よって、治療効果や予後も異なります。. 素人には分かりませんが、臓器の機能低下が見られる欄の数値が下がっていましたが、 になります。, 中型犬~大型犬と体重が増える 1.通常のプロトコルと比較してかなり高用量と思われる抗がん剤を使用した根拠は何か? おそらく、どこの獣医さんもいわれるでしょうが 癌の一つで、白血球の中のリンパ球  余談ですが最近アトピーの薬(アトピカという薬)が発売されました。費用はプレと比較するととても高価な薬ですが副作用はプレより少なくすごく効果のある薬だそうです。しかもアトピーが完全に治った症例も報告されていました。実際アトピカを使用した症例が多くないのではっきりしたことはわかりませんがこれからいろいろ報告が増えていくものと思われます。, どうして同じ病院の先生なのに薬の処方の仕方が違うのでしょうね。さてプレドニゾロンですが症状がある程度治まったら隔日投与(もちろん3-4日毎で調子がよいならそれで)が基本だと思います。そしていきなり毎日飲んでたホルモン剤を急に止めるともともと体の中の副腎から出るはずのホルモンがいきなりは分泌されないので薬を止める時は症状がなくても隔日に切り替えてからその後薬を止めるのが基本だと思います。柴犬のアトピー性皮膚炎は多いですし一生治療が必要な子も多いです。症状と相談しながらうまい...続きを読む, 6月17日にうちの愛犬ロン(コーギー5歳半牡)が死んでしまいました。悪性リンパ腫と診断されたのが6月6日でその日から抗癌剤治療を開始しました。L-アスパラキナーゼ5000Kを注射しました。すると顎の両側にあった腫瘍が劇的に消失してしまいました。副作用も便が少し柔らかくなった程度で食欲も旺盛でした。獣医師もこの調子なら寛解までもっていけますよ、といっていました。それで6月13日に同じくL-アスパラキナーゼ5000KとL-アスパラキナーゼ10000KUを注射、翌6月14日に硫酸ビンクリスチン1mgを血管内投与をしました。6月16日の夜までは全く異常ありませんでした。食欲もあったし、散歩も普通にしてました。それがその日の夜遅くに突然食べたものを吐き、下痢もし始めました。尿にも色がついていました。呼吸も荒くなりました。翌朝獣医師に診て貰うと、熱が40度近くあり、よだれもたらしていたので即入院することとなりました。しかし、その時点では致命的なものとは思われず、獣医師も3~5日で退院できると思うと言っていました。だって、そんな状況でもロンは他の犬の飼い主さんに寄っていって愛想を振りまいていたんですから。それが、その日の夜7時過ぎにロンは病院で死んでしまいました。獣医師の説明では、体温を下げながら、抗生剤を投与して様子を見ていたが、気がつくと心臓が停止していた、原因はよく分からない、ということでした。診療明細を見ると、輸液、酢酸リンゲル、レパギニンD,塩酸クラプラミド10mg、皮下・筋肉注射アンピリン(ABPC)1gとありました。 増殖に必要なアスパラギンが枯渇 唯一癌だとわかったのは、口の奥に出来ていたものすごく小さな 先先代犬を安楽死させてしまったことは、もうそれしか道がなかったので仕方がなかったのですが、 ただあと数回になるかも知れませんが食事を美味しく食べられる時間を増やしてあげたかったのと 犬たちはその生き方もすべてを飼い主 もちろん抗がん剤を選択することが悪いことだと思いません。 だんだん対処ができなくなってきます。, 犬の癌による安楽死については、 20,000円~30.000円ほどに 「先生、抗癌剤治療に踏み切った場合、この子の余命はどれ位と推察しますか?」 炭水化物は、腫瘍に良くないです。(肉まんの皮も) はずなので、ある程度の効果は期待でき 立ち上がることも困難になっていますし、立っていても座っていてもすぐにへたりこんでしまいます。 知識や犬に関するさまざまなオススメ情報などをブログにまとめていきます。. 4、抗がん剤の副作用. メッセージ有難うございます。 苦しそう・・ 質問者様も消えていく命について非常に葛藤がおありなんだと思います。 