いずれにしても、尿路結石の猫ちゃんにおやつをあげる際は、かかりつけの獣医さんに相談 / 確認するようにしましょう。. スポンサーリンク 尿路結石の手術の後は尿路ケアフードばかりを食べさせているのですが、 猫様は食事に飽きやすいので、食べなくなると変えていました。 .   【獣医師監修】尿路結石には、「ストルバイト」と「シュウ酸カルシウム」の2つがあります。尿路結石は、腎臓から尿管、膀胱、尿道の中に結晶や結石ができる病気で、膀胱や尿道を傷つけたり、尿道に詰まったりします。猫下部尿路疾患(flutd)の代表的な病気の一つです。   2017/04/09, 尿路結石というと、とても痛くてトイレの度に泣き叫んでしまうような病気だというイメージが、人間ではあります。, 猫は痛みを我慢する動物なので、少し痛くても我慢して、トイレが痛いことを隠し、発見が遅れ重度になってしまう場合があります。. Copyright© document.write( new Date().getFullYear() ); 今回は猫の尿路結石について、その原因と症状、尿路結石の種類、治療方法と療法食のフードをご紹介します。 手っ取り早く良いキャットフードが知りたい方はこちら。, ジャンル別のおすすめキャットフード。 2016/6/5 血尿や頻尿などの猫の排尿トラブル。軽い膀胱炎かと思っていたら「尿路結石」が原因、ということもあります。尿路結石の症状や原因、治療法、予防法について獣医師の三宅先生にうかがいました。 我が家の猫の場合は、1度目も2度目も同じような処置を施してくれましたが、以下では2度目の治療の様子についてお話したいと思います。 まず、カテーテルを挿入して注射器で尿を排出します。2度、3度と尿を排出するのですが、銀色のトレイの中にたっぷりと、非常に濃度の高い尿が排出されていました。後で試験管に入れたものを見せてもらったのですが、結晶と思われる砂のようなものが、キラキラと光って見えて … 愛猫に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。, 今は、実家を出て別々に暮らしていますが、定期的に実家にキャットフードを送っています^^, 愛猫はもちろん、多くの猫ちゃんが健康に長生きしてもらえるように、原材料・成分解析を通しておすすめできるキャットフードを紹介しています。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ストルバイトになる主な原因は、キャットフード以外のおやつを与えすぎた、食事の問題。, カルシウム、マグネシウム、リンなど、ストルバイトを形成するのに必要な栄養素を過剰摂取することで、発症してしまいます。, 正しく食事療法を行った場合に、症状の改善が見られない場合は、他のタイプの尿路結石と混合している可能性があります。, シュウ酸カルシウムの尿路結石はここ数年で爆発的に広がった病気で、1980年代の2%と比べると、2007年度では41%の割合にまで上がっています。, これは何故かというと、ストルバイトを減少させようと、キャットフードメーカーが揃ってストルバイトを予防するためのフードを販売し始めたためです。, ストルトバイトは減少したものの、違うタイプのシュウ酸カルシウムの尿路結石が多くなってきたんですね。, そのため、尿路結石の数自体はキャットフードの改良で減少しているものの、割合的にはほぼ半々となっているのが現状です。, しかし、猫はプリン体は通過産物になり、体の中を通過してしまう物質になるため、痛風になることはありません。, その他にも、少数ですがシスチン、キサンチン、シリカ、リン酸カルシウムなどの尿路結石の種類があります。, スーパーに売られているような普通の総合栄養食のフードでは改善されないので、猫の症状にあった適切なフードを与えることが、治療のポイントになります。, 尿路結石の治療方法とフードについては、「猫の尿路結石の治療方法。療法食フードの選び方と予防方法まで」をご覧ください。, - ご相談やご質問が含まれる場合はコメントより, 猫の糖尿病、尿検査紙を使ってインスリンの効果や体調を把握する。