いうまでもなく、『自分を操る超集中力』(メンタリスト DaiGo著、かんき出版)の著者はテレビなどでもおなじみの人物。 "メンタリズム"という、人の心を読み、操る技術を駆使する日本唯一のメンタリストとして知られています。そんな著者の新刊である本書のテーマは、タイトルにもあるとおり「集中力」。自身の実体験も踏まえつつ、集中力を科学的に高める方法を紹介しているわけです。, まず注目すべきは、集中力は持って生まれた才能ではなく、トレーニングによってさらに強化することができると断言している点。つまり集中できる人とできない人との差は、集中力を発揮する方法を「実践しているか・していないか」にあるというのです。, 私は自分の身の回りにあるすべてのものに注意力を奪われ、その結果、なにひとつ集中できなかった状態から、目的からやるべきことを絞り込み、的を絞って集中する術を身につけたことで、集中力をコントロールできるようになりました。(「まえがき」より), しかも、いったんその術を身につけると、疲れているときも集中力が持続するようになるのだとか。そして大切なのは、ひとつの行動にフォーカスし、ひとつずつ着実に習慣化していくことだそうです。きょうは第4章「集中力を自動でつくり出す5つの時間術」から、「時間術1 超早起き」にクローズアップしてみましょう。, 著者によれば、脳は朝起きてから2時間の間にもっともクリエイティブな力を発揮するもの。そして、なかでも特に重要な30分があるのだそうです。それは、十分な睡眠をとり、朝食をとったあとの30分。この"ゴールデンタイム"は、1日のなかでもっとも集中して物事に臨みやすく、なおかつ自分をコントロールする力も高まっている時間帯。勉強など、なにかをはじめたいと思っているなら、この30分を有効に活用すべきだというのです。, そのために必要なのは、当然ですが早く起きること。具体的には、朝食後の30分から1時間をじっくりと自分のためだけに使えるようなスケジュールを組むことが大切だといいます。ゴールデンタイムであるこの時間を、自分のための勉強やトレーニングなどにあてることは、最高の自己投資になるといいます。, もし8時に家を出るのなら、6時に起きて朝食を済ませ、6時半〜7時半の1時間を自分のために使う習慣をつける。毎朝、そんな時間をつくることができれば、1年で365時間(=15日)。つまり早起きを続けることで、まるまる2週間分のクリエイティブな時間が手に入るということです。そして、そこで積み重ねた思考や体験は、将来的に大きな成果となって返ってくるわけです。, なお朝食後30分をピークとした集中力の高い状態は、そこから約4時間持続するのだそうです。つまり6時に起床した人なら、11時頃までが知的作業に向いた時間帯だということ。ただしその後、午後にかけては徐々にウィルパワー(意志力)を失い、クリエイテビティや集中力を発揮することが難しくなってくるもの。それは裏を返すと、集中力にとって睡眠時間がどれだけ重要な要素であるかの証明でもあると著者は記しています。(209ページより), 経済的、社会的に成功している人たちと一般の人の睡眠時間を比較したアメリカの研究によると、成功している人たちは長時間眠っていることがわかっているのだといいます。彼らの平均睡眠時間は約8時間で、一般の人のそれは約6時間。つまり2時間の差があったというのです。, では、なぜ社会的に成功している人のほうが長く眠っているのでしょうか? このことについて著者は、取り組む作業に高い集中力が必要な人ほど、ウィルパワーが十分に回復するに足る睡眠時間が必要になるからだと主張しています。, 4時半に起床する人が8時間眠るとしたら、20時半には寝なければならないはず。一般的な感覚からすればかなりの早寝ですが、「サーカディアンリズム」で考えると、これは非常に理想的な生活サイクルなのだそうです。サーカディアンリズムとは、原始時代から現在に至るまで、哺乳類がくり返してきた「日の出とともに朝起きて、日が落ちるとともに眠くなり、夜は寝る」という生活サイクルを通じてつくられたリズム。私たちの体の各機能は、このサーカディアンリズムに合わせて働くようになっているのだといいます。, 社会的成功者の、4時半起床や20時半就寝といった生活サイクルは、どこか極端なようにも思えます。しかし、それは体にとって最適なリズムだということ。逆に深夜まで残業し、朝も出勤ギリギリまで二度寝するような生活サイクルだと、時差ボケのママ日常生活を続けるようなもの。