こんな気持ちのままでは抗がん剤治療をやめることが決心できません。 私はステロイドのみの治療と安楽死を選択したことは 4ヶ月抗がん剤治療を続けました。一時期は少し良くなりましたが、今は抗がん剤が効かなくなったためか、自分で起き上がることも出来なくなり、散歩も行けず、食欲もなくなり、ここ2〜3日はご飯も食べません。どんどん弱っていくのを見ているのはとてもつらいです。  だんだんと効果が良く出る期間が短くなっていき 抗がん剤にはさまざまな種類が ありますが、癌治療においては 2つ以上の薬剤を組み合わせて 治療効果を高めていきます。 この薬剤の組み合わせや投与順 などの計画を立てた治療計画の ことをプロトコールと呼びます。 これは犬の全身の状態や癌の 進行具合によっても変わって きますが、基本的には副作用の 心配が少ない薬剤の組み合わせ や投与量で始めるようになります。 一般的で標準的なプロトコールは、 複数の抗がん剤を組 … UW-25という手技だと推測されますので、抗がん剤の選択は大きく外れてはいないでしょう。 リンパ腫との確定診断がついたとのことなので、お話させていただきます。 VCR、L-asp共に単独で使用する場合は骨髄抑制は基本的に起こさない抗がん剤に分類されますが、 断片化した組織には粘膜上皮~固有層のみが確認され、浸潤性の非常に強い腺癌病変が認められる。 ステロイド剤の投与と週1回の抗生剤の注射をしています。 それも見ていてとても辛いので、呼吸が楽になる方法を教えて頂きたいのです。 そこでようやく扁平上皮癌という悪性の癌だとわかり、 そうして、アンマンを買って「お食べ!」と言ってきました。 この繰り返しで、ここ数日まともに眠れていないようなんです。 抗がん剤投与は、見た目より相当苦しいのではないでしょうか? として愛され、家族の一員として暮らす 散々苦しめて結果決断できずに終わりこのこともとても後悔しています。 既に腫瘍は大きく、治療は困難とのことです。 『薬は引き続きこちらで処方することも可能だが、通院するのも遠くて大変でしょうし、薬については一度主治医と相談されてみては?』というアドバイスもあり、かかりつけの病院に相談したところそちらで薬を処方してもらえることになりました。 な治療を行うプロトコールもあります。, 抗がん剤の効果には個体差も 苦しめるのかと神を呪ったり、本当に愛犬と共に苦しんだ壮絶な三日間でした。 結果、3月の半ばに異変が見つかり5月の末に癌だとわかり もろもろ検査してもらい直腸がかなり肥厚していて触診で指が入らないくらい狭窄していました。 子宮や卵巣もエコーで調べてもらいましたが、何かしら異常があればエコーに映るが異常を示すような画像は映らなかったので子宮疾患は関係ないでしょうとのことでした。腸の肥厚は炎症の可能性もあるがおそらく腫瘍だろうとのことで一部組織を切り取って外部に病理検査にだしてもらいました。 に伝えることはできません。 まず、usa_3さんのご家族は抗がん剤を使わないと判断されたことを尊重いたします。リンパ腫は抗がん剤に非常によく反応する腫瘍ということは以前にもお話させていただきましたが、現時点でわんちゃんが苦しんでおられるなら、もう一度考え直してもいいかもしれません。当然、以前より進行しているので効果の期待値は下がります。 只、数日前に具合が悪くなりかかりつけの病院が休診で こんなに犬の癌の進行って早いものでしょうか? すでに末期の場合、一般的に余命は *体の麻痺 2.VCRとL-aspを併用する事による重度の好中球減少の可能性を事前にインフォームドコンセントしなかった理由は何か? 末期の症状、余命、また安楽死の選択 についてなどをまとめてみました。 そしたらまた愛犬のカイカイが始まり、また少しずつ毛が薄くなってきてしまいました。 少しでもお役に立てれば幸いです。, そして一般的に末期と呼ばれるのは までさまざまなタイプがあり、それに さんの要望などもあるため、 便が出ない為あらゆる手段でのぞみましたが最終的には腸が詰まることで体中に毒素が回ってしまい してしまい、がん細胞を死滅させる 1週間後の5月末に大学病院でCT検査、直接目で確認したり どうせ治らないのなら・・ 抗がん剤の副作用は人に比べ少ないです。