」がどれほど気疲れするものか分かります。 生理前には体と精神状態にさまざまな変化が起こります。頭痛、腰痛、眠気、イライラなどに加えて、胸の張りもそのひとつ。生理前にはなぜか胸に張りを感じますが、その原因は何でしょうか?, 生理前に胸が張る原因は黄体ホルモンにあります。黄体ホルモンとは、受精卵がうまく着床するように、子宮内膜に栄養豊富な血液を集め、ふかふかのベッドを作ること。他にも体温を上昇させる、乳腺を発達させる、エストロゲンの作用を抑えるなどのはたらきが黄体ホルモンにはあります。, 生理前に胸に張りを感じるのはこの黄体ホルモンのはたらきのせい。生理前に体に起きる変化はすべて、この黄体ホルモンに原因があるといえそうです。, 生理前の胸の張りはいわば当たり前。では生理前に胸が張らないのはなぜでしょうか?生理前に胸が張らない原因や対処法について、知っておくべき点をまとめてみました。生理前に胸が張る・張らないについて疑問を持っている方にぜひ読んでいただきたい情報をご紹介します。, 生理前の胸の張りの原因が、黄体ホルモンのはたらきにあることはすでに述べたとおり。黄体ホルモンのはたらきはたくさんありますが、そのうちのひとつ、乳腺を発達させる作用により、胸に張りや痛みが感じられるといわれています。, 乳腺を発達させるはたらきのある黄体ホルモン、この黄体ホルモンの分泌が増えるのが、ちょうど生理前の時期に相当します。, 黄体ホルモンは妊娠にとって欠かせないホルモンで、排卵日を前後に分泌量が増加します。黄体ホルモンの分泌が盛んになるのは、排卵日から生理前までの時期。この時期は黄体ホルモンの分泌量が増加し、反対に卵胞ホルモンの分泌が少なくなる時期で、二つの女性ホルモンの分泌量に大きな変化が起こります。, 黄体ホルモンと卵胞ホルモンの分泌量に変化が起きる生理前。この時期に優位を保つ黄体ホルモンのはたらきにより、月経前症候群と呼ばれる不調が生じます。, 月経前症候群とは生理予定日の10日前から3日前くらいにかけて、体と心に生じるさまざまな症状を総称した言葉で、ほとんどの女性がなんらかの形で月経前症候群を経験するといわれています。, 症状の程度や起こる頻度、またどのような症状が起きるかに関しては、一人一人の女性により異なります。その中でもっとも典型的な症状が次の五つ、すなわち、頭痛、胸の張り、眠気、イライラ、下腹部痛。胸の張りは月経前症候群の典型的な症状のひとつになります。, 生理前の一時期、胸が張ったような、少し大きくなったように感じます。胸が張るだけでなく、痛みを感じる方もいるようですが、いずれにしても普段とは明らかに違う状態が生じます。, 生理前の胸の張り・痛みは、黄体ホルモンが乳腺にはたらきかけ、乳腺内の血管が拡張し、乳腺組織が普段とは異なる状態になることから生じます。, 胸の内部から押し出されるような張りや、ぴりぴりとした刺激が走ることもあり、乳腺がひときわ敏感になるのがこの時期の特徴といえるでしょう。胸の大きさが変わるほどの変化はもちろんありませんが、乳腺が発達して、刺激に敏感になっているため、下着が少し窮屈に感じられることもあるようです。, 生理前の胸の張りや痛みは、生理機能に関わるものですので、胸が張る、痛みがあるのはいわば当然ではありますが、普段と異なる痛みやしこり、形の変形や乳頭からの分泌物などを感じる場合には、念のため産婦人科で診察を受けるようにしましょう。, 生理前に胸の張りや痛みを感じる原因については分かりましたが、では生理前に胸が張らない原因は何でしょうか?, 胸に張りが感じられないということは、乳腺の発達を促す黄体ホルモンの分泌が不足しているのでしょうか?また生理前に胸が張らないと妊娠しにくいという説も耳にします。生理前に胸が張らない原因について詳しく見ていきましょう!, 生理前に胸が張らない原因のひとつは、女性ホルモンのバランスの乱れにあると考えられます。乳腺の発達を促すのは黄体ホルモンの作用ですが、なんらかの理由により、体が黄体ホルモンに対して反応しにくくなっていると、生理前にも関わらず胸が張らないということになります。, 黄体ホルモンと卵胞ホルモンの分泌に乱れがあり、ホルモンバランスが正常に保たれていない場合、黄体ホルモンの作用が十分に感じられません。