他にも、「未使用」や「美品」といった1銭硬貨の状態についてもご紹介していますので、1銭硬貨の買取価格やおすすめ買取業者をはじめとした、1銭硬貨の情報をお探しの方はぜひ参考にしてください! 他の額面の硬貨に関しては次のページも参考にしてください。, 1銭硬貨買取の際には優秀な古銭買取業者に依頼をする事で、特に手間をかけずにお手軽かつ安心に1銭硬貨の高価買取が実現可能です。 昭和19年の5銭硬貨の価値. 数ある買取業者から厳選したのは「福ちゃん」「バイセル」「買取プレミアム」「ウルトラバイヤー」の4社。それぞれサービスの特徴も異なりますし、高額査定のためには業者選びは重要です。複数業者に査定を依頼する相見積もりも大切ですので、是非一度チェックしてみてください。, 価格目安については、日本貨幣商協同組合加盟店による販売実績、オークション実績などの結果を元にした、日本貨幣カタログを参考にしています。(※価格目安「-」となっている箇所については、貨幣本来の価値と同等の価値しかない、ということを意味しています。), 表面上は親切に丁寧に対応してくれましたが、なんだか強気な感じがして、怖かったです。何でも簡単に査定できます。といった自信みなぎる雰囲気にあまり好感が持てなかったです。この業者さんは、もう利用しないつもりです。, 古銭がいくらの価値かも分からず、とりあえず店舗に持ち込みました。意外と高く売れるものなのだなと感じました。査定はサクッと見られたくらいで、速やかに金額提示されました。相場がわからなかったのでそのまま売却しました。後々知人に聞いてみると、もっと高く売れたんじゃない?と言われ、ちょっとショックを受けています。, 言葉遣いなどは問題なく、親戚のおばさんたちの質問に答えてもらえた。ただこちらが全くの素人で、相場も価値もわからなかったので、最初は買取価格がかなり少なくびっくりした。やりとりしているうちに買取価格があがった。叔母たちは喜んでいたが、わたしとしては不信感でしかなかった。, 店舗自体は川崎市内の細い雑貨ビルの上階にあり、店舗を探すのに苦労致しましたが、スタッフの対応はとても丁寧でとても好印象でした。その場では私以外の客の姿はなかった為か鑑定時間も短くまた、, 最初居た男性が、「自分より古銭に詳しい者がいる」と、外出中の女性店員を呼んでくれました。その女性店員さんが、何が幾らかなど丁寧に説明して下さり、納得して査定を受けることが出来ました。素人には分からないので……。記念コインなど、数十点を二万円少しで買い取って頂けて満足しています。. 特に、価値の高い1銭硬貨をお持ちであれば、複数の古銭買取業者にメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。 7 昭和19・20年(錫貨) 7.1 貨幣情報; 7.2 発行枚数や価格目安など一覧表; 8 1銭硬貨は通用価値の3,000倍以上; 9 通用価値以上の1銭硬貨まとめ; 10 【注意】記念硬貨の買取でお近くの店舗にいく前に. 1銭硬貨をメール査定してもらう方法やお勧めの古銭買取業者は次のページを参考にしてください, では、1銭硬貨の価値と買取価格、概要について一覧で紹介していきます。このページで説明する1銭硬貨の種類の一覧は次の通りです。また、「1銭硬貨の状態」や「エラー銭」についても併せて紹介しています。 エラー硬貨は希少価値が高いため、古銭買取でもかなり高く買取されるケースが多く、通常品より買取価格が期待できるものとなります。古銭買取業者へ1銭硬貨を売るにあたっても、エラー硬貨の存在は買取価値を大幅に上げてくれるため、「硬貨に一見変わったところはないか」は、是非チェックしておきたいポイントです。 1銭硬貨は今となってはほとんど見かけることがない貨幣ではありますが、昭和20年まで製造・発行されていたこともあり、見たことがある方もいるのではないでしょうか。, また、実際に持っている方、掃除をしていたら出てきたということもあるでしょう。今は使えない古銭ではありますが、1銭硬貨は額面以上の価値はあります。, ここでは1銭硬貨の種類と特徴、そして実際に今どれくらいの価格で取引されているのかを種類ごとに紹介しています。, 1銭硬貨は明治6年に補助貨幣として製造・発行が開始され、昭和20年までの約70年間で7種類の1銭硬貨が発行されています。, 額面上はすべて同じですが、今となってはその価値は大きく異なります。また、製造年によっても製造枚数の差もあり、価値も違います。, 価値が低いものでは、未使用品でも数十円程度、状態が悪ければ1円程度というものもありますし、希少価値が高いものでは未使用品で2万円以上でとりひきされるものもあります。