そんな生活を続けていると体内時計が乱れ、不眠状態に悩むことにもなりかねないといいます。(211ページより), ところで、どんな朝を過ごせば集中力をつくり出すことができるのでしょうか? 早起きの実践者たちには、共通している行動があるのだとそうです。それは、起きたあと、ランニングやウォーキング、ストレッチ、スイミングなど、なんらかの手段で体を動かし、軽く汗をかいていること。早く起きることで確保できた朝の2時間のなかに15分程度の運動を盛り込み、脳を活性化させて集中力を高めているというのです。, なお著者は、こうした実践者たちの実例や脳科学などの研究所を読み込み、そこにメンタリストとしての知識を重ね合わせ、「朝、行うべき7つの行動」をまとめています。(214ページより), 上記の5.と6.は、長期と短期のスケジューリング。早起きしたときの頭はクリアな状態になっているため、「今日が人生最後の日ならどうする」と問うことで、この先の人生の目標を思い描くことができるというわけです。もし成し遂げたいことが浮かばないなら、まずは「自分がやりたくないこと」「この先、やるつもりのないこと」をはっきりさせることが大切。それだけで無駄な意思決定が減り、ウィルパワーの消費がなくなるというのです。また、朝のフレッシュな状態でその日のスケジュールを組み立てることは、その日1日を充実させるために必要な行動。, 仕事の大半を、時間や順序が定められていないデスクワークが占めているビジネスパーソンも少なくないはず。突然のミーティングやクレーム対応などが入り込んでくることもあるだけに、あとから1日を振り返れば、なにをしたのかわからないということも少なくないでしょう。, しかし、そうやって失っている時間、集中力は長期的に考えると大きな損失。そこで、そのようなムダを省くため、毎朝10分ほど、その日の予定を考える時間をつくるべきだと著者は主張しています。会社に着いたら、最初になにからはじめるのか。何時をめどに終わらせるのか。次に取りかかる仕事はなにか。感情的になって判断が鈍ることのない朝の時間に、1日の時間をコントロールするための準備をするということ。(216ページより), 夜は新しいことに挑戦する意思力と集中力が残っていないもの。そのため、家に持ち帰って仕事をする、または新分野を学ぶための時間には向いていないといいます。しかし、静かに復習するには適した時間。そういう意味では、極端ながら「17時以降はもう集中しない」と決めてしまうのも悪くはないと著者。, 夜は集中力が低下しているため、その時間帯を"学ぶ時間"に割り当てたとしても成果は望めないもの。しかしその一方、眠る前に目から入った情報は記憶に残りやすい性質があるのだそうです。そこで夜は復習けにして、集中力が必要なインプットは朝に回してしまおうという考え方。つまり、集中力を存分に活用した1日の使い方は、次の3ステップになるといいます。, これを毎日くり返し、仕組み化していくことが大切だということ。自分の人生において大切な意思決定、キャリアアップに関係するような判断はすべて午前中に終わらせる。そんな、早起きの朝方スタイルに変えていくことを著者は勧めています。(220ページより), 集中力の高め方を、他にもさまざまな角度から検証しているだけあり、とても実践的な内容になっています。そうであるだけに、「いまひとつ集中できない」という悩みを抱えている人にとっては、利用価値の大きな一冊だといえるでしょう。.

Amazonタイムセールで、800円台の270°角度調整できるスマホ&タブレットスタンドや500円台のカラビナ付きペットボトルホルダー5個セットがお買い得に, iPhoneのアイコンをカスタマイズ。ホーム画面をミニマルにするアイコンセット【今日のライフハックツール】, Apple WatchがSpotifyのストリーミング再生に対応! iPhone不要でランニングできる. 著者によれば、脳は朝起きてから2時間の間にもっともクリエイティブな力を発揮するもの。そして、なかでも特に重要な30分があるのだそうです。それは、十分な睡眠をとり、朝食をとったあとの30分。 看護師兼よもぎ蒸しアドバイザーのいちこが体を温める方法についての情報をお届けします。, シャッキっと起きて行動したいのに、体も頭もそうはいかずに、ボオ〜っと、だらだらした朝を過ごしていませんか?当てはまる方は、交感神経が優位になっていないのかもしれません。