#Suica. VISAブランド所有者で、Suicaカードの新規発行を考えられる方は、「My Suica(記名式)」でスタートし、JR東日本に会員登録&クレジットカード情報を登録しないといけません。, こちらの画像の通り、楽天カードでも例えばJCBブランドの場合なら、ApplePayチャージが可能です。ウォレットアプリにクレジットカード登録した場合に、しっかり「JCB」のロゴが表示されていますね。 楽天カードをApple Payに登録して使いたい方は必見ですよ!

ガジェットまとめ動画速報 , これ、楽天カードを使っている人に該当する方が多いかもしれませんが、意外な落し穴にハマってしまっています。, いろいろ調べて分かったことが、アップルペイチャージが可能なクレジットカードが登録されていれば、上のような指紋認証の画面になるらしいです。 Apple Pay で使うカードを Wallet に追加できない場合は、まず「システム状況」ページで Apple Pay の状況を調べてみてください。 問題が起きている場合は、問題が解決してからカードを再び追加してみてください。. 「楽天ゴールドカード」の場合は、Apple PayのWalletに登録して QUICPay(QUICPay+) として使えるようになります。 VISAブランドの場合は、Walletアプリ経由でのSuicaチャージには使えないこと、Walletアプリに登録してあっても、Apple Pay経由でのネット決済やアプリ内決済には使えない点は注意 … iPhoneの決済サービス「Apple Pay(アップルペイ)」すでにお使いになられている方も、多いとは思いますが、どうもApple Payにカードの追加や登録がうまくできないトラブルが起こる事があるようです。Apple Payのカードの追加・登録のトラブルの対処法をご紹介していきます。

Copyright© ですが、アメリカンエキスプレスの楽天カードはApplePayには対応していません。 なので、もしも自身の楽天カードがApplePayに登録できないという方は、自身の楽天カードの国際ブランドが何であるかをチェックしておきましょう。 まあQUICPayを使うことは今後ほとんどないと思いますが、とりあえず使えることだけは頭の片隅に入れておこうかと・・・ つまり、楽天カードはApplePayのウォレットには登録できるのですが、ネット上でのPayチャージはできないということ。 店頭でのApplePay or QUICPayページ専用カードとなってしまうということなのです。 ・Apple Payにご登録の際は、楽天カードをお手元にご用意ください。 ・アメリカン・エキスプレスのブランドのカードではご利用いただけません。 ・楽天カードアプリでのApple Pay設定は、バージョン5.12.1以上でお使いいただけます。

ところで、AndroidでモバイルSuica利用していた時は、年会費がかかっていましたが、iPhone7のモバイルSuicaユーザーは年会費は無料とのこと。 ※これは無記名Suicaカード利用者は表示されません。

「ホーム画面」→「AppStore」の「アップデート」から「楽天カード」を最新バージョンにアップデートします, 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から最新バージョンにアップグレードします, 「ホーム画面」→「楽天カード」を開く→「ApplePlayをはじめる」→「ApplePayを設定」を選択します, 「ワンタイムパスワードを設定する」を選択→「認証キー」を入力し、「認証する」を選択します, 「セキュリティコード」を入力し、「ApplePaにカードを追加」から「iPhone」もしくは「AppleWatch」を選択します, 「カードを追加」画面にて「名義」と「カード番号」をそれぞれ入力し、「利用条件」画面にて「同意する」を選択します, 【解決】iOS11のミュージックアプリを音声付きで画面録画できない場合の対処設定方法, 【解決】マルイWi-Fiに繋がらない/ログインできないバグ不具合障害の対処設定方法, 【解決】Instagramでログイン中の複数アカウントを削除/消去できない場合の対処設定方法, 【解決】iOS10.2.1でバッテリーの異常消費/減りが早いバグ不具合障害の対処設定方法(iPhone/iPad対応), 【解決】Twitterで固定ツイートを解除/変更できないバグ不具合障害の対処設定方法, 【解決】ApplePayのSuicaでヘルプモードが起動しない/使えない場合の対処設定方法, 【解決】ApplePayに楽天カードを追加/登録できない場合の対処設定方法(iOS10対応). 