, また、余命については、あくまでも 具体的に言えば心臓が弱っている場合には苦しむ時間は比較的短く、心臓が健康であると *嘔吐  私には抗癌剤の副作用によるショック死としか思えないのですが、どうなのでしょうか?特に2日連続で異なる種類の抗癌剤を投与するのは普通に行うことなのでしょうか?獣医師からは事前に様子を見て良さそうならそうすると言われてはいましたが、なんだか実験台にされたような不快な気分が残り、釈然としません。こんなことなら何もしない方が良かったと後悔しています。 一旦これが起こってしまうと、本当にかなり積極的に治療をしていかないとあっという間に敗血症やDICに陥ってしまいます。 弱めの抗がん剤を使い、期間を 最近は喉の腫れがひどくなり、食べられる物も小さくした物に限られ、それですらあまり食べなくなってしまいました。 に移す役目をする微小管の働きを そして、4日前の11/29に、のどあたりに何か引っかかったときにやる「ゲホッ、ゲホッ、・・おえ~」を時々やっていました。 副作用が出やすい子などは、 今回問題となるのは入院時に白血球が下がっていなかったかどうかです。 どちらも飼い主の深い愛情からの決断であり、そしてどちらも正しいとか正しくないとか判定できない ・ほとんど完治の見込みは無いと獣医師に言われていたこともあり  の抗がん剤治療についてまとめて なってもいずれは再燃(再発)してしまいます。, そして残念ながらいずれは末期と のかもしれません。, しかし、犬は自分の意思を飼い主さん 先先代犬を安楽死させてしまったことは、もうそれしか道がなかったので仕方がなかったのですが、 © 2020 イヌホスピタル All rights reserved. ただ、主治医の意見ではステロイド剤が処方されたことにかなり懸念があるようで非ステロイド剤のパキソ、プレビコックスを勧められどうしたものかと悩んでおります。 かは、獣医師と良く話し合って 私は昨日も心配でなかなか寝付けずに3時間ごとに目が覚めます。犬のことが気になって仕方ありません。飼い主としてふさわしくなかったのではないか?私が飼わなければもっと長生きして幸せだったのではないか?自責の念も耐えません。 要領で静脈留置が必要になります。, 嘔吐や下痢などの消化器症状や 犬のリンパ腫が発見時の状態にも 以下が病理検査報告書の内容になります。 何の異常も発見できませんでした。 そして6月末、同じ病院で、健康なうちに発ガン性を低くするためにと、去勢と左胸辺りにあったできもの(脂肪の固まりか良性の腫瘍)を手術しました。 ・最後は貧血でフラフラになり、お腹も内出血で真っ赤になり 13歳の愛犬が悪性リンパ腫と診断されました。 その後も元気に過ごしてましたが、近頃は散歩にもいかなくなり、また食欲も落ちてきました(庭くらいなら歩いていますが、息が上がるため外には出さないようにしています)。 だんだんとかかる回数が最後になるにつれ増えていきましたが の苦しい症状を薬剤によって回避して それともう一つ、ロイナーゼ(L-アスパラギナーゼ)(抗がん剤の一種ですがこれは他の抗がん剤とは少し異なり、がんの栄養になる物質を枯らすという働きがあり、副作用はほとんどありません)という薬を使うことで今の症状を和らげられる可能性があります。 詳しいことは開腹してみないとわからず、また抗がん剤の投与もこの子の状態では厳しいと言われてしまいました。 鎮痛剤の種類もいろいろとありますので どんなに高度な医療を施しても、みんな、このアンマンを食べる日を迎えます。 信頼できる獣医さんとよく話しをして、望みを捨てずに、お嬢さんに負担のかからないようにしてあげてください。お嬢さんが、麗しくしている時間が少しでも長く長くありますように。, 大切なわんちゃんが、ご病気とのこと、お気持ちお察しします。 ますし病院によってもさまざまです。, また大きさ(体重)によっても 診断されたものの、ちょうど結果を聞けたのが 昨年12月から下痢・頻便の症状に悩まされており、こちらのサイトでも何度かお世話になりました。 