)。, 新たに始まる令和の時代に起きる様々な出来事や、新しく生まれる製品やサービス。 早期退職を決意した上で気を付けておくことは? 退職後のセカンドライフの過ごし方を考えておく 早期退職後、夫婦2人で1億円が必要! 厚生年金は、サラリーマンになると入る年金です。毎月の給料やボーナスから天引きされているので、あまり意識する事はないかと思います。, しかし、サラリーマンになって入れる、とてもありがたい年金制度ですから、年齢によらずしっかり理解しておきたいところです。, サラリーマンの年金制度は、よく3階建てと言われていますが、土台になるのが、国民年金、その上に2階となる厚生年金があります。さらに3階は、企業年金といわれているものです。, 厚生年金とは、会社に勤める従業員などを対象にした年金制度です。たとえば法人の事業所や、5人以上いる個人事業所などは、厚生年金への加入が義務づけられています。, まずは自分の勤める会社、事業所が、厚生年金に加入しているかどうかを確認しましょう。, 会社・事業所が厚生年金に加入しており、自分が70歳未満の常用の従業員であれば、加入できます。詳細な条件もありますので、加入可能かどうか、会社に相談・確認するのが確実です。, 最近は、パートさん、アルバイトさんでも加入できる場合が増えているので、こちらも会社への確認が必要です。, 国民年金の保険料はみな一律でしたが、厚生年金は収入に応じて保険料も変わります。収入が増えれば、より多くの保険料を払うことになります。, また、保険料は、会社と自分が折半して払います。会社が自分の年金保険料の半分を負担してくれるというありがたい制度です。, 国民年金は、みな一律の支払いを40年間継続すると、65歳以降に年間約78万円の年金をもらえるというものでしたが、厚生年金は給与が上がればより多くの保険金を収めるので、将来も国民年金より多くの年金をもらえる可能性もあるということです。, 国民年金だけではなかなか厳しいですが、それに加えてこの厚生年金をもらえれば、かなり安心ですね。ですので、サラリーマンは、国民年金だけでなく、この厚生年金も含めて、ちゃんと理解しておく必要があるということですね。, 保険料は毎月の給料から天引きされていきます。保険料の計算も会社がしてくれます。加入したら、しばらくはとにかく給料天引きで払い続ける・・・そういうことですね。, 保険料の計算の仕組みまで詳細に理解されたい方は、こちらの日本年金機能のページなどを参照してください。, 標準報酬月額は、直近3か月の給料の平均と考えればよいでしょう。この給料にどこまで含まれるか(残業代や交通費や・・・)などは詳細に決められています。, ですから、前述のとおり、給料が増えて、この標準報酬月報が上がれば、納める保険料も増えるということになります。, いずれにしても、このような計算は、会社と日本年金機構の間でしっかり計算され、必要な保険料が毎月給料から天引きされ、会社負担分をあわせて、会社が年金機構に支払っています。, そうやって、毎月しっかり保険料を払っていくと、65歳になると、年金、いわゆる老齢厚生年金を受給することができます。, となります。国民年金さえちゃんと払っていれば、厚生年金は1か月だけ加入していたとしても、その分上乗せで(少額でしょうが)もらえるということですね。, いくらもらえるかの計算はとても複雑ですので、細かく理解する必要はないと思います。ねんきん定期便などに記載されているので、その情報や窓口で聞くのがよいと思います。, 貰える金額は給料や加入年数によって異なるので、それぞれ異なります。自分が将来もらえる厚生年金のだいたいの額を把握しておくのは大事なことだと思います。, 厚生年金には加給年金という制度があります。より多くの年金がもらえるので、ポイントは理解しておきましょう。, 65歳で年金を受ける際、20年以上保険料を払ってきた場合、その方に生計を維持されている配偶者や子供がいる場合に、年金が加算されます。例えば、配偶者の方が65歳未満の場合、年間224,300円増額されます。これには申請が必要ですので、忘れないようにしましょう。, 早期退職をして、そのまま再就職などしなければ、厚生年金は継続できません。会社勤めをしている限り、70歳までは加入できます。というより、加入しなければなりません。, ですので、60歳を超えてから、厚生年金の受給を受けながら、さらに仕事をして厚生年金の保険料を払っているという複雑な状態が各種生まれます。それぞれに対して、いくらもらえる、いくら払うというルールが決まっていますので、詳細は、日本年金機構などに確認をするのがよいでしょう。