一方、試しに使ってみたいと思っているのはApplePayチャージ。, 画像で言うと、赤枠で囲っている右下のアップルペイのボタンを押してチャージする方法です。 そのため、Android機から機種変更の手続きをして、iPhone7へSuica残高を移行手続き完了。 楽天カードは、楽天市場を運営している楽天の子会社の株式会社楽天カードが発行しているクレジットカードです。発行している楽天カードには、VISAブランド、マスターカードブランド、JCBブランドの3つの国際カードブランドのいずれかが付いています。, また、楽天カードには、電子マネーのedy(エディ)機能が付いているクレジットカードもあります。, 楽天カードをiPhoneのApplePayに登録するには、次の二つの方法があります。, 楽天カードには、楽天電子マネーの楽天edy(エディ)機能が付いているクレジットカードがあります。, 日本での電子マネーとしては、楽天edyが一番最初に登場した電子マネーで、世界通貨のユーロ、ドル、円に次いで第4の世界通貨になるようにとの意味で、それぞれの英語表記の頭文字からedyとして2001年から利用が開始されました。, カードの確認方式は、ApplePayに対応しているsuicaやid、QuicPayと同じソニーのフェリカICチップを利用した非接触タイプの電子マネーですが、edyについては、woan(ワオン)と同じように、ApplePayには対応していません。そのため、楽天カードをApplePayに登録しても、楽天カードについているedy機能を利用することは出来ません。, 楽天カードをApplePayに登録するには、基本的には、これからご紹介する標準アプリのWalletアプリでApplePayのクレジットカードとして楽天カードを登録します。, 尚、iPhoneに既に楽天カードアプリがインストールしてある場合には、この後でご紹介している「楽天カードアプリを利用した楽天カードをApplePayに登録する方法」の方が、入力や認証を簡単に行うことが出来ます。, Walletアプリで楽天カードをApplePayに登録するには、次の操作手順で行います。, そのため、Apple Payに関連する操作を行う場合には、iCloudにサインインしていることが必要になります。, iCloudにサインインしていないと、楽天アプリを利用した方法でも、ApplePayにクレジットカードを登録することは出来ません。, 多くの方は、iPhoneをiCloudにサインインした状態で利用していると思いますが、もし、iCloudをサインアウトしている状態の場合には、設定アプリを開いてiCloudにサインインしてから次の操作を行ってください。, iPhoneのホーム画面にあるWalletアプリアイコンを指でタップして、Walletアプリを開きます。, Payと表記されている右端の+(プラス)ボタンをタップしても、カードの追加画面に進むことが出来ます。, 「カードを追加」画面で、「クレジットカード/プリペイドカード」を指でタップして選択します。, iPhoneの画面に表示されている白枠内に楽天カードが納まるように、iPhoneの後ろ側についているメインカメラを向けます。, 白枠の中に楽天カードの全体がおさまると、自動的に撮影され、楽天カードの表面に記載されているクレジットカード番号が読み込まれます。, 尚、撮影されたクレジットカードの写真は、セキュリティ確保のため、写真アプリには保存されません。あくまでもカード表面の情報をスキャンしているだけです。, 先ほどの画面で読み取った楽天カードのクレジットカード番号が自動的にカード情報画面に入力されます。, カード情報画面に入力した、名義の氏名とカード番号を確認した後、画面右上に表示されている「次へ」を指でタップします。, カード情報の次の画面が表示されますので、クレジットカードの「有効期限」と「セキュリティコード」を入力します。, 有効期限の入力欄を指でタップすると、有効期限のドラムロールが表示されますので、クレジットカードに表記されている有効期限をタップして入力します。, セキュリティコードは、楽天カードの裏面の署名欄の右端に表示されている3桁のコードとなります。, 有効期限とセキュリティコードの二つを入力したら、画面右上に表示されている「次へ」を指でタップします。, 登録しようとしているクレジットカードの利用規約が表示されますので、確認して、画面右下に表示されている「同意する」を指でタップします。, 楽天カードをApplePayに登録すると、自動的にApple Payでの後払い方式のQuicPay(クイックペイ)が登録されます。