商品画像は商品登録の前に準備しておきましょう!, またサムネイル(検索画面に表示される1枚めの画像)を楽天市場の規定どおりに登録しておくことでクリック率が上がります! 利用開始日にRMS(Rakuten Merchant Server)を利用するためのアカウントが発行され、RMSのご利用が可能となります! お客様のお買い物状況に応じて対応すべき内容が異なりますので、商品キャンセルや変更・ショップからの注文確認メールなどしっかり手順を確認していきます。, ショップオープンするための準備が整ったときに「オープン審査依頼」をおこなっていただきます。

受付番号による検索だけでなく、氏名やメールアドレスでの検索により、目的の履歴や、一定期間でのリピート回数などが把握できます。, この項目では、どの検索キーワードでどれくらいのアクセスが取れているかだけではなく、その検索キーワードからの転換率と楽天内検索順位まで明らかにすることが出来ます。, ユーザーが店舗を認知してから購入にいたるまでの意識に基づく行動ごとに、ユーザー数を確認いただける「マーケティングレポート」と、Rmail(メルマガ)、クーポンなどの各種サービスの分析ができる「効果測定」があります。, ここまでショップや商品について分析が出来ても、そのままでは意味がありません。 不安な点や操作方法など技術的なことも教えてくれるそうですので、ほぼ無敵です。, ではまず最初に、出店方法をお教えします。 入金の締め日、入金日などの入金サイクルについては、入金先の金融機関により異なります。 入金先が楽天銀行の場合 当日23:50時点の売上が翌日に自動で入金されます。 振込 入金(振込)サイクルを教えてください。 入金の締め日、入金日などの入金サイクルについては、入金先の金融機関により異なります。 入金先が楽天銀行の場合 当日23:50時点の売上が翌日に自動で入金さ …

私の場合、Amazonマーケットプレイスでの販売からスタートし、順調に売上が増えていった頃、ある商品が小カテゴリーでランキング1位まで上がって、それを見た楽天市場の営業さんがAmazonの販売者情報に記載していた電話番号に電話してきました。 「初期費用や管理のコスパなどを考えた結果、楽天市場に出店する時期ではない」と判断したのですが、 商材自体が20代~30代向けの商材を扱っており、楽天市場のユーザー …

売りたい商品にお客様を集められているか、検索ワードでお客様のタイプやニーズはなにか、楽天イベントなどでのアクセス推移や反応の確認など、様々な切り口の分析が可能です。, 月間売上や最新の売上データを検索できます。RMSの各機能の利用数や商品別の資料請求数、時間帯別や商品別に売上高を把握することもできます。, 通常購入やプレゼント、資料請求等、お店を利用したお客様の履歴を検索できます。 しっかり運営を始める前に、まずはRMSについて理解しておきましょう。, 楽天RMSとは『Rakuten Merchant Server』の略。 楽天市場では、便利なネットショップ決済や、ネットショップ配送サービスなどの特別プログラムを用意しております。すべての楽天市場出店店舗様向けに特別価格で提供させていただいております。 実はそれぞれの項目の中にもまだいろいろやるべきことが隠れています!, 覚えることは盛りだくさんなので、わからなくなりそ~なんて不安になるかもしれないですね!, 実際にはわからないところが出ても楽天市場の「ショップアドバイザー」がお店作りのアドバイスや相談にも対応してくださるし、開店後も「ECコンサルタント」が相談にのってくれるので、おんぶに抱っこ状態です!