結石リスクも把握すると良いです^^, フルクトサミンが下がらないときはソモギー効果を考えたインスリンコントロールをしてみる。, 猫の糖尿病の原因とインスリンが効き難い時の対処。猫はストレスで顕著に血糖値が上がる。. 2016/4/28 猫がかかりやすい疾患の1つである下部尿路疾患、ストルバイト結石。 早く健康に戻ってほしい反面、猫におねだりされたり、いつもの食事を食べなくなったら、おやつに頼ってしまいそうですが、ストルバイト結石の猫ちゃんにおやつをあげてもいいのでしょうか? 猫の体調 体質, 原因, 尿路結石, 猫, 病気, 病院, 症状, 種類, キャティーマン (CattyMan) 手編みニット風毛糸だまベッド 「お部屋全体 …, 昔と比べて、猫のための便利グッズは相当に増えており、お店に行っても様々な商品が売 …, 猫の瞳孔、要するに黒目は、その大きさや形が変化します。 これは人間でも同じですよ …, 寒がりな猫にとって、冬はちょっと防寒が心配になりますよね。 特に外出して、猫をお …, 猫はその母性が他の動物と比べて強いと言われています。 母親が子にかける愛情はとて …. 糖尿病になって危機を脱してからは、 主にヒルズの療養食w/d を食べていて、その時のPHはずっと5でした。 早く健康に戻ってほしい反面、猫におねだりされたり、いつもの食事を食べなくなったら、おやつに頼ってしまいそうですが、ストルバイト結石の猫ちゃんにおやつをあげてもいいのでしょうか?, 尿路結石とは、腎臓・尿管・膀胱・尿道の中に結石ができる病気。結石は数ミリから数センチの大きさになるものまで。尿管結石・尿結石とも呼ばれています。, 「おしっこの病気」の3大原因とされるのが、特発性膀胱炎、ストルバイト尿(結)石、シュウ酸カルシウム尿石。特にストルバイトは多くの猫が経験しています。, 気付かずに放置すると、おしっこが詰まってしまい、腎不全や尿毒症を引き起こし最悪の場合は死に至ります。, この恐ろしい尿路結石、猫にとっては珍しいものではなく、特にオスの猫がかかりやすい病気とされています。, ストルバイト結石にかかってしまい、病院から勧められた療養食で治療中の猫ちゃんには、おやつはもちろん厳禁です。, 療養食を与えている間に、おやつを与えてしまうと療養食の効果が得られなかったり、機能しなくなってしまうことがあります。おやつだけでなく、他のフードをあげることもよくありません。, 結石はマグネシウムやカリウムから作られます。つまり、塩分の濃いもの、ミネラル分の摂りすぎで尿結石になってしまうことが多いのです。, 人間用のものは、味付けが濃いのでもちろんダメですが、猫用の減塩のものも、尿路疾患の猫ちゃんには与えないようにしましょう。, 塩分控えめは上でも説明しましたが、水をたくさん飲みトイレの回数を増やすことで、おしっこが薄くなり結石予防になったり、結石を溶かす酸性の尿に保つ食材を使ったおやつをあげることは効果的といえるでしょう。, トイレをいつも清潔に保つこと、ストレスがたまらないよう適度に運動させる環境をつくることも大切です。, 鶏モモ肉の茹で汁のみ、何も味付けせずにあげてみましょう。鶏の香りもしっかりついているので、お水よりも飲んでくれやすいでしょう。, 鶏モモ肉は他の部位に比べて若干ですがリンが少ないのでおすすめ。ささみでも良いですね。, 原材料:クランベリー粉末 210mg エキナシア パープレア粉末 105mg オレゴングレープの根粉末 34mg アスコルビン酸カルシウム 34mg フレイバーその他 1,117mg, おやつとしてではないですが、獣医推奨, 療法食として販売されているイヌ・ネコ用栄養補助食品。尿を酸性に保つ機能を持つクランベリーをメインに使った粉末です。, これをいつものご飯にふりかけることで、尿が酸性に保てる、実際に改善があったという口コミもあります。チキンレバーの香りで食欲を刺激します。, ストルバイト結石などの尿疾患は、猫にとって非常によくある病気であり、一度なってしまうと再発する可能性も。もう治ったからと言って、安易に前と同じおやつをあげていたら、再発してしまう可能性があります。