, 街中の店頭でのApplePayを使った支払いには、QuicPayを利用することになります。, 冒頭でご紹介したように、楽天カードについている電子マネーの楽天edyは、ApplePayに対応していないため、楽天カードをApplePayに登録しても、利用することは出来ません。, このカード認証が完了しないと、ApplePayへの楽天カードの登録は完了しません。, 楽天カードの場合には、カード契約者情報にiPhoneの携帯電話番号を登録してある場合には、「SMS」と「楽天カードに発信」の二つのカード認証確認方法が表示されます。, 携帯電話情報を登録してあっても、ApplePayに楽天カードを登録しようとしているiPhoneの携帯電話番号が異なる等の場合には、「SMS」が表示されない場合があります。, SMSが表示されている場合には、SNSを指でタップしてチェックを入れ、画面右上に表示されている「次へ」を指でタップします。, 「楽天カードに発信」のみの場合には、「楽天カードに発信」を指でタップすると、楽天カードに電話発信され、自動音声によるカード認証を行います。, SMSによるカード認証を行った場合には、楽天カードから送信された認証コードを入力して、画面右上に表示されている「次へ」を指でタップします。, Walletアプリのバージョンによっては、着信したカード認証番号が自動で入力されます。, Apple PayのWalletアプリに楽天カードを登録認証するアクティベートが始まります。, しばらくすると、アクティベート完了画面が表示されます。これで、Apple Payへの楽天カードの登録は完了となります。, 楽天カードの場合、標準アプリのWalletアプリからではなく、楽天カードが提供しているiOS用の楽天カードアプリからも簡単に、楽天カードをApplePayに登録することが出来ます。, 楽天カードアプリからApplePayに登録しても、楽天カードをApplePayとして使用する上でのデメリットは何もありません。, 楽天カードアプリからApplePayに登録するメリットとして、WalletアプリでApplePayに楽天カードを登録するより、カード情報の入力やカードの認証確認が簡単に行うことが出来ます。, 楽天カードアプリを利用して楽天カードをApplePayに登録する方法は、次の操作手順で行います。, iCloudにサインインしていないと、ApplePayにクレジットカードを登録することは出来ません。, iCloudからサインアウトしている場合には、サインインしてから次の操作を行います。, 楽天カードアプリがまだiPhoneにインストールされていない場合には、AppStoreで楽天カードアプリをダウンロードしてインストールを行います。, 楽天カードアプリにログインした最初に表示された画面の真ん中あたりに「ApplePayをはじめる」と表示されているところがありますので、指でタップして、ApplePayの登録を開始します。, 尚、既にWalletアプリに楽天カードをApplePayとして登録済みの場合には、「Apple Payをはじめる」は表示されません。, 楽天アプリの設定画面が表示されますので、「リンゴマークPay設定」を指でタップします。, 楽天カードのワンタイプパスワードの送信画面が表示されますので、中央に表示されている「ワンタイムパスワードを送信する」をタップします。, 楽天カードアプリでApplePayなどの重要な設定変更や登録を行う場合には、ワンタイムパスワードの認証が必要になります。, iPhoneのメールアプリで受信設定していない場合には、メールアプリの受信設定するか?、パソコンなどで楽天カードからのワンタイムパスワードを受信します。, 受信したワンタイムパスワードを認証キー入力画面に入力して、登録ボタンをタップします。, 認証キーの認証がされると、楽天カードのセキュリティコードの入力画面が表示されます。, 楽天カードの裏面の署名欄の右側に表示されている3桁のセキュリティコードを入力して、登録ボタンをタップします。, 入力したセキュリティコードが認証されると、Walletアプリ画面が開き、「ApplePayにカードを追加」画面が表示されます。, 画面には、既にApplePayに登録しようとしている楽天カードの情報が入力されていますので、画面上部の次へをタップします。, ApplePayの利用規約が表示されますので、確認して、画面右下に表示されている「同意する」を指でタップします。, 画面右上に表示されている「完了」を指でタップすると、ApplePayへの楽天カードの登録は完了です。, 楽天カードをApplePayに登録するなら、楽天カードアプリを利用した方が少しだけ簡単ですね。.