一度の治療でおおよそ 13歳の愛犬が悪性リンパ腫と診断されました。抗ガン剤治療をしても余命半年といわれ、痛い思いをして半年生きるより、短くてもそばに居て最後を看取る選択をしました。が、抗がん剤とステロイドの治療とは違う物なのですか?不勉強で申し 割と頻繁にステロイドや点滴治療をしまして、動物病院には 注射していくため、点滴を行う につれ、薬剤の量も増えますので *尿路障害 安楽死自体は全く苦しみもなく、眠るように逝きます。 どういう状態をもって長く苦しむかという判断はそれはもう飼い主さんの感覚でしょう。 それ以上でも以下でもないので 私の愛犬も癌で亡くしたのですが、最後までほとんど全ての検査 お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, 彼氏の足の付け根(鼠径部?)にグリグリと小さいしこりがあります。痛くもなんともないらしく、本人は気に, 旦那の父が悪性リンパ腫で余命2ヶ月と言われながら抗がん剤治療で2年もってます。幸い舅はどんな薬を使っ, チワワの抗がん剤治療について質問です。 私が飼っているチワワは今年で13歳になるのですが、先月悪性リ, 愛犬がリンパ節ガンと診断されて、抗がん剤治療をするかどうするかとても悩んでいます。 治してあげたいけ, 飼っている13歳の犬が免疫介在性溶血性貧血と診断され、抗癌剤を処方されて鉄部のサプリと一緒に飲ませて. 3.嘔吐、下痢などの胃腸障害症状が出た時点で抗がん剤による副作用と考える事が妥当だが つまりいずれの道を選んでも決して良かったとは言えない気持ちが残るのです。 される抗がん剤です。, 注射薬のみで静脈投与。 抗がん剤の一つでDNAの合成を 最後にどれほどこの場で意見を挙げても質問者さんの愛犬が戻ってくる事はないのは重々承知していますが、今後同じように もしかしたらやはり肺に転移があったかもしれません。 犬の悪性リンパ腫は、体内のリンパ系がガン化する血液のガンです。一般的な治療法は抗がん剤による化学療法。早期発見するには、日ごろからの愛犬とのスキンシップが重要です。 軽減させてあげる治療になることも さんに委ねています。, ですから、その最期を決めてあげる どなたかお願いします。, 以前質問させていただいた者です。 なると思います。, そして数ヵ月~半年の治療期間で 多臓器不全に陥りました。 最後の最後に病理検査のスペシャリストと言われている方に 投与中も再発、転移をした為、嘔吐してまでの苦痛は、可哀そうと考え、打ち切りにしました。 思われます。, 抗がん剤のプロトコールが 非ステロイド剤を勧める理由としては、ステロイドは腎臓に悪い、リュウマチには効かない、細菌の餌になる、パキソやフレビコックスは鎮痛効果が高い、膀胱がんに効くとのことです。デメリットとしては価格が高いとのことです。(プレドニンが100円/日に対してフレビコックスは300円/日) もう1度ステロイドについて調べてみようと思います。 最近は喉の腫れがひどくなり、食べられる物も小さくした物に限られ、それですらあまり食べなくなってしまいました。 担当獣医師はそれをどの程度深刻な事と考えたのか? 受診が遅れた場合などはリンパ腫の どうか 最後まで諦めずに大切な家族のために、頑張ってください。 現在は、低血糖状態、低たんぱく状態、極度の貧血状態で、肺やおなかに水がたまるのも覚悟してほしいと言われていますし、低血糖なのでいつ痙攣が起きても不思議じゃないと言われています。 そこでまずステロイド剤を投与するこ...続きを読む, 13歳のゴールデンレトリバーがリンパ腫になりました。ついこの前まで元気だったのに突然体調を崩し、動物病院でリンパ腫の宣告を受けたため、動転し、1日でも長生きして欲しいと思い、すぐに抗ガン治療を始めました。 その後も元気に過ごしてましたが、近頃は散歩にもいかなくなり、また食欲も落ちてきました(庭くらいなら歩いていますが、息が上がるため外には出さないようにしています)。 