, 基本的にはおやつはNG。療養食でまずはしっかり治す。この姿勢は忘れないようにしましょう。, まずは獣医さんの指示に従い、愛猫の健康を第一に考えるようにしましょうね。是非、参考にしてみて下さい!, 管理人イチオシのキャットフードです。 猫になりたい~猫☆パラダイス~ , 2016 All Rights Reserved. インスリン治療をしていると、猫も人間にも起こるソモギー効果があるのですが、今回はそれを抑え込んで血糖値を出来る限り平坦に保つための考え方と、... 猫エイズと白血病の検査をしてきました。かかりつけだった病院では、人間にうつらないし外飼いや多頭飼いではないので検査の必要は無いと言われました... 人間が低血糖になると頭痛がしたりめまいや吐き気がしてくるので、横になったり食べ物を食べて血糖値を上げたりと自分で対処できますが、犬も猫もイン... ペットシーツで安心なのは、ユニ・チャームのデオシートですが、お高いですよね。うちの猫は多飲多尿なので変えようがなく使っていますが、預かってい... インスリンの劣化によって血糖値をコントロールし難くなるとインスリンを交換していましたが、今回は劣化インスリンでコントロールができるのか試して... 瀕死の状態から4年が経ち、安定していた猫の血糖値が上がりました。猫はストレスがある時や動物病院に来ただけでも血糖値が上がります。なので、糖尿... 猫の糖尿病の療養食は種類が限られているので飽きてきます。食べなくなった時は無理に療養食を続けなくても、成分に気を付けて与えれば大丈夫です。 ... 猫が糖尿病と診断されると、療養食で済まないほど血糖値が高い場合はインスリン注射を打つことになります。そうなると治療費は月3~4万円掛かるとこ... 先日までは、ソモギー効果に依る血糖値上昇の対策をしましたが、今回はまた新たな疑問と判った事があったので、フルクトサミンが下がらない、または血... 猫の糖尿病用のインスリンが日本でも発売されました。海外臨床試験では効果が高いとされています。獣医師や使い始めた人のウェブサイトから情報収集し... うちの猫は6年前に尿路結石になりました。手術で粉砕して詰った石は取りましたが、残っているものもあり、また詰まると言われたのですが、その後はず... 今、動物も人もインスリンの作用不足となる2型糖尿病が増えていて、専門家がその原因を探ると、人のマグネシウム摂取量が不足気味になり出した年から... ご感想、ご報告コメントは大歓迎です☆ 【獣医師監修】尿路結石には、「ストルバイト」と「シュウ酸カルシウム」の2つがあります。尿路結石は、腎臓から尿管、膀胱、尿道の中に結晶や結石ができる病気で、膀胱や尿道を傷つけたり、尿道に詰まったりします。猫下部尿路疾患(flutd)の代表的な病気の一つです。 スポンサーリンク 猫になりたい管理人が、猫との暮らし方を教えます。かわいい猫動画とともに癒されましょう!, 2016/04/22 ©Copyright2020 キャットフードの達人.All Rights Reserved. 猫に尿が出ない等の症状が現れた場合、まず最初に疑う病気が尿路結石(尿道結石)であり、一刻も早くにお医者さんに診てもらう必要があります。, 治療方法としては、一般的には結石を溶かす薬を飲ませたり、結石が尿道に詰まっている場合であれば尿道へカテーテルと呼ばれる細い管を通し、尿やストルバイト・シュウ酸カルシウムを排出します。, 我が家の猫もそうだったのですが、尿道結石によって尿閉塞になると、膀胱炎を併発する場合も多くなります。その場合は、尿を排出した後に膀胱を洗浄したり、抗生剤を注射したりして、膀胱炎の治療と再発の予防も行います。, しかし、膀胱や腎臓に見られる結石が大きくなりすぎた場合は、手術によって摘出することとなり、猫にとっては体に大きな負担がかかることになってしまいます。, 我が家の猫の場合は、1度目も2度目も同じような処置を施してくれましたが、以下では2度目の治療の様子についてお話したいと思います。, まず、カテーテルを挿入して注射器で尿を排出します。