, 1銭硬貨は大きく分けると7種類発行されていますが、その買取相場と鑑定価値は製造年月日によっても大きく異なります。ここでは、それぞれの1銭硬貨の価値を製造年に分けて、並品/美品/未使用品の順で紹介します。, 明治6年から21年までに発行された1銭硬貨は、表面に竜、裏面に菊の紋章と一錢の文字がデザインされており、竜1銭銅貨とも呼ばれています。, この中で最も希少価値が高いのが明治14年の大四と呼ばれる1銭硬貨で、年号の四が若干大きく、自体も若干異なります。, 明治31年から大正4年までに発行された1銭硬貨は表面に稲と一錢の文字、裏面に旭日がデザインされており、稲1銭青銅貨とも呼ばれています。, 価値としては明治時代に製造された1銭硬貨が若干高く、さらに明治33年と35年の1銭硬貨がより高いです。, 大正5年から昭和13年までに発行された1銭硬貨は、表面に唐草模様と一錢の文字、裏面に桐がデザインされており、桐1銭青銅貨とも呼ばれています。, 昭和13年に発行された1銭硬貨は、表面に菊と桐の紋章と一錢の文字、裏面にはカラスがデザインされており、カラス1銭黄銅貨とも呼ばれています。, ですので、希少価値はかなり高いのではと思われがちですが、発行枚数が非常に多いため、それほど価値は高まっていません。以下がカラス1銭黄銅貨の買取相場価格です。, 昭和13年から15年までに発行された1銭硬貨は、昭和13年のみ発行された1銭黄銅貨と同じデザインで素材を変えたものでカラス1銭アルミ硬貨と呼ばれています。, 昭和14年に製造された1銭硬貨は、年号の四の文字がルに見えるル四と、角ばって見える角ルがあり、前者の方が価値が高いです。, 昭和16年から18年までに発行された1銭硬貨は、表面に富士山と菊、一錢の文字、裏面に一がデザインされており、富士1銭アルミ硬貨とも呼ばれています。, この1銭硬貨は、製造年によっても買取相場に大きな違いはありません。ただ、昭和18年に製造された1銭硬貨が量目が異なる硬貨があり、0.55gのものが若干価値が高めです。, 昭和16年から20年までに発行された1銭硬貨は、表面に菊の紋章と一錢の文字、裏面に大日本の文字がデザインされており、1銭錫貨とも呼ばれています。, 1銭硬貨としては最後の貨幣となっており、2年しか発行されていませんが、発行枚数が多いため希少価値は高くはありません。, 1銭硬貨は今となっては珍しい貨幣の一つでしょう。ただ、製造年によっては製造枚数も非常に多く、それほど価値が高くない1銭硬貨もあります。, ここでは取引されることが多い大正8年・昭和17年・19年の1銭硬貨の価値と取引価格を紹介しています。, 大正8年に製造されていた1銭硬貨は、桐1銭青銅貨と呼ばれる貨幣です。桐1銭青銅貨で発行枚数が2億枚を超えているのは、大正8年から11年までと昭和10年の5年銘のみで大正8年銘は最も古いものとなります。, その分、大正8年の1銭硬貨は状態が悪いものもあり、仮に美品だとしても価値は数十円程度です。, 1銭硬貨は全7種類、明治6年から昭和20年まで72年間製造されていますが、その中で1年間の製造枚数が最も多いのがこの昭和17年の1銭硬貨です。, また、総製造枚数が最も多いのが富士1銭アルミ硬貨であり、かなりの量が流通したため希少価値はほとんどなく、並品はもちろん未使用品ですら数十円程度です。, 昭和19年に製造されていた1銭硬貨は、1銭錫貨と呼ばれる貨幣です。この1銭錫貨は、最後の1銭硬貨でもあり、昭和17年銘の製造枚数は最も多いです。, もっとも新しい上に製造枚数も多いことから、かなりの数が流通しています。そのため、希少価値も高くなく、昭和17年の1銭硬貨は未使用品でも数十円程度にとどまっています。, 価値が少ないものでは1円程度の価値しかないものもあれば、数万円の価値があるものもあります。同じ種類の1銭硬貨でも数百倍も価値が違ってくることもあるのです。, ですので、1銭硬貨をこれからも大切に持ち続ける人は、しっかりと保管しておく必要がありますし、売るのであれば、しっかりと1銭硬貨の正しい価値がわかる古銭買取業者に査定してもらうことが望ましいでしょう。, 銭には目がない。古銭の価値や鑑定、買取相場情報を収集するマニア。専門家顔負けの知識と情報量を誇る。古いお金のことなら何でもお任せ。, 【保存版】プレミア硬貨の種類一覧!買取価格・価値・平均相場まとめ (956,162pv), 【全種類】古銭・古紙幣・硬貨・コインの相場価値一覧《2020最新》 (222,772pv), 【保存版】日本の記念コイン種類一覧!買取価格・価値・相場まとめ (209,138pv), 【保存版】100円札の価値はいくら?