検証でわかる資金とリスクの管理が必要なわけ」で使用した「資金管理の検証用シート」をご提供します。資金管理のシミュレーションを行うことができます。, メールアドレスのご登録だけお願いしていますので、「今後、記事更新のお知らせを受け取っても良いよ」という方は、ぜひダンロードしてご活用ください^^, ※ 自動返信メールに、登録の認証とファイル一式のダウンロードを兼ねたURLが記載されています。, ※ ファイル一式をダウンロードすると、メルマガの会員として登録されます(ブログ更新やサービスのお知らせ、購読者限定の情報など)。同意される方のみダウンロードしてください。, 「有料でも良いから使いたい!」と、価値を感じてくださっている方にだけご提供しています。, めちゃくちゃな料金をいただく気はまったくありません。無料だと、チョロっと見て「また今度やるか」となって忘れ去られる、ということがよくあると思います。そうならないように数千円だけ料金をいただいています(「有料なら別にいいや」と思う方には届けたくない)。, ※ 無料の範囲で再現できる人もたくさんいると思います。そういう方は頑張って再現してくれるはずなので大歓迎です。どんどんご活用ください!, 作者が実際のトレードで使用しているものを、そのままテンプレートとしてご提供しています。, このブログの目的は、「学習の備忘録」と「アウトプットして理解を深めること」。「トレードで稼ぐために学んだこと」を徹底的に公開していきます。, 元・日本料理の板前、現在は投資やプログラミング、動画撮影・編集などを。 複利運用は、投資において非常に効果的ですが、その間、損失を(あまり)出してはいけません。よくある期待値は単利を前提としており、複利で運用すると大きく狂います(損失の影響が大きくなる)。 ・ひとつのトレードや、全体のリスク管理 株式投資、なんとなく売買してもいいんですが、おすすめは 記録をつけること です。. エクセルによる資産管理の方法を別記事でもう少し詳しく記載しました。 【投資】エクセルによるポートフォリオ管理の仕方 銀行や証券会社にある預金や株、投資信託などの資産状況は定期的にエクセルにまとめています。  姓と名の間はスペースを空けず詰めてください。 基本的な考え方は、トレードロット→1トレードの損切りライン=証拠金残高×1% 1トレードの利確ライン=証拠金残高×2% 収益目標→1週ごとの損切りライン=証拠金残高×2%  1週ごとの利確ライン=証拠金残高×4% 5万件以上ダウンロードされており、レビューも多いので参考になりますよ。 * 【マイトレード】 の詳細は以下記事にまとめてあります。 株の損益記録はノートでもエクセルでもなく「アプリ」 … 使い方 株羅針盤xi プロ仕様チャート,サムネイル,分足対応,スクリーニング,損益計算(国内株,中国株,外国株,指標,ダウ,,,為替) (ユーザー評価: 0) 株価ブラウザ【明日香】 高速株価収集、チャート表示、証券各社対応損益計算 (ユーザー評価: 4) 勝率、リスクリワード比率、損失の許容(リスク)から、「そのトレードで破産してしまう確率」を求めることができます。項目を入力して「計算」ボタンをクリック(タップ)してください。, ・老後の備えはいくら必要か? 基本的な買値や株数などの記録のほか、買った動機や売った動機なども書いておくと、 ご自身の取引を見直す際の参考 になります。 株式投資に便利なエクセルを公開しています。 株の売買、年間損益、ipoや立会外分売の当選回数などを管理できるエクセルです。 ダウンロードしてご利用ください。 利用は無料ですが、再配布は禁止です。 現在手計算しているので、非常に労力がかかっている状況です。。, 読者の方から要望があったので、資金管理の表計算テンプレートは準備しています。特別、仮想通貨に対応する予定はありませんが、同じ考え方で使用できると思います。, ご質問いただいた件ですが、一番のネックはBTCに取引単位(●●通貨、●枚、●株)の概念がないことだと思います。その点は、この記事の『「ユニット・サイズ=1‐ATRの価格変動=口座残高の1%」を実現するための計算式』あたりで説明している考え方で解消できると思いますがいかがでしょうか?, FX BOT 3: Python ✕ Googleシート 5つの基本操作と関連情報まとめ, ゼロから投資#01: 経験に勝る知識なし!