札幌に来たら食べたい物を、札幌人の俺がことごとくくだく 2,537件のビュー; 北海道top15の温泉はこれでええな? 2,293件のビュー 【ニュース】札幌市の感染者、全国で突出 10万人当たりで東京23区の2倍以上・・・ 2,187件のビュー 大変申し訳ございません。当ページは一時的にアクセスができない状況になっているか、以下のいずれかの理由により見つかりませんでした。 ブラウザの再読み込み・更新を行ってもこのページが表示される場合は、 北海道札幌市豊平区豊平8条10丁目の住所一覧です。周辺のお店、施設、観光スポット、イベント情報、天気予報、防災情報も検索できます。主な情報提供元はタウンページ、ぐるなび、ホットペッパー、ゼンリン、日本気象協会、国土交通省、ウィキペディアなど。 豊平区タクシー運転手強盗殺人事件に関する情報提供のお願い 平成12年10月5日(木)未明、札幌市豊平区豊平1条1丁目先路上において、タクシー運転手被害の強盗殺人事件が発生しました。 19日、札幌で20歳の男子大学生が死亡したひき逃げ事件で、逮捕された新聞販売店員の50歳の男が、事件後そのまま出勤し、いつもと変わらない様子で働いていたことがわかりました。 10月19日未明、札幌市豊平区で男性が車にはねられる事故がありました。この事故で車にはねられた男性が死亡。また、男性をはねた車は救護することなく現場から逃走。車は南方面へ走り去ったという情報が出てきています。, ※10月21日、ひき逃げの容疑で岡田敏宏容疑者(50歳)が逮捕されました。(下記), <北海道>札幌・豊平区でひき逃げ 大学生が死亡(HTB北海道テレビ放送) https://t.co/qLQc7qw2kq, — ゆーいちヽ(^o^)丿くんせい名誉師範 (@europa_s2) October 19, 2019, 警察の発表によりますと、10月19日午前1時50分ごろ、札幌市豊平区平岸7条12丁目で「路上で人が倒れている」と現場近くを通りかかったタクシーの運転手から警察に通報があったということです。, 事故現場で倒れていたのは、札幌市豊平区西岡4条6丁目に住むの北海学園大学3年生、榎本拓斗さん(20歳)。榎本さんは駆けつけた救急により病院に搬送されましたが、その後死亡が確認されました。榎本さんの父親によりますと、榎本さんはすすきので、サークル仲間と自身の誕生日会を開いた後の帰りだったということで、道路を横断中に車にはねられたとみられています。, 現場には事故の衝突の際に飛び散ったとみられる車の部品が散乱していたことから、榎本さんは車にはねられたとみられています。車は現場から逃走していて、警察はひき逃げ事件として調べています。, 19日、札幌で20歳の男子大学生が死亡したひき逃げ事件で、逮捕された新聞販売店員の50歳の男が、事件後そのまま出勤し、いつもと変わらない様子で働いていたことがわかりました。, 札幌市東区の北海道新聞の販売店員・岡田敏宏容疑者50歳は、19日未明、豊平区平岸7条12丁目の羊ヶ丘通で北海学園大学3年の榎本拓斗さんを乗用車ではねて死亡させ、そのまま逃走した疑いで逮捕されました。 ドラレコなど情報をお持ちの方は捜査にご協力を!(※岡田敏宏容疑者が逮捕されました), 札幌市豊平区平岸でひき逃げ事故【岡田敏宏逮捕(顔画像)】大学生の榎本拓斗さんが死亡. 札幌市豊平区関連のニュース・事件・事故・地域情報や不動産物件情報をご紹介。 91~100件目を表示中 (全226件) 「ハラハラ感味わいたかった」 女性のスカート内盗撮し35歳の北海道職員の男盗撮で逮捕 札幌市 2020/10/14(水) 6:59 掲載 札幌市豊平区でタクシーとRV車が衝突する事故があり、タクシーが炎上しました。 激しい炎に包まれる1台のタクシー。 警察などによりますと、榎本さんは21日が21歳の誕生日で、事故当時は友人が開いた誕生日会から歩いて帰宅する途中でした。, 「夜になると車の通りが少ない。結構なスピードだし、街灯も真ん中くらいにしかないから、歩道が見えづらいので事故が起こりやすいのか。ひと事には思えない」(近所に住む高校生), 岡田容疑者は事件後、現場から1キロほど離れた新聞販売店にいつも通り出勤していたということです。 城丸君事件(じょうまるくんじけん)とは、1984年1月10日に札幌市豊平区で発生した男児失踪・死亡事件。また、黙秘権についても注目されたことでも知られている。, 1984年1月10日、札幌市豊平区で当時9歳の男児・城丸君(以下A)の行方が分からなくなる。A宅が資産家だったため身代金誘拐の可能性も考えられたが、身代金を要求する電話がなかったため、公開捜査となった。