, ざっくりいうと、60歳を超えて厚生年金を受給しながらも、さらに仕事を継続して厚生年金の保険料を払っている状態では、その受給している厚生年金の金額が減らされる方向となる制度になります。要は、まだ仕事をちゃんとされて収入があるのであれば、そんなに年金は不要でしょうから支給額を減らしますね・・・という考えです。, これは遺族厚生年金の制度になります。国民年金にも同様の制度があることは前の記事で書きました。, これも給付にいろいろ条件があるので、窓口で確認要です。遺族基礎年金では、もらえなかった、子供のいない妻も、遺族厚生年金はもらえます。ありがたいですね。, 遺族厚生年金をいくらもらえるかは、かなり複雑です。妻の年齢によっては、加算金もあります。遺族厚生年金、遺族基礎年金、しっかり貰い損ねのないように、役所などで相談をする必要があります。, という感じでしょうか。正しく払い、適正な年金をもらい、少しでも老後を安定させましょう!, 50代で金融系企業を早期退職。現在は、ブロガー、外国人観光ガイド、投資家という無職を満喫中。在職中は、米国、ヨーロッパ、アジアで13年以上の海外生活で苦労。妻はフィリピン人でまた外国人で苦労中(プっ! 早期退職決定!でも少数派。 早期退職が確定した! 会社からの承認が出るまでかなり心配であった(ファミマの例もある)が、変に引き留められるでもなく無事に退職できることになった。 ただ退職希望者数自体は、期待に反して自分の所属する支店に関しては少ないらしい。 本記事に辿り着いているあなたはきっと辞めるべきか続けるべきかで悩んでいることでしょう。, 自身の体験を元に新卒で入った会社を早期退職して感じたメリット・デメリットについてお話ししていきます。, 胸を張って言えるっことではないのですが、私は新卒で3ケ月も経たずに退職した経験があります。, 下記にて新卒で社会人一年目ならではの視点でどこに躓くポイントがあるのか詳細にしていきます。, 常日頃から会社での新人の立場を考え行動している真面目な方ほど人間関係がしんどいと重荷になってしまいます。, 少し距離を取る事で人間関係にとらわれることなく自分のペースで集中して仕事が出来ます。, 社会人一年も経っていない新人が、ミスをしてしまったから仕事に向いていないと自信喪失するにはとても早いと言えます。, ですので、行き過ぎた残業を強いられている場合でないと退職理由としてはマイナイス要素になります。, 休日出勤がある会社も存在していて、休みのはずなのに休めないという状況に辞めたいと考えてしまいます。, しかしながら退職理由としては”休日が少ないから”という理由は使用しないでおきましょう。, 以上のような初めから内定を頂いた会社に納得がいっていないのであれば”やりたい仕事ではないから辞めたい”という考えが生まれやすくなっています。, かといって、他にやりたいことがあるのであれば早いうちに行動に移すことは賢い選択だと言えます。, 上記のデメリットで挙げたように「新卒であまりに早すぎる退職はいろいろな方面で不利に働く」という事を念頭に置く必要があります。, 具体的な定義はないのですがおおよそ年齢でいうと25歳までが第二新卒枠に当てはまると考えています。, 圧倒的に有利というわけではないのですが”若さ”は転職するにあたってとても有利だと言われています。, ただし、私のように新卒でしかも3ケ月以内の早期で辞めた場合は第二新卒で通用するのかどうかが気になるポイントですよね。, 以上を踏まえ、新卒であまりにも早い退職をしてしまうと思うように転職活動が捗らないということを覚えておくといいでしょう。, その通りだと感じていますが、早期退職することによって多くのデメリットがあるということは頭に入れておくべきです。, どうしても避けられない退職したい理由があって退職をするということは致し方ないことです。, 少しでもこの子本当に大丈夫なの?と思わせてしまいそうな退職理由は転職時に全てマイナス要素として捉えてしまいます。, 本当にやめるべき理由なのかを明確にした上で辞めたいから辞めると勢いで退職を決断しないように注意しましょう。, 今回は新卒で入った会社を早期退職したいと考えている方向けに早期退職して分かった転職の難しさや辞めて後悔したことをまとめてきました。, 新卒で早期退職を感がている方は今一度、本当に退職すべきなのかを考えてから退職する手段を選択するといいでしょう。. 早期退職は定年退職以上に周到な準備が必要だサラリーマンが息苦しさを感じる理由社風や上司のパワハラだけでなく、最近は自由な人生を求めて早期退職を目指す人が増えてきました。どこの企業も、働き方改革を無視できず、労働時間の短縮や有給休暇の取得など 会社からの承認が出るまでかなり心配であった(ファミマの例もある)が、変に引き留められるでもなく無事に退職できることになった。