トレード初心者が低リスクで経験を積む方法, 株やFXの「破産の確率」を計算するフォームです。 2.トレード毎の複利ではなく、一定回数の複利とする, <トレード毎の複利ではなく、一定回数の複利とする> 端的にご説明するのが難しい領域であるため、回答が長くなります。ご了承くださいm(_ _)m, ______________________ 利確や損切りの目安をつけておき、そこに達したら決済して記録をつけるだけです。, 「利確」「損切り」のいずれかの基準を満たしシグナルが点灯したのを確認して決済を行います。また手法によっては、事前に設置しておいた逆指値注文が実行されます。, 決済したと同時に、記録をつけます。記録をつけた情報は、シート「銘柄とリスクの管理」や「資金の管理と分析」などに反映されます。, 最後に「手法の調整」について解説します。 エクセルテンプレートが集結 700種類以上を無料DL!仕事の効率アップに役立つ雛形やツールをお知らせします。, マイクロソフトのエクセルで動作する LINEだと1対1でお話することもできます!, >> このブログと著者について  入所日を入力して三つのブック  「利用者情報票(テンプレ)」→ 少しでも損を小さく利益を大きくするために細心の注意を払います。, ピラミッティングは、トレードの成績を伸ばす絶好のチャンスです。良い地合いの中で追加エントリーすることで、良い結果が得られる可能性が高くなります。しかし、ピラミッティングのシグナルが出たからといって、何も考えずにエントリーして良いわけではありません。通常のエントリーと同じく、, などの確認が必要です。 ・どんな投資をすれば良いのか? こんにちは、けだま(@kedamafire)です。 Follow @kedamafire これから投... ≪2018.12.4作成≫twitter➡けだま@kedamafire応援のクリックをお願いします♪にほんブログ村『アマゾン・エフェク …, こんにちは、けだま(@kedamafire)です。 米国株を中心に約1,300万円を投資、運用中です。  …, ≪2019.2.10作成≫twitter➡けだま@kedamafire 今まさにこの記事を読んでいる "あなた" のトレードが、少しでも向上することを願っています。, 「2. 進化系の定率2%ですが、以下のスキームを追加しています。 1.計算上の運用資金として、損失を倍の扱いとする ・資金がいくらあって、どんなトレードをしていたかの記録 平成30年4月以降開始事業年度から適用される、大企業向けの新しい所得拡大促進税制(賃上げ・投資促進税制)について、従業員情報と給与金額から別表6(23)、別表6(23)付表1に転記する基礎数字を自動計算するエクセルシートです。 『住宅ローン控除』の控除適用期間が、10年から1 …, 【資産運用実績公開】株高追い風に先月から3.5%資産増加。2020年9月初め時点の資産運用状況まとめ。, 【米国株,ETFの買い方】マネック証券編。入金から外国株口座への資金移動、トレードステーションでの買付まで。. ・何から調べれば良いのかわからない, ・実際に行っている積立のすべて(株やFXなどのトレードや自動売買と並行して実践しています) まずは全体像をイメージしてもらって、その後で、細かな入力項目の解説をしていこうと思います。, ※ 画像をクリックするとサンプルのgoogleシート:シート「資金の推移」が開きます。, リスクの調整や資金管理は、「運用資金がいくらあるのか」の上に成り立っています。つまり、運用資金の変化が分からなければ「調整」も「管理」も正確に行うことができません。お金が「増えた」「減った」も大切ですが、残高を把握してリスクを的確に調整し複利を活かしていくことが非常に重要です。, ※ 画像をクリックするとサンプルのgoogleシート:シート「銘柄とリスクの管理」が開きます。, エントリーのサイズの決定や、全体のリスクの調節など、最終的な投資判断はこのシートをもとに行います。, ※ 画像をクリックするとサンプルのgoogleシート:シート「トレードの記録」が開きます。, このシートであらゆるトレードの記録を行います。市場や取引会社ごとにトレード記録を分けていくと、その数が多いほど集計が困難になります。異なる市場でも銘柄が違っても記録するべきことに差はありませんので、トレードの記録はひとつのシートで行うことをオススメします。