こういった悩みをお持ちの方に、実際に4つのモールに出店しており、楽天市場にも出店している私ダイが、わかりやすく解説していきます。, これらの中には任意加入のものも含まれております。これらの内容を見ていく前に、楽天には出店プランが4種類あることを把握しておく必要があります。, どの出店プランで契約するのかによって費用が大きく異なる為、まずは出店プランから見ていきましょう。, 出店プランは2020年4月現在では4種類あります。それが下記の4種類となっております。, 月額費用:39,800円支払いサイクル:3か月一括払い出店料:119,400円(税別)(39,800円×3ケ月)初期費用:60,000円, 月額費用:19,500円支払いサイクル:年間一括払い出店料:234,000円(税別)(19,500円×12ケ月)初期費用:60,000円, 月額費用:50,000円支払いサイクル:半年ごとの2回分割支払い出店料:300,000円(税別)(50,000円×6ケ月)初期費用:60,000円, 月額費用:100,000円支払いサイクル:半年ごとの2回分割支払い出店料:600,000円(税別)(100,000円×6ケ月)初期費用:60,000円, 各出店プランの詳細については下記で説明しておりますので、宜しければこちらをご覧ください。, それではここから実際に楽天に出店し、販売していくとどれくらいの費用が掛かるのかを見ていきましょう。, 楽天に出店すると、出店料が発生します。また、初めて出店する際には、プランにかかわらず60,000円(税別)の初期費用が掛かります。, 例えば、「がんばれ!プラン」契約時の場合は、初めて出店する際に「出店料(年間一括払い)」と「初期費用」で294,000円(税別)の金額が掛かり、次年度以降、毎年更新時に年間一括払いで234,000円(税別)の費用が掛かります。, この手数料がなかなか理解しずらい部分だと思いますが、分かりやすく解説していきます。, ☑ システム利用料☑ 楽天ペイ利用料☑ 楽天ポイント☑ 取引安全と利便向上システム料☑ アフィリエイト手数料と利用料, これは、売り上げに対して「PC経由」と「スマートフォン・タブレット経由」の2種類に分け、それぞれに売り上げに応じて掛かる手数料です。, 「ライトプラン」と、「がんばれ!プラン」は、売り上げ金額によって、料率が変わります。金額は超過累進制度となっており、適用金額を超えた分のみ、適用料率で費用が発生する仕組みとなっております。詳しくは下の例をご覧ください。, となっております。例)「かんばれ!プラン」で契約にしており、月間売り上げで、パソコン経由の売り上げが120万円、スマホ経由の売り上げが200万円あった場合は、, となっております。つまり、300万円の売り上げに対して、システム利用料が201,000円(税別)掛かります。続いて、「スタンダードプラン」と「メガショッププラン」について見ていきます。「スタンダードプラン」と「メガショッププラン」は、, 売り上げを「PC経由」と「スマートフォン・タブレット」経由に分け、それぞれの売り上げを注文件数で割った平均バスケット単価をもとに手数料が発生します。, 少しややこしいので分かりやすく説明しましょう。まず平均バスケット単価とは、つまりは客単価のことです。例えば、PC経由の売り上げが100万あり、注文件数が100件あれば、100万(円) ÷ 100(件) = 1万円この1万円が平均バスケット単価です。この平均バスケット単価と売り上げ金額に基づいてシステム利用料が算出されます。, スタンダードプランとメガショッププランは、平均バスケット単価と売り上げの2軸でシステム手数料の料率を決定するとお伝えしました。また、スタンダードプランとメガショッププランは適用料率が同じとなります。「PC経由」と「スマホ経由」の表を掲載するとややこしくなるので、ここでは「PC経由」の売り上げに関しての適用料率を出して説明します。PC経由の売り上げの場合, 売上軸が多くなるので、割愛しておりますが、売り上げの軸は「~100万円」「~200万円」「~300万円」「~500万円」「~1000万円」「~3000万円」「3000万円超」と続いていきます。平均バスケット単価とは、売り上げ金額を注文件数で割ったものです。お客様1人あたりの購買単価ということです。「PC経由」の売り上げが150万あり、注文件数が100件だったとすると、平均バスケット単価が1.5万円となるので、こういった費用計算方法になります。