朝をうまく過ごせるかどうかで1日のリズムが違ってきたりします。朝は1日のなかで大切な時間です。, こんにちは!看護師兼よもぎ蒸しアドバイザーの市子(@Ichiko07399260)です。, スヌーズ機能を何度か使ってベッドから出るのは、布団から起き上がるのは5分後、10分後、30分後、もしくはそれ以上になっていませんか?, 朝ごはんを食べない人や食べる時間がない人は、とりあえずスーツや仕事着に着替えて仕事に行ったりしていると思います。, 職場についても、頭はまだボオ〜としていて、お昼近くになってようやく、なんだか頭がさえてきたなんて人もいるでしょう。, 「朝を制するものは1日を制す」なんて言葉もあるくらい、朝は1日のなかで大切な時間帯になります。, 朝に頭がボオ〜っとして、なかなか起きれない人や、行動できない人は、副交感神経が優位になっている可能性が大です。, リラックス神経と呼ばれる副交感神経は、本来、太陽が沈む夕方頃から夜にかけて優位になってほしいところです。, これらは、交感神経を優位にさせてしまいます。夜に、交感神経が優位になると、なかなか寝付けず、熟睡感も得られにくくなってしまいます。, このリズムに逆らって行動していると、自律神経が乱れて、体や心にさまざまな不調が起きてきてしまうのです。, ホメオタシス、もしくは恒常性とは、「生物のもつ重要な性質のひとつで生体の内部や外部の環境因子の変化にかかわらず生体の状態が一定に保たれるという性質、あるいはその状態を指す」と言われています。, 私たち人間は、夜行性ではありません。朝、昼間に活動して夜に休むような体の仕組みになっています。, おそらく、電気のない時代に戻り生活し始めると、自然と朝には交感神経が優位になり、夜には副交感神経が優位になって自律神経のバランスが整ってくるでしょう。, しかし、現代社会に生きる私たちに「電気のない生活をして、交感神経と副交感神経のバランスを整えましょう!」なんて言ったとしても、さて実行できるでしょうか。, 数日、数週間、実行できたとしても、死ぬまで永遠に電気のない、もちろんコンセントもない生活を選ぶ人はいないと思います。, そこで、今の私たちにできること、朝に自然と交感神経が優位になる方法を探して行った方が、朝の時間も、1日も、人生もうまくいくことでしょう。, また、昼間に太陽の光を浴びることで体内リズムも整えることが出来るので、不規則な生活を改善することができます。, ストレッチというと、屈伸運動や開脚運動を思い浮かべるかもしれませんが、ごろんと寝転がったままでも出来ます。, 時間のないときや、冬場で寒いときは、布団の中で、背伸びをしてみたり、体をひねってみたり、手首や足首をぐるぐる回すだけでも効果があります。, 冬場は布団から、出るのが億劫ですよね。朝ストレッチをして、交感神経を優位にさせて、代謝も気分も上げていきましょう!, 体を少しでも動かして、ゆっくり呼吸することで、快適な目覚め、朝を迎えることができるでしょう。, 仕事の集中力もアップのためにも、朝ストレッチ、少しの運動で、脳を活性化させましょう。, 頭がボオ〜っとしているとき、気分が悪いとき、寒いときなど、いつの間にか姿勢が悪くなっていたり、猫背になっていたりしませんか?, 反対に、姿勢を正しくすると背骨が刺激されて、交感神経が優位になり、脳も活性化できます。, 朝に、交感神経が優位に働くと、仕事の効率もアップして、思考もポジティブになって、良い1日が過ごせると思いませんか?, 朝起きて、すぐに洗顔していますか?それとも眠いまま、顔も洗わず、だらだら〜ゆっくり〜過ごしていませんか?, 休日ののんびりしたい朝とは違い、平日テキパキと行動したい朝は、洗顔は朝起きてすぐ、なるべく早くするようにしましょう。, 冬場は、最初から冷たい水で顔を洗うのは、手も顔も冷たく感じてしまいます。それが気持ち良いと感じる人は、出来ますが、苦手な人もいます。, 苦手な人は、洗顔のはじめは、温かい温度の水、ぬるま湯を使い、最後に、冷たい水を1回、2回ほどパシャパシャと顔につけても構いません。, 洗顔の最後に冷たい水でパシャパシャと洗うことで、毛穴の引き締め効果も期待できます。, 朝に、交感神経を優位にすることは、生活リズムもホメオタシスも自律神経のバランスも整えることが出来ます。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. 