, ※ 画像をクリックするとサンプルのgoogleシート:シート「資金の管理と分析」が開きます。, なぜなら、ここで算出される「取引量の根拠になる金額」によって、「単利か複利か(定額・定率)」や「 1トレードのリスク(%)」が決まるからです。ここで算出された数字は、すべての運用に影響を与えます。このあたりの計算はすべて関数で組めるので「仕組み化」してあります。自動化してリスクのブレをなくすことはかなり効果的です。, ※ 画像をクリックするとサンプルのgoogleシート:シート「グラフ」が開きます。, 推移や分布などはグラフの方が分かりやすいので、いつでも見れるようにしておきます。グラフで確認することで思わぬミスを発見しやすくなるというメリットもあります。分布については、「プラスの『取引日』『トレード』がどれくらいの割合であるのか」を確認することができます。, 確率を勉強してみて分かってきたことですが、「トレードを分布で捉えること」は非常に重要だと考えています。シート「グラフ」の「取引日の分布」や「トレードの分布」が、まさにそれにあたります。これらの分布が思った通りの形になることが、運用成績を自由自在に操る第一歩だと思います。それは、取引日やトレードの分布はルール通りにトレードできていれば一定の形になるからです。, 一定期間のトレードで出来上がった分布を確認しルールを調整する。このトライアンドエラーを重ねてトレードルールは進歩してものだと考えています。, ここで解説する「リスクの調整」や「資金管理」には、タートルズ(Turtle Traders)の「ユニット」という概念を使います。まずは「ユニット」の解説をし、その後、各項目の解説をしていきます。, 本家タートルズの一員であった、カーティス・フェイスの著書「タートル流投資の魔術」の抜粋とともに、「ユニット」の解説をしていきます。以下はその著書について書いた記事です。ご参考まで。, お世話になったし、勉強になったし、今でも読み返すことがある。そして、この本の検証はまだまだ終わっていない。それくらい奥の深い本です。, わたしたちは自分たちのポジションをユニットと呼ばれる塊で取る。各ユニットの大きさは、取引枚数が 1‐ATRの価格変動で口座残高の 1パーセントになるよう設定されていた。100万ドルの取引口座なら 1万ドルだ。そこで、特定の市場で値幅 1‐ATRが示す金額を見て、1万ドルをそれで割れば、リッチ(リチャード・デニス)がわたしたちに割り当ててくれた取引資金 100万ドルごとに取引できる枚数が出る。この数字を、わたしたちはユニット・サイズと呼ぶ。不安定な市場、もしくは高額の契約の市場は、定額の契約の市場、もしくは安定度の高い市場より、ユニットは小さくなる。, つまり1ユニットは運用資金の1%のリスクをとっているということであり、取引する銘柄の 1―ATR、つまり、1日の値幅に合わせているということです。むずかしく考えず、これだけ分かっていれば問題ありません。, この計算ができれば、どんな市場・銘柄でもレバレッジがあってもなくても、すべて同じロジックで資金とリスクの管理を行うことができるようになります。, 残高は「ユニット」(取引量)の根拠になります。ボクは未決済の損益を含めた「純資産残高」で算出していきますが、未決済の損益を含めない現金残高で管理する人もいます。, このシートにおいて「リスク」と「ユニット」は同じ数量になります。「ユニット・サイズ = 1-ATR の価格変動 = 口座残高の1%」ですから、例えば、5ユニットは資金の5%分のリスクをとっているということを表します。, また、「口座残高の1%」としていますが、資金管理には「アカウントの調整」という概念があり必ずしもその時の口座残高の1%とは限りません。例えば、タートルズは以下のように行っていました。, つまり、損失が発生すると「1ユニットのサイズ」は「口座残高の 1%」ではなくなります。この点を正確にさかのぼれるように以下の項目も記録しています。, 資金の推移に関する分析もあわせて行っています。一定期間とは、「月」「四半期」「年」を指しています。, 「DD%」は前述のアカウントの調整に関わるので、この中でもっとも重要だと言えます。, 「月」「四半期」「年」の集計は「どの期間での複利運用とするか」に関わります。詳しくは後述しますが、「この期間内ならマイナスを出さずに運用していくことができる」という期間で複利運用を行うのが基本です。