ニコ生配信ではハルヒの名前で有名だった関慎吾は、母親のよしえさんから借りた1,000万円をFXで全て溶かしてしまった動画が伝説となっています。そんな彼は、現在ふわっち動画で稼いでいるようです。関慎吾が逮捕された話や、梅毒ではないかと噂された真相を解明します。 伝説の動画配信者!?あのFXニコニコ生放送で有名になった「関慎吾(ハルヒ)」とは。実は逮捕実績もある!?関慎吾の経歴。逮捕の理由や彼のこれまでの出来事を紹介します。今現在の関慎吾は何をしている?現在はニート?ニコニコ生放送をしていないのか?, 関慎吾とはニコニコ生放送で活躍した動画配信者。当時は大人気アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」の主人公「涼宮ハルヒ」の名前を拝借し「関慎吾(ハルヒ)」と名乗っておりました。本名は関慎吾。自宅の住所は埼玉県秩父郡長瀞町。父親は死亡しており母と二人暮らし。1986年2月26日生まれの30代。身長153センチと小柄。2chでは電話番号などの個人情報も流出しています。彼女として空子さんと付き合っているという噂も。職業は動画配信者となっています。一時期の関慎吾氏と言えば親のお金を借りてFXで大金を稼ごうとしたが上手くいかずに全て溶けてしまった、というような内容の動画が広く拡散されて一躍有名に。ニコ生には「パン粉3」など有名なFX動画配信者も他にもいますが、そういった経緯からネット上では冷やかしを込めて「ニコ生FX芸人ハルヒ」として語られ有名になっています。2016年11月には「TBS万年B組ヒムケン先生」にテレビ出演も果たしています。, 関慎吾 壁紙【4.7インチ】【iphone】 pic.twitter.com/7jdiQWQRNE, 関慎吾氏を語る上では欠かせないことであり、彼が一躍有名になったFXニコニコ生放送の動画。 どうやら関慎吾氏の母親に「絶対に儲かる方法があるからお金を貸して欲しい」と懇願し大金を借りてFXをしていたみたいです。 「FX ハルヒ」と検索すると関慎吾氏の動画が沢山の出てきます。 親のお金、その額なんと1000万円。単位もぶっ飛んでいるし、それをポンと借してしまう親も親といった感じですが。しかも結果その1000万円という大金を溶かしてしまうという悲惨さ。 動画でも損した時の関慎吾氏の悲痛な叫びを聞くことが出来ます。, FXで親の金1000万円を溶かしてしまった後の動画では関慎吾氏の母親よしえさんが怒りの怒号で責め立てている様子がわかります。母親が泣きながら息子である関慎吾氏に激怒している様は視聴者は全くの無関係であっても胸に来るものがありますね。しかし関慎吾氏はそれを物ともせずに終始ヘラヘラしているだけとう胸糞の悪さ。, 2017年8月某日、関慎吾氏が警察に逮捕されたという情報がネット上に拡散されました。ストーカーとも言われていましたがそちらの真偽のほどは定かではありません。噂程度に警察から接近禁止命令が出ていた女性に近づいたと言われています。この時すでに関慎吾氏は過去の人であり、「懐かしい名前」「いい歳こいて母ちゃん泣かすな」などとネットでの話題も下火, 関慎吾氏が逮捕された要因はストーカーと言われていますが一説には強盗容疑だとも言われています。 いい歳した30代のおっさんが強盗容疑にかけられるのもどうかと思います。 とにかく炎上まがいの話題が多い関慎吾氏。 何かやらかすことを期待していた輩にとっては嬉しい事態だったことでしょう。, FXで約1000万円もの大損を母親にもたらした関慎吾氏。その後も着々とFXでの負けが続いていき1000万円から1400万円と損額も増え続け、最終的には約2000万円以上の大金を母親から借りる羽目になっていたと言われています。大金を息子を信じて貸し与え、その想いを踏みにじられたにも関わらず、やはり母親ということでしょう。関慎吾氏が逮捕されてから一つの動画を配信しました。その動画では母親よしえさんの涙ながらの声が記録されています。, 関慎吾氏が逮捕されて留置所に拘留されている時。一つの動画が配信されました。それは「早く明るいところに出してあげたいと思います」と涙を浮かべながら震えた声でコメントする関慎吾氏の母親よしえさんによる配信でした。「かわいそうです」涙ながらの訴えは悲しいものですが、親が親なら子も子。