(100万円×4.0%)+(50万円×3.0%)=5.5万円(税別)これがパソコンシステム手数料となります。あくまでも超過した金額が上の料率が適用される超過累進制度です。この料率は、平均バスケット単価が高くなればなるほど、料率は下がっていき、さらに売り上げが上がれば上がるほど料率が下がっていきます。適用料率の幅は下の通りです。, スタンダードプラン・メガショッププラン共通PC経由:2.0%~4.0%スマホ経由:2.5%~4.5%, スタンダードプランもメガショッププランもこの適用料率に関しては同じとなっております。また余談として、海外販売を行う際には、一律売り上げに対して4.0%(税別)のサービス手数料が生じます。, システム手数料の概要はこのようなものになっております。続いて、楽天ペイ利用料について見ていきましょう。, 楽天ペイとは楽天市場が店舗側の決済関連業務を代行してくれるもので、注文の不正検知や入金・請求の相殺機能もあります。これはPC・スマホ経由問わず、すべての売り上げに対する「平均決済単価」と月間決済高により適用料率が決まります。「平均決済単価」とは、お客様1人あたりの購買単価のことで、売上を注文件数で割った金額になります。料率は、2.5%~3.5%の間で適用され、平均決済単価と月間決済高が上がれば上がるほど、適用料率は下がっていきます。, お客様が獲得する楽天ポイントには大きく分けて2種類あります。「店舗原資」か、「楽天原資」の2種類です。「店舗原資」とは出店者が負担するポイントのことで、「楽天原資」は楽天市場が負担するポイントのことです。楽天市場に出店すると、最低1%の「店舗原資」のポイント負担が生じます。つまり、最低でも月間売上金額の1%はお客様へのポイントとして店舗が負担します。また、イベント等で独自に店舗獲得ポイントを変更することができます。この時に変更したポイントも「店舗原資」のポイントとなる為、ポイント●●倍イベント等を店舗側で行うと、楽天ポイントの支払い金額が増加することになります。※「楽天原資」ポイントの場合は店舗に負担はありません。, 正式名称は「モールにおける取引の安全性・利便性向上のためのシステム利用料」と言います。楽天がモールとして、安心・安全に取引でき、かつお客様の利便性を向上するために使用される手数料で、月間売上の0.1%を店舗が負担するものとなっております。, アフィリエイトサイトに掲載されたリンクを経由して売り上げたものに関しては、アフィリエイト手数料と、アフィリエイト利用料が発生します。アフィリエイト手数料の費用は、商品のカテゴリーによって区別され、適用料率は2%~8%となり、その費用がアフィリエイトパートナーに支払われます。さらにアフィリエイトパートナーに支払った金額の30%を楽天市場にアフィリエイト利用料として支払います。図で説明すると下記のような感じになります。例)アフィリエイト経由で10,000円の商品が売れた場合。(適用料率が5%の時), このような形になり、アフィリエイトパートナーに500円、楽天市場に150円、合計で650円の支払いとなります。※この支払いはあくまでアフィリエイトからの売り上げのみに掛かるものになります。, 手数料は一番ややこしくもある費用ですので、上で説明した内容を簡潔にまとめていきます。手数料には、計5種類の手数料があります。, システム手数料は販売金額に対して一定のパーセンテージの支払いがあり、そのパーセンテジは契約プランによって変わます。ライトプランでは「3.5%~5.5%」、がんばれ!プランでは「7.0%~3.5%」、スタンダードプランとメガショッププランは共通の料率で「2.0%~4.5%」となります。楽天ペイ利用料は月間の売上金額に対して「2.5%~3.5%」の費用が発生し、料率は平均決済単価と月間決済高で計算されます。楽天ポイントは楽天市場に出店する際には必ず最低1%のポイント負担があり、独自でイベント等を行い、その時にお客様へポイント●●倍などのイベントを行うと、その分だけ楽天ポイントの支払いが増えます。取引安全と利便向上システム料は楽天市場がより安全にお買い物ができ、よりお客様や店舗が使いやすいモールとなる為、使用されるもので、月間売上の0.1%を楽天に支払います。アフィリエイト手数料と利用料は、アフィリエイト経由で商品が売れた際に、アフィリエイトパートナーに適用料率(商品カテゴリによって変わり、売り上げた金額の2~8%)と、アフィリエイトパートナーに支払う金額の30%を楽天市場に支払います。以上が、楽天市場に出店していると発生する各種手数料です。