, 黄体ホルモンおよび卵胞ホルモンの分泌は正常であっても、ストレスにより自律神経のバランスが崩れると、女性ホルモンの分泌がうまく行われないことがあります。, 女性ホルモンの分泌は脳下垂体からの指令によって行われます。女性の体内の血液中にある女性ホルモン量をチェックしているのが、間脳にある視床下部。脳下垂体は視床下部からの指令によって、性腺刺激ホルモンを分泌することにより、卵胞ホルモンや黄体ホルモンを分泌させます。, 自律神経のはたらきをコントロールしているのも脳なので、交感神経と副交感神経のバランスが乱れると、脳に余分な負荷がかかってしまい、女性ホルモンの分泌にも支障が起きやすくなります。, 無理なダイエットを行っていると、女性ホルモンの分泌量が低下するおそれがあります。栄養に偏りのある食事や不規則な食事時間もNG。過激なダイエットを続けたり、急激に体重を落とすことは、そのまま生理不順につながります。, 最悪の場合、過激なダイエットを続けたせいで、生理が止まってしまうということもありえますので、ダイエットを行う際には慎重に、急激に体重を落とすことは避けなければなりません。必須栄養素が不足しないような食事メニューでダイエットに取り組むようにしましょう。, 風邪を引いたり、体調を損ねている場合も、女性ホルモンの分泌が不足することがあります。生活習慣の乱れや睡眠不足、過労やストレスなど、体調悪化につながる生活習慣・生活環境は、普段から出来る範囲で改善していくようにしましょう。, いつもは生理前になると、胸に張りを感じるのに、なぜか今回は胸の張りを感じない。生理前に胸の張りを感じないのは妊娠超初期の症状のひとつという説がありますが、これは本当でしょうか。生理前に胸が張らないのは妊娠の兆候という説について見てみましょう。, 普段は生理前になると胸が張るのに、妊娠したときに胸の張りを感じなかったという経験談を聞くことがあります。妊娠した場合生理前の時期はいわゆる妊娠超初期と呼ばれる時期に相当します。, 妊娠超初期とは生理予定日よりも前の時期で、この時期に妊娠の兆候を感じる方は少ないといわれていますが、ホルモン分泌の変化に敏感な方はこの時期から体になんらかの変化を感じることがあるようです。, 排卵日から生理予定日にかけては黄体ホルモンの分泌が増加しますが、これとは別に妊娠を機に分泌が行われるホルモンがあります。それがhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)と呼ばれるホルモンで、このホルモンは妊娠中にのみ分泌されます。, 妊娠検査薬でチェックされるのはこのホルモンの有無です。妊娠が成立すると、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)のホルモンだけでなく、黄体ホルモンの分泌も以前にも増して活発になります。, 普段は生理前に胸がぱんぱんに張るのに、妊娠したときは胸に張りを感じなかった、という方がいる一方で、妊娠したときもいつもと同じように胸に張りを感じた、という方もいます。, 実際のところ、女性ホルモンの作用によってどのような体の変化があらわれるか、またどのような強さであらわれるかに関しては、体質や体調などによってそれぞれ異なります。女性ホルモンの分泌に異常がない状態であっても、胸にほとんどの張りを感じない方もいれば、生理前になるたびに痛いほどぱんぱんに張るという方もいます。, 妊娠に関しても同様で、胸の張りに関してはホルモンに対する感受性の問題や体質・体調などが大きくかかわっていますので、妊娠したからといって、生理前の時期に必ずしも胸が張る、あるいは張らないとは言い切れません。, 妊娠超初期の兆候を探している方は、胸の変化だけでなく、その他の変化にも注意を払うようにしましょう。おなかの痛みや出血をはじめ、腰痛や眠気、吐き気や胃痛など、体に起る小さな変化を見逃さず、いつもとは違う異状な点を感じたら、出来るだけ早く産婦人科で診察を受けるようにしましょう。, 生理前に胸の張りがないと妊娠しにくい、という話しがありますが、この話には医学的な根拠があるわけではありません。