, ただ退職希望者数自体は、期待に反して自分の所属する支店に関しては少ないらしい。やはりコロナウィルス流行に伴って転職市場が冷え込むことを予想してか、次の仕事が上手く探せないのではないかという心配の声も聞かれた。, 住宅ローンや子供の学費などの負担がある人は、確かに今の状況での転職には躊躇してしまうかもしれない。また今の仕事に大きな不満を抱えていない人は敢えて転職する必要はないかもしれない。, しかし今回の早期退職募集には「新たな人生へのチャレンジ」という誘い文句が会社から提示されており、たとえそれがキレイ事だったとしても、社員にとっても真剣に考えてみるべきテーマではあると思う。, 早期退職を迷った人は多かったようだが、結局ほとんどの人が今の会社を選んだ。敢えて火中の栗を拾うという冒険などしないということだろうか。だがそれはチャレンジもしないということだ。そんな守りに入ったシニア社員を、果たして会社は有難がるだろうか?, 実際の退職者名は来週の朝礼でオープンになるだろう。どういった人たちが応募したのか、とても気になる。チャレンジャー気質の人が多いといいのだが・・・, 数ある早期退職関連のブログでよく言われていることに「早期退職に成功する性格」とか「早期退職までに準備すべきこと」などがある。これらに合致していなければ早期退職などするなと言わんばかりだ。, 確かに無茶な行動はお勧めできないが、いちいち慎重になっていたら多くの人は今の職場に甘んじるしかない。そんなに計画的に行動できる人は、まず今の会社にうまく適応していく方法を考えるだろう。, 私がこのブログで言いたいことは、嫌だと思ったことは真っ先に拒否しようということだ。そして拒否する気持ちがずっと拭えなければ、先の見通しが立ってなくても退職を考えるべきだ。, ありがちなのが、嫌だと感じる自分がいけないのではないかと考え、気持ちを無理に変えようとしたり我慢したりして、会社に自分を合わせようとすることだろう。でもそれで結果的に合わせきれなかった場合、それまでの努力は無駄になる。, そもそも合わせることなど無理なのだ。ある種の会社では人間性に相容れないルールがまかり通っており(ダーク企業)、心が敏感な人や不器用な性格の人にとってはどれだけ努力しても苦痛しか残らない。, どうせ努力するなら、新たな環境でやる方がはるかに健康的じゃないか。転職に失敗した時はかえって苦しむことになると考える人もいるだろうが、そういう事を恐れないのがチャレンジというものだろう。, 今はそういうチャレンジャーが周囲に少ないから皆不安を感じるのだろうが、私のような怖いもの知らずが目立つようになれば、追従してくる人も増えてくるのではないだろうか。, こうしたことは何も自暴自棄で言っているのではない。私は自分にとって一番しっくり来る生き方を選択していくべきだという「価値観」を社会に広めていきたいと考えている。, 早期退職というここ最近の話題をきっかけに、自分の生き方を見直す機会がサラリーマンの人たちに増えていけばいいと思う。辞める・辞めないというレベルまで追い込んでいかないと、人は真剣に自分の人生について考えないものだからだ。, 逆に普段の生活では、それだけ自分の人生をないがしろにしてしまっている。小さな努力と大きな我慢で自分をごまかしながら、多くの人は漫然と毎日を生きているのだ。, かつて工場のラインでこき使われることが「人間疎外」と言われた。今でもそういう職場はあるだろうが、もっと問題にすべきはホワイトカラーへの人間性の抑圧だ。, 彼らの豊かな価値観が消費を牽引しなければならないのに、心が疲弊し、感性が平坦化してしまったために消費は縮小する一方だが、そうした状況を作り出している張本人こそ、業績を上げたいはずの企業なのではないだろうか。, そして我々が辛い職場で我慢し続けることで、不景気は延々と続く状況になっているのではないだろうか。, 「社員にやさしい会社」もありはするが、我々は悠長なことは言っていられない。会社が変わること、会社を変えることを期するより、自分の環境を変えることを選ぶ方がむしろ前向きだ。, 今までこのブログでもしつこく書いてきたことは、「会社は心の自由を奪う」「苦痛の解消を会社に期待するのは間違い」「経営者が社員を救わないのには理由がある」ということだ。, もちろん悪い会社ばかりではないだろうが、もしある人にとって受け入れがたいものが仕事の中にあるのならば、会社を辞める選択は大いにアリだし、早期退職募集というきっかけは人生の路線を変える千載一遇のチャンスだと言える。, 「会社を辞めてもやっていけるだろうか。」