2度、3度と尿を排出するのですが、銀色のトレイの中にたっぷりと、非常に濃度の高い尿が排出されていました。後で試験管に入れたものを見せてもらったのですが、結晶と思われる砂のようなものが、キラキラと光って見えていました。, うちの猫の場合は、尿のphがアルカリ性に傾いたために、ストラバイト結晶が大量に見られたようです。, 尿を排出して洗浄も行った後は、背中付近から点滴と抗生物質の注射を行いました。点滴をしたのは、猫の血液検査で脱水症状も見られたためです。確かに、病院へ連れて行く前の日から、水をまったく飲まなくなっていました。水が飲めない程苦しかったんだと思います。, 抗生剤については、猫が膀胱炎を併発していたために、その治療目的と再発防止のために打ったそうです。効果が約2週間持続するそうで、その間に膀胱炎も治るとのことでした。, ちなみに、猫が膀胱炎となっていると、トイレの尿からなにやら酸っぱいような、嫌な匂いがします。表現が難しいのですが、濡れた雑巾を放置したような臭いです。これも、膀胱炎の際に見られる症状らしく、尿に雑菌が混ざってしまうことからそのような臭いを発するそうです。, また、1度目と2度目の治療後に、毎日の食事として療法食を勧められました。今思えば、1度目の治療の後、途中で市販のカリカリに戻してしまったのが、2度目の再発につながってしまったのだと後悔しています。, 私が診てもらった獣医さんでは、初回の治療費は合計で1万円程でした。そこに療法食を購入した分の4500円が加わり、合計で1.5万程の治療費となります。, また、症状が完全に治まるまで、その後3回程通院しています。2度目の通院は二日後で、再びカテーテルを通して排尿作業を行い、点滴もしてもらいました。これで約3000円程です。, 3度目の通院はそれからまた二日後。再度カテーテルを通して排尿を行いますが、この時に採取した尿からは、ストラバイト結晶は見られなくなっていました。点滴も打ってもらい、この時も約3000円程でした。, 他にも、結石を溶かす薬、精神安定剤(神経質な猫の場合は処方されるようです)や膀胱の動きを活発にする薬も処方してもらい、最終的には2.5万程度の治療費となりました。, 私が通院していた獣医さんの価格設定は良心的な方だと思うのですが、おそらく他の獣医さんでも似たような治療費になると思います。しかし、ここに入院や手術が加われば、家計にかかる負担は大きなものとなってしまいます。, うちの猫の場合は、幸いにも発見が早かったために入院する程、重たい状態ではありませんでした。念のため入院するという方法も提案されましたが、尿道結石になってしまったその猫は非常に臆病で神経質な面があり、環境の変化によるストレスが懸念されたことから、自宅療養という形を選択。その後、無事全回復することができました。, しかし、尿道結石と診断され、すでに尿毒症の症状が現れている場合は、入院が必要になるとのこと。入院中の治療法としては、尿道にカテーテルを通し、点滴を行うことで体の中の毒素を常に排出させる方法をとるそうです。そうしなければ、尿毒症によって1~2日のうちに息を引き取ってしまうそうです。それ程、尿毒症という状態は恐ろしいのです。, しかし、症状の重さから入院が必要であるのに、入院させないで持ち帰るという人も多いそうです。各家庭の家計の状況によっては、入院費にかかる費用が払えないという場合もあるでしょう・・・。でも、尿毒症となっている状態の猫は非常に危険な状態になっていることが多く、入院させなければそのまま息を引き取ってしまうという場合も多いそうです。, また、尿閉塞によって運び込まれた猫の中には、すでに手遅れの状態となっている場合も多く、入院しても息を引き取ってしまう猫も多いんだそうです。, 猫の症状にもよりますが、血液検査の結果が悪かったり、明らかに危険と思われる場合は、入院が必要になると思います。, しかし、症状が重たい場合は、先ほども書いたように入院しても息を引き取ってしまう症例が多いということで、それだけ、尿路結石は普段からの予防に気をつける必要の高い病気であるともいえそうです。