胸の張りは基本的には黄体ホルモンの作用のせいですが、黄体ホルモンのはたらきが正常であっても、ホルモンに対する反応の強さ・弱さには個人差があります。, 経産婦さんに比べると、初産婦さんは胸が張りやすいといわれていますが、これは以前の妊娠の際に母乳をつくりだす乳腺や乳管が十分に機能したせいです。, このことと妊娠しやすさはまったく関係ありませんので、胸が張らないからといって不妊症にかかっているとは限りません。卵巣や子宮の病気、あるいはホルモン分泌に異状が生じている場合には、必ず他の兆候がありますので、気になる場合は医師に相談してみると良いでしょう。, 普段の月は生理数日前になると胸が張るのに、今月は胸に張りをまったく感じない。これはもしかして排卵が起ってないからでは?と考える方がいるようです。生理前に胸に張りを感じないのは、無排卵月経のせいでしょうか?, 結論から言うと、胸の張りがないというだけで排卵が行われていないと判断することは出来ません。排卵があるかどうかは、基礎体温に加えて、病院での超音波検査などを通して行われます。, 排卵が起っていると、基礎体温は排卵日を境に低温期と高温期にはっきりと分かれます。基礎体温グラフが低温期と高温期の2層に分かれていない場合は、排卵が起っていない可能性があります。, 低温期と高温期の体温差が少ない場合や、高温期を保てずにグラフの曲線がジグザクを描く場合など、基礎体温グラフに乱れがあるだけでは、排卵があるかどうかを確定的に判断することが出来ません。, 生理不順や基礎体温グラフが正常な動きを示さず、その状態が続くときは、産婦人科で精密検査を受けることをお勧めします。, 排卵が起っているかどうかの確認は排卵検査薬や、超音波を使って卵胞の成長度合いをはかることにより行われます。基礎体温に加えて、これらの検査を行うことで総合的に排卵が行われているかどうかをチェックすることになります。, 生理前に胸が張る原因・胸が張らない原因についてご紹介しました。生理前に胸が張るのは排卵日から分泌の増える黄体ホルモンのはたらきのため。黄体ホルモンは妊娠・出産に備えて子宮内膜を整えるだけでなく、乳腺や乳管にはたらきかけ、母乳をつくりだす準備を行います。, しかしながら黄体ホルモンの分泌が正常であっても、体調や体質によっては、生理前に胸が張らない方もいますので、生理前に必ず胸が張るとも言い切れません。生理前の胸の張りに関しては、ホルモンに対する感受性や体調も影響を及ぼしていますので、生理前の体調には十分に注意を払い、異常と思われる点があれば、専門医に相談し、対処しましょう。. 私は高温期に必ず胸が張ります。(痛いほど... 高温期なのに胸が張らないのはなぜ? 排卵後1週間以上経過して無事着床した場合、 30日 36.15度 先生何も言わなかったですよ。 胸がずっと張っていて心配なので質問させていただきました。 3/17 36.97 乳腺炎もありえますか? お忙しいところすみませんがよろしくお願い致します。役に立った! 0, 子宮筋腫の手術によってホルモンバランンスが変化する事はありません。 そのためか生理の周期もいつもより長めです。 急上昇してて、??? (ついでに、排卵日も通常生理予定日18日目ですが、そのときは31日目~33日めあたりだったようです) 今回はタイミングもよく、体温もキレイに上昇していて羨ましいです。 私も卵胞チェックをしてもらっていますが、排卵が近いといわれた数日後に、実際に排卵したかどうかと、体温がきちんと上昇しているかを確認するために来院するように指示されます。 期待は捨てずに待っていてよいと思います!! 妊娠希望のため、毎日基礎体温をつけてい... 生理がこんなにこないことってありますか? もっと早く、我が子を抱けたかもしれない長い間、... 生理の前兆があっても妊娠してることはありますか? 高温期は、36.70~37.10くらいになります。 低体温でも妊娠したなんてことはありますか?あと1週間もすればはっきりするとは思うのですが、気になってしまい質問させてもらいました。よろしくお願いします。, こんにちは、基礎体温、気になりますよね。 