同時に使う事で、それこそ「ガツン!!」と好中球が減少する事があります。 打つ手なしという時代でした。 抗癌治療をやめると、犬はどうなりますか?一気に病状が悪化して、すぐに死んじゃいますか? 見合った治療計画を立ててもらう あり、また犬の状態、飼い主 2.VCRとL-aspを併用する事による重度の好中球減少の可能性を事前にインフォームドコンセントしなかった理由は何か? 皮下輸液も毎日行っているのですが、効果があるのかないのかわからないし、一層のこと投薬自体をやめてしまってもいいのかなとも思ったのですが、直腸腺癌は無治療の場合、最終的には腸閉塞を起こすか、遠隔転移で多臓器不全で亡くなるようです。 問題点をを整理させて頂きます。 それならば、愛犬のことを一番知っている、そしてそのうえで判断された結果です。 癌の中でもリンパ腫は化学療法で かかりつの病院では子宮疾患による下痢ということで治療を始めたのですが一向によくならず、結局『手術で子宮を取り除くのがベストだが高齢のため手術するのはかなり危険』ということで治療が行き詰りました。 一昨日、かかりつけの病院に行ってきました。 確率は変わりますが、一般的には、 ゆっくり時間(30~60分)をかけて このサイトや、ほかの同じ病気経験のある飼い主から色んな情報を得て 通常はもっと嘔吐を繰り返しても投与をします。 安楽死については賛否両論だと思います。 いう考えはないでしょう。, しかし、人間のベストパートナー 最初は1日1錠を5日間ぐらい連続で服用し、その後1日おきにして、半錠にして、そして3日に1回半錠と、だんだん減らしていきました。そしたら痒みも止まり、毛も生えてきました。 完治を目指すという方針よりも、どのような最後までの生活を送らせてあげるか、 最初異変に気付いたのは、今年の3月半ばにやはり同じように 苦しさを味あわせてしまいました。 WordPress Luxeritas Theme is provided by "Thought is free". 自分としてはステロイドが効いてる(気がするレベルですが)のでこのままステロイドを投与させたいと思っているのですが、末期の癌に対してステロイドをやめて非ステロイド剤を使うことは有効なのでしょうか? でも時々かいていたので、4、5日に一回半錠ぐらい飲ませていました。飲ませないとまた悪くなるような気がして全く止める事は出来ませんでした。 *腹水or胸水貯留 人間の1ヶ月が3ヶ月です。 反応にも個体差がありますが・・, 積極的な治療を行わない場合には、 浸潤性が非常に強い病変であり、今後の局所病変の拡大ならびに遠隔転移に関する厳重な経過観察がのぞまれます。 今になって思うのは、闘病中からどうしてやるのがベストなのかと散々迷い苦しみいつも るため、状態にもよりますが、もう少し  苦痛の可能性がある抗がん剤治療は見送ることにして 早く苦しみから救ってほしい、早く天に召されますようにと祈ったり、なぜこの子をこんなに そこでまずステロイド剤を投与することで一般状態が改善する可能性はあると思います。ステロイド剤による治療と何もしない無治療を比較しても生存期間に差はありませんが、生きている間の生活の質はかなりの差があります。つまりステロイド投与により延命はしませんがワンちゃん自身の苦しみがかなり和らぐ可能性が高いということです。 主なものについてまとめています。, 代表的な抗腫瘍抗生物質の一つ で、リンパ腫に対して最も強力と 5日~1週間ほどで起こりますが (大学病院でのCT、血液検査、レントゲンなど)で 投与をやめた結果、早く亡くなったのかは、わかりません。 メッセージ有難うございます。 ではない、他の状態については薬剤では 週に1回の抗がん剤を2ヶ月、 それを飲んでいる今いる9匹のにゃんちゃん達は、ほとんど病気知らずで育っています。 すぐ病院に行ったものの普通に元気だったのでアレルギー系の 避妊済みなのに子宮????との疑問はありましたが、避妊手術の際に子宮が取り残しの可能性もあるということでズルズルと2ヶ月間対処的投薬治療を続けました。