なにか方法はありませんでしょうか?, この9月末までに 退去を言い、10月中に引っ越ししないと、違約金が一か月増えて、2ヶ月分の違約金をしはらわないといけなくて、それはお金がなくて支払いできません。 現地の友達におねがいは ことが大きすぎてたのめなくて。, 新居地の福祉課とNPOさんに相談しましたが 書類上どうしてもいるような感じでした, 遠い親戚でもいいといってくれましたが、なくて いかないかお願いしましたが この10日間で、引っ越しに新居探しに大変になってこまっています。。。。, 新居の敷金などいらないので、引っ越し費用だけでいいのでだしてもらって 病状でできないです, そこで、教えていただきたいのですが 実母にあたる 身元保証てきなことをしてもらえる 生活保護者の前アパートの退去費用について質問します。友人は現アパートに越してから生活保護を受給しだしたのですが、アパートを用意してくれた私の会社の社長から今日連絡があり、家賃が 支払われていない。と言われました。 方法はないでしょうか? 敷金や礼金の支給に関しては「生活保護の引越しで敷金や礼金の費用も支給されるの?」の記事で解説しています。, 生活保護を受けている方が引越しをする場合は、生活保護費とは別に引越し費用を受給することができます。, 引越し費用を受給するためには、「生活保護の引越し費用が支給される条件って何があるの?」でご紹介しているように、16の条件のうちのいずれか1つにあてはまっている必要があります。, 引越し費用には、引越し代金のほかに、敷金、火災保険料、保証料が支給されるケースがあるのです。, またこれまで住んでいた住居の退去費用の一部が追加支給されますが、支給されない費用もありますので、次で紹介していきます。, リフォーム費用は、入居時に納めている敷金でまかなうようになっていますが、実際のところは敷金だけではまかないきれないことが多いです。, 室内での喫煙、子どもが部屋を汚しているなど、リフォーム代がかなり高額になってしまいます。, 経年劣化や入居者の行為で汚損していない限り、あなたにリフォーム費用が請求されないのが原則です。, 修繕箇所を聞いたうえで、大家さんまたは不動産管理会社にリフォーム費用の見積書を出していただき、それが妥当な価格なのかを、複数のリフォーム会社にみてもらうのも1つです。, 最終的に、リフォーム費用が支払うことができなければ、大家さんまたは不動産管理会社分割で支払うことができないかを相談しましょう。, 大家さんまたは不動産管理会社からすると、あとあと分割払い分を踏み倒して逃げられるかもしれないというリスクが大きいため、分割払いに応じる大家さんまたは不動産管理会社は少ないのが現状。, ただ、自分が生活保護を受けていることを伝えて、それを証明する公文書を大家さんまたは不動産管理会社に提示すると、分割払いに応じてくれる場合があります。, 生活保護を受けているということは、あなたの所在を役所が確認・管理しているということであり、生活保護を受けている方は、勝手に転居できませんので、逃げられる可能性が極めて低いです。, その場合は、国民生活センター・消費生活センターに相談すると、退去費用を値下げするアドバイスがもらえる可能性があるのです。, 民事調停とは、簡易裁判所で行なわれるもので、職業裁判官が入居者と大家さんまたは不動産管理会社の間に入って、円満に話が進むようにサポートしてくれます。, 民事調停を行なう方法は簡単で、窓口に設置されている用紙に必要事項を記入するだけです。, 民事調停で話し合いすることで、退去費用が安くなる可能性がありますし、民事調停にかかる費用の例をあげると、退去費用100,000円を取り消してほしい場合の費用だと500円で済みます。, 民事調停で大家さんまたは不動産管理会社がつかなかった場合は、少額訴訟手続きを行なう方法もあり、600,000円以下の金銭トラブルのときに利用できます。, 少額訴訟手続きを行なうと、減額、分割払い、支払猶予、延滞金の免除などの判決をしてもらえることがあるのです。, 少額訴訟手続きを行なう場合の手続きは、退去費用100,000円ごとに1,000円ですので、例えば180,000円の退去費用を取り消したい場合の費用は2,000円になります。, 今回は、生活保護の引越しで退去費用が敷金で支払いきれない場合ってどうなるのかについてみていきました。