よく、「いつもの生理前の胸の張りがなかったからおかしいなと思ったら妊娠してた」 原因不明の2人目不妊で、2人目を顕微授精で授かりました... きゃめる 先生は、何か異常を認めているのに言わないということはありませんよ。 30日 36.15度 ちょっと様子をみてみますね☆ 妊娠経験のある方に聞きたいのですが妊娠した周期は生理前の胸の張りはどうでしたか? 50日 36.42度 42日 36.15度 Write CSS OR LESS and hit save. 49日 36.39度 こんばんは。同じような症状の方がいらっしゃれば、教えてください! 妊娠とか関係なく、生理前の兆候も如実に現れるのに(胸が痛いほど張ったり、体がむくんだり、お腹が張ったり、おりものに血が混じったり)、なかなかちゃんとした生理は始まらないんです。 3/15 36.19 妊娠継続していることを祈っています。, こんばんわ。 特に今回は質問者様と同じくらい25日経過したくらいに、生理痛(私の場合は頭痛です)があり、胸はちょっと張っているような日もあれば 107, やっぱり病院に行った方が安心ですよね…(^^;でも、婦人科って行くのが怖くて…。一度行った時、内診を希望しないって書いたのにされたり…。それっきり行くのが怖いです。私も胃痛をすぐに起こすタチで(今日もイタイ)、足の裏の痛いところもばっちり胃に当たる場所でした…。そうなると内科で一度見てもらった方がいいのか、不眠症だったから、精神科の方なのか、でも病院は金がかかるし…(T-T)そんな感じの日々です。歯医者に行く勇気が出来たら、次は内科に行ってみます!ありがとうございました!, 2004.12.11 01:51 連続、低温期なみに下がったら流産の危険が高いですか? 45日 36.65度 ふと思い出してしまいました。子作りしていた時の事を・・・。 「3/4に胚移植をしました。その後、下腹部が重いような... あなたが今使っている「抱っこひも」。 ちゃんと使えていますか? 待たなければいけません。 9/20 周期1日 低温1日目 36.25 (生理), 7月~妊娠を希望しています。 31日 36.40度(おりものが違う) 58, ふぁさん、こんにちは。とても気になる症状ですね。思いきって病院へ行かれたらいかがですか?私自身はそういう症状ではありませんが、職場の人にはいました。その人は流産をしてしまったのですが、胎児をかき出す手術をしたあと、生理痛はあるのに出血がないというのが何ヶ月か続いたそうです。他の産婦人科で診てもらったら、手術した病院があまり清潔ではなかったらしくばい菌が入ってしまい、出血するところがふさがれていて生理が子宮内にたまってしまっていたそうです。。。何年も前のこととはいえ、こわいですね。ふぁさんのはこれとは違うと思いますが、やっぱり何かしら原因があるかもしれないので、婦人科の先生に相談されてはいかがでしょうか?なにもないならそれはそれで安心できますよね(^^)こんな内容で余計に不安になってしまうかと思いますが…ごめんなさい。早くその症状が良くなることを祈っています。。。, 2004.12.5 13:37 私の場合、たまにこちらの掲示板でも見かける妊娠のときはいつもと違い胸が痛いくらい張っていたなどの症状は全くありませんでした。 私はそんなに気にしていませんが一応、黄体機能検査を先週受け、結果は週末に。 生理が遅れて4日目(高温期19日目)でくっきり反応しました。 基礎体温は2層に分かれていて「全くの理想とは言えないまでもほぼ良いグラフ」と婦人科医に言われ、もっと36.7度を越えて欲しいと言われました。 というのを何かで読んだことあります。 ここでお訪ねしたいのですが、最後の低温期の体温が 11月22日, 今、基礎体温が高温期15日目です。フライングで高温期10日目から妊娠検査薬を試してます。その日から陽, 平均の生理周期が30〜34くらいなのですが、 低温期が20〜22日あります。 高温期が大体12日くら. 私は生理の丁度1週間前(排卵の1週間後)から必ず胸が張ります。 昨日、生理周期28日目に36.24度に下がったので生理が来るな…と思っていたら来ず、昨日の夜の温度(舌舌測定)は37.43度と今まで出た事のない高い温度でした。 子宮筋腫があり、半年前に手術をしたのですがそのせいでしょうか? 