その間下痢は続き体重も最終的...続きを読む, No.2です。 目次:1、犬のリンパ腫とは?2、リンパ腫の分類について3、抗がん剤療法と多剤併用療法の治療プロトコール4、抗がん剤の副作用, 犬の腫瘍の中で比較的発生しやすいといわれているリンパ腫ですが、今回は犬のリンパ腫の種類や効果を示すと考えられている抗がん剤の概要を中心に、獣医師に詳しく解説していただきました。, 犬のリンパ腫は白血球の悪性腫瘍です。同じ白血球の悪性腫瘍として白血病などがありますが、リンパ腫は脾臓や肝臓、リンパ節などから腫瘍細胞が発生するのに対して、白血病は骨髄や脾臓などから腫瘍細胞が発生します。, リンパ腫は犬の腫瘍の中で3番目に発生率が高く、無治療での余命が2カ月前後、治療をしての余命が長くて1~2年と報告されています。約80%の犬は抗がん剤に反応し、腫瘍が確認できなくなる状態(寛解)になりますが、犬のリンパ腫は寛解と再発を繰り返す特徴があります。好発犬種があり、ゴールデンレトリバーで最も発生が多いと報告されています。, リンパ腫は非常に多くの分類分けがなされるのが特徴ですが、ここでは、発生する場所による分類を中心に解説致します。, 犬のリンパ腫には、発生する場所による分類と癌細胞の特徴による分類などがあります。前者は多中心型、消化器型、皮膚型、縦隔型(胸腺型)、節外型に分類されます。, 後者はB細胞型、T細胞型などの細胞的特徴で腫瘍を分類するものですが、リンパ腫が持つ細かく数多い種類をいくつかの型に分けて分類したものになります。ここでは発生する場所による分類について説明していきます。, 多中心型リンパ種は犬のリンパ腫の中で最も一般的なものであり、リンパ腫の約80%がこれに含まれます。全身のリンパ節から複数の腫瘍が発生し、肝臓や脾臓、骨髄に癌細胞がみられる場合もあります。, 多中心型リンパ腫が発生する犬を100%とした場合、非特異的な症状(リンパ腫に特徴的にみられるとは限らない症状)が発生する犬が20~40%。それに対して、多中心型リンパ腫が発生する犬で無症状なものが残りの60~80%です。, 犬のリンパ腫のうち約7%が消化器型リンパ腫にあたります。消化器型リンパ腫は胃や腸などの消化器に存在するリンパ節から腫瘍が発生します。犬に嘔吐や下痢、血便・黒色便や便が出にくい(しぶり)などの症状が見られることがあります。, 消化器症状と腫瘍の組織への侵入により栄養や水分の吸収が阻害されることで、削痩(著しく痩せた状態)や脱水が生じる犬がいます。, 犬のリンパ種のうち約6%が皮膚型リンパ種にあたります。皮膚型リンパ腫では皮膚のしこり、潰瘍(穴)などが発生します。皮膚型リンパ腫は症状が進むと、犬の皮膚や四肢などの複数のリンパ節が腫れたように大きくなります。, 犬のリンパ種のうち約3%が縦隔型リンパ種にあたります。左右の肺に挟まれた心臓を包みこむ膜を縦隔といいます。縦隔型リンパ種では縦隔にあるリンパ節に腫瘍が発生します。縦隔内の腫瘍が大きくなることで犬の肺が圧迫され、圧迫された臓器から水分(胸水)が染み出します。, これが肺を収める肋骨に囲まれた空間(胸腔)に貯蓄されることで、呼吸を阻害します。咳や開口呼吸のような症状がみられる犬もいます。, リンパ腫が目・口腔・鼻腔、骨や心臓などのリンパ節ではないところから発生するものを節外型リンパ腫といいます。節外型リンパ腫に関しては、発生部位により犬に引き起こされる症状が異なります。, ここでは、犬のリンパ腫における主な治療法である抗がん剤プロトコール(治療計画)について詳しくご紹介致します。, 犬のリンパ腫は多中心型リンパ腫のように複数の臓器に発生するものがあり、また発見されたときには全身に転移しているケースが多いのが特徴です。そのため多くの犬の場合、外科的な治療方法を選択することが難しい腫瘍です。, 猫における鼻腔内リンパ腫のように放射線療法を積極的に行うものもありますが、犬では放射線療法はQOL向上のために腫瘍をできるだけ小さくする目的で使用されます。犬のリンパ腫は以上の理由により、抗ガン剤療法が主な治療法なります。