2015年には情報が出て欲しいところです, もう、傷物語の映画は3部作の第一部が公開中ですし、暦物語もアプリで毎週1話づつ公開中なので、現在、再放送中の化物語が終わった後に終物語(下)、続終物語も放送されるのでは?だいたい最近の物語シリーズのアニメ化は単行本2冊づつ放送されるれるので、この様な予測をしてみました。. 「〈物語〉シリーズ」(モノガタリシリーズ)は、『化物語』(バケモノガタリ)を始めとする西尾維新による小説シリーズ。「化物語シリーズ」とも[注 1]。イラストはVOFAN。講談社BOXより刊行。シリーズ第1作である『化物語』は、2006年11月に同レーベルの最初の刊行作の1つとして出版された。, 2009年のテレビアニメを皮切りに、ドラマCD・ゲーム・劇場版アニメなど他媒体へも進出している。, 21世紀初頭の日本の田舎町を舞台とした、阿良々木暦(あららぎこよみ)と彼に出会った少女たちの、「怪異」に関わる不思議な物語。, サブタイトルは、メインキャラクターの名前+怪異の名前で構成されているのが基本(例えば第五話なら羽川翼の「つばさ」と、彼女が出会った怪異の「猫」を合わせて「つばさキャット」)。同作者による作品「戯言シリーズ」が多くのキャラクターを登場させているのに対し、本作品は1話ごとに1人の登場人物にスポットを当てるという「アンチ戯言シリーズ」の一面を持っている[1]。ライトノベルとは言っても挿絵は少なく、パッケージに使用されているカラーイラストの他には、1話につき1枚のモノクロイラストが収録されているのみである[注 2]。, 本作に登場する「怪異」のモチーフは民間伝承であるが、基本的には西尾の創作。怪異と戦って倒すような展開はほとんど無く、怪異の出現した原因を探ったり、謎を解いて事件を解決するというのが本作のストーリーであるが、コメディ要素が強く押し出されており、少女のボケに対して暦がツッコミを入れる夫婦漫才のようなギャグが続く会話シーンが延々と続くなど、怪異の謎解き以上にページが割かれている。これには数々のパロディや文章ならではのメタフィクショナルな表現も多く、作者の西尾は「メディアミックス不可能な小説」というコンセプトで書いたと語っている[2]。メディアミックス作品の発表以降はそれらをネタにした描写も多い。更にはラブコメ要素やアクション要素も含まれており、西尾は書きたいことを書き連ね、楽しんで書いた作品であると語り、自ら「自信作」と評している[3]。, シリーズは2014年刊行の『続・終物語』で完結となった[4] ものの、同作の巻末では「ネクストシーズン」の『接物語』(2018年11月現在未刊行)が発表され、2015年には「オフシーズン」として新たな作品が刊行された。2017年には「モンスターシーズン」の『忍物語』が発表されている。 今続編が放送されたとしたら阿良々木くんは何太郎と言われるんやろか, 8 :2019/11/06(水) 22:50:11.43 ID:yYTr2Nt40.net 撫物語アニメ化して 21 :2019/11/06(水) 22:53:51.02 ID:9ZFd1QdC0.net 化物語で終わってれば良作 22 :2019/11/06(水) 22:54:00.04 ID:lUBOg6vo0.net 原作はどこまでいったんや 25 :2019/11/06(水) 22:54:51.58 ID:NvgQKIJFr.net 偽って言うほど悪くないよな 10年経っとるんやぞ, 4 :2019/11/06(水) 22:49:20.35 ID:CG+DOa3j0.net 2クールだと6巻〜6.5巻分 終物語までアニメみたけど傷物語が映画でそっから見てねえわ, 19 :2019/11/06(水) 22:53:16.98 ID:4F1IH8tD0.net オワタあんてな私用 20巻まで入れて、『学園祭編』完結 News人 そうです。 まとめサイト速報+ 偽って言うほど悪くないよな, 取り上げられる、多くの人が話題にするのが10年以上前にでた物語シリーズ ですかね? 