生理予定日1週間前~生理予定日辺りまで36.20℃が頻繁にありました。 夫の精子の数と、運動率がWHO基準以下で7月から採卵を... ビタミンD3のサプリ 30歳主婦です。 それで3/18の午前中、急に左下腹部にチクンという痛みが走り、その...続きを読む, 私も赤待ちです。 10/15 周期26日 高温 13日目 36.55 ↓ 私も排卵後、下腹部の辺りがチクチク痛いことありますが(場所は色々です)、特に心配していません・・ それか妊娠でしょ...続きを読む, >>前回の生理は11月10日です(3週間前)。 周期29日目の今朝...続きを読む, #1です。 丁度卵巣がある辺りかと思い少し心配です。 ちなみに今日で高温期14日目です。, 現在妊娠9ヶ月になるところです。 私の場合は生理予定日3、4日前から初期症状と思われる乳首痛が出てきましたが、 3/16 36.45 ただ、1週間前から高温期っぽいです(36.65~37.10。いつもの高温期より少し低めです)。 今はまだ5週目終わりですが、基礎体温を測ると気にしてしまうので測っていません。 タイミングはバッチリだったようなので、あとは待つだけですね。 体温が2相に分かれても排卵されないことはあるのでしょうか? 経験者の方など何でもいいのでアドバイス下さい。 1人目は1回で授かったのですが・・・。 ゆったり、リラックスして過ごせるように心掛けてみて下さいね。 葉酸400μg、鉄、ビタミンE、亜鉛と女性に嬉しい成分をこれ1つで. 29歳から10年以上治療してきました。持病があり大学病... BT3、症状無し… 9/17 周期25日 高温11日目 36.48 と言う事は、周期13日目くらいに痛くなり始めたって事ですよね? 自分の身... 生理不順だとわかっていたのに・・・体を気遣っていたらもっと早く、我が子を抱けたかもしれない・・・ もし不安であれば、基礎体温が低温の排卵の時期か、高温になりかけの排卵後と思われる時期に超音波検査を受けましょう。 25日 36.45度 私の低温期の温度は35.80℃~36.00℃くらいで、高温期は36.30~36.50℃でした。(36.50℃なんて滅多にお目にかかれませんでしたので、ほとんどが36.33℃です) 本日BT3になります。 普段は28日~30日周期です。今日現在先月の生理から33日目です。 頑張った排卵日の1週間後にいつもの胸の張りがきてしまったら受精・着床してないって事でしょうか。 何度悔し泣きしたことか・・・。 ちなみに、妊娠5週の今はもっと胸がはって痛いです・・・。 ですので、もう少しの辛抱です。 生理の周期が短く24日以下の人は、頻発月経の疑いがあります。頻発月経が起きる背景には卵胞期短縮症や黄体機能不全などの病気が隠れている可能性もあります。特に、妊娠を望む人や貧血の症状に悩んでいる人は、症状を放置するのは危険です。 明日、他の婦人科へ行くべきでしょうか? 筋腫は何も関係ありません。 40日 35.00度 女性の方なら一度は耳にしたことがある「基礎体温」。身体のさまざまなサイクルを知ることができるため、毎日記録をつけている方も多いことでしょう。, 基礎体温を測ることで、生理がいつ来るかを予測することができますし、妊娠を望む方にとっても排卵日を確認しやすいのでオススメです。妊娠を望む方も、そうでない方も気になるのが生理前の体温変化ではないでしょうか。, 生理前にどのような体温の変化が生じると妊娠しているのか、また体温から見えるさまざまなサインはどのように見分けていくのか、さまざまな角度からご紹介していきたいと思います。, 毎日きちんと基礎体温を測ることにより、妊娠や生理が来るタイミングなどさまざまな変化を見つけることができます。では、基礎体温は具体的にどのように計測するものなのでしょうか。, 基礎体温にはいくつかのルールがあります。基礎体温を測る時間帯、記録のつけ方、どの部位で計測するかなど、簡単にご紹介しておきましょう。, 基礎体温を測る場合と通常の体温計測では細かなルールが異なります。基礎体温では細かい数値まで計測するため、身体が安静にしている状態の時に測る必要があります。, タイミングとしては目が覚めたらすぐに計測するのが良いでしょう。