一部の意見では息子である関慎吾氏を甘やかしすぎだと言われています。犯罪を犯したなら叱るというのが母親のあるべき姿だと一部ではドライな意見も。確かに犯罪を犯した息子に対し「かわいそう」は違うかなあと思います。, 2017年8月10日、おそらく数日の間暗い部屋でお世話になったであろう関慎吾氏がTwitterの自身のアカウントから画像付きツイートを発信しました。「辛かった。人生で一番辛かった」という文が添えられた関慎吾氏の画像ツイートに映った姿はどこか頰こけたような面構えに。ニコニコ生放送やふわっちなどのFX配信で有名になったとはいえども、犯罪を犯して逮捕、釈放の末にこのようなツイートをするという関慎吾氏のメンタルはとても危ういように思えます。反省とは対極に位置しているかのように感じるのは私だけでしょうか。, 辛かった、、、人生で一番辛かった。グッバイ所沢 pic.twitter.com/eGTL15hcAv, 関慎吾氏の釈放後2017年10月12日のふわっち配信にて彼の体に無数の発疹ができていることが視聴者から指摘されます。どうやらこの一週間前には40度以上もの高熱に襲われ病院で点滴を施されていたと自己申告しています。関慎吾氏を診断した医者からは手足口病だと言われたそうですが視聴者からは性病である梅毒にかかったのではないかとコメントが多数投稿されていました。関慎吾氏の手や足など全体にかけて赤い発疹ができておりかなりの病状の様子。, 関慎吾氏がTwitterの自身のアカウントから発信した情報によると彼の学歴はなんと早稲田大学。こんな波乱万丈な人間が早稲田大学卒だと人々も動向が気になるでしょうが、しかし実際のところ早稲田大学は学歴詐称だと言われています。どうやら関慎吾氏の母親よしえさんが高校一年生で学校を中退したことがバラされていたようです。高校中退なので最終学歴は中卒ということになります。「学歴詐称ってダサい」と早稲田卒の詐称をバッサリ斬るリプライ。早稲田大卒と学歴で嘘をつくとはよほどコンプレックスがあるのでしょうか。, しんごしゃちょー→早稲田大学株サー https://t.co/8unrNsevnz, 関慎吾氏はどうやら自身の会社を設立していたようです。その名も「合同会社キセキクリエイティブ」。ニコニコ生放送の企業チャンネルを作るつもりだったようですが思ったように会員登録者が増えずに畳むことと相成った様子。, 現在関慎吾氏はYouTube界に進出。「超関慎吾TV」なる自身のチャンネルを開設しています。現在のチャンネル登録者は460人程といったところで稼ぐにはまだまだといった感じですが、一人の30代の男性にこれだけ登録者がつくのも彼の人気を物語っているかもしれません。昔から現在まで炎上系は一定の需要がありますから今後チャンネル登録者が増える可能性も。, 関慎吾は現在「関慎吾@しんごしゃちょー(cojiki) (@supersekishingo)」というアカウントでTwitterでも活動しているようです。YouTuberの「はじめしゃちょー」にあやかっているかのような”社長”ですね。プロフィール欄には「僕の仕事は配信業!」と書かれてあります。関慎吾氏のフォロワーはなんと7000人弱存在。好事家多いですねー。, 彼の「ふわっち」で「関慎吾@涼宮ハルヒ」というアカウント名を名乗り活動しています。「ふわっち」でのプロフィールでは「ニコニコ生放送」「株」「FX」「アフィリエイト」「コスプレ」をしていると書かれています。「僕の仕事は配信業」というのも関慎吾氏のキャッチコピーなのでしょう。やたらと別の場所でも強調しています。日本YouTuberのパイオニア「Hikakin」の本「僕の仕事はYouTube」からとったような、なんとも言えない二番煎じ感があります。, 思いの外関慎吾氏のふわっち配信は視聴者に好評のようです。その理由が親を登場させるというやり方。ふわっちでの動画配信中に何かにつけて親を怒らせ乱入を促せばそれに合わせて盛り上がるという、なんともいえない阿漕な感じです。このような関慎吾氏のやり方は昔から彼を知る人からすると何度も何度も見てきた光景ですが、新規に彼の配信をみる視聴者にとっては目新しく映るのでしょう。1日に数10万円ゲットしたこともあったとか。世の中恐ろしいです。, 関慎吾氏は現在ニートなのでしょうか?