運動によって血流が促されることによって脳に酸素やブドウ糖などが送られ、結果として脳が活性化されるようです。そのため、朝の運動が仕事の効率化にもつながるのです。 朝の運動を習慣化するコツは「就寝時間」にあり シャッキっと起きて行動したいのに、体も頭もそうはいかずに、ボオ〜っと、だらだらした朝を過ごしていませんか?当てはまる方は、交感神経が優位になっていないのかもしれません。朝をうまく過ごせるかどうかで1日のリズムが違ってきたりします。朝は1日のなかで大切な時間です。 朝のゴールデンタイムを自分のためだけに使う. 効率的なエクササイズのメソッドはもちろんメンタルやライフスタイルまで、役立つトピックスをお届けします。, 「運動により脳が活性化する」と聞いても、いまいちピンとこない人もいるかもしれません。しかし、運動が脳にもたらす効果が大きいことは脳科学の見地からも明らかです。, 筑波大学大学院人間総合科学研究科と農研機構・食品総合研究所食認知科学ユニットの共同研究グループによると、軽いジョギングのような中強度の運動は、自分の注意や行動をコントロールする能力をアップさせる効果があるとのこと。(※), 重要な判断や決断を下す際には、脳の前頭前野が活発になるといわれていますが、軽い運動をすることでこの前頭前野の血流が増し、判断力や認知能力が向上するということが研究によって実証されたのです。, 運動中に判断する必要がある課題を与えると、座りながら同じ課題を解くときに比べて、成績が良くなるという研究結果もあり、運動と脳の働きには密接な関係にあることは事実といえますね。, では、運動はいつ行うのがよいのでしょう。軽いジョギングやジムに行く程度であれば、昼休みや退社後でも可能ですが、ここではぜひ、朝の出社前に行うことをおすすめします。, 午前中はずっと頭がぼんやりしていて「早起きして運動するなんて考えられない!」という人もいるかもしれません。しかし、そういう人こそ、朝の運動が効果的。朝の運動は、脳の血流を増加させ、目覚めたばかりの脳を活性化させてくれます。, アメリカのシカゴにある高校では、授業が始まる前にランニングをする時間を設けるという取り組みを実施したそうです。すると、生徒たちの成績が全体的に上がったという報告があります。, 運動によって血流が促されることによって脳に酸素やブドウ糖などが送られ、結果として脳が活性化されるようです。そのため、朝の運動が仕事の効率化にもつながるのです。, それでもやっぱり早起きは苦手……という人は、「就寝時間」を見直してみましょう。いつもは朝7時に起きている人が、運動のために6時に起きるのは少しつらいかもしれません。しかし、いつもより寝る時間を1時間早めて6時に起きる、と考えるとそれほど難しくないのではないでしょうか。, 起きる時間にばかりこだわると、十分な睡眠時間を確保することができず、かえって睡眠不足に陥ってしまうことも。そうならないためには、「寝る時間」を守ることがポイントです。まずは、毎日1時間早くベッドに入ることを意識して、習慣づけてみてはいかがでしょうか。, 朝の運動は一日の活力の源になり、頭も気分もスッキリとした状態で仕事に取り組むことができるでしょう。そして、出社するまでの時間を有意義に活用することで、精神的な余裕が生まれ落ち着いて行動できるようになります。結果として、段取りよく動けるようになったり、ミスをしにくくなったりすることにつながり、仕事の効率を上げることができるのです。, また、早く仕事を終えてプライベートの時間を持つことができれば、仕事にもプライベートにも満足感が生まれ、モチベーションも向上します。そして、睡眠時間をきちんと確保することで翌朝の早起きにつながり、健康的でメリハリのある生活リズムを目指すことができるでしょう。, ・悲願の「早起き習慣」一生定着させるコツのコツ | PRESIDENT Online – プレジデント, 〒140-0002東京都品川区東品川2-3-12シーフォートスクエアセンタービルディング18階, 運動をすると頭の回転が速くなり、集中力が高まる――そんな話を聞いたことはありませんか?, スタイリッシュなデザインが人気のイタリア製高級フィットネスマシン・ブランド『テクノジム』。, 悲願の「早起き習慣」一生定着させるコツのコツ | PRESIDENT Online – プレジデント. ©Copyright2020 よもぎ蒸しヘルス.All Rights Reserved.