身体を動かしていないので筋肉による余計な熱が発生していませんし、食事をしていないので内臓も働きが最小限になっています。筋肉や内臓、気持ちが最も安定している時間帯が目覚めたときなので、同じ時間に起床するようにし、起きたらすぐに計測するようにしましょう。, 基礎体温を測るなら、朝起きたタイミングが最適です。できるだけ同じ時間に起床することで、安定した数値を記録することができるでしょう。では、計測するのはどの部位が最適なのでしょうか。, 通常、体温を測るときはワキの下で計測しますが、基礎体温は口の中で計測します。他の部位に比べると、舌の付け根が最も安定しているからです。, 口を開けて舌をめくり、真ん中の筋が出ている付け根部分に体温計の先をあて、舌で挟むようにして口を閉じます。起き上がると筋肉を使ってしまうため、枕元に体温計をスタンバイさせておき、起きたら寝たままの状態で口にくわえるようにしましょう。, 基礎体温を正しく測ったら、次はそれを記録していきます。計測した体温はすぐにグラフに記入し、その日の気分も記録しておくと良いでしょう。, 最初は起床する時間がずれたりすることもありますが、継続して計測していくことが大切です。習慣になっていけば、基礎体温を測ることも煩わしくなくなっていくので、まずは3ヶ月を目安に記録をつけていくようにしましょう。, 基礎体温を測るなら、体温計の選び方も知っておくべきです。体温計には実測式と予測式と、2種類あるのをご存知でしょうか。, 実測式は実際の体温を、5分ほど時間をかけて計測していきます。予測式は25秒~1分半ほどの時間である程度の体温を予測し、計測していきます。また、最初は予測式で計測し、時間をかけると実測式に切り替わるものもあります。, 朝忙しい人や気軽に始めたい方は簡単な予測式を利用し、本格的に計測していきたいという方は実測式を選ぶと良いでしょう。また、高機能な体温計だと自動的に測定した数値を記録し、グラフ化してくれるものもあります。予算やニーズに合わせて適切な体温計を選ぶようにしましょう。, 基礎体温を測りはじめると、体温が高い時期と低い時期に分かれていることがわかってきます。高温期と低温期は14日前後で切り替わることが多く、28日前後でまたもとのサイクルに戻っていきます。, 生理1日目から次の生理が来る前日までを1周期とすることで、生理が来るタイミングや排卵日を予測しやすくなります。, 基礎体温が高温期と低温期の2つにわけられるのは、女性ホルモンの働きが影響しているからです。では、どんな女性ホルモンが体温に変化をもたらしているのでしょうか。, 基礎体温が高温期と低温期にわけられるのは、それぞれの時期に2種類の女性ホルモンが分泌されているからです。, 高温期はプロゲステロンという女性ホルモンが分泌され、排卵を境に生理前まで続きます。一方、低温期はエストロゲンという女性ホルモンが分泌され、生理を境に排卵前まで続きます。それぞれの女性ホルモンは作用が全く異なるため、体温にも変化が生じるのです。, 生理前は、高温期でプロゲステロンが積極的に分泌されていますが、生理直前に体温がガクンと下がって低温期に切り替わっていきます。そのため、基礎体温を測って高温期が続き体温が下がったら、まもなく生理が来るサインだと気づくことができるでしょう。, 基礎体温を左右する女性ホルモンですが、具体的にプロゲステロンとエストロゲンにはどのような作用があるのでしょうか。まず、高温期に分泌されるプロゲステロンですが、排卵を境に分泌され始め、生理前まで続きます。, プロゲステロンは受精卵を着床しやすくするため、子宮内膜の厚みを増やしていきます。栄養を保持しようとする力が強まるため、水分や栄養を体内に蓄えようとして体重が増加することもあるでしょう。生理前に食欲が増えてしまうのはプロゲステロンが体内の栄養を奪い、血糖値が下がるためです。, 受精卵が着床しなかったり、受精がなかったりした場合は、プロゲステロンの分泌が減っていき、基礎体温も徐々に下がりはじめてきます。そして子宮内膜の組織がはがれて生理が始まるときに、エストロゲンへと切り替わっていくのです。, プロゲステロンは高温期に分泌され、受精した卵子を着床しやすくさせます。