「化物語シリーズ ... アニメ化物語コンプリートガイドブック収録の「ひたぎブッフェ」「まよいルーム」「するがコート」「なでこプール」「つばさソング」 アニメ偽物語コンプリートガイドブック収録の「ひたぎネック」「かれんアームレッグ」「つきひエターナル」「しのぶハウス」 読� みんなで物語シリーズぷくぷくやろうや サ終しそうやねん, 13 :2019/11/06(水) 22:51:20 ID:PLoe52jKd.net アニメや海外ドラマも配信!さらに100誌以上の雑誌も読み放題!雑誌読み放題も月額基本料に含まれているので追加料金必要無し!もちろん無料体験中でも雑誌読み放題を利用できます。 つまんないもの, 18 :2019/11/06(水) 22:53:13.73 ID:26JRfAQb0.net あの子かわいいこの子かわいいだけでいつまでも話は持たないし時間が経てば語り合うことはなくなる, 最近の西尾はもうほとんど台詞で話を回してるから脚本読んでる気分になるんだよな。 漫画版が大暮維人の作画で『週刊少年マガジン』に、2018年15号(2018年3月14日発売、講談社)から連載中。, 当初は空き時間を利用して書かれた短編3部作として『メフィスト』投稿用にイラストが無いことを前提に作成されたが、イラスト付きでシリーズ化された[1]。前作「戯言シリーズ」がライトノベルとして受け入れられていったため、西尾は方向転換して堅い小説を書くことを考え、そのアプローチで文学的作品を意識して書かれたのが第1話「ひたぎクラブ」であった[5]。単純なライトノベルから文学への移行ではなく、活字だけでライトノベルは実現できるのか、という実験の面もあった[5]。ただ、そのような方向性で書かれたのは『化物語(上)』収録の第3話「するがモンキー」までであり、『化物語(下)』は執筆する段階でイラストがつくことが決まっていたため、話の方向性が変わっている[5]。また、アニメ化されることを知らなかった時点で書かれた『傷物語』と、アニメ化されることを知った時点で書かれた『偽物語(上)』でも、雰囲気は変わっている[6][注 3]。, 本編は2017年8月現在でファーストシーズン、セカンドシーズン、ファイナルシーズン、オフシーズン、モンスターシーズンからなる五部構成である。, 『化物語(上・下)』、『傷物語』、『偽物語(上・下)』、『猫物語(黒)』の6巻。全9話で構成されている。, 阿良々木暦と怪異に纏わる6人の少女たち(ひたぎ、真宵、駿河、撫子、翼、忍)の出会いと、2人の妹(火憐、月火)について描かれる。各巻のタイトルは当初は「人偏(亻)の字のつく漢字+物語」[7] だったが、最後のエピソードのみ獣偏となっている。セカンドシーズン発表後に便宜上「ファーストシーズン」と呼ばれるようになった。物語は全て暦の一人称視点で語られる。時系列は暦の高校二年生から三年生になる春休みの時期に始まり、1学期、そして夏休みの時期までを描く。, 『猫物語(白)』、『傾物語』、『花物語』、『囮物語』、『鬼物語』、『恋物語』の6巻。, 『猫物語(黒)』で当初の予定であった暦とその周辺の人物の物語は一通り終了したが、『化物語』のアニメ化に触発されて「セカンドシーズン」が発表された。セカンドシーズンはファーストシーズンに登場したヒロイン6人(翼、真宵、駿河、撫子、忍、ひたぎ)をテーマに、さらに深く掘り下げる内容となっている。暦だけでなく、サブタイトルに冠せられているヒロインの視点で物語が進行するエピソードも多い。タイトルの漢字に画一的な決まりはないが、2 - 4作目のタイトルの漢字にはそれぞれ「化」に見える部分が含まれる。3カ月に1作と、ファーストシーズンに比べハイペースで刊行され、2011年12月に最終巻が発売された。時系列的には主に暦の高校三年生の2学期から3学期の時期にかけてだが、「花物語」のみ暦卒業後のエピソードとなる。作中で残った幾つかの謎は「ファイナルシーズン」に持ち越される。, 『憑物語』、『暦物語』、『終物語(上・中・下)』、『続・終物語』の6巻。全21話で構成されている。, 2011年末に『恋物語』の巻末にて発表され、2012年9月より刊行開始。当初は物語シリーズ終焉三部作として発表されていた(『憑物語』『終物語』『続終物語』[8])。2013年5月に作中での一年を振り返る短編集『暦物語』が急遽刊行され、『終物語』は予定よりページ数が多くなり上中下巻構成となったため全6巻となった。