続いては、広告費について見ていきましょう。, これは楽天市場内に自社の商品等をPRとして出すもので、これには広告費が掛かります。この広告費はあくまで任意で楽天市場の広告を使用した際に発生する費用なので、何も広告を購入しなければ支払いはありません。, それがR-Messe利用料です。R-Messeとはお客様と店舗側でのコミュニケーションツールで、円滑にお客様とセッションをもつことのできるものです。2020年4月現在では無料となっており、固定費としては掛からないですが、今後有料になる可能性もあります。, 楽天内にはオプション機能として任意で契約できる有料のオプション機能があります。有名なところで下記のようなものがあります。, これはCSV形式をしようしたもので、商品数が多いときに、一括で変更する際に使用するものです。例えば、イベント中なので商品名の最初に「ポイント●●倍」と一括で挿入する。といったものです。これは10,000円(税別)となっております。, 出店していると、お客様にメルマガを送ることもあると思います。楽天が提供する送信リストの場合は、週1回は無料で配信できます。週2回目以降は1通に付き1円の配信料が発生します。, FacebookやInstagram、LINE公式アカウントなど複数のSNSに開設でき、集客等にしようできるサービスです。これには月額3,000円の費用が掛かります。, プランによって異なり、月額19,500円~100,000円(税別)新規で出店される場合は、初期費用が追加で60,000円(税別), システム料が「PC経由」と「スマホ経由」でそれぞれ2.0%~7.0%(プランにより異なります)楽天ペイ利用料が2.5%~3.5%楽天ポイント負担が最低1%取引安全と利便向上システム料が月間売り上げの0.1%アフィリエイト手数料と利用料(アフリエイト経由の売上のみ)がアフィリエイトパートナーに2~8%と、楽天市場にアフィリエイトパートナーに支払った金額の30%, 最低限掛かる費用は以上になりますが、実際には、ポイントイベントを開催したり、広告を出したりとあれば費用は上がります。金額としては他のモールと比べると圧倒的に高額となります。「片手間で販売しよう」と考えている方には向いていないと思いますが、本気で売っていこうと考えている方には、決して高額ではない金額とも思います。実際には私ダイは複数楽天内での店舗運用経験がありますが、本気でやればその金額に見合った集客や売り上げは見込めると思います。ぜひ本気で商品を販売していきたい方は、楽天市場出店を考えてみてはいかがでしょうか。最後まで読んでいただきまして、有難う御座いました。, Yahoo!ショッピングでの販売方法、基本知識、売り上げアップの仕組みを徹底解説します。, インターネット販売を行う上で非常に重要なことはデータ分析。 上手くいかない時にはもちろん、上手くいっているときにもデータ分析は必須!!. オープンにあたってお客様が安心してお買い物ができる状態かどうかを審査いたしますので、ここまでの流れで登録漏れや不安要素がないようにしておきましょう。 たとえばショップへのアクセス人数が低いのならば、広告を出したりしショップ自体の露出をアップさせる必要があります。 楽天市場の入金サイクルは、月に2回あり、下記のようになっています。※2020年7月の状況です。 1回目:前月26日~10日 入金日:当月末 2回目:当月11日~25日 入金日:翌月15日; この2回です。 そういう分析をしていきます!, RMSでは色んな項目で分析することが出来ます。 Yahoo!ショッピングでいうところのストアクリエイター、amazonでのセラーセントラルみたいなものですね。, 画面左側のRMSトップ(メインメニュー)の店舗設定をクリック→「1 商品登録・更新」→「商品ページ設定」→「商品個別登録」を選びます。, そうすると上の画像のページになりますので、ここに登録したい商品の情報を入力していきます。, 1つの商品を登録する際、必ず入れなければいけない情報は下記の5つになります。 楽天市場の出店デメリット3:キャッシュが必要. このブログが掲載されているサイバーレコードも楽天の運営代行を行っている会社で、設立から8年間で累計200社を超えるECサイト・モール内店舗運営の支援実績もあります。 ショップごとに改善すべき問題点が違うので、まずは自分のショップにはどんな問題があるのか。 まず出店するには「配送業者さまとのご契約」「連絡先のご用意」「出店料のお振込み」の3つは必ず完了させなければならない手続きです。