ただし、複利への正しい理解があればその限りではないと考えています。, もしボクが誰かに投資を教えるとしたら、移動平均線や他のどんなテクニカル分析よりも先にこのATRを教えると思います。そしてこのATRを覚えていないうちは一切トレードはさせません。それくらい重要だと思っています。, ユニットの数値は日々変動しますが、トレードの分析において非常に重要なものでもあります。ユニットに関する数値を記録しておくと、後のトレードの分析で大変役立ちます。, この記事でもすでに何度か登場している「複利」ですが、"とんでもない威力" と "巧妙な罠" をあわせ持つとご紹介しました。このあたりは過去の記事で解説していますので詳細は割愛します。気になる方は以下の記事をお読みください。(記事のオススメばかりになってますね・・), もちろん、利益を積み重ねることが大前提ですが、複利で運用していくと、その期間が長くなればなるほど大きな効果を発揮します。, さて、とんでもない複利の威力を享受しながら巧妙な罠をかいくぐるには、「複利の期間」を上手く設定する必要があります。それはつまり、「月ごと」「四半期ごと」「年ごと」の複利とすることを意味しています。, ということは、マイナスが出ない期間で複利運用すれば罠にかかることはありません。つまり、「この区切りならマイナスを出さずに運用していくことができる」という期間で複利運用を行うということです。その調整に必要なのが次の項目です。, トレードの度に、得た利益を加算してしまうと、それは「トレードごとの複利」になってしまいます。トレードでマイナスを出さないことは不可能ですから、複利の巧妙な罠の餌食になってしまうわけです。, また、資金を入金するタイミングにも注意が必要です。何も気にせずに、どんどん追加して大きく取引すると、たった 1回のマイナスで、それまでの利益を消化してしまう可能性があるからです。例えば、「四半期ごとの複利」と決めるのなら、「利益を加算」「資金の追加」は四半期に1度だけにすることをオススメします。, 例として「月」「四半期」「年」の複利をあげましたが、その期間は、どのように決めれば良いのでしょうか?, ポイントはやはり「トータルでマイナスを出さずに運用していける期間」です。そして、それはトレードの頻度に左右されます。トレード回数が少ないと、統計的な手法で結果をコントロールすることができないからです。, 単なるボクの肌感覚ですが、あまりピンとこない方は、以下を参考にすると良いかも知れません。, 投資において、「投資金を決めること」と「適切な複利の運用を行うこと」は何よりも重要です。どんなに良いトレードをしていても、この資金管理ができていなければ効果が激減し、ときには大きな損失につながることもあります。, 自分のトレードの良し悪しを正確に測るには統計が必要です。目指すべき数値を適切に再現できているかどうかをいつでも確認できる環境をこのシートで整えています。, "ちょっと" くらいエントリーや決済がおかしくても、破産することはあまりないですが、"ちょっと" でも資金管理をおろそかにすると、あっという間に破産してしまいます。多分、Web上でこれより詳しい「破産の確率」の解説はないと思います。, 大変な長い記事になっていますが、いよいよ最後です。運用管理シートの使用方法についてご紹介します。, いざトレードの管理をするとなると、どうしても「毎日やらなければならないこと」がいくつか出てきます。例えば、残高の記録やチャートの確認です。非常にメンドクサイですが絶対に必要であることは間違いありません。そして、仕組みさえ作ってしまえばそんなに大変なことでもありません。基本的な作業は、慣れれば 1日5分程度で終わります。, ※ 4は関数で表示されるがそのままでは記録として残らないため「値に直す」作業を行う。, ポジションがなくても「残高の記録」は毎日行います。ボクは朝の時点の残高を記録するようにしています。, ポジションの有無に関わらずチャートの確認は毎日必ず行います。当然ですね。ポジションがあるときは保有ポジションのチェックと調整。ポジションがないとしてもチャートの確認を行います。, リスクを管理する上でもっとも重要なのはエントリーです。どれくらいの資金を投下するのか、どの程度のリスクで収めるのか。すべてエントリーの瞬間に決めている必要があります。