, その後の捜査でAの母親の証言によると、Aは「ワタナベさんと名乗る人物のところに行く」と言い残して姿を消したことが判明。後に当時29歳の元ホステス(以下X)のアパートの階段をAが上っていったと言う目撃証言が得られたため、警察は彼女を重要参考人として事情聴取したが、有力な情報は得られなかった。, 1986年12月30日、Xの嫁ぎ先の新十津川町の自宅から出火し、彼女の夫(以下B)が死亡する火事が起こる。Bには1億円あまりの保険金がかけられており、Xはそれを請求した(後に取り下げ)。, その後、Bの弟が焼けた家を整理していると、焼けた人間の骨を発見し警察に届け出た。当時のDNA型鑑定では焼けた人骨から身元は確認できなかった。警察はXを再度事情聴取したが、その際にポリグラフでは特異反応が示され、大罪を犯したことを匂わせる発言をしていたが、骨の身元が判明していなかったこともあり、この時はこれ以上の追及は断念された。, 1998年、短鎖式DNA型鑑定を用いた結果、その人骨がAのものであることが判明し、同年12月7日にXを殺人罪で起訴。殺人罪の公訴時効成立の1ヶ月前だった。この時点で傷害致死・死体遺棄・死体損壊罪の公訴時効は成立していた。検察はXが借金を抱えていたことから身代金目的で誘拐して殺害したとしたが、死因を特定できなかったために殺害方法は不詳として立件せざるをえなかった。, 一審では被告人は罪状認否で「起訴状にあるような事実はない」と主張したこと以外は、被告人質問における検察官のおよそ400の質問に対し、全て「答えることはない」と返し黙秘した。なお、弁護人は被告人は黙秘権を行使する意向であるとして、被告人質問を実施すること自体に反対していた。, 検察側は多くの状況証拠からXが殺人罪を犯したとして無期懲役を求刑。一方で弁護側は無罪を主張した。Xは経済的に困窮しておらず、身代金目的の誘拐を企てる動機もないとされ、その他殺害に及ぶに相応する理由も捜査では見出せなかった。しかし、遺体を長期間保管したり、火災で焼損した骨を隠しておく、当初の捜査時に事件との関与をほのめかす供述をしていることが事実認定された。, 2001年5月30日、札幌地裁(佐藤學裁判長)はXの家から見つかった骨がAであることを認定し、その他の証言より、電話で男児を呼び出したのはXであるとした。また、多くの状況証拠から男児AがXの元にいる間、Xの犯罪的行為によって死亡した疑いが強いと、なんらかの致死行為があったことを認定したものの、殺意があったかどうかは疑いが残ると認定し、Xに対し殺人罪について無罪判決が下る。傷害致死・死体遺棄・死体損壊罪は公訴時効が成立していたため、これらの罪で有罪にすることはできなかった。裁判では黙秘権の行使について、札幌地裁判決は「被告人としての権利の行使にすぎず、被告人が何らの弁解や供述をしなかったことをもって、犯罪事実の認定に不利益に考慮することが許されないのはいうまでもない」と示した。検察側は控訴した。, 2002年3月19日、札幌高裁の裁判長門野博は、控訴を棄却した。札幌高裁判決は前記一審の判示を支持し、加えて「弁護人が被告人質問をすることに反対していたとしても被告人質問を行うことは不当ではないが、実際に被告人質問を行ってみて黙秘することを明確にした被告人に対してなおも質問を続けたのは、被告人の黙秘権を危うくするもので疑問」と一審の検察官の質問の在り方にも黙秘権保護の見地から批判的な判示をした。, 同年11月18日、札幌地裁が請求の約80%に相当する、930万円を支払うことが決定した。, 被害者遺族は「被告人は黙秘権を悪用せず、事実を話してほしい。黙秘も権利であろうが、(被害者の常識からは)納得がいかない[1][2]」「殺意の認定が主な争点となったが、法曹家の言葉遊びのようだ。人が1人亡くなった重みの方が、はるかに重大だ[3]」「弁護士は、真実を明かす基本的なことを忘れ、百の真実を一つの言いがかりで無罪に持って行こうとしているとしか思えない[2][4]」と黙秘権を行使する被告人と弁護人およびそれを容認して無罪判決を出した司法に批判的なコメントをしている。, 被害者の父親は衆議院議員阿部文男の秘書をしていた。阿部文男が逮捕・起訴された共和汚職事件の東京地裁で1993年6月11日に開かれた法廷に被害者の父親は元札幌事務所所長として出席し、「事情聴取されていた贈賄企業幹部から事件に関する捜査状況を聞き出していた」旨の証言をしている[5]。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=城丸君事件&oldid=77231271.