, 生活保護を受けている方は、次の場所へ転居する場合に、生活保護の追加支給という形で、引越し費用を受給することができます。, 引越し費用には、引越し代金、敷金、火災保険料、保証料が支給されるケースがあるほか、これまで住んでいた家の退去費用の支給を受けられる場合もあるのです。, リフォーム費用は、室内での喫煙、子どもが部屋を汚しているなど、経年劣化や自然に発生する汚損でない場合に請求されます。, あなたが生活保護を受けているとしても、リフォーム費用が高額になった場合は、自分で支払う必要があるのです。, もし退去費用が一括で支払いできない場合は、大家さんまたは不動産管理会社に分割払いの相談をするのが先決です。, 分割払いが認められない場合は、大家さんまたは不動産管理会社に退去費用の減額を相談するか、相談に応じてもらえなかった場合は、国民生活センター・消費生活センターへの相談、民事調停、少額訴訟手続きなどの方法で、退去費用の減額を申し入れるのも1つでしょう。, 今回の記事をお読みになって、生活保護の引越しで退去費用が敷金で支払いきれない場合の対処方法の参考になればと思います。, 生活保護中だけど引っ越しをしたい…自腹で勝手に引っ越ししていいの?何て疑問はありませんか?近隣トラブルなどどうしても引越したいことありますよね。勝手に引っ越しはできるのでしょうか。詳しく解説します。, 生活保護中に引越しする予定だけど敷金が返ってきたらこのお金はどうしたらいいの?何て疑問はありませんか?敷金の返還があった場合はもちろんもらうことはできません。今回は敷金の返還について詳しく解説します。, 生活保護中に引っ越しをする予定だけど費用の支給に上限ってあるの?何て疑問はありませんか?引越しで心配なのは費用ですよね。今回は生活保護の場合、費用はどこまで支給されるのかについて解説します。, 生活保護で引っ越しするけど敷金や礼金も費用として支給されるの?何て疑問はありませんか?引越し費用は支給されますが敷金や礼金は支給されるのでしょうか。詳しく解説します。, 生活保護を辞めて引越しをしようと思うけど引越し費用ってどうなるの?何て疑問はありませんか?生活保護を辞めて引っ越す場合の費用ってどうしたらいいのでしょうか。詳しく解説します。, 家賃上限がオーバーしていたらどうなるんだろう?という疑問はありませんか?家賃上限をオーバーしていても生活保護の申請はすることは可能です。注意点もあるので詳しく解説します。, 生活保護を申請する際に家賃上限をオーバーしていたらどうなるの?引越ししないといけないの?, 生活保護中って県外や市外などの区外に引越しすることって可能なの?どうしたらいいの?. また申し訳ないのですがご相談おねがいいたします(;_;), 数ヶ月前に申請していた引っ越しの 母の証明なしにできませんか?と聞いてみたのですがだめでした。, お忙しいとはおもいますが、アドバイス救済よろしくお願いいたします(;_;) 退去費用は生活保護から支払った敷金で賄える. 度々ごめんなさい ©Copyright2020 引っ越しの神様.All Rights Reserved. 退去費用を払わなかったらどうなる?という疑問に徹底回答します!退去費用が高すぎるケースや高くなっても仕方がないケース、費用が高額で支払えない場合の対処方法も紹介します!費用を抑えるためにできることも合わせて紹介します! どうしても頼めないのでなんとかなしで ホームレス(宿泊所)はいって申請しかないといわれましたが 引越しに伴う退去にかかわる費用は、主に 住居の原状復帰のためのリフォーム代 があります。. 線活保護受給者が引っ越しする場合に退去費用が敷金で足りない場合ってどうしたらいいの?何て疑問はありませんか?ハウスクリーニングなどの退去費用は敷金で負担しますがもし負担しきれない場合はどうなるのでしょうか。解説します。 まず、生活保護で、引越しに伴う敷金や火災保険料、保証料が支給されるケースがあります。それはどんな時でしょうか。 入院患者が実施機関(市役所のこと)の指導にもとづいて、退院に際して、住むための住居がない場合 実施機関の指導にもとづき、現在支払われている家賃又は間代よりも低額な住居に転居する場合 土地収用法、都市計画法などに定めるところにより、立ち退きを強制され、転居を必要とする場合 退職等により社宅等から転居する場合 法令又は管理者の指示により社会福祉施設等から退 … スポンサードリンク 退去費用は住んだ年数で変わるの? アパートの退去時に、敷金から償却されたり請求されたりする費用は、あくまで「故意に破損した」ものに対してのみです。 