今現在の関慎吾氏のTwitterを拝見すると直近の呟きもあり精力的に活動している様子がわかります。しかし就職している様子はなく、変わらずに動画配信者として動画配信業を生業としているようです。食べ物の画像を多くアップしていることからそれほどお金には困ってないのかもしれませんね。母親からもニートと呼ばれ、視聴者やアンチからもニートと呼ばれている関慎吾氏ですがこれからまた事件を起こさないかどうか、心配というよりも「起こしてくれるなよ」といった感じです。ふわっちでも安定して稼げれば人気YouTuberみたいにニート状態を脱却できるかもしれませんね。, 噂程度の話ですが、ふわっちという配信サイトにある投げ銭機能で関慎吾氏に月200万渡している好事家がいるとか。関慎吾氏に高額の収入を与えている人は関慎吾氏本人曰く「大企業のちゃんとしたすごい人」らしいです。今現在彼に200万円の投げ銭が続いているのかは定かではありませんが、彼の何に惹かれているのかそこだけは気になります。親の大金をFXで全額溶かしたにも関わらず変らず実家に住まわせてもらえるなんて極上のニート生活です。, 東京周辺のパンチラスポットTOP25【フロントパンチラ/反射パンチラ/胸チラ…】, 伝説のFX配信生主「関慎吾(ハルヒ)」の現在!逮捕の理由やプロフまとめのページです。Cosmic[コズミック]はファッション・カルチャー・芸能エンタメ・ライフスタイル・社会の情報を発信するメディアです。大人へ向けた記事をまとめて読むことができるWebマガジンを無料で購読いただけます。, The latest Tweets from 関慎吾@しんごしゃちょー(cojiki) (@supersekishingo). 涼宮ハルヒシリーズ(すずみやハルヒシリーズ)は、『涼宮ハルヒの憂鬱』(すずみやハルヒのゆううつ)をはじめとしたライトノベルシリーズ。作者は谷川流、イラストはいとうのいぢ。角川スニーカー文庫(角川書店)より2003年6月から刊行されている。2019年1月からは角川文庫からも刊行されている。, 第8回スニーカー大賞<大賞>作品。『このライトノベルがすごい!』2005年版で作品部門第1位。, エキセントリックな女子高校生・涼宮ハルヒが設立した学校非公式クラブSOS団のメンバーを中心に展開する、「ビミョーに非日常系学園ストーリー」[2]。物語は、ごく普遍的な高校生活の緻密な描写と、実は荒唐無稽な展開を組み合わせた内容となっており[3]、男子高校生キョンの視点から一人称形式で進行する。, 作者の谷川は「『うる星やつら』、高橋留美子さんのというよりもむしろ無意識に出てしまっているのは押井守さんのほうです。『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』が好きだった」と話している[4]。, 2005年9月にはツガノガクによる漫画版が『月刊少年エース』にて連載開始。2006年4月よりテレビアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』が独立UHF局をはじめとする各局で放送された。2009年4月よりテレビアニメが2006年版の回に新作を加えて放送された。劇場版アニメーション映画『涼宮ハルヒの消失』は2010年2月6日より公開された。, スピンオフ作品のアニメ化もなされており、2009年には『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』『にょろーん、ちゅるやさん』がYouTubeで配信されたほか、2015年には『長門有希ちゃんの消失』がテレビアニメ化された。, 2017年4月から、『World Trek English Communication』(桐原書店 刊)に、高校英語教材として『Haruhi, an Amazing Girl』という名前で載っている(ライトノベル1巻にて、キョンがハルヒに会うところのみ)。, 2019年1月から5ヶ月連続刊行(毎月2巻ごと刊行)として角川文庫からも『涼宮ハルヒシリーズ』が刊行される予定となっている。表紙は岩倉しおりの写真を使用しているほか、各巻に解説が収録されている[5]。, スニーカー大賞で久々の大賞受賞作、しかも筆者の谷川流が電撃文庫と同時デビューということで話題になった。