各項目ごとに簡単にご説明いたします!, 店舗オープンのために必要な手続き・準備をしていきます。 内容については後ほど「登録方法」でご説明いたします!, 「商品ページ」同様、店舗の「顔」となるページです。このショップはどんなショップで、どんな商品を取り揃えているのか。おすすめの商品はどれか。どんなイベントをやっているのか。

アクセス数はあるのに転換率(アクセスした人が商品を購入する割合)が低い場合は、商品画像の作り込みを行ったりクーポンを行ったり…

またオープン審査通過の条件として「店舗ロゴの登録」や「店舗運営ルール検定試験の合格」など必須条件がありますので事前に確認しておきましょう。, ここまでで商品登録をおこなったり、トップページを準備したり、受注運営の準備をしたり…

楽天市場の出店デメリット3:キャッシュが必要.

今年はなにか始めてみよう!と決意を新たにされた方も多いはず。 楽天市場 スマホテクニック 簡単コピペだけでOK!カテゴリページ(商品一覧ページ)を改善!. 楽天市場に出店し運営を始めていくにはザックリいうと下記の流れになります。 ①出店する ②楽天rmsを使いこなす ③商品登録する ④分析する ⑤施策をする. 簡単にいうと楽天市場のショップに限らず、お店を開き売上を出そうとしているところでしたら皆さんがやっている「宣伝や広告」も施策のうちですね。, 商品を売るために商品の見せ方を考えたり、ショップへのお客さんのアクセス数を伸ばしたり、リピートのお客さんを増やしたり… 「好きな事をして生きる」「理想の生活」「楽しい人生」を手にする為の

最初は何からはじめていけばいいのかわからなく不安な方も、活気のあるショップを目指していきましょう!, しかし、ネット通販の施策を行おうとしても どんなお店なのかわかるように写真や店舗名・キャッチコピーなど入れていきます。, 昨今ではスマートフォンの普及により、パソコンよりもスマートフォンやタブレットから通販をされる方は6割強~7割ほど。 出店申込・資料請求はこちらより行えます。 で、難しい部分もあるでしょう。, 楽天代行でもAmazon代行でも全部丸投げしてください。 サポート・ツール > ブラウザ上の管理画面でショップを運営するためのアレやコレをほぼRMSで行います。 オープン審査通過の条件として、店舗運営ルール検定試験の合格が必須となりますので、店舗運営のルールを把握しておきましょう。, オープン審査を通過しましたら、晴れてショップOPENです!おめでとうございます!!, 開店し商品が購入され始めましたら次にすることは分析ですね。

この情報を項目に沿って入力していきます。, 販売時の在庫数を入れる項目です。ここが「0」になっていると在庫切れ・購入出来ない状態になります。, 商品の製品コードの呼び名です。商品にある「JANコード」やEANコードなどを入れる項目です。 基本的には①店舗詳細情報、②営業時間、③決済の登録、④配送方法、⑤配送日時指定、⑥消費税の登録、⑦返品について を順番に登録していきます。, 商品ページはお客様が商品を購入するため「買い物かご」ボタンが設置されているページのことです。お客様を「接客」する一番大切な場所です。 楽天市場に出店しているショップが受注処理や顧客管理、ショップの全体ページや商品ページなどの作成、さらにショップの分析や広告運用などの管理を行うシステムのことです。