5年住もうと10年以上住もうと、経年劣化したものは対象外です。 OKが数日前でました!!!!! 保護課がOKとするもの。たとえば身元保証団体?施設?とか・・新しい役所保護課でなってもらうとか? 生活保護の専門家 小川友樹 (おがわゆうき) が教える生活保護の全て!一般に知られていない情報などを色々と発信していきます。, 皆さん、こんにちは。引越しというのは、エネルギーがいります。もちろん、お金もかかります。ところで、生活保護受給者が引越しをする場合はどのようになるのでしょうか。また、引越しに伴う退去費用はどうするのか。生活保護制度で支給されるのか。大変、気になるところです。もちろん、ケースバイケースであります。, いろいろなケースを見ていきましょう。何しろ、お金がからみますからね。(もっとも、生活保護でお金がからまない事はありませんが). (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}). そうね。心強いわ。それに、新しい住居に引っ越す際の費用も、一定の条件を満たす必要はあるけれど、行政から支給されるよ。, リフォーム代が敷金で賄えない場合があるっていうのは要注意だね。確かに、「自分の責任でお部屋を汚しちゃった」っていうようにも考えられるけど、うっかり傷つけてしまうことはあるしね。, あと、子供がいる場合は、どれだけ注意していてもお部屋を汚してしまうことはよくあることだわ。, 電話での相談ができるのはとっても便利だね。いきなり、消費生活センターに行くのは緊張しちゃうし、仕事の都合をつけるのも難しいしね。, こんな制度があるなんて知らなかったよ。民事調停よりは、少し手続きが難しそうだけど、これで支払い額が抑えられたり、分割にできる可能性があるならやってみるのもひとつの手だなぁ。, 色々な条件があって、自分では本当にその条件に当てはまるのか分からない場合もあるから、まずは, 窓口に設置されている用紙に必要事項を記入することで、民事調停を行うことが出来ます。. 県外へ引っ越しOKでました, 転居の理由付けとして ケース移管で. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); まず、生活保護で、引越しに伴う敷金や火災保険料、保証料が支給されるケースがあります。それはどんな時でしょうか。, 入院患者が実施機関(市役所のこと)の指導にもとづいて、退院に際して、住むための住居がない場合, 実施機関の指導にもとづき、現在支払われている家賃又は間代よりも低額な住居に転居する場合, 土地収用法、都市計画法などに定めるところにより、立ち退きを強制され、転居を必要とする場合, 法令又は管理者の指示により社会福祉施設等から退所するに際し、帰住する住居がない場合(当該退所が施設入所の目的を達したことによる場合に限る), 宿所提供施設、無料低額宿泊所等を一時的な住む場所として利用している場合であって、居宅生活ができると認められる場合, 現在の居住地が就労の場所から遠距離にあり、通勤が著しく困難であって、当該就労の場所の附近に転居することが、世帯の収入の増加、当該就労者の健康の維持等世帯の自立助長に特に効果的に役立つと認められる場合, 火災等の災害により、現住居が消滅し、又は、居住にたえない状態になったと認められる場合, 病気療養上著しく環境条件が悪いと認められる場合又は身体障害者がいる場合であって設備構造が居住に適さないと認められる場合, 家主が相当の理由をもって立ち退きを要求し、又は借家契約の更新の拒絶もしくは解約の申し入れを行ったことにより、やむをえず転居する場合, 高齢者、身体障害者等が扶養義務者の日常的介護を受けるため、扶養義務者の近隣に転居する場合 または、双方が生活保護受給者であって、扶養義務者が日常的介護のために高齢者、身体障害者等の住居の近隣に転居する場合, 生活保護受給者の状態等を考慮の上、適切な法定施設(グループホームや有料老人ホーム等、社会福祉各法に規定されている施設をいう)に入居する場合であって、やむを得ない場合, 長々と書いてしまいましたが、以上が引越しに伴う、敷金等、要は退去費用の一部が支給される場合です。