ぷるのすけ 2013年8月13日 at 08:33. しかし、下半身麻痺の大型犬を毎日病院に連れていくのはやはり大変で、病院の先生から薦められて自宅で点滴を続けています。 そこで、自宅での皮下輸液の方法を紹介したいと思います。 1. 腎臓病の治療として皮下輸液(皮下点滴)を毎日するようになりました。 冬の寒い日などは、使用前にパックごとお湯に浸して温めてから使うと良いです。, このとき、輸液チューブの口部分を触らないよう気をつけます。 スムーズに落ちるようになることがあります。 犬の点滴をご存知ですか?犬の点滴は人間と同じ静脈点滴ではなく皮下点滴が多いです。自宅で行うこともある皮下点滴ですが、飼い主の方はやり方やコツが気になりますよね。この記事では犬の皮下点滴について、点滴の種類や違い、やり方やコツ、注意点を詳しく解説します。 スムーズにいけば、500mlの輸液も10分~15分程度で終了です。, 輸液が全て入ったら、ストッパーで輸液を止めてから、針を抜きます。 ララが下半身麻痺になってから、尿素窒素(BUN)とクレアチニン(CRE)の数値が急激に悪化し、 しかし、下半身麻痺の大型犬を毎日病院に連れていくのはやはり大変で、病院の先生から薦められて自宅で点滴を続けています。, 大型犬(ラブラドール・レトリバー)なので、500ml一パック全部を一回に入れていきます。 愛猫や愛犬が腎不全になってしまった時、切っても切り離せないのが「皮下点滴」。私の愛猫も2匹が腎不全をわずらい、そのうち1匹は自宅で皮下点滴を行って半年ほどになります。 りゃんちゃん、皮下点滴すごいです。 私はできるかなあ? でも自宅で出来るとなにかと助かりますよね。 また、大量の輸液を一度に入れるため、体温が低下し犬が寒がることがあります。 もし触ってしまったら、アルコール綿で消毒します。 まず、「逃げられないように高い場所」 ・・・針を持ちながら 逃げようとする犬を抑えるのは至難の業。 犬も必死で抵抗します。 犬の点滴を自宅でする時は加圧バッグがあると捗ります. 犬の皮下気腫。皮下点滴に空気が入ったら…?の巻. 針を抜いたところから輸液が漏れたり出血することがあるので、1分くらいコットンで押さえておきます。. 犬の腎不全の点滴は効果抜群&水分補給について考え中。 もし自宅で挑戦してみて、ちょっと無理かも…と思ったら迷わず病院に行くこと。 次回の使用時にその場で付け替えるようにします。, 輸液チューブのポンプを数回ほど押して、輸液がポンプ内に半分程度溜まるようにします。, そして、輸液パックはS字フックなどを利用して、ドアの上など高いところに吊るします。, 針を刺す部分の皮膚は、アルコール綿で消毒しておきます。 輸液チューブも針も、接合部分が汚れないよう、使用後は抜かずにそのままにしておき、 針穴は必ず上を向くようにして…, 背中の皮をつまんで三角のテントを作り、45度の角度で針を刺し、針全部が入るまで差し込みます。, 輸液の落ちが悪い場合は、背中に刺した針先の向きを変えると、 皮下点滴の場所はいろんなところで試しました。 基本的に補ていなしで一人でできるようになることが目標. 『点滴のデメリット』 *時間がかかる。 静脈からの点滴の場合、最低でも 1日~程度は預ける必要があります。 (皮下点滴の場合は数分で終わります) *犬へのストレス.