今回は、「楽天市場に出店する3つのデメリットを解説!※出店コスト、罰金、キャッシュについて理解必須」です。, こちらの記事で楽天市場に個人で出店する方法、法人で出店する方法をお伝えしましたが、楽天市場に出店するのであれば、メリットばかり見るのではなく、デメリットも知っておいたほうが良いです。, この3つのデメリットがあり、知らずに安易な気持ちで出店してしまうと損をする可能性が高いからです。, まず1つ目のデメリットですが、下記の契約プランをみて頂ければ分かると思いますが、出店コストがAmazonや、ヤフーショッピング等に比べると、比較的高めの設定です。, ここには掲載していませんが、隠れプランで5000円のプランがありますので、そちらを使えば出店コストを安く抑えることも可能ではあります。, とはいえ、これだけ高い出店コストだからこそ、Amazonやヤフーショッピングよりも売れて、その分稼げるというメリットもあるので、価格に見合った価値がありますので、価格だけではなく、総合的な判断をしていくのが大事です。, 例えば、下記のように1~5のパターンの出店コスト、売上、利益があったとしたら、あなたはどこを目指したいですか?, 人によって稼ぎたい額はバラバラだとは思いますが、僕であれば、大きく稼ぐことを目指したいので、5を選びます。例え出ていく費用が多くても、そのリターンが大きければ、その価値があるからです。, ですので、楽天市場の出店費用は確かに高い、高いのですが、価格だけではなく、価値の部分もしっかりと見て判断するのが凄く大切なのです。, 楽天市場には、違反点数制度というものがあり、下記の画像のように、違反点数により罰金があります。, ガイドラインに違反した場合なので、ちゃんとルールを守って店舗運営をしていれば、普通は罰金が発生する事はありません。, ですので、しっかりとガイドラインを読み、うっかりミスで違反しないように徹底すれば、そこまで気にする問題ではないと個人的には思いますが、初心者の方や、安易な考えの方は危険ですので、絶対に注意して欲しいところです。, 楽天市場の入金サイクルは、月に2回あり、下記のようになっています。※2020年7月の状況です。, 2017年4月から楽天ペイというサービスになり、入金サイクルが短縮されていますので、昔よりはキャッシュフローも余裕を持つ事ができるようになっています。, なので、資金が少ない方でも出店しやすくはなっているのですが、楽天市場は、集客力が強く商品が売れやすいので、すぐに資金が足りなくなる可能性が高いです。, クレカだけで仕入れが出来たら良いのですが、そうはいかないので、しっかりと資金を確保しないと、「商品は売れるけど仕入れが出来ない」そんな状況になってしまいますので、しっかり資金を用意しておくようにすると良いです。, 当たり前の事を当たり前にやっていれば大丈夫だけど、初心者の方や、安易な考えで考えるのは危険。, 入金サイクルは2回あるが、売れすぎてキャッシュフローが悪くなる可能性もあるので、資金を用意しておく。, PC1台の物販ビジネスで月収10万円を安定的に稼ぐことからはじめ、 RMSについて詳しい説明はまた後ほど!, つづいて開店前の事前準備をしないといけません。 楽天市場に出店する3つのデメリット!※出店コスト、罰金、キャッシュについて理解必須。. そこで今回は、楽天市場のショップの始め方・運営の流れをお教えしたいと思います!, これだけみると「お、簡単じゃない?」っと思いませんか? 入金サイクルを当月末、翌月15日の2回。クレジットカード決済のサイクルは約10日短縮. 個人情報保護をはじめとした重要情報の取り扱い方法の理解度を試す試験です。 © Copyright 2020 熊本の楽天&Amazon運営代行・ホームページ作成会社|cyber-records. 初めての運営では「なにが正しく」て「どこを間違えている」のか、判断が出来ないですよね。, そこで、楽天市場での運営が難しいと思ったときは、運営代行を使うのも手です!