, 生活保護で、引越しに伴う敷金等で支給される退去費用の条件について述べてきましたが、支給されない退去費用があります。それは、リホーム費用です。リフォーム費用は、よく、敷金でまかなうような事がいわれますが、実際は、敷金だけでは足りないのが実態です。特に生活保護受給者は、タバコをかなり部屋ですっていたり、母子家庭の場合は、子供が部屋を汚していることもあり、リフォーム代がかなり高額になってしまうケースがあります。この費用は、生活保護では支給されません。生活保護受給者は、そのため、分割で返すケースもあるようです。, もっとも、大家の都合で退去させられる場合はどうでしょうか。大家の都合ですから、当然、引越しに伴う退去費用は支給してもらうのが当然でしょう。ただ、生活保護受給者の場合、大家とトラブルになるケースもあり、必ずしも大家側だけに責任があるとは限らない場合もあります。こういった場合は、せめて、リフォーム代だけでも大家にふたんしてもらい、敷金などや引越し代は生活保護で支給するという方法があります。とにかく、リフォーム代は支給されないので、注意してください。, 敷金などは、上記に記載した場合は、原則的に支給されますので、ケースバイケースでひとつひとつ見ていけばいいと思います。そして、引越し費用については、引越し業者から見積もりをとり、何社か比較し、低額な業者に決まる事が多いようです。まあ、全般的に見ていけば、かなりいろいろな費用が支給されるといってよいでしょう。引越しに伴う退去費用は、もちろん、条件はありますが、かなり幅広く認められているといっていいでしょう。だから、逆に知らないと損をしてしまうわけです。, 例えば、大家がアパートを取り壊すので、賃借人に出ていってほしい場合があります。これは、明らかに大家の都合なので、転居費用はもちろん支給されますし、立ち退き料のような退去費用が支給される事もあります。こういった退去費用はどうなるのでしょうか。敷金等や引越し費用にあてても余ってしまったらどうなるのでしょうか。その場合は、収入となってしまいます。要するに市役所に返す事になります。よく、生活保護受給者の中には自分のものになると思っている人がいるようですが、それは間違いです。ここのところは、注意してください。い, 基本的には、借地借家法が基本になります。ただ、実際は、借地借家法より生活保護受給者に対してやさしく引越しに伴う退去費用を支給する傾向にあります。もともと、生活保護受給者は、精神疾患の人も多く、大家ともめるケースがかなりあります。だから、わりと市役所が押し切られてしまうケースが多いようです。もちろん、生活保護受給者にとって、困らない結果になればいのですが、必ずしもそうなるとは限りません。なにしろ、不動産屋は、その道のプロです。生活保護受給者は素人ですし、市役所の職員も不動産の事など分かっていません。おそらく借地借家法もたいして分かっていないでしょう。自分の身は自分で守るしかありません。, とにかく、引越しに伴う退去費用で支給されないのは、リフォーム代です。これだけは、どうにもなりません。この点が最大の注意点でしょう。何しろ、生活保護受給者は、弁護士に相談するわけにもいきません。(最近は、生活保護の無料相談を行っている弁護士もいるようですが) そもそもお金がなければ、たいした弁護士に相談する事は困難ですし、そもそも弁護士にやる気がないものとおもわれます。, 生活保護で支給される引越しに伴う退去費用についてご理解いただけたでしょうか。とにかく、一番注意しなくてはいけないのは、リフォーム代です。これが、一番大家ともめます。なぜならば、生活保護で引越しに伴う退去費用として、支給できないからです。当然、不動産会社は営利をおってますし、こういう言い方をしていいのかわからないですが、こわもての会社もあります。しかし、だからといって、びびる必要はありません。生活保護では引越しに伴う退去費用は、かなりの部分で支給されるからです。, いろいろ説明させていただきましたが、何かありましたら、ぜひコメントをください。また、分からない事があれば、ぜひ、コメントから質問をしてください。とにかく、引越しはエネルギーと知識がいります。引越しに伴う退去費用について、しっかりとした知識を身につけていきましょう, 以前は大変おせわになりました 実母が 転居都道府県にいるから。という理由で検討してくれました。