, すべてはトレードのシグナルから始まります。 株取引の管理をエクセルでやりたい。手数料を含めた平均取得単価の演算や、売却益の演算、損益率、税引き残高などを、表形式できないか。そういうフリーソフトがほしい。それなら「株富夢士(かぶとむし)」はいかがでしょうか。株取引の管理をエクセルで出来ますよ!  後1か月未満になると赤く知らせます(氏名欄)。, ・「山田 太郎(記入例)」 ‚éƒ`ƒFƒbƒNƒŠƒXƒg, •Žq‚³‚ñ‚ÆŠw‚ԁA‰ïŒvŽ––±Š‚ÌŽdŽ–uŒŽŽŸŒˆŽZƒ`ƒFƒbƒN•Òv. 1日5分!エクセルでリスクと資金の管理、統計と分析(株・FX・あらゆる投資に) - Investment Tech Hackではご利用中のブラウザサポートはしていません。Internet Explorerのアップグレード行う、もしくはその他のブラウザを使用しての閲覧をお願いします。. にほんブログ村 >> 実践で使っている運用管理表, わからない点があれば、どしどしご質問ください^^ 保有資格:証券外務員1種、認定テクニカルアナリスト, 更新のお知らせは、各SNSやLINEで。  新シートを作成できます。, ・特に注意が必要なのが、 また、ピラミッティングの逆指値を設置した場合は、適宜、その価格の調整が必要です。, 損切りライン(SO)は、トレードの "命綱" です。少しでもリスクを減らすために、適宜、調整を行います。トレードルールによっては、プラス方向の値動きに沿って損切りラインも追随する「トレイリングストップ」を使うこともあります。, 利益を大きく伸ばすために、利確ラインの調整も行います。損切りはノイズに引っかからないようにすれば良い "だけ" であるのに対して、利益はどこまで伸びるのかを予測することが困難です。安易な利確はせずに、利益を減らさないようにするために、, 決済の処理は非常にシンプルです。 フリーソフト(無料です)作者:(株)ドリカムサポートさん で実際に実践でされている検証もされていますが、どのような進化をさせたのか明記されていないので、明記していただけると読者にとって大変ありがたいです。, また、資金管理を定率2%にて計算をされていらっしゃいますが、定額2%を採用しなかった理由はございますでしょうか。, コメントありがとうございます^^ エクセルファイルのダウンロードはこちら(2020年正式版_ver1.2) エクセルファイルのダウンロードはこちら(2020年正式版_ver1.3) ※ver1.3は、各月のグラフに先月末のデータが入るようになっています(月を跨いだ資産の連続性を見やすくするため) ・破産を避けて、複利を活かす資金管理, 「記録をつけずに、何の管理もせずに、なんか知らないけど投資で10年勝ち続けています」, このことに異論がある方は少ないと思います。 ボクはその場で記録をつけてしまうのがもっとも効率が良いと考えています。, シート「銘柄とリスクの管理」「トレードの記録」に「決済SO(Exit SO)」と表記されている価格で、必ずロスカットの逆指値を設置します。「いつ大暴落が起きるか」が誰にも分からないのが相場です。このロスカットが、あなたの "命綱" になります。, シート「銘柄とリスクの管理」や「トレードの記録」に「増し玉 SO(Pyram. これらが、1日 5分、ひとつのエクセル・Googleシートで実践できます。 2019年5月4日 追記 読みやすく調整したり、内容をアップデートしたりしました。 2020年3月1日 追記 書類雛形(ダウンロードコーナー) (エクセル、123)施工管理用の参考書式です。 lastup:2011/01/07 ・ウィルスチェック済み ・使用に際してご一報いただけると幸いです。 オールインワンのエクセルシート(Googleシート)を、"徹底的" に解説します!, 「記録なんてつける必要ない」っていう人は少ないと思いますが、正直言って、記録をつけるのってメンドクサイですよね。。。ボクもできることならやりたくないです。しかし残念なことに、「記録」は投資においてめちゃくちゃ重要です。なので、渋々、しかたなく、トレードの記録をつけています。, 記録をつけることに、どんなメリット・デメリットがあるのかを、まずは整理してみましょう。, ボクは、複数の口座や市場を少ない工数で一元管理しています。資金とリスクの管理はとにかく徹底していますし、色々な数値が即座に自動算出されます。