買取価格&平均相場《全9種類》 (186,543pv), 旧1万円札の全種類一覧!偽札の見分け方&買取平均相場・価値まとめ (145,776pv). とは言うものの、 バラ切手1枚で50,000円以上の価値 の ... 新大正毛紙切手 平面版 7銭. 昭和16年の太平洋戦争で、戦略物資としての銅を確保するためにアルミ100%のこの硬貨が作られました。, 戦争が長期化してさらに深刻な金属不足となり、ついにアルミニウムの確保のため、昭和16年8月と昭和18年2月に貨幣の量目が変更され、その昭和18年銘を最後に製造が中止になりました。, お売りの際は専門の買取業者に相談されると公正な査定額を提示してもらえますので、ぜひご利用されると良いでしょう。, 太平洋戦争で航空機の重要性が高まり、軽いアルミニウム素材の需要が増したため、カラス一銭アルミ貨の量目を減らして、この硬貨が発行されました。, 表面が菊の紋章、富士山、瑞雲で、裏面は左右が逆になったような漢字の「一」の文字で、当時の大蔵大臣河田蔵相によるもののようです。, 昭和18年には五銭、十銭アルミニウム貨と同様にさらに重量が0.65gから0.55gへと減り、やがて製造中止となりました。, 買取をお考えなら、硬貨の価値を正確に評価してくれる、古銭やコインの買取店へ依頼するのがポイントです。, 正確な価値を知りたいのであれば、信頼できる鑑定士にお願いして調べてもらうと良いでしょう。, 材質としてのアルミ青銅はフランスの発行例に倣ったもので、戦時貨幣の材質として世界各国で流行っていたようです。, 売却をお考えの際は、硬貨の価値を理解してくれる専門家に依頼するのがベストと言えます。, 軍需用に貴重なニッケルを備蓄するため五銭ニッケル貨を溶かして、代わりに発行されました。, 昭和13年の国家総動員法で戦時下となりましたので、素材は国内でもまとまった産出ができるアルミニウムと銅の合金が使用されました。, デザインは一般公募されたものを元にして、表面は菊と桐の紋章、裏面は桜花の半分が左端と右端にデザインされています。, 硬貨の価値を知りたい場合は、しっかりと査定できる古銭の買取専門店に査定してもらえると安心です。, このアルミ100%硬貨は太平洋戦争で航空機用アルミニウムの不足を補うため、2度の量目変更をしました。, 昭和18年に発行停止して、当時、南方の占領地より手に入れやすくなった錫を用いた、穴あき五銭錫貨に引き継がれました。, デザインの特徴としては、表が菊の紋章と瑞雲(ずいうん、吉兆を表す紫色の雲)、裏面は神武天皇の弓に止まったと言われる金色のとび、金鵄です。, 3種の重量違いがありますので、目利き高い査定員に市場価値に基づいた価格をつけてもらうのが望ましでしょう。, 日本の世界遺産登録を記念して、平成28年度までに18件の記念貨幣セットが造幣局から販売されており、「世界文化遺産貨幣セット」と「世界文化遺産プルーフメダルセット」の2種類があります。平成7年度には法隆寺をモチーフに、一円から五百円まで硬貨と記念コインが発行されました。買取価格は数百円から数千円で取引されることが多く高額にはなりにくいですが、記念品として楽しむことができます。, 日本の世界遺産登録を記念して、平成28年度までに18件の記念貨幣セットが造幣局から販売されています。「世界文化遺産貨幣セット」と「世界文化遺産プルーフメダルセット」の2種類があり、プルーフメダルセットでは美しく特殊加工された、現代の硬貨と記念メダルがセットになっています。平成7年度は屋久島が登録されました。買取価格は数百円から数千円で取引されることが多く高額にはなりにくですが、今後価値があがる可能性もあります。, 桜の通り抜け貨幣セットとは大阪の造幣局で開催されている「桜の通り抜け」を記念して毎年作られるメダルのことです。その年度の流通してない未使用の1円から五百円までの6種類と、銀製の記念板がケースに入ってます。販売数が限定されていることから、年度によってはプレミアがつく場合もあり、通常は数千円で換金されることが多いようです。記念コインなので今後買取にも価値があがる可能性もあります。, 通常プル−フ貨幣セットは造幣局の技術を尽くした記念貨幣のセットで、特製の革ケースに組み込み、昭和60年柄から販売されてます。平成15年からは中央にその年度の年銘板が有るセットと、年銘がないセットが販売されるようになりました。「年度銘有」よりも「年度銘無」の貨幣セットの方が買取金額が高くなりやすいのが特徴です。「年度銘無」の方が販売数が少ないためと思われますが、どちらも平均数千円程度で売買されています。, 表が菊の紋章と瑞雲(ずいうん、吉兆を表す紫色の雲)、裏面は神武天皇の弓に止まったと言われる金色のとび、金鵄.