一方、基礎体温で低温期に分泌されるのがエストロゲンですが、これは卵子を育むために分泌されていると言えるでしょう。, エストロゲンは、生理が開始されてから排卵日まで分泌される女性ホルモンです。卵胞が成長し、子宮内膜に厚みを出していくことで、受精卵が成立しやすい環境を整えていきます。この時期は新陳代謝も活発で、身体の調子も良いので活動的になる時期となります。, そして、全ての準備が整い排卵されたときにプロゲステロンへと切り替わり、低温期から高温期へと変化していくのです。, 基礎体温を左右するのは、女性ホルモンの働きによるものです。では、実際に高温期と低温期ではどれくらいの温度差があるものなのでしょうか。, 高温期と低温期の差は、0.3℃~0.5℃くらいとなっており、例えば、低温期は36.2℃前後が続いていて、高温期は36.7℃前後が続くようになります。, 非常に細かい数値の差ですから、同じ条件で計測し続けるのが重要になるのです。ただ、低温期、高温期と分けていてもその中で微妙に変化することもあります。排卵日や生理直前には大きな変化が見受けられるのでご紹介しておきましょう。, 基礎体温を計測していくと、低温期から急に体温が下がることがあります。そして、急に体温が下がったと思ったら翌日にはぐんぐん体温が上がっていくことが多いでしょう。低温期の時にガクンと体温が下がったら、排卵されたサインと思ってよいでしょう。, 翌日から体温が上昇するようなら、排卵に向けて準備していたエストロゲンから、受精に向けて準備していくプロゲステロンにホルモンが切り替わっていることがわかります。, 排卵されるときの体温は最低体温と呼ばれ、計測してきた基礎体温の中で最も低くなります。妊娠を望む人は、排卵により基礎体温で下がるタイミングを見逃さないようにしましょう。, 基礎体温を計測していくと急に体温が下がる日が出てきますが、実は生理直前にも体温がガクンと下がります。これは、高温期で分泌されていたプロゲステロンから、エストロゲンに切り替わるからです。, 次の排卵に向けて準備が進められるため、受精卵の着床のために準備された子宮内膜ははがれ、生理が始まっていきます。高温期が続いていたのに急に体温が下がりはじめたら、当日か翌日に生理が始まる可能性が高いと言えるでしょう。, 基本的に、生理直前になると体温は急にガクンと下がります。しかし、生理予定日を過ぎていてもなかなか体温が下がらないようなら、妊娠している可能性があるでしょう。, 妊娠すると、生理が起こらないため高温期が継続されます。高温期が始まり、16日以上たっても体温が下がらないようなら、妊娠の可能性があるので一度調べてみると良いでしょう。, 排卵日~生理前までは、体温が高い状態が続きますが、日数としては14日前後となります。高温期が始まって11日~15日くらい経つと生理が始まると考えて良いでしょう。, 基礎体温のサイクルは、生理開始日から次の生理前日までを1周期とし28日で進むのが通常です。人によっては、30日や33日で周期が進む場合もありますが、高温期と低温期はほぼ同じ割合で繰り返されます。, しかし、生理前の高温期が短い場合、プロゲステロンの分泌が弱まっている可能性があるでしょう。高温期の日数が9日以下になる場合は、黄体機能不全が生じている恐れがあります。いつも高温期が短いという方は、一度病院で診てもらうようにしましょう。, 基礎体温を見ることで、排卵がきちんと行われているかどうかも把握することができます。高温期と低温期を見比べて、その差が0.3℃以下になっている場合、排卵が行われていない可能性があるでしょう。, 排卵を境に低温期から高温期に変化していきますが、体温の差が少ないと体温を上昇させるプロゲステロン分泌が弱まっている恐れがあります。プロゲステロンを分泌する黄体ホルモンが弱まっていても生理は起こるため、無排卵月経と診断されるかもしれません。, 通常、基礎体温は排卵日をはさんで低温期と高温期に分かれますが、基礎体温が毎日上下してガタガタのグラフになってしまう方もいます。このような場合は、プロラクチンというホルモンが過剰に分泌される高プロラクチン血症の可能性があります。