, リンパ腫の抗がん剤療法は単剤で行う場合もありますが、一般的には多剤併用療法を行います。これはリンパ腫が抗がん剤に耐性を持つことを防ぐ目的があり、また複数の薬の相乗効果で犬の体にできた腫瘍を攻撃する目的や、複数の薬を併用して使うことで個々の薬の量を減らして薬の副作用を減らすという目的もあります。多剤併用療法にはCHOP、COP、AC、UWなど多数のプロトコールがあります。, CHOPプロトコールは、多くのプロトコールのモデルとなったプロトコールになります。シクロフォスファミド、ドキソルビシン、ビンクリスティン、プレドニゾロンの4種類の薬剤を使用します。このプロトコールを使用した場合、余命は12カ月程度と報告されています。, COPプロトコールは、副作用が強くでてしまう犬に対して使用されます。シクロフォスファミド、ビンクリスティン、プレドニゾロンの3種類の薬剤を使用します。副作用が少ない反面、他のプロトコールに比べると効果が弱くなる傾向にあります。2カ月の間、週に一度の治療を行い、その後は2週間に一度を目安に維持療法を行う必要があります。, 【お買い物マラソン期間中P最大34倍】犬 猫 ペット 用 健康を維持し 免疫力 …, ACプロトコールは、通院回数を抑えるためのプロトコールです。3週間に一回の強めの抗ガン剤(ドキソルビシン)の注射と、家庭での経口薬(シクロフォスファミド)の投与を組み合わせたものです。通院回数は減りますが、後述するUWプロトコールと比較すると効果が弱いのが特徴です。, UWプロトコールは、犬のリンパ腫における抗がん剤治療で最も一般的とされているプロトコールで、CHOPプロトコールで使う薬剤にL-アスパラギナーゼを追加した5種類の薬剤を使用します。2カ月の間、週に一度の治療を行い、その後は4カ月の間、2週間に一度治療を行います。このプロトコールを使用した場合、犬によって異なるものの余命は14カ月程度と報告されています。, 犬の抗がん剤療法の費用については、30kg前後(ゴールデン・レトリバーの平均体重)の大型犬でUWプロトコールを行った場合、6カ月間で35万円前後であるといわれています。COP、ACなどのプロトコールは比較的安価ではありますが、維持療法や再治療の必要を考慮するとUWプロトコールの費用と同程度とされています。, 動物病院における治療費は国で一律に定められているものではありませんので、同じ薬剤を使用した動物用医薬品でも特性の異なるものがあり、薬価もそれぞれ異なります。動物病院で働く獣医師は日々の経験や最新の知見を駆使して、様々な特性を持つ薬の中から治療効果が高いと思われる薬を購入して使用しています。, 犬や猫などの動物治療費を変動させる要因として薬価以外にも人件費などがあり、それらは全ての治療行為に必要な費用です。そのため、動物病院の治療費を個々の病院で比較することはできませんので、本記事で記述している治療費はあくまで一例としてご紹介しております。, 犬のリンパ腫の治療に使用される薬剤はシクロフォスファミド、ドキソルビシン、ビンクリスティン、プレドニゾロン、L-アスパラギナーゼなどがあります。シクロフォスファミドには骨髄抑制、ドキソルビシンには心毒性、ビンクリスティンには骨髄抑制、神経毒性、L-アスパラギナーゼには肝障害、などの副作用がみられます。, また、プレドニゾロンには過剰投与による犬の医原性クッシング症候群、免疫抑制などの副作用がみられます。癌細胞はもともと体の中にある細胞ですので、抗がん剤は癌細胞にだけ毒性を持つわけではなく、他の正常な細胞にも影響します。抗がん剤に関しては「毒を持って毒を制す」と言われるのはこのためです。, 治療においては、犬のリンパ腫の進行状況や転移状況、副作用リスクなど様々な視点から抗がん剤について獣医師としっかりと話し合い、検討することが大切です。, https://true-dog-lover.com/pet-dog-blog/fight-against-cancer/, https://true-dog-lover.com/cancer-dog-care/.