再び阿良々木暦に焦点が当てられ、シリーズの総決算となる。前のシーズンに登場していた余接、扇、忍、真宵、ひたぎ、新キャラクターの育、そして主人公の暦をタイトルに冠したエピソードとなる。, 2015年8月、西尾の著作『掟上今日子の挑戦状』の巻末にて発表され、2015年10月より刊行開始。完結した物語シリーズのその後のエピソードや前日談を集めている。1冊に3~4話の短編・中編を収録している[注 4]。いずれも「第零話」とされており、ここから物語が始まる「第零話集」としている。本編の主人公だった暦は『結物語』を除きほとんど登場せず、語り手もそれぞれ異なる。育、駿河、月火、キスショット(忍)、火憐、翼、撫子、そして新キャラクターの全歌、臨、みとめ、葛をタイトルに冠したエピソードとなる。時系列も600年前、暦の卒業後、セカンドシーズンやファイナルシーズンの時期の裏話など様々。, 『忍物語』の巻末にて『宵物語』『余物語』『扇物語』『死物語(上・下)』が発表された。, 西尾維新の他シリーズとのクロスオーバー作品の『混物語』や、羽海野チカの「3月のライオン」とのクロスオーバー小説『月物語』が存在する。, 『混物語』は劇場版「傷物語」の来場者特典として配布されており、「きょうこバランス」「じゅんビルド」「のみルール」「まゆみレッドアイ」、「くろねこベッド」、「りすかブラッド」、「ひていクリア」、「いおりフーガ」、「しおぎレンジャー」、「あかりトリプル」、「りずむロックン」、「みここコミュニティ」が存在する。これらは電子書籍として個別に販売された後、2019年2月に書き下ろし「くうインビジブル」「らいルーレット」「まごころフィニッシャー」を加えて、一冊に纏めて刊行された。, 本編とは直接絡まない番外編のショートショートもいくつかの媒体で発表されている。本編のような怪異譚の要素は少なく、デートや読書などの日常が描かれているものが多い。下記のメディアミックス作品同様本編のパラレルワールド的な扱いを受けているが、「いおりフーガ」では下記共々本編との区分けが曖昧になりつつあることが触れられている。, 本来、メディアミックス不可能というコンセプトで書かれた小説だが、2009年には『化物語』が、2012年には『偽物語』と『猫物語(黒)』が、2013年には「セカンドシーズン」が、2014年には『憑物語』が、2015年には『終物語(上・中巻)』が、2016年には『暦物語』が、2017年には『終物語(下巻)』がアニメ化された。また『傷物語』は三部作の劇場アニメ化と発表され、2016年から2017年にかけて〈I 鉄血篇〉、〈II 熱血篇〉、〈III 冷血篇〉が公開された。2012年、『化物語』と『偽物語』のBlu-ray&DVDの売上累計が100万枚を突破した[16]。2015年には『〈物語〉シリーズ』のBlu-ray&DVDの出荷累計が200万枚を突破した[17]。, この他にもアニメ版の次回予告の脚本やキャラクターコメンタリー、ドラマCD『佰物語』、公式サイトの企画で登場キャラクターが七夕に願った短冊の文章も西尾本人が書いている。これらのメディアミックス作品については、本編のパラレルワールド的な扱いだが、クロスオーバーとしてアニメ版やドラマCDのネタの一部は本編に登場する。, アニメ<物語>シリーズヒロイン本には西尾維新による占い「ブラック羽川の十二猫座占い」、絵本「まいごのかたつむり」、童話「うつくし姫」が掲載されている。, 千石撫子が描いた漫画として原作・西尾維新、作画・遠山エマで『キミとなでっこ!』が制作されており、ヒロイン本、ARIA、DVD・BD特典小冊子、『ほぼ日手帳公式ガイドブック2015』に現4話が掲載されている。, また、『ほぼ日手帳公式ガイドブック2015』には西尾維新による「阿良々木暦、羽川翼、千石撫子が書いたほぼ日手帳」が掲載された。, とある田舎町の男子高校生・阿良々木暦は、街に現れた瀕死の女吸血鬼を助けたことがきっかけで、吸血鬼もどきの人間となってしまう。女吸血鬼はその力を封じられたものの、「怪異の王」たる吸血鬼の出現はこの街の霊的エネルギーを乱し、様々な怪異の類が出没するようになる。