トレードにあてる時間は 1日 5分~30分程度。迷わず正確にルールを徹底することができています。, 「記録」「リスクの調整」「資金管理」は、"勝ち続けるために最も重要なこと" であると考えています。, 8つのメリットをあげましたが、その中でも「リスクの調整」と「資金管理」はとくに重要です。ここでは、リスクと資金について「どんな管理をしているのか」をご紹介します。, 複利には巧妙な罠が仕掛けられていて(?)、よくわからずに複利で運用してしまうと、「そこそこ勝ってるのに負けてしまう」という、とても残念な状況に陥いってしまいます。ボクも経験ありますが、これはホントに残念です。ガッカリします。, かと言って、投資をするのに複利を活かさない手はありません。長く投資を続けるほど、複利はとんでもない威力を発揮します。計画的な爆益を得ることができます。, この点については過去に解説していますので、興味がある方は、以下の記事を読んでみてください。, もちろん、利益を積み重ねることが大前提ですが、複利で運用していくと、その期間が長くなればなるほど大きな効果を発揮します。計画的な爆益を狙えます。, 一見、公平・有利な条件にみえても、「トレードしていたら、いつの間にか資産が減っていた」なんてことが往々にしてあります。複利での運用において注意すべき点を解説します。, そして、多くの人は「リスクは悪いもの」だと考えがちですが、それは間違いです。リスクとリターンは表裏一体です。リスクをとりすぎれば破産の確率が一気に上昇しますが、リスクをとらなければリターンは増えません。以下の図ようにリスクは「適度」でなければならないのです。, Twitterを見ていて思うボクの勝手なイメージですが、FXの人はリスクを取りすぎる、株式投資の方はリスクが少なすぎる傾向があるように思います。, 仕組みさえ作ってしまえば、①と②は問題ありません。ボク自身、日足で 10~15銘柄の分散投資をしていますが(執筆時点)、実際の作業時間は 1日 5分~30分程度です。本業への悪影響も、まったくありません。実は③のデメリットが最も危険で、④は人によります。エクセルや Googleシートなどの表計算は、計算式を間違えてしまっても、"正しそうな答え" を出してしまうので注意が必要です。, さて、これだけメリットを提示されて、ただそれを鵜呑みにするような方は少ないと思います。疑いの目を持つことはとても良いことですが、納得していないままこの先の話をしても意味がありません。, ここでは、簡単な検証を行うことで「記録や資金管理が、"勝ち続けること" に直結する」ということを(ほんのり)証明してみようと思います。, 簡単なモデルケースをつくって資金管理の検証をしてみました。まずは「良い資金管理」の確認です。, 勝率が 50% でリスクリワード(以下「RR」)が 1.2倍(利益が損失の1.2倍ということ)なので、普通に勝てる手法です。定率の2% というのは、エントリーする時の資金に対して2% のリスクでトレードをしていくことです。2%の複利運用とも言えます。, 画像は検証を10回繰り返したものですが、いずれもコンスタントに勝っていることが分かります。勝率50%でRR1.2倍という一見大したことのない手法であっても、「リスクの調整」と「資金管理」がしっかりしていれば、このように勝ち続けることができます。, 「そもそも管理していない」は(申し訳ないですが)論外です。そういう方は、今すぐにでも管理をはじめることをオススメします。そして、価格の「__%」や証拠金の「__分の1」といった管理は、やらないよりは良いのですが、おそらく "不十分" です。リスクは値幅からもたらされるもので、測り方が違うからです。, この記事のテーマから外れてしまうのですが、必要なので、以下でちょっとだけ解説します。, 例えば、下の図のように現在の株価が 2,000円の株と 1,100円の株があるとして、どちらも 1日の平均的な値幅が 100円だとします。, 「価格の __%」(図では10%)で管理しようとるすると2つの銘柄のリスクは200円と110円と判断することになります。しかし、実際の損益は価格ではなく値幅によってもたらされるので、この2つの銘柄のリスクはあくまでも 1日 100円でしかありません。ここで問題なのは、「__%」による「200円」「110円」という測り方では本来のリスクである「値幅 100円」に対してズレが生じているということです。