などと悩んではいけない。辛いことには耐えていくべきだが嫌なことは我慢するべきではない。不本意なことを続けてまで守らねばならないものなんて存在しない。嫌なことを強いるしがらみなら親だろうが子だろうが捨ててしまえばいい。本気でそう思う。, 賭けに負けたとしても、雄々しく職場を去る姿は後に続く人たちに勇気を与えることになるだろう。一人一人がそういう思いで行動しなければ、夢と希望は永遠に社会から失われたままだ。, そもそもやっていけなければどうだというのか。食うだけのために働くなどというのはやむを得ない場合の緊急措置に過ぎない。こうした姿が現代日本人の分相応な人生だなんて思ってはいけない。, 「会社を辞めたい」と思った時点でその人はきっと、自分と家族が食っていくためだけに生きている人ではないと思う。それ以外の何かが無いと幸福ではないのだ。だとしたらまず自分に正直に生きる選択をする方が、結果的には幸福になれるのではないだろうか。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 大手メーカーの営業一筋で三十年も勤めてしまいました。 また、再就職したら失業手当をまったくもらえなくなるわけじゃない事も以下で整理したので、貰い損ねることがないように注意したい。, 退職前に、会社の手続きを調べ、以下の書類をどうやって入手するかを確認しておく必要がある。, 最初の、雇用保険被保険者証は、会社で雇用保険に加入していたことを証明するもので、一般的には会社から入手できる。退職後に会社から自宅に送付されるなど、入手方法が決まっているはずだ。, これが入手できないということは、会社がちゃんと失業保険を払っていなかったかもしれないので、ちょっとまずい。会社に要確認だ。, 2つ目、3つ目のいわゆる離職票も、会社から発行してもらい、退職後に自宅に送付される(または会社に取りに行くなど)する必要がある。, 雇用保険被保険者離職票ー2には、離職理由が記入されている。この理由コードによって、受給金額・期間などが決定されるので、事前にどういう理由コードが付けられるかを会社と確認しておく方が賢明である。, 大きく言えば、会社都合なのか、自己都合なのかで、受給総金額は大きく変わる。早期退職などの場合、早期退職制度の内容によって、自己都合となる場合もあるし、会社都合(リストラ)となる場合もある。自己都合(自分の都合で会社が以前より設定していた早期退職制度を利用して退職したなど)の場合は、失業手当で貰える金額が随分と下がるので、要注意だ。, ここで、離職理由の判定がされる。判定に異議を唱えることもできるので、納得できなかったら、ちゃんとハローワークの人と相談しよう。ハローワークが会社とも話して、最終的に適切な離職理由が決定されるはずだ。, 一般的な話だが、退職後に必要な書類が準備できたら、なるべく早くハローワークの最初の手続きをするべきだろう。, 上記手続きの中で、初回説明会の日時が知らされるので、必ず出席しなければいけません。いろいろ制度の説明をしてくれるので、理解しましょう。, 今後、4週間に1度、ちゃんと(?)失業中であることを、ハローワークに認定してもらう手続きが必要になる。この認定をしてもらえないと、失業手当をもらえなくなってしまう。, 例えば、ちゃんと求職活動をしていないだとか、仕事を探す気のない人には、手当は払いませんということだ。, 上記の初回説明会で通知された日時にハローワークに出向き、その時に入手した「失業認定申告書」に求職活動などを記入する。入手した「雇用保険受給資格者証」とあわせて、窓口に提出するという段取りだ。, この失業保険がもらえる「失業」という状態は、ちゃんと定義があるので、注意する必要がある。ちょっと病気しちゃって就職活動できないんです・・・などと言ったら受給打ち切りである。「失業」の定義は、「就職しようとする意思といつでも就職できる能力があるにもかかわらず職業に就けず、積極的に求職活動を行っている状態にある」となっている。, 失業の認定を受ける(継続する)ためには、原則として、前回の認定時から、2回以上の求職活動をすることが条件になっています。どのような活動が、この求職活動に該当するかも、定義されているので、ちゃんと理解しておく必要がありますね。, 50代で金融系企業を早期退職。現在は、ブロガー、外国人観光ガイド、投資家という無職を満喫中。在職中は、米国、ヨーロッパ、アジアで13年以上の海外生活で苦労。妻はフィリピン人でまた外国人で苦労中(プっ! 根は明らかに学者肌なのになぜか民間企業の、しかも営業職に迷い込んだのが運の尽き。不満タラタラでも何とかクビにならずにやってきました。