, 最近では、人間と同様に自己負担を軽減することができるペット保険も徐々に認知され始めています。ペット保険に加入しておけば、万一の場合でも家計の負担をぐっと減らすことが可能になります。治療や入院をあきらめるのではなく、こういったペット専用の保険に加入して、有事に備えるようにしてください。, 猫の尿路結石の治療は、「一刻も早く獣医に診て貰う」ということが何よりも重要です。日を置けばそれだけ予後が悪くなると考えてください。「暫く様子を見てみよう・・・」と悠長なことを言っているうちに症状が一気に悪化し、最悪の場合命を落としてしまうことにもつながりかねません。, そして、大切な家族に苦しい思いをさせないためにも、日々の予防が非常に大切です。運動不足や食べ過ぎによる肥満、多頭飼育によるストレス、体質(遺伝)、そして、病気に強い子・弱い子等、尿路結石に罹患してしまう要因はたくさんあります。, それらの要因の中で、飼い主が特に気をつけなければいけないのが「食」の部分です。ここだけは、私たち人間が完全にコントロールできる要因でもあります。, 猫の尿路結石は、この「食」が罹患の原因となることが多いと言われています。詳しくは次ページの猫の尿路結石は予防が何よりも大切!で説明していますので、是非こちらも一読ください。, 前の記事:猫が尿路結石になる原因は?|次の記事:猫の尿路結石は予防が何よりも大切!, 3匹の猫(オス2匹、メス1匹)と犬1匹、金魚4匹、メダカ多数を養いつつ、椎間板ヘルニアのリハビリに励んでいるとあるWEB屋のブログです。 私の友人の猫の話です。6歳のオス猫。2年程前に、尿路結石を患い血尿が出てしまいました。動物病院で治療を受けて、病気自体は無事完治。今現在は、獣医の指示にしたがって、phコントロール用の療法食を食べさせています。幸い症状も再発せず、元気に過ご 猫の尿路結石を予防するには高たんぱくなキャットフードがおすすめです。ここではそんな高たんぱくなおすすめキャットフードをご紹介していきます。フードだけでなく普段の生活(水分摂取量)も気をつけてあげましょうね。 尿路結石症(尿石症)を引き起こす代表的な結石は、「ストルバイト結石」と「シュウ酸カルシウム結石」の2種類 で、ストルバイト結石は1歳から6歳の成猫期、シュウ酸カルシウム結石は7歳から11歳のシニア期の猫に発生しやすいことが明らかになっています。 うちでは震災対策も兼ねてペットシーツを多めに買っていますが、今回は使い慣れたものが品切れだったので、口コミを見てKPGのペットシーツを買って... 猫のインスリンは牛の構造と似ているので牛由来のインスリン製剤を使う事で安定した作用があり、インスリン離脱を目指す治療ができていたのですが、日... 犬の糖尿病の原因は人と同じくインスリン依存型のⅠ型糖尿病が多いのですが、猫の糖尿病の原因は生活習慣により発症するⅡ型糖尿病が多いため治る場合... 犬のカットはトリミングサロンにお願いしていましたが、バリカンを買って自宅でカットするようになり、嫌がる犬もおとなしくカットさせてくれるように... 先日、フィラリアの薬を貰ってきたけれど、犬はどうやって飲ませるのか久しぶりなので戸惑いました。だけど美味しいもののお団子にしてみたら、警戒心... 犬が不快で嫌いになっていく現実にホ・オポノポノすると色々とでてきました。潜在意識に刷り込まれたものはループし続け、傷は浮き彫りになりました。... 猫の糖尿病は、インスリンが効かなかったり突然インスリンが出はじめて注射が必要無くなったり、インスリンの作用が判断できない時があります。そんな... 春先から犬の狂犬病予防接種やフィラリア予防の時期になり、うちでは6月が混合ワクチン接種なので今月もまた動物病院へ行ってきました。, 猫が膀胱炎になった時の症状と、尿路結石で尿が詰まってしまった時の症状はとてもよく似ています。. たくさんのペットの保険がありますが、年齢が上がっても保険料の値上がり幅が緩やかだったので選びました。 猫の尿路結石という病気。人間でも耳にする病気ですのでご存じの方も多いかと思います。, 猫ちゃんの場合、尿路結石はFLUTD(猫下部尿路疾患)に含まれます。