, 例をあげればキリがないですが「株価の__%」「証拠金の__%」といった資金管理は正確ではありません。そういう管理をして、リスクのとり方がチグハグになってしまうケースが非常に多いと考えています。, 勝率とRRは2-1と同じく勝てる手法ですが、資金管理を「運用資金の 1%~20%」としてみました。この範囲でランダムにリスクを取ります。つまりこれは、「リスクのとり方がチグハグの場合はどうなるのか?」という検証です。, 感じ方は人それぞれだと思いますが、長期的に安定した利益をあげた「定率2%」に対して「チグハグ」は非常に不安定です。運用資金を100万円とすると、1回のトレードに1~20万円を相場観で振り分けるのが「チグハグ」トレードです。100万円の内の20万円。チャンスだと感じたらチャレンジする人、できちゃう人が多いと思います。この検証が示しているように、そういうロジックは非常に不安定な結果を生んでしまいます。, 人間の頭脳は非常に優秀です。「トレードのタイミングやチャートの判断に "裁量" が入ること」をボクはまったく否定しません。しかし、リスクの調整や資金管理については決めた数値で機械的に行うべきだと考えています。そうすることで、優秀な頭脳を活かしてトレードに集中できる環境を整えることができます。, チャンスで大きめにベットするなら、このあたりのルールを明確にすることも必要だと思います。, ついでにマーチンゲールや逆マーチン、定率2%の進化系(タートルズのロジック)の検証も行ってみました。, 言わずと知れたギャンブルの必勝法です(実際には大敗する)。ギャンブル界隈では資金管理を「ベッティングシステム」というようです(カッコイイですね)。, 最も古典的かつ有名な手法で、カジノ必勝法として永らく愛されてきた。倍賭け法とも言われる。, まず 1単位賭け、負ければその倍の 2単位、さらに負ければそのさらに倍の 4単位、と賭けていき、一度でも勝てばただちに 1単位に戻す、という手法である。試行回数に関係なく、勝った時には 1単位を得ることになる。, 多くの場合には少額の勝ちであるが、負ける時は大敗する。負けが連続するとたちまちパンク、もしくはテーブルリミットと呼ばれる賭けの上限に達してしまう。, 「マーチンがダメならその逆をやればいいんじゃないの」という発想で生み出されたのが(?)、パーレーというベッティングシステムです。, すなわち、1単位賭けた後、勝てばその倍の2単位、さらに勝てばその倍の4単位、負ければ1単位に戻す、という手法である。もちろん、勝ち続けても1回でも負ければ損となるため、どこかで1単位に戻して獲得金をしっかりと自分のものにする。分散はマーチンゲールの鏡対照となる。, 作成してみてわかったことですが、6連勝した時点で掛け金が資金 100% を超えてしいます。それ以降、負けてしまうと当然破産してしまいます。そもそも資金 100%以上の掛け金をどう捻出するのでしょうか。非現実的ですね。そこで、掛け金が資金の 100% を超えるのを検知したら 2% に戻るように設定してみました。勝ち逃げです。, 最後に「ボクが実戦で使っている資金管理」の検証も行ってみました。これはタートルズという投資集団が実際に使っていたロジックです。複利の対策とドローダウンを軽減するスキームを取り入れています。, これでもかと言うくらい検証を繰り返してきた資金管理なので不安はありませんでしたが、やはり安定しています。小さいグラフなので細かいところまで見ることができませんが、ドローダウンも軽減されているはずです。, さて、つらつらと記録をつける必要性を書きましたが、別にむずかしいツールを使っているわけではありません。この記事のタイトルの通り、エクセルやGoogleシートで実現できます。誰でも使える、ありふれたツールです。, エクセルも便利ですが、Googleシートにしかできないこともたくさんあります(すごいぞ、Google!)。, 上に書いた技術的なことはエクセルでも(VBAをつかえば)実現できますし、大量の関数を使った計算もエクセルの方が早かったりします。要は "使い所" なので、やりたいことや、環境に合ったもの使うのが良いと思います。いずれにしても、投資の記録は自由の効く表計算ソフトで行うことをオススメします(利便性よりも自由度!)。, いよいよ実践です。