, 家庭が複雑で縁がうすく、向こうの家庭に迷惑と壊してしまうので 様々な事情で生活保護を受けて生活をしている人は、多くいると思います。そして、「引越ししたいけれど、できるのかな?」と悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?, もちろん、生活保護を受けながら、もっと広い部屋にすみたい、おしゃれな部屋がいい、などの理由で引越しをすることは難しいです。, けれども、身体が不自由な方のための設備が不十分だったり、通勤が著しく困難であったり、建物の老朽化が進んでいるなどのやむ負えない場合で引越しをすることは出来ます。, 今回は、そんな引越しを考えているあなたへ、その思いを形にするために知っておきたい知識のひとつ、退去費用についてお話しします。, 引越しに伴う退去にかかわる費用は、主に住居の原状復帰のためのリフォーム代があります。, このリフォーム代には、通常の生活を送る際にどうしても発生してしまう多少の傷や汚れの原状復帰のための費用が含まれており、その費用は生活保護で入居時に支払った敷金から支払われることになります。, さきほども言ったように、普通に生活をしていて発生する汚れや傷であれば、生活保護で入居時に支払った敷金で賄うことが出来ます。, ただし、以下にあげたような普通に生活をしていて発生する汚れや傷を超えている場合は、リフォーム代が高額になり、敷金では賄えないことがあります。, はじめに、見積もりの金額があまりに高額であれば、大家さんや不動産管理会社に修繕箇所を聞いたうえで、複数のリフォーム会社に見積もりをお願いしてみましょう。, そして、金額が妥当であれば、自身が生活保護を受けていることを伝えたうえで、大家さんや不動産会社に分割が可能か確認することが必要です。, 通常は、分割払いに応じてくれない場合が多いですが、生活保護を受けている場合は、役所が管理していることもあり、分割払いに応じてくれる場合もあります。, 大家さんや不動産会社との交渉の結果、分割が出来ない場合の対処法には次の3つがあります。聞きなれない言葉が並びますが、一つ一つ解説するのでご安心ください。, 国民生活センターは国が管轄しており、消費生活センターは地方が管理しています。どちらの機関も連携していて、「消費にかかわる全般のこと」の相談をすることができます。, 地方が管理している消費生活センターは全国に約800か所あるので、そちらに相談するのが便利です。また、いきなり訪問するのが不安だったり、時間の余裕があまりない場合は、電話での相談も受け付けているので一度相談してみましょう。, 民事調停は、簡易裁判所で行われます。裁判所というとなんだか大げさな感じがしますが、実際には窓口に設置されている用紙に必要事項を記入することで、民事調停を行うことが出来ます。, 民事調停では、職業裁判官が入居者と大家さんや不動産管理会社の間に入り、問題解決のためのサポートをしてくれます。, なお、民事調停の費用も比較的安価で、退去費用10万円の取り消しを求める場合は、500円のみで行うことが出来ます。, 民事調停の概要については、裁判所公式ホームページが作成している動画をみればよく分かります。, 民事調停で、問題が解決できなかった場合は、少額訴訟手続きを行うことが出来ます。少額訴訟手続きは60万円以下の金銭のトラブルの時に利用することができ、この手続きにより、減額や分割払い、支払い猶予などの判決をしてもらえる場合があります。, 聞きなれない言葉が並んだり、裁判所の関係の話などすこし難しい内容だったかも知れませんが、色々な制度があることを知っておくと、生活保護を受けている場合での引越しを考えるときに心強いですね。, ちなみに、退去費用の支払いのめどがついて、無事引越しできることになった場合は、こちらの記事もご覧ください。, 僕の場合、普通に見積もりを取って22万だったのが(値段交渉もして)別の方法で見積もりを取ったら14万まで下がりました。, そして、一社だけに依頼をすると比較する業者がいないので、割高であるということに気が付けません。, 「高いけどこんなものなのかな?」とカモられることになります。(僕はずっとこうでした), 一括見積サービスを使うとカモられるのを防げます、そしてさらに安くなります。もちろん無料です。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。.