, 高プロラクチン血症は投薬や漢方で改善でき、基礎体温も通常のようなグラフに戻るので、あまり心配しないようにしましょう。, また、ストレスに弱い方や自律神経が乱れている方も、基礎体温グラフがガタガタしてしまう傾向にあります。これは大きなストレスや冷え性などから来る自律神経の乱れが原因なので、投薬の他に自分の生活習慣を見直したりストレス解消に努める必要が出てくるでしょう。, 生理前は高温期が続きますが、生理直前や当日には体温が下がって低温期に切り替わっていきます。しかし、生理前になっても体温が下がらず高温期が続く場合、妊娠している可能性が高いと言えるでしょう。, 産婦人科を受診し、妊娠していると正式に診断された後も基礎体温を測り続けることで体調の変化を把握することができます。, 21日以上高温期が続いていたのに、その後急に低温期に差し掛かることがありますが、その場合流産する危険性があるでしょう。不正出血があったり、体調不良を感じたりしたらすぐに病院に行くようにしてください。, 生理前になると、身体が火照ったりイライラしたりしてしまうことがあります。いわゆる月経前症候群と呼ばれるもので、生理前になると多くの女性に現れる症状です。, 人によっては頭痛がしたり、腹痛を伴ったりする場合もありますが、高温期を作っているプロゲステロンの影響が関係しています。, 生理不順などで周期が乱れていると、プロゲステロンの分泌に変化が生じ、月経前症候群がひどくなるので、身体を優しくいたわるようにしてください。, 基礎体温を左右する女性ホルモンは、いつも正常に分泌されるとは限りません。体調不良やストレスなどの影響を受けると分泌量が乱れることがあります。特にストレスは女性ホルモンのバランスを崩し、基礎体温のグラフを乱してしまいますので注意が必要です。, なかなか基礎体温が安定しないという方は、ストレスについてもう一度見直してみるようにしましょう。不摂生な生活は身体にとってのストレスになりますし、精神的なストレスもホルモンのバランスを乱します。規則正しくストレスを適度に発散することが、女性ホルモンの分泌を安定させてくれるでしょう。, 基礎体温を計る事は、女性ホルモン量の分泌を知るためと言っても過言ではありません。ですから、年齢によってホルモン分泌量が変化するにつれて基礎体温も変化していきます。, ホルモン分泌が未熟な10代では無排卵月経や頻発月経が起こりやすいため一定しにくいのですが、基礎体温を計れば卵胞ホルモンと黄体ホルモンのどちらが問題なのかを分かってきます。, よく見る低温期と高温期にはっきり分かれた基礎体温グラフは、女性ホルモン分泌量が安定する20代・30代に出てきます。しかし、やはり排卵や生理周期に問題があるようだと正常とは違ったグラフになり、一目瞭然です。婦人科を受診する時に基礎体温グラフを提出するのは、医者が判断しやすいからなのです。, 更年期が近づくと、排卵に関わる卵胞ホルモンと子宮内膜を維持する黄体ホルモンの分泌量が減っていきます。基礎体温グラフを見ると、まずは高温期が短くなっていき頻発月経の様なグラフに変化します。, 更年期対策や生理不順に黄体ホルモンを含んだピルを処方するのは、このような状態を避けるためです。更年期に入れば黄体ホルモン分泌がほぼ無くなってしまうため低温期のみとなり、この急激なホルモンバランスの崩れによって更年期障害の症状が出始めるのです。, ただ基礎体温を前から計っていれば、この動きが予測されるため余裕のある処置が取れるようになって更年期障害をある程度抑えられます。急に体調を崩さないためにも40代の方は基礎体温計測を習慣にしましょう。, 生理前の体温についてさまざまな情報をご紹介しました。基本的に生理前は高温期が続き、生理直前になると体温が下がるのが特徴です。基礎体温を正しく測ることで自分の周期が把握でき、次の生理を予測しやすくなるでしょう。, また、排卵日を予測しやすくなったり、無排卵月経を見つけたりできるので、生理だけでなく妊娠や体調を管理したい方にもオススメです。そして、生理予定日を過ぎても高温期が続く場合は、妊娠の可能性があるので調べてみましょう。毎日規則正しく基礎体温を測ることで、生理前の兆候や排卵のサインを見逃さないようにしてください。.