一般的に、尿道が長いオス猫の方が発症しやすいと言われています。しかし、メス猫も一切発症しないというわけではありません。, 実は、結石対策のフードが一般販売されている程、猫ちゃんにとって尿路結石は身近な病気なのです。, では、猫ちゃんが尿路結石になった場合、どのような症状があるのか、そしてどのような対策方法があるのか。, わが家の猫ちゃんが結石を発症し奮闘した体験談もあわせて、詳しくご説明していきますね。, 一概に尿路結石と言えども、その症状は進行具合によって変わってきます。主な症状は以下のようなものがあります。, おしっこをできないままそのままにしておくと、尿毒症などの病気になってしまい、最悪の場合は命に関わる危険性があります。, また、オス猫の場合はメス猫に比べて尿路が狭く、結石が詰まりやすいので気をつけてあげてください。, 尿のph値はとても大切なもので、上がりすぎるとストルバイト結石に、下がりすぎるとシュウ酸カルシウムが生成されてしまうという厄介なものです。, 今は自宅でph値を測定できるようなキットも販売されているので、ご自宅の猫ちゃんの様子を見ながら調整してあげてくださいね。, ほとんどの場合、食事療法が主に行われます。薬を使って石を溶かす等の処置も施されます。, その他にカテーテル等を挿入しおしっこを出させてあげる、等の処置も施されます。石が完全に詰まってしまっている場合は手術や入院等が必要になる事もあります。, 一度尿路結石になった場合、獣医さんから食事を変え療法食を与えるよう指導されるかと思います。食事を変えてph値を通常値に戻してあげることで体内の石も溶けるからです。, FLUTD(猫下部尿路疾患)対応キャットフードがたくさん増えてきました。尿路結石は猫にとって非常に身近な病気です。ほとんどの場合、食べ物由来の原因ですので飼い主としても気をつかっていきたいですよね。, 我が家には「ストルバイト結石」を発症した猫が2匹います。1匹目の時は、おしっこが完全に詰まってしまい、痛みのためうずくまったまま、身体を触ろうとすると怒るような状態でした。, それに気がついたのは夜の11時頃で、近隣には深夜救急に対応した動物病院はありませんでしたが、片っ端から電話をかけていったところ、たまたま入院中の他の動物の様子を見ていた動物病院の先生に診て頂けることになりました。, おしっこを出せなかったためおなかがパンパンに膨れ上がっている猫をキャリーに入れました。診察ではストルバイト結石による尿路結石で、動物病院が診察を開始する翌日朝まで待っていれば命はなかったという診断でした。, 以後はストルバイト結石対応の療法食を与えていたのですが、今ほど療法食が充実していない時代でしたのでなかなか食べてくれず困ったことを覚えています。, 1匹目のことがあったので迅速に動かねばと思いすぐに動物病院へ連れて行ったところ、小さな結石が出来ていて、それが尿路を傷つけているため血尿がでているとのことでした。, 対応が早かったので飲み薬の投与と食事療法で改善されました。どちらの猫もオス猫で、1匹目は3才頃、2匹目は6才頃の発症でした。, その他にももう1匹オス猫がいたのですが、同じ食生活でもそちらの猫は尿路結石等の病気はありませんでしたので、猫の体質もあるのでしょうね。, たくさん発売されているFLUTD(猫下部尿路疾患)対応キャットフードですが、そのほとんどは「ストルバイト結石」対応食で、「シュウ酸カルシウム」に対応したフードはそう多くありません。, しかし、そのふたつのどちらにも対応しているフードも発売されていますので、日々の食事に気を遣ってあげることで尿路結石を防ぐことができます。, もしも猫ちゃんがトイレ前でいつもと違う行動をしていたり、血尿を出していたりするような場合はすぐに動物病院へ連れていってあげてくださいね。費用面の不安もあると思いますが、対応がはやければ食事療法のみで済むことも多いので、費用面の負担も軽減されます。, 昨夜病院に緊急に行きましたフードもらいましたが、食べませんので心配です。つまる手前だから薬をくれなかったなやのでしょうか?水も飲まないのでお腹空いたら食べてくれるのかな?, ©