1年ほどで1巻が10万部を超えるまでになった[要出典]。, 2006年4月にアニメ化されるも「深夜枠」、「UHFローカル中心でわずか11局での放映」、14話という「短期間」だったにもかかわらずヒット。アニメ放送前が130万部だったが、連休明けで180万部、9月には280万部になっていた。放映開始後に8巻が出て、1~7巻に重版がかかった。放映後に本の売れ行きが200%以上というのは異例。店頭で品切れが続出し、Amazonでは『ダ・ヴィンチ・コード』の他は上位に全てハルヒが並んだ。通常はシリーズものは映像化した場合でも1巻が一番に売れてなだらかに下がっていくが、ハルヒの場合はまとめ買いするファンが多く今までの例とは異なった[6]。, 第1作である『涼宮ハルヒの憂鬱』は第8回スニーカー大賞<大賞>を受賞[7]。他『このライトノベルがすごい!』2005年版で作品部門1位を獲得したのをはじめとし、2006年版で6位、2007年版、2008年版でそれぞれ2位と常に上位をキープしており、2005年版から4年連続でベスト10入りした唯一の作品であった[注釈 1]。, ライトノベルの中では最も成功した作品のひとつであるとも評される[3]。天真爛漫なヒロインに周囲が振り回されるという「お祭り騒ぎ的な要素」が、ヒット当時の時代性に合致していたとも言われる[8]。, 『涼宮ハルヒの驚愕』の初版部数は前後編ともに51万3000部で、2018年の時点でも破られていないライトノベル史上最多の記録を打ち立てた[9]。, 2011年6月時点で、文庫本の累計発行部数は800万部を突破[9]。2017年12月時点で、全世界シリーズ累計発行部数は2000万部を突破している[10]。, テレビアニメの放送後、2007年4月に出版された第9巻『涼宮ハルヒの分裂』を境に4年間に渡って新刊の発表が中断されていたが、2010年4月30日発売の『ザ・スニーカー』2010年6月号にて、続刊の内容の一部が先行掲載され[注釈 2]、翌年の2011年5月25日[注釈 3]に第10・11巻となる『涼宮ハルヒの驚愕』前後編がアジア5か国・地域で同時に[11]出版された。, さらに約5年後、休刊となった雑誌「ザ・スニーカー」が、30周年を記念して1号限りの復活が決定したため、2018年10月31日に特別号「ザ・スニーカーLEGEND」において書き下ろし短編「七不思議オーバータイム」が掲載された。, そして、その約1年半後である2020年8月31日には、新刊である第12巻『涼宮ハルヒの直観』が2020年11月25日に発売予定であることが発表された。前作から約9年半振りの新刊発売である[12]。, 「東中出身、涼宮ハルヒ。ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上。」, 高校入学早々、この突飛な自己紹介をした涼宮ハルヒ。美少女なのだが、その性格・言動は変人そのものであり、クラスの中で孤立していた。しかし、そんなハルヒに好奇心で話しかけた「ただの人間」である、キョンとだけは会話をするようになる。, ゴールデンウィークも過ぎたある日、校内に自分が楽しめる部活がないことを嘆いていたハルヒは、キョンの発言をきっかけに自分で新しい部活を作ることを思いつく。キョンを引き連れて文芸部部室を占領し、また、唯一の文芸部員であった長門有希を巻き込み、メイド兼マスコットとして上級生の朝比奈みくるを「任意同行」と称し拉致。さらに5月という中途半端な時期に転校してきたという理由で古泉一樹(ハルヒ曰く「謎の転校生」)を加入させ、「宇宙人や未来人や超能力者を探し出して一緒に遊ぶこと」を目的とした新クラブ「SOS団」を発足させる。, ところが団員として集まったキョン以外の3人は、それぞれ本物の宇宙人、未来人、超能力者であり、キョンはSOS団の結成と前後して、3人からそれぞれ正体を打ち明けられる。彼らが言うには、ありふれた日常に退屈し非日常を渇望しているハルヒこそ、彼らにとって解析不可能な超常現象を引き起こす原因となっている未知の存在なのだが、ハルヒ本人にはその自覚がないのだといい、彼らはそのことを彼女自身に悟られずに観察するため派遣されてきたのだという。当初は虚偽申告だと思っていたキョンも、間もなく実際に超常現象に巻き込まれて命の危険に晒されたことにより、彼らの言葉を信じざるを得なくなる。