暦はそうした怪異に憑かれた少女と出会い、彼女たちを助けるうちに人間的に成長していく。, 高校や署の名前から、土地にまつわると考えられる「直江津」という名前以外、詳しくは明かされていないが、田舎町とされている。茶髪の人間はほとんどおらず、ファーストフードやコンビニの店舗数もさほど多くない。また、公衆電話も結構生き残っている。雪国のため、夏休みは日本の他の地域と比べると短く、その代わり冬休みが長い。「直江津」と称しているが、新潟県旧直江津市に属する上越市とは一切関係ない。, 一般に言う生物とは違うカテゴリーに属する存在であり、都市伝説・街談巷説・道聴塗説、即ち人間の信仰・畏怖・噂によって生まれ、そこにい続ける存在。ゆえに人間がいない所では存在が希薄になる。また、いるからと言って誰でも視えるわけではなく、視える者は何らかの理由をもっている。そして怪異は世界と繋がっている、いわば世界そのものであるため、近くにいる人間の影響を受けてその存在に変化が生じる(忍、余接などのキャラクターや好みの変化など)。姿かたちもさまざまで実体として存在するタイプや人を媒介に顕現したり、毒など特性だけ存在する、など多様。また名前から連想される姿をとるとも限らない。怪異が起こした出来事や結果は怪異現象とよばれ、その大抵は病気や体調異常、体質や催眠効果などとして現実的に処理されている。, 『化物語』『偽物語』『猫物語(黒)』「セカンドシーズン」『憑物語』『終物語』『暦物語』はテレビ放送およびインターネット配信された。『傷物語』は劇場アニメとして公開された。, アニメーション制作はシャフトが担当。手描きのアニメーションがメインだが、シーンによっては実写やCG、正字体による文章、文字そのものを記号的に使った演出を交えた新房昭之監督作品らしい絵作りが特徴である。次回予告は原作者の西尾による脚本であり、登場キャラクターが行う形をとった。, 物語の舞台は名前も明らかされていない架空の田舎町だが、背景となっている建物や風景は、様々なモチーフが取り入れられている。『化物語』オープニングの実写画像や作中の踏切等の鉄道風景はシャフトの周辺の西武新宿線の井荻駅周辺である[23]。直江津高校は千葉市美浜区にある学校と名古屋市熱田区にある名古屋国際会議場を参考に描かれており、学習塾跡は九龍城砦がイメージされている。ひたぎが居住する民倉荘には同じくシャフト作品である『月詠 -MOON PHASE-』に登場するマルミ堂のイメージが取り入れられている。また、浪白公園にあるオブジェは東大和市の新青梅街道沿いにあるオブジェを参考に描かれている。『つばさキャット』に登場する街並みはお台場の夢の大橋周辺が描かれており、さいたまスーパーアリーナも描かれている[24]。『化物語』のテロップや神原の部屋の赤い本のイメージは、ジャン=リュック・ゴダールの映画から来ている[25][26]。, 音楽およびオープニングテーマの作曲は神前暁が担当。オープニングテーマは各話ヒロインごとにそれぞれ作られており(作詞は全てmeg rock、作編曲は神前による)、オープニングアニメーションも曲ごとに作られている。『花物語』と『憑物語』と『終物語』の音楽を羽岡佳が、『鬼物語』と『花物語』と『憑物語』と『終物語』のオープニングテーマはミトが作曲を担当している。, パッケージソフトはブルーレイ完全生産限定版、DVD完全生産限定版、DVD通常版の3種類が存在する。限定版は渡辺明夫描き下ろしのデジパック仕様で、本編ディスクのほかに「各話オープニングテーマ」や「あとがたり完全版」などを収録した特典CDが付属する。本編には原作者の西尾が脚本を書いた「登場人物自身によるオーディオコメンタリー」(キャラクターコメンタリー)が追加されており、副音声として切り替えることができる。, 2019年4月より6週間限定でテレビアニメ全94話の中から厳選された6話を傑作選として放送することが決定した。, 化 - 傷 - 偽 - 猫 - 傾 - 花 - 囮 - 鬼 - 恋 - 憑 - 暦 - 終 - 続・終 - 愚 - 業 - 撫 - 結 - 忍 - 宵 - 余 - 扇 - 死, ニンギョウがニンギョウ - 難民探偵 - 少女不十分 - りぽぐら!