, そしてキョンとSOS団の団員たちは、非日常を待ち望んでいるハルヒ本人に事実を悟られないように注意しつつ、ハルヒ自身が無自覚な発生源となっている超常現象を秘密裏に解決したり、宇宙人や未来人や超能力者たちの勢力の思惑に振り回されたり、ハルヒが気紛れで引き起こしたり持ち込んだりする日常的なトラブルに付き合ったりする日々を過ごすことになる。, 原作の発表順は作中の時系列に基づいておらず、しばしば月日を遡って過去の出来事が描かれたり、また作中の登場人物がタイムトラベルによって過去の時代に関わったりする。2006年のテレビアニメ版でも同様の手法が採用された。原作での作品内の時系列順に並べると以下のようになる。学年はハルヒの学年。, タイトルは「涼宮ハルヒの○○」と固定されており、主にその表題作でのハルヒの感情や状況を表している。, 2019年12月現在、角川スニーカー文庫版は既刊11巻、角川つばさ文庫版は既刊1巻、角川文庫版はスニーカー文庫版驚愕の前・後編が合本化され1冊に収められたため既刊10巻となっている。, 2006年(平成18年)4月から7月にかけて、『涼宮ハルヒの憂鬱』と題して放送された。全14話。原作第1巻『憂鬱』に加え、第3巻『退屈』・第5巻『暴走』・第6巻『動揺』の一部に沿った内容と、原作者脚本によるオリジナル・ストーリー(「サムデイ イン ザ レイン」)から構成される。, 2009年(平成21年)4月からは、2006年(平成18年)の放送分に新エピソード(原作第2巻『溜息』、第3巻『退屈』・第5巻『暴走』の一部に沿った内容)を加えた全28話が時系列に沿って放送された。, ぷよによるスピンオフコミック『長門有希ちゃんの消失』のアニメ化となる。2015年(平成27年)4月から7月までTVアニメとして放送された。10月には原作コミックスにOVAが発売された。OVA含め全17話。, 2010年(平成22年)2月6日に劇場版アニメ『涼宮ハルヒの消失』が公開された。テレビアニメ版の流れを汲みつつ、原作第4巻『消失』の内容を映像化したもの。, 2009年(平成21年)2月から5月にかけてYouTube上で配信されたWebアニメ。ぷよによるスピンオフコミック『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』のアニメ化である。, 2009年(平成21年)2月から5月にかけてYouTube上で配信されたWebアニメ。えれっとによるスピンオフコミック『にょろーん☆ちゅるやさん』のアニメ化である。, みずのまことによる漫画化作品。『月刊少年エース』2004年(平成16年)5月号より連載開始、同年12月号で終了となった。, 単行本は全1巻だが絶版のため、通常の書店での入手は完全に不可能である。また、2004年(平成16年)9月号掲載分(5話)までは単行本に収録されているが、以降の未収録分についての単行本化は無いことを、後にみずのが自身で運営していたブログで公言している。他方で角川書店はこの「みずのまこと版」について連載終了以降はさながら「最初から全く存在していない」という扱いを徹底しており、また打ち切り以後に関係者が表でこの「みずのまこと版」を語ったこともなく、打ち切りの真相については説や噂の域を出るものは無い。, 1巻には原作第1巻『憂鬱』の半分と原作第3巻『退屈』収録の「涼宮ハルヒの退屈」、「笹の葉ラプソディ」が収録されている。時系列順に話が展開されていない(『憂鬱』の間に「笹の葉ラプソディ」、「涼宮ハルヒの退屈」という順に収録されている)。, この「みずのまこと版」については、ジャーナリストの安藤健二が独自に取材・分析を行った内容が、安藤の著書『封印作品の憂鬱』(洋泉社)に収録されている[73]。これによると、当時の角川グループ内で外様扱いされていた角川スニーカー文庫発の作品であったため冷遇されていた原作が、アニメ化が決定したためにわかに注目され、メディアミックス戦略の一環としてより原作にフィットした漫画家に変更する意向があったのではないかと、安藤は推測している。「連載中にみずのが、性的描写を含む『ハルヒ』の同人誌を発売したため」という説もあったが、安藤